FC2ブログ
パーツ館にようこそ
 きのうの「とーとつですが」のつづき。

 考えたら、ふだん使ってる「とーとつですが」も吾妻ひでお師の名言のひとつだった。これ関連ということで。

 それは置いといて。

 ここでひとつ疑問が。

 これだけの大作家なのに、なんでいままで知らなかったんだろう? 正直、完全に知識が欠落してた。

 実際、あの『怪盗ルパン』の「作者」っていうと、江戸川乱歩とならぶ巨頭なわけで。

 はっきりいって、この人がいなかったらルパンは日本で認知されず、はてはルパン三世として世界に認知されることもなかったはずで、これはとんでもない偉業なんですよ。ほんとに。

 しかも、戦前から昭和20年代にかけて活躍した作家っていうと、押川春浪、国枝史郎をはじめ、海野十三、香山滋、角田喜久雄、夢野久作、小栗虫太郎、久生十蘭、橘外男、蘭郁二郎、大下宇陀児などなど、一度は耽溺した作家も数知れずなのに、なぜこの大作家だけぬけちゃっていたのか。

 ふしぎでしょうがないんで、いろいろ理由をこねまわしていくうち、ようやく気づいたことがひとつ。

 上にあげたなかで、押川春浪以外は、全員が『新青年』をおもな活動の舞台にしてたはず。対して、南洋一郎は『少年俱楽部』などで、調べたかぎりでは『新青年』には書いていないらしい。

 つまりこれは、ヨコジュンさんの呪いですね。ヽ( ´-`)ノ

 古典SFっていうと、やっぱり『新青年』が主流といっていいわけで、冒険譚主体の『少年俱楽部』はSF界隈で語られることがすくなく、よって南洋一郎も視界にはいらなかった……そのへんが正解ではないでしょうか。

 ヨコジュンさんっていうと、10月に偲ぶ会があったんだけど、当然ながら行けずじまいで。まあ、直接の面識はなかったし、しかたないということで。

 話をもどして。

 この大作家を知らなかったっていうのは、もしかすると人生の一大失策かもしれないな。そのくらい圧倒された文章でした。

 ただ、現在ではルパンをのぞいて入手困難なのは、この時代の作家に共通の状況で、ほんとにもったいないと思うしだい。ネットオークションをのぞいてみると、ジュビナイル1冊が5万とか9万とかで取引されてるようで、こんなのは買っちゃいけないよね。

 だから、ほかの作品はもう読めないと思うけど、このわずかな掲載分だけでも、はげしく印象に残る作家のひとりになったのでした。

 くそー、もう30年早く気がついてれば、なんとかなったんだよなー、たぶん。返すがえすも残念。

2019.11.17(12:06)|小説・本コメント:(0)TOP↑
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR