パーツ館にようこそ
夜鴉迷走亭パーツ館 シーズン3公営競技
> 函館宮杯、2日め
 やっぱり、後閑が先行したでしょ。でしょ。神山がつくと、これやらかすんですよ。って、コバケンさんもそう予想してたけど。

 しかし、展開からなにから、パーフェクトに当たった。ここまで完璧だったのは、なんだかすごーく久しぶりみたいな。これで配当がもうすこしよければねー。

 気が楽になったので、2日めはもうすこし大きいところをひとつ。

 10R二次予選A。457 26 19 38の4分線。大塚と三宅は各ライン3番手ではなく、別線から中団狙い。きょうも北競さん。

 これも本命不在の激戦で、圭尚と海老根はいつでも番手発進の態勢。したがって、小嶋が2車ながら逃げをうとうとするはずだけど、すんなり逃がすとまずいんで、おそらくは桐山が死に役になるでしょう。

 友和も圭尚をのこらせたいから、死に役になる可能性はあるけれど、さすがにSSでそれは許されないと思うかもしれない。つか、思ってほしい。

 つーことで、先行は桐山。ここで、問題になるのはやっぱり大塚。きのう落車しているとはいえ、中団どりならいちばんうまいわけで、小嶋や友和が強引に中団を狙いにいくと、相当にごちゃごちゃするはず。

 そうなれば、これはもう海老根の番手発進でぴったりでしょう。

 とはいえ、海老根が桐山をのこそうと考えたりすると、出番がまわってくるのがハレトモ。3番手から寸チョンでアタマ。海老根は2着。

 7-5-オール。

 ほんとは5-7だと思うんだけど、これが1番人気なんだよねー。なので、あえてカワカワで。

 ハレトモくんが宮杯をとったのはいつだっけと思って調べたら、2008年だった。そのときの成績が4131。ほらね、2日めに1着とってる。って、なんの根拠にもなりませんが。

 函館はふるさとダービーもとってる、ゲンのいい場。なんちゃって。なんの根以下同。

2012.06.15(09:21)|公営競技コメント:(0)TOP↑
名前:
コメント:タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR