パーツ館にようこそ
夜鴉迷走亭パーツ館 シーズン3小説・本
> 『丸』と『世界の艦船』
 義母の法事で、金曜の夕方から、十日町に行ってきた。木の芽食えた。へぎそば食えた。以上。

 ではなくて、古い友達ともほんの少々会ったりもして、ゆうべ帰ってきたんだけど、それはまたべつの話。

 今回はとーこちゃんと別行動なので、電車の往復が暇ということで、駅でぼんやり買った雑誌がこれ。

maru6.jpg

 潮書房の雑誌『丸』。創価学会系の潮出版社じゃなくて、戦記ドキュメンタリー専門出版の名門、潮書房の『丸』ね。

 なんつーか、ぼんやり読むっていうと、こーいうのが多いわけです。昔から。90年代後半からしばらくは、PC関係の雑誌が多かったけど、またもとにもどった感じで。

 なかでも、『丸』は小学校4年くらいのとき、生まれてはじめて定期購読した雑誌(笑)なので、けっこう愛着があるというか。最初に買ったのは、たしか戦艦『陸奥』か『長門』の副砲がひきあげられたニュースが載ってたやつで、表紙も錆びついた副砲だったのを、鮮明におぼえていたのして。ヽ( ´-`)ノ

 そういえば、1月、義母が亡くなったときに買った雑誌はこれだった。

kan3.jpg

 これでした。海人社『世界の艦船』。『世界の艦船』はいまも年に1回くらい買ってるな。

 そーいう意味では、この45年間、揺るぎない趣味ということになるような。(^^;

 ちなみに、ひこーき関係はここ25年、ほとんど買わなくなったのです。開発機数が激減して、重スミが増えたため、飽きちゃたもんで。あと、いまはネット経由でFlight Globalが読めるから、ニュースソースとしてはこっちのほうが上だし。

『丸』については今回、資料をいくつが発掘したので、近いうちにいずれまた。
2012.05.20(12:49)|小説・本コメント:(2)TOP↑
雑誌はもう置く場所がない
本も置く場所がないし
自炊だけが唯一の希望
ってタブレット買えってことだね

でも電子化するとたぶん読まない
これだけは育った世代を感じるわ
From: ちぎれた羽根 * 2012.05.21 21:08 * URL * [Edit] *  top↑

書籍・雑誌はどんどん捨てます。もう。だから、古い資料がなくなっちゃってることも多々あり。キャナル年鑑が1冊も出てこないとか。(^^;

タブレットで読むのは、文字がでかくできるからある意味で楽。でも、やっぱり今期がつづかないですね、本にくらべると。それなりに重いし。だから、スタンドになるカバーは便利ですよ。
From: よが * 2012.05.22 09:31 * URL * [Edit] *  top↑

名前:
コメント:タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR