パーツ館にようこそ
 MONDO.TVの麻雀テレビマッチは、ふだん土曜日か日曜日のオンエアで見る。

 でも、今週はなんかの拍子に、ゆうべ20時からのオンエアを見ることになった。そしたら、冒頭いきなり土屋アナウンサーが立っている。

 ぴんときた。飯田正人師が亡くなったんだ。

 実際、そのとおりだと、数秒後にわかった。大腸癌だったそうだ。5月18日没。享年63歳。

 なぜか知らないけど、涙が出た。会ったこともない人なのにね。

 癌なのは、もちろん、わかっていた。今年のバトルロイヤルのとき、いきなり毛糸の帽子姿であらわれたから。でも、その帽子をとって「頭をまるめた」とかなんとか、冗談をいっていたし、癌はいまはなおるというか、死なない病気だと思っていたので、「さすがは大魔神だな」くらいに思っていた。

 今回の名人戦でも、予選を順調に勝ちぬいて、決勝卓に進んだし。

 それが、まさか決勝第1回戦を待たずに亡くなるとは。

 あまりのあっけなさに、涙が出たんだろうと思う。

 飯田正人はまちがいなく、当代最強の雀士だった。競技プロだけでなく、すべてのなかで。もちろん、それほど華があるほうじゃない。それだけに、純粋に実力一本で、この世界に君臨していた印象が強い。

 今後、永世最高位を名乗れる雀士は出てこないだろうと思う。そのくらい強かった。だから、大魔神と呼ばれたのだし。

 もし、肩をならべる実力の持ち主がいたとすると、安藤満だろうが、この人も癌で逝ったんだよな。

 そういえば、今週、和泉由希子が3倍満で大逆転した王座戦のリピート放送をやっていて、それを見た。以前、ブログにも書いたこのとき

 このとき、この奇蹟の3倍満が成立したのは、飯田が一索を切らなかったからだ。あの一索を握りこむのは、ふつうならありえない。解説の梶本さんも「この人なんですか?」「まじっすか?」を連発してたくらいで。

 これが、飯田正人の強さだった。あの最強雀士の打ちまわしは、もう見られないんだよね。

 まさか、ただテレビで見ているだけの一プロ雀士の死が、これほどこたえるとは思わなかった。でも、それも大魔神の実力のうちなんだろう。とにかく、稀代の勝負師がまたひとり、いなくなった。それがさびしい。

 合掌。


2012.06.09(10:32)|日々の雑感コメント:(0)TOP↑
名前:
コメント:タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR