FC2ブログ
パーツ館にようこそ
 ここんところの興業自粛、無観客開催では、火事場のなんとやらでプロレス頭の善し悪しが如実に出ていて、日本一のしょっぱい団体・新日の無策ぶりが目にあまる一方、NOAHでは世界プロレス史にのこる超絶バトルが生まれたりしてるわけですが。

 潮崎豪vs藤田和之! 31分間の視殺戦というか、対峙。これ、『バトルメン』なんかでくりかえし見直したけど、何度見てもやっぱりすごすぎ。井上編集長が生きてたら、ぜひコメントを聞きたいところ。これって、無観客じゃないとできないわけで、これを創りあげたふたりには感謝感謝でありました。

 ここ半年くらい思うんだけどさ、藤田って、やっぱりいい選手なんだな。潮崎もけっこういい感じになってきた。

 というのは置いといて。

 アイスです。いまアイスを支えているのは、つっかとテキーラ沙弥になってます。これがすごい。

 とくに、テキーラ。ここ1週間くらい、大巨人ないし大巨神に見えるくらいの大活躍で。

 つっかはある意味、会社側の方針をもとに動いてるけど、テキーラは(もちろん社員として、という側面はあるものの)かなり自由にネットの世界を渉猟して、いい仕事を連発してます。

 これだけ本音をむきだして、ときには酔ったふりもして情報をぶつけ、吸いあげているのは、心地いいかぎり。

 しかも、それだけで(錯覚ではあるんだけど)アイスはまだまだ元気だとアピールできてる。ここが偉い。

 もうひとつ。機材のあつかいなんかをふくめて、あらゆる局面で手慣れてて、ある意味で信頼感にあふれてる。

 なんつーか、「もうただのヤンキーとは呼ばせない」感が(笑)ひしひしと伝わってくるのね。

 おそらく、20歳くらいからプロレスデビューの32歳まで、グランマエストロ・デ・テキーラその他の酒関係のキャリアだけじゃなくて、いろんな局面でキャリアを積んできたんだろうね。

このへん、半生記とか、ぜひ読みたいかも。必要なら、わしが久々にインタビューをまとめてもいいし。ヽ( ´-`)ノ

 閑話休題。

 このキャリアがあるからこその自信が伝わってくるんだけど、この自信がつっかと同じレベル(つまり、相当に高いレベル)で安定してるのが、人間としての大きさを物語っていると思います。

 こういう人材がちいさい会社にふたりもいるって、とても希有だし、ありがたいことだよね。

 だから、アイスは健在だと思うし、プロレス団体の半分はもたないとかいわれるなか、アイスは生き残るでしょう。かならず。

 という感じで、テキーラ沙弥すごい。むしろ、引退してからのほうがすごいかもしれない。

 ここ1カ月くらい、リボンでいちばんアクティヴで、だからいちばんの注目株だもんね。

2020.04.12(19:27)|女子プロレスコメント:(0)TOP↑
 昼、なんの気なしに飯塚の中継に切り替えたところなんだけど……これは大事件かな?

 専門解説こそ釜本和茂さんだけど、MCがAKI! 実況が加奈山翔さんではないの。

 もしかして、ギャオス宮本さんとくそ内野はお払い箱かな? だとしたら、こんなに嬉しいことはない(アムロ風に)。

 つまり、飯塚の中継も見ることができる! これは大きいですよ。とにかく、内野のくずがいなくなるまで、飯塚は見ないと誓ったのが10年くらい前。そのせいで、いま見られるのは川口と伊勢崎だけになってたんだった(浜松もあのばか実況が日本語をおぼえるまで無期限で視聴を中止してるもんで)。

 いま聞いたところによると、加奈山さん、昼開催の担当とか。すると、ナイターはギャオがもどってくるのかな。

 実際、加奈山さんは今年も立川を担当してるし、弥彦ミッドナイト、伊勢崎もやるとなると、とんでもないハードワークだもんね。

 いずれにしても、ナイターはほとんど見ないから、飯塚は加奈山さんということで、いいんじゃないでしょうか。おおっと、オールスターも加奈山さんかな? このへんは堂前さんが出てくるのかも。それならそれで尚可。

 そうか、島田のばかは内野のまねをしてたんだったな。そうすると、これであのばかの日本語も、すこしは改善されるかも。実況中に黙りこむ癖とか、名前や車番を間違える癖は、一生直んないだろうけどね。

 と、ここまではいいんだけど、きょうの6Rは出走表の誤記で不成立だってさ。

 相いかわらず、飯塚オート自体がぐずぐずのようで。そういえば、先月のプレミアムでも2日めだっけ、また手旗でやってたし。手旗がはじまって10年くらいたつのに、まだ設備を入れ替えないんだ。こんな公営レース場、ほかにはないぞ。

2020.04.03(13:28)|公営競技コメント:(0)TOP↑
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR