FC2ブログ
パーツ館にようこそ
 このエントリーのつづきというか、続報。

 FlightGlobalの「Stratolaunch becomes world’s largest aircraft to fly」という記事。または、スケールドコンポジッツのオフィシャル

Stratolaunch03.jpg

 去年、出資者のポール・アレンが死んだんで、もう飛ばないのかと思ってたけど、執念ですね、これは。

 でもって、日本のマスコミは世界最大って書いてあるけど、これは例によって間違い。

 全幅こそヒューズのアレを超えて1番だけど、全長、離陸総重量、ペイロードなんかは、相いかわらずAn-225がトップ。

Stratolaunch01.jpg

 しかし、飛びましたかそうですか。壮観ですね。スペースシップ2がすっかりかすんじゃう勇姿というか。できたらチェイサーはB747にしてほしかったというか。(´・ω・`)

Stratolaunch02.jpg

 このアングルだと、アタマが若干、エアバスのベルーガに似てるかも。でも、ニックネームはツイン・ベルーガじゃなくて、アラビアンナイトのロック鳥(Roc)です。

 機体に関しては、「師匠、健在」で書いた以上のものでも以下でもないんで、そちらを。

 ただ、周辺環境はかなり変わってきていて、ロケットの自社開発は中止になったし、スペースXとの提携も解消しちゃって、いま打ちあげ計画がのこってるのは、ノースロップ・グラマンのペガサス・シリーズだけ。まあ、ルータン師匠とグラマンは古いつきあいなんで、これは何回か打ちあげることになると思うものの、前途洋々とはいかないんじゃないかな。

 ともあれ、こういうのが初飛行するのはうれしいかぎりであります。

 そうそう。ポール・アレンの追悼記事で、的確なやつがあったので、貼っときましょう。

 Wiredの「385feet of Crazy」というエントリー。

2019.04.14(15:46)|航空・宇宙コメント:(0)TOP↑
 前回のつづき。

 その後、年度末開催で中林久美子さんがもどってきて、ヤオちゃんはピンチヒッターだとわかったわけですが(中林さんはプレミアム取材で前検から山陽に乗りこんでいたので、そのせいだったらしい)、森泉宏一さんが「いったん実況を」卒業するという発表があって、きょうの新年度初日が注目されたわけですが。

 MC中林さん、実況の吉原完さんと布陣は変わらなかったものの、大きな変化が。

 なんと、先月末で現役引退した野崎利明・元選手が、専門解説で登場したではありませんか。

 野崎さんは伊勢崎19期で、現在58歳か59歳。たしか伊勢崎の支部長経験者(20年くらい前)で、いまは早川清太郎の師匠としても有名だった人。先月末のラストランも1着だったし、年齢を考えてもまだ引退は早いよなと思ってたんだけど、こういうことだったんですね。

 ぢつは、こうなるんじゃないかという予感があったのもたしかで。きょうは初日ということもあって、かなり緊張してるけど、もともとしゃべりがうまい選手だったし、ルックスもいいし、伊勢崎ではいちばん解説向きじゃないかと思ってたんだよね。

 ということで、これで中継態勢も完全にととのいました。ヤオちゃんもレポーターはつづけると思うから、そうすると川口とならぶ高度な中継ができることになるでしょう。

 唯一、弱いのはあのグリッドガールか。今年もやるみたいだけど、8人いても、ほとんど出てこないんじゃ名前もおぼえられないし、やっぱり菜乃花嬢とかAkiちゃんレベルのイメージガールをひとり置くほうが、インパクトが強いと思うんですが。

 なにはともあれ、ここは野崎さんに期待ですかね。

【4.12追記】
なんと、2日めの実況は加奈山翔さんだよ。つまり、今年度はVOICE TRUSTが担当するってこと。それで森泉さんがいなくなったのか。

あれ? そうすると、加奈山さんが川口で研修してたのは、伊勢崎のためだったのかな? うーん、どっちかっていうと、浜松担当になってほしかったんだけどねー。

2019.04.11(15:23)|公営競技コメント:(0)TOP↑
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR