FC2ブログ
パーツ館にようこそ
 予定どおりとはいえ、勝ちきっちゃいました。GII若獅子杯。11121のほぼ完全優勝。

 予定どおりというのは、圭一郎と青山くんが準決で消えたから。今開催では、実質3番手だったから、優勝は順当ってことで。でも、順当っていうこと自体がすごいわけでね。

 ちなみに、ふたりがいても、優勝していた可能性が大。2日めの特選では、スタートでちぎって圭一郎、青山ともに置き去りにしたからねー。じつのところ、この時点で優勝はマヤたんだと確信してました。

 リプレイがアップされた。こちら

 スタートでもう決着してるのがよくわかります。でもって、8周回ぶっちぎりの青春で、圧勝。今年2度め、通算7回めの優勝。GIIは15年かな、の川口記念以来2度めのV。

 それだけでなく、これで今年は早くも15勝めかな。そのくらいで、3連対率は8割近く。きょうの優勝戦は上がり3.337と自己ベスト更新のはず……と、とにかく絶好調を維持したまま。次はここんところ相性のいいプレミアムカップだから、ここでGI初制覇になっても不思議はない。

 20年上期ランクはS14と自己最高だけど、後期はベスト8入りもほぼ確実……どころか、ここんとこ永井、中村より明らかに上位なので、初の川口ナンバーワンまで視野にはいってきそうな予感。

 つか、川口ナンバーワンは奪取してもおかしくないかも。

 とにかく、今年はGIをふたつくらいとって、めざすはSS王座っていう感じでしょうか。

 というわけで、サトマヤ、今年はすごいよ。

 それにしても……

 山陽の中継はくず以下だね。いまにはじまったことじゃないけど、ひどさがさらに増幅してた。

 映さなければならないところは100%映さない。内野のしゃべりは例によって間違いだらけで日本語にすらなってない。マヤたん初タイトルだってさ。ばかも休み休みの世界。

 極めつけは優勝インタビュー。途中でぶったぎりときましたよ。ヽ( ´-`)ノ

 貧すれば鈍すを地で行ってるわけだけど、こういう場は1日も早く廃止したほうが業界全体のためだよな。存続させてもじゃまなだけ。

2020.02.26(17:40)|公営競技コメント:(0)TOP↑
 はい。第54回スーパーボウル終わりました。

 今回は正直いって、贔屓チームが早々にいなくなったんで、興味半減まではいかないものの、いまいち入れこんでなかったんだよね。

 一方で、ガロポロvsマホームズというと、もしかすると今後10年くらいの覇権が決まるかもしれないっていう思いもあって、そういう意味でどっちが勝手もおもしろい展開が待ってるんじゃないかと考えてたのもたしか。

 要するに、けっこう冷静に楽しみにしてた感じですかね。

 コイントス前から煽りVにモンタナはじめレジェンドが大挙して出演したかと思えば、チーム紹介Vにはなぜかロックさまが登場。VIP席にはポール・マッカートニーがいたりして、NFL100周年ってことでふだんよりお祭り騒ぎ感が多め。なかでも、ボールが登場するまでの演出は出色でありました。

 ということで、試合はSFのキックオフでスタート。でも、KCファーストドライブは3&アウト。つづくSFのドライブは、いきなりらしさが炸裂して、KCディフェンスがなかなかラン攻撃をとめられない。とくに、モーションが効きまくって前進をつづけて、のこり3分でFGが決まり、まず0-3。

 とはいえ、マホームズも黙ってない。#26ウイリアムズもいい仕事をして、のこり11秒でマホームズのTDランが炸裂。1Qは7-3。

 2Q。最初のドライブで最初のインターセプトが出た。ガロポロに対してKCディフェンスが3メン・ラッシュ。DEの#95アダムスがサックにくるところ、苦しまぎれにパスを投げたのが判断ミスで、#20クレイボーンだったかな? CBがあっさりノーマークでキャッチしちゃった。

 これでモメンタムはKCかなと思ったものの、実際は攻めあぐねて、FGで終了。10-3。

 きょうのガロポロはチャンピオンシップとは打って変わり、パスを多用して局面打開をはかりはじめた。これが奏功して、RBの#26コールマンにつづいてRB#44ユーズチェクにロングパスがとおり、TD。10-10。

 ここで前半終了。ハーフタイムショーは史上もっともくだらなかったんで割愛。

 3Qにはいっても、ガロポロのパスがヒットをつづける。それでも、ホットゾーンではKCデイフェンスが踏んばって、TDは許さずFGまで。10-13。

 その直後、この日2本めのインターセプト(LB#54ターナー)が飛びだして、モメンタムは完全にSFのものに。なんたって、SFディフェンスが5人もうようよしてるところにパス投げちゃったからね。マホームズの完全なミスで、このまま自滅してもおかしくない展開。最後はRB#31モスタートのTDランで、とうとう10-20と2ポゼッションの差がついた。

 次のKCの攻撃中に4Qに突入したんだけど……

 はい。ここでマホームズが覚醒しました。なんつーか、土壇場になるとマホームズっていきなり覚醒するんだよね。ディヴィジョナルでも、1Qで0-24と大差をつけられたのもつかのま、2Qで覚醒していきなり1クォーターで4TDのポストシーズン最多タイ記録をつくってあっさり28-24と逆転しちゃったことがあったけど、あの再現というか。

 パスをびゅんびゅんとおすと思えば、自分で走って展開をこじあけるいつものパターンで、この日ここまでいいところのなかったWR#10ヒルに40ys近いロングパスを決めて、TE8ケルシーへのTDパス。これで17-24。

 さらに、次の攻撃機会でもロングパスを2本たてつづけにとおして、とどめはRBウイリアムズへのTDパスで24-20と大逆転。

 ホール・マッカートニーはKCを応援してたようで、なんだか大喜びしててました。

 こうなると、モメンタムは完全にKCで、いよいよツーミニッツ。

 まだ焦らなくていいのに、ガロポロはなぜかロングパスをとおそうとして連続失敗。4th10でギャンブルに追いこまれたあげく、ここで初サックを食らって万事休す。

 KCはとどめにウィリアムスの27YsくらいのTDランが炸裂して、終わってみれば31-20の完勝になりました。これがマホームズのKCなんだよなー。改めて、すごいQBだと思い知らされた。

 なんたって、4Qだけで3TDですから。

 KCは50年ぶり! 2度めのスーパーボウル制覇。VIPはウィリアムスかとも思ったけど、やっぱりマホームズに決まり。

 という結果になって、最初に書いたように、これはマホームズ時代の到来と考えていいんですかね。

 これまでも、RGIIIとかキャパニック、ラッセル・ウィルソンと、モバイルQBが1、2年間NFLの頂点に君臨したことはあっても、いずれも短命(ウィルソンはいまもトップを維持してるけど)に終わってるのが気になるところ。

 さらには、同タイプで今年のレギュラーシーズンMVP、ラマー・ジャクソンもいるし。

 そう考えると、まだマホームズ時代とはいえないかも。これがナイナーズ勝ちだったら、ガロポロ時代到来といえたと思うんだけどね。

 ということで、次期エースQBの座はまだ混沌としているようです。

 QBといえば、NYJのイーライ・マニングが引退したんだよね。今年はブレイディが43歳、ロスリスバーガーが39歳になるわけで、世代交代は確実に近づいてるんですが。

2020.02.03(15:51)|スポーツ・プロレスコメント:(0)TOP↑
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR