パーツ館にようこそ
 日本丸は去年、はじめて見にいって、やっぱり帆をはってなんぼじゃないかと思い、今年は総展帆の日を狙ってみたわけですが。

1205npp01.jpg

 展帆前。10時半スタートだけど、人出がすごいと思って早く出たら、9時40分についてしまった。しかたないので、べつの用をかたづけて、12時半ごろもう一度。

1205npp02.jpg

 やっぱり帆をはってなんぼでしょう。満船飾とどっちがいいかとか、登檣礼とどっちがいいかとか、好みはあるかもしれないけど、やっぱり帆がいいな。

1205npp03.jpg

 横から。写真ではよく見えないけど、第4檣の縦帆は展開していなかった。いつもそうなのか、今回は風が強かったためなのか、よくわからないながら、なんとなく損したような気分も(笑)。

 いずれにしても、次は11月に行こうかと思っているんで、そのときはっきりするでしょう。

 今回のもうひとつの目玉は、じつは眞葛焼きという相当マイナーな焼き物の美術館。こちら

 眞葛焼きのすごさは、「日曜美術館」や「なんでも鑑定団」で知っていたけれど、とにかく情報がすくないので、これまで作品数点を見たことしかなかったのですね。

 で、すこし前、なにかを探しているうちに、横浜に美術館があると知り、今回行ってみたわけです。

 それで、この工房というか、とくに初代の宮川香山の技巧というのは、ほんとにすごいのひと言。幕末から明治期にかけての職人には、たとえば入江長八とか、超越的な人がいたわけですが、香山もまちがいなくそのひとり。つか、こっちのほうがすごいか。

 現代の超絶系プラモとか、フィギュアとか、そういうマエストロ日本な文化の礎にこういう職人たちの努力があったわけで、文化発信の意味からも、真葛焼きはもっともっと認知されなければいけないでしょう。

 いやもう、ほんとにすごい。3カ月に1回くらい、展示替えをするそうなので、11月にまた行ってみないと。

 そういや、長八美術館も4回くらい行ってるんだよなー。(^^ゞ
2012.05.07(11:12)|日々の雑感コメント:(0)TOP↑
名前:
コメント:タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR