FC2ブログ
パーツ館にようこそ
AV-8B 08

 う~ん、なまらかっこいいな。そうそう、排気ノズルは着艦状態の場合、つねにこの角度になっているようなので、それを再現してあります。ここ、可動なんだけど、もちろん固定で(水平尾翼も同)。

 キャノピーとウインドシールドのパッキング部分(っていうのか?)、枠と透明部分の境界にある細いモールドね、ここはイエローの作例が多いみたいなんだけど、もっと落ち着いた感じなので、今回は318レドーム色を使ってみた。

 このほうが実機に近い印象になるし、枠をはじめメインで使ってる水性カラーと干渉しないっていう利点もあるので、今後はこれでいくつもり。

seat.jpg

 で、そのコクピットまわりでは、例によって射出シートの細部と色指定が違うので、この現物を見ながらプラ片や金属線でディテールを追加して、色もこっちにしたがった。

 写真は……撮ったはずなんだけどなー。ない。(TnT)

 久しぶりのプロダクション・ノートのせいか、今回は撮ったはずの写真がないっていうケースが多発してしまった。あるとないとじゃ大違いなんだけどなー。しくしく。

 閑話。

 で、コクピットでいちばん目立つのは、「導爆線」とよばれるくねくねしたモールド。

AV-8B 002

 このキャノピー上のやつですね。シートを射出するさい、キャノピーを炸薬で吹っ飛ばす必要があるんだけど、そうじゃなくて、この導爆線に炸薬を仕込んで破砕するほうが、パイロットの安全がより確保できるそうで、たぶん損耗率の高い海兵隊ならではの発想なんでしょう。

 キットでは、これをデカールで再現してるんだけど、当然シルバリングや経時劣化の問題が出てくるわけで、とくにクリアパーツ部分はそれが目立つと思い、ここはいっちょう塗装にチャレンジしてみました。

AV-8B 1010

 まず、バブルキャノピーを再現してある(3DCAD使用)ので、どうしても中央部にパーティングラインが生じます。ウインドシールドも同様。まあ、仕様です(とくに自作PC分野なんかでは、すごくなつかしい言葉。デウス・エキス・マキナと同義ヽ( ´-`)ノ)。

 過去に何度も書いてると思うけど、消すのはわりとかんたん。

 #800~#1000のサンドペーパーをやさしく使って、擦過面が最小にするよう気をつけながらラインを消し、つづいて#1500で擦過面のにごりをとり、#2000と#3000で透明度を増して……

AV-8B 1011

 最後に微細コンパウンドで磨きあげてフィニッシュ。最初は恐いかもしれないけど、慣れればルーティンで、キスよりかんたん。ヽ( ´-`)ノ

 で、導爆線にもどると、(^^;

AV-8B 1012

 まず、筆塗りでこのくらいラフに。超絶モデラーさんなら一撃で決められるかもしれないけど、還暦すぎだとこんくらいが限界なので。そのかわり、リカバリー方法もいろいろ鍛えてるから、それを駆使することに。

 ここは両手を使うため、写真が撮れないんですが、要するに綿棒、フィギュア用極細綿棒、先端を尖らせた爪楊枝、先端に細かい切れこみを入れて房状にした爪楊枝、なんかを使って、よぶんな塗料を搔きとり、拭って、微細な線だけのこすという方法をとった。

 これ、原理的には単純ながら、とんでもない茨の道で。(^^;

 曇りがのこらないように、溶剤をつけた綿棒で拭きとっていくと、微細な線があっさり消えちゃったり、予期してないところに曇りが生じたり、納得できる仕上がりになるまで、ほぼ3カ月かかりました。つか、キットの製作に4カ月近くかかったのは、ひとえにこの部分に時間がとられたからでしょう。

 コクピットは以上かな。

(つづく)

2019.07.30(17:53)|プラモコメント:(0)TOP↑
 そういうわけで、先月ちらっと出てきたAV-8BハリアーII+、おととい完成しました。

AV-8B 01

 なんと、ひこーきの完成品は、このF/A-18E以来、じつに2年3カ月ぶりだったりして。つくりかけて最後に失敗してうっちゃったままになったり、エッチングパーツ貼りに疲れて頓挫したり、というのが死屍累々だったんだよなー。しくしく。

 で、この3月くらいから、とにかく完成品をつくろうと思ってはじめたのが、これだったわけです。

AV-8B 02

 キットは定番のハセガワD24。1/72ではベスト版でありましょう。もうね、いますぐにでも、もう1個つくりたいくらいで。

 基本、素組みに近いんだけど、例によって細かいところはいろいろ手を入れていて、自己満足的ディテールアップ品といいますか、そのくらいのクオリティです。

 しかし、かっこいいなー、AV-8B+。ハリアー一族の進化の最終形だけあって、ほかの一族にはない完成度と機能美、猛々しさを兼備してます。

AV-8B 03

 とくに気に入ってるのが、LERXと呼ばれる円形ストレーキ。コクピット直後の、このまるい部分。これがないシーハリアなんかとならべると、これだけで無骨さと精悍さがずいぶん違います。あ、そうだ。いっしょに写真を撮ればいいのか。

seaharrier.jpg

 いままで気がつかなかったけど、全長、翼幅とも20%くらい大きくなってるのかな。

 というのは置いといて、FERXがかっこいいのです。スーパークリティカル・ウイングも獰猛さに輪をかけてる感じかな。ここにスーパークリティカル・ウイングを持ってくるっていう発想がまたすごいというか、ドラスティックっていうか。

AV-8B 04

 でもって、腹側。今回は近接航空支援仕様で、装備は以下のとおり。

・ガンパック
・St.1:GBU-12×1
・St.2:TER使用 GBU-12×2(下側empty)
・St.3:Drop Tank
・St.4:なし
・St.5:Drop Tank
・St.6:AN/AAQ-28"LightningII"
・St.7:GBU-12×1

 AN/AAQ-28はキットになかったため、アタリをつけててくつか箱をひっぱりだして探したところ、ふたつめのE-39のF-15Eで発見、拝借した。でも、あとで気づいたんだけど、ウェポンキットのNo.14にいっぱいはいってたんだよね。ちゃんちゃん。

 ちなみに、この2種類、同じ金型に見えた。流用とかもあるんでしょう。

 St.1と7はサイドワインダー用と思われがちだけど、GBU-12を吊下した写真もいくつかあったので、これでいくことにした。

ter2.jpg

 TERの使用例もけっこう見つかって、こんな感じで。トリプルといいながら2発搭載なのは、昔ながらの伝統というか。

 このキット、出来はいいんだけど、細部で納得できないところも出てきたりして、機会があったらもう1回つくってみたいと、早くも思ったりしてたりして。次は艦隊防空任務かな。

av-8b_AMRAAM.jpg

 こーいうやつ。強襲揚陸艦の艦隊防空って、あんまりなさそうなシチュエーションだけどね。

(つづく)

2019.07.30(15:40)|プラモコメント:(0)TOP↑
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR