FC2ブログ
パーツ館にようこそ
 先週、発売されたみたいだから、もう書いてもいいでしょう。

 むこうぶちシリーズとMONDOのコラボ第2弾『むこうぶち16 無邪気』であります。

 これがもう最高におもしろくてね。まず、恒例のプロローグでは、なんとあの勝田が再登場。第4話『雀荘殺し』の、あの勝田です。きつい関西弁がクセになる、新藤栄作師。

 東京の片隅で、知りあいが雀荘をはじめたので、遊びにきたっていう話で、そこなら傀もあらわれないだろうと高をくくっていたら、やっぱりやってきちゃうというお話。『雀荘殺し』はシリーズでもトップ3にはいる話だと思ってるんだけど、それがまた再現されて、うれしいかぎり。

 と、思ったら本編開始早々、「第2回女流モンド杯」(笑)で決勝まで勝ちのこった雪乃が、新人プロで「本名の」(笑)宮内こずえとして登場するっていう仰天企画。

 しかも、同卓の清水香織師が「得意の」一通をアガったりするというサービスぶりで、そのサービスの極致がオーラスで出現するんですね。

 瑠美姐こと二階堂瑠美たん、倍満しばりでつくった手が索子のチンイツ。2索をポン、つづいて3索をポンで、手は、

 44456788 !

 知ってる人は知っている、第8回だったかな、2010年ごろの女流モンド杯。そこで出現した局面を、ここで再現しちゃったんですよ。

 瑠美たん、そのときと同様、ここで打5索! さらに、4索をひいてきて、打7索!

 つづけて、8索をひいて、これでテンパイ!

 さらに4枚めの4索をひいて、暗槓!

 とどめに
嶺上で6索ツモ! 緑一色!

 リアル世界ではこの嶺上で、いったん捨てた7索をツモって、「ただの」ハネ満になったんだけど、むこうぶち世界では緑一色が成立したという、これ以上はないサービスっぷりでありました。

 ここだけでも、『16 無邪気』は見る価値があると思いますよ。

 撮影は去年5月とのことで、瑠美たん、まだ授乳中だったのか、全体にふっくらしているものの、キラー瑠美たんになるときの表情は健在で、ほんとにいいものを見せてもらいました。

 ちなみに、リアルのとき、バビィに「なぜ5索、7索と落としたのか」と聞かれたときの、瑠美たんの答えがすごかったんだよね。「(緑一色を狙ったのは)それが二階堂瑠美だから」と、答えたんですよ。この瞬間です、魅せる麻雀・小島武夫の後継者は二階堂瑠美だと確信したのは。

 閑話休題。

 『16 無邪気』のほんとの本編では、ついにあの水原祐太が登場!あの、傀が唯一、名前を聞いた男。

 実際には、『15 麻雀の神様』の冒頭でも、例の倍満を振ったらアタマはねになって、牌王位を獲得するっていうシーンが出てきたんだけど、その後日譚(2年後)が『16 無邪気』というわけ。

 ここはまあ見てもらうとして(笑)、水原役のアギト(賀集くん)もいい味出してるし、傀が名前を聞くシーンなんかも出てくるし、なによりラストがいつもと違うパターンで、とても印象的。これはベスト5にはいるいい話かもね。

 それから、水原が登場したっていうことは、これは傀が登場しない『むこうぶち』も制作するかもよっていうフラグみたいな気もするし(袴田くん、最近いろんな意味で忙しいから(^^; )、なんか新展開がありそうで、そういう意味でも楽しみであります。

 まあ、要するに、瑠美たんの緑一色に感動したっていうお話なんですが。ヽ( ´-`)ノ

2019.01.28(16:14)|映画・テレビ・ドラマ・DVDコメント:(0)TOP↑
 NHKのばか。(TnT)

 なんと、今週月曜の早朝から、カンファレンス・チャンピオンシップを生中継(実際には「ほぼ生」っていう方式だったらしい)しちゃったんだよなー。しくしく。

 気がついたときは、ペッツvsカンザスシティの2Qにはいっていて、なんと「第1試合」のニューオリンズvsLAラムズはとうとう見られず。(TnT)(TnT)

 NHKのばか。しくしく。でも、考えると去年かおととしもそうだったような。どうも、こまめなチェックが必要なようで。

 なので、ディヴィジョナル・プレーオフのうち、録画だけして見ていなかったヒラデルヒアvsニューオリンズは、結果がわかっちゃったんで見ないまま削除して、あとの3試合と、ペッツvsアローヘッドの4試合を見るにとどまってしまいました。

 で、結果はAFCがペッツ、NFCがラムズの勝ち上がりで、この2チームがスーパーボウルLIIIに進出になりました。ペッツは3年連続、ラムズは17年ぶり(当時はセントルイス)。

 ということで、両チームの寸評を。

 まずラムズ。いちばん驚いたのは、RBのC・J・アンダーソンがいたこと(#35)。

 あれ、なんで? と思ったら、今シーズン前にデンヴァーを解雇されて、何チームか流浪したあと、エースRBトッド・ガーリー二世(笑)の負傷をうけて、シーズン後半に移籍してきたんだって。

 で、このCJが大活躍。さらに、復帰した#30ガーリーも好きなように走り、パスをキャッチして、ディヴィジョナルでは、このふたりでダラスを一蹴した感じ。

 QBの3年め(スターターは2年め)#16ジャレッド・ゴフは、去年とんでもない試合を演出した立役者。week11のvsカンザスシティですね。

 これも見ていた(レギュラーシーズンで見たのはこの1試合だけ)から、若手で実力ナンバーワンかもと思ってたけど、ポストシーズンでもその能力をいかんなく発揮してました。

 なんでも、アメリカでは「ジョー・モンタナの再来」とかっていわれてるらしい。ショットガンを使うのと、フランチャイズが西海岸(往年のウェストコースト・オフェンスね)だからだと思うけど、2試合を見たかぎりでは、「そうかなー?」っていう印象。

 むしろ、絶好調のCJとガーリー二世のランを中心に組みたてて、パスのほうがつなぎっていう感じだった。あと、必要なら自分でも走れるから、モンタナよりはジョン・エルウェイに近いんじゃないかと思いました。いずれにしても、第一級のQBであることはたしかですが。

 一方のディフェンスは、たいしたことない印象。(^^; とにかく、よく点をとられてるから。ペッツのオフェンスを止められるとは、とても思えない。

 次。ペッツ。こっちはいつもどおり。

 と、思ったら、なんかへん。そーだ、WRアメンドーラが出てこないじゃないですか。

 あとで調べたら、去年のシーズン前に、マイアミに移籍しちゃったんだそうで。ポストシーズンになると神がかり的な存在感を見せつけてただけに、残念であります。

 とはいえ、その穴は#15クリス・ホーガンとインディアナポリスから移籍してきた#13フィリップ・ドーセットの両WRがしっかり埋めていて、ケガで去年1年を棒に振ったエース#11エデルマンも絶好調だし、いっさい問題なさそう。

 もちろん、#87のTEグロンコフスキーも万全……じゃないのかな? 今回はほぼブロッカーに徹していたのが気がかりといえば気がかり。なんせ、ディヴィジョナルではパスレシーブ1回だけだったもんだから。

 でも、チャンピオンシップの4Qにはいったら、たてつづけに4本か5本、ロングレシーブを決めて、2TDに貢献したから、これはやっぱり「困ったときのグロンコウスキー」作戦なんでしょう。

 RB陣。これも快調。おととしのスーパーボウルLIで「実質MVP」といわれた#28ジェームス・ホワイトが健在なのに加えて、ルーキーの#26ソニー・ミッシェルがとんでもない才能を発揮している。このミッシェル、立志伝まっただなかというか、能力だけでなく性格も私生活も模範的ということで(詳細は長くなるから略)、これも次世代ヒーローのひとりといえるでしょう。

 グロンコウスキーがブロッカー主体なのも、そこでこじあけた穴に両RBがつっこんでヤードを稼ぐための作戦なんでしょう。とにかく、これが新しい戦力になってるのはたしか。

 さらに、ペッツ伝統のフルバック陣もすごい。#46のジェームズ・リッテンハウス・デベリンはRB登録ながら、いかにもフルバックっていう7年めのベテラン。いうまでもなく、ブレイディを支える主要人物のひとり。

 これにくわえて、去年シンシナティから移籍してきた#34レックス・バークヘッドもフルバック的使われ方で、チャンピオンシップでも2TDだったかな、稼いでいた。

 御大ブレイディは相いかわらずNFLの記録を書きかえつづけているし、オフェンスは万全でしょう。

 ディフェンスは、こっちもラムズ同様やや弱いものの、いい人#53カイル・ヴァン・ノイと変な人#54ドンタ・ハイタワー、SSの#23パトリック・チャンあたりが健在だし、FSの#32デビン・マコーティーがなぜか神がかった活躍を見せていた。

 なので、ディフェンス力でいうと、ペッツがややリードしているんじゃないかと思う。

 というところで、スーパーボウルLIIIは、恐らく点の取りあいになるでしょう。どっちが勝つかは、正直わかんない。拮抗してるのはたしかだから。しいていうなら、オフェンスのラインはペッツが鉄壁なのに対して、ラムズはやや弱いかも。そうなると、ヴァン・ノイやハイタワーが勝負の鍵を握ることになるかも。

 ちなみに、前回ラムズが登場したIIIVIええいめんどくさい第36回の相手もペッツで、当然ペッツが勝ってるわけですが。

 いずれにしても、運命の日は2月4日。

【蛇足】
すごくどうでもいいことだけど、去年からグロンコウスキーのことを、「グロちゃん」と呼ぶようになってしまった。アイスリボンのジュリアの祖母の人が、本名のグロリアを略して、グロちゃんって呼んでるのをTVで見ちゃったのが原因。

これが個人的に妙にうけて、以来グロンコウスキーもグロちゃんになってしまったのだった。

さらに、ディヴィジョナルを見てて気づいたんだけど、エデルマンはジュリアンじゃん。

あれま、こっちもジュリちゃんだ。(´・ω・`)

ふだん、ジュリアはジュリちゃんと呼ばれているのだ。

うーん、ふたりともジュリアつながりなのか。こーいうのは因縁といっていいのかどうか……いいえ、因縁でもなんでもないんですけどね。ヽ( ´-`)ノ

2019.01.24(11:44)|スポーツ・プロレスコメント:(0)TOP↑
 ベースボールマガジンwebのこの記事が出色。

「歌って踊れてゆるくて、強いチャンピオン! アイスリボン・弓李&尾﨑妹加が貫く、げこむす流!」というタイトルのロングインタビューなんだけど……

 これがもうGEKOKU娘らしさ全開で。ヽ( ´-`)ノ

 きゅーの挙動不審っぽさと妹加のクセ者ぶりがあますところなく表現できてるというか、よくこうやってまとめたよね。ライターの人、かなり偉い。

 しかも、アイスやげこむすのことをよく知っていて、愛情を持って接してるのが伝わってくるんですよ。この記事はおみごとです。

 あと、生焼けことバーローの空振り感がものすごくて、そっちもおみごと。(´・ω・`)

 バーローについては、「正社員なんだから、やってあたり前だろ」とか、「兼業歓迎で団体のエースからして兼業なのに、そういう団体ポリシーを尊重しないなら、発言する前に退団しろよな」とか、いろいろ思うところがあったもんで、そういう意味でもこのインタビューはカタルシスにあふれてました。はい。

 ひとつだけ、残念なのは、「きゅう」じゃなくて「きゅー」または「キュー」が正しい表記なので。そこだけ指摘させていただきます。(^^;

2019.01.22(11:12)|女子プロレスコメント:(0)TOP↑
 今年はワイルドカードを4試合とも見た。ぜんぶ見たのは2年ぶりくらい。

 とはいえ、いい試合ばかりとはかぎらないのが、ワイルドカードの常で。結果は以下のとおり。

インディアナポリス 21-7 ヒューストン
ダラス 24-22 シアトル
LAC 23-17 ボルティモア
ヒラデルヒア 16-15 シカゴ

 まず、インディアナポリス。前半はなにをやっても無敵状態で、21-0のワンサイド。後半はヒューストンも反撃を試みるものの、青息吐息で1TDを返すのがせいいっぱいという結果。うん。コルツは強いかもしれない。アンドリュー・ラックは貫禄の安定ぶり。

 2試合め。シアトルは善戦したものの、ダラスにかわされた。

 敗因はふたつ。まず、プレースキッカーが豚すぎた。

 キッカーで体重125kgってだけで犯罪的なのに(画面にはじめて映ったときは、#11なのにラインの選手なのかよと思ったくらいで)、最初のFGに失敗したあげく、蹴り脚に肉ばなれを起こしてお帰り。2度とフィールドにもどってくるな級の大失態だった。だから、PATができず、2pコンバージョンを2度成功させた結果、22点という不思議な数字ができあがったんだけど。

 ふたつめは、#26のCB。前半2minでかんたんなTDパス・ブロックを失敗して(しかも空振り)、後半もミスを連発した。戦犯としてはこっちが上かも。

 ただ、オフェンスはしっかりしていたんで、来年は捲土重来いけるんじゃないでしょうか。

 3試合めはチャージャーズが勝ったんじゃなくて、ボルティモアが自滅した。

 ポストシーズン最年少スターターQBってことで、鳴り物入りだったラマー・ジャクソン。これがとんでもないくずでね。最初の攻撃機8回で3ファンブル(本人が2回)。1回がターンオーヴァーでそこから失点という絶望的なスタートから、最後まで回復せず。

 テレビ中継も、途中から「ジョー・フラッコ出せよ」コール一色になったけど、最後まで変えなかったのは、チームとして前半で試合を捨てて、ジャクソンに経験を積ませるためにほかならず、結果ひどい試合ができあがった。

 だけど、将来性はないね。この試合を見るかぎり。RC3やキャパニックと同じ、典型的1発屋モバイルQBだもん。

 2012年からしばらく、同種のモバイルQBがもてはやされたけど、いまも第一戦でプレーしてるのはキャム・ニュートンだけでしょ。ラッセル・ウィルソンはそれほど走らなくなったし。当時から指摘されてたように、モバイルQBはケガがつきもので、このジャクソンもいかにもケガしそうなプレーを連発してた。

 チームはフラッコを放出する意向みたいだけど、たぶんこれでボルティモアの全盛期はおしまいになるでしょう。

 自慢のディフェンスもひどくてね。戦意喪失したせいもあるとは思うけど、3Qだっけ、4連続ファウル(うち3回がパーソナル・ファウル)で60ヤード近く罰退するというていたらく。ボルティモア、好きなチームだったんだけどねー。

 4試合め。ヒラデルヒアvsシカゴ。これは大熱戦でありました。ロースコアなのに目がはなせない展開で、最後もシカゴが2pコンバージョンを失敗してつきはなせず、ヒラデルヒアがこの日はじめてWRへのミドルパスを成功させて、これがTDで逆転するも、こっちも2pに失敗。

 この失敗でシカゴはFGで再逆転になって、そのゲームプランどおりFGレンジまで進んで迎えた最終プレー。アテンプトは35ヤードくらいで、ふつうなら必勝パターンのところ、ヒラデルヒアがこのシチュエーションではよくある、いやがらせのタイムアウトをとって、次がほんとの最終プレー。

 ところが、このキックが失敗しちゃうんだよねー。しかも、ポールに当たって、下のバーにも当たって、どっちも手前に回転して失敗という、奇蹟みたいな結末。後日、キックミスじゃなくて、ブロックされたと記録が変更されたけど、ブロックといっても指先がかすめた程度で、これも奇蹟的。

 という、とんでもない結末になりました。しかし、QBのニック・フォールズ、去年もそうだったけど、とんでもない強運の持ち主だねえ。ほんとにすごい。このぶんだと、スーパーボウル連覇まであるかもよ。

 しかし、いやがらせのタイムアウト。もちろん、相手の集中力を途切れさせるっていう意味なんだけど、うまくいくこともあるんだねー。はじめて見ました。

 ということで、今週末はディヴィジョナル・プレーオフ。末尾はNHKの放送日。

カンザスシティvsインディアナポリス 1.14(月)
LARvsダラス 1.16(水)
ニューイングランドvsLAC 1.19(土)
ニューオーリンズvsヒラデルヒア 1.20(日)

 番狂わせがありそうなのは、インディアナポリスとヒラデルヒアかな。

2019.01.12(10:31)|スポーツ・プロレスコメント:(0)TOP↑
 毎年1月の風物詩、スーパーボウルへの道。

sbliii.jpg

 第53回はこーいうメンバーで、オフィシャルの特集ページはこちら

 ワイルドカードからの日程は以下のとおり。ワイルドカードのみ、NHKの放送予定が出たので、日付はそのオンエア日時。ディヴィジョナル・プレーオフ以下は現地の日付。

【ワイルドカード】
ヒューストン・テキサンズvsインディアナポリス・コルツ1.7(月)0:00~
ダラス・カウボーイズvsシアトル・シーホークス1.8(火)0:00~

ボルティモア・レイブンズvsロサンゼルス・チャージャーズ 1.9(水)0:00~
シカゴ・ベアーズvsフィラデルフィア・イーグルス 1.10(木)0:00~

【ディビジョナル・プレーオフ】
カンザスシティ・チーフスvs(TBD) 1.13
ロサンゼルス・ラムズvs(TBD) 1.13

ニューイングランド・ペイトリオッツvs(TBD) 1.14
ニューオーリンズ・セインツvs(TBD) 1.14

【カンファレンス・チャンピオンシップ】
NFC 1.21
AFC 1.21

 例年、NHKのオンエアは3時間くらいなのに、今回は2時間版らしい(いまのところ、予定)。うーん。

 上位4チームは去年につづいての出場で(つか、ペッツはもう10年連続だけど)安定しているものの、下位で連続出場はヒラデルヒアだけ。ピッツバーグも落っこちで、どうやらポストシーズンでのビッグベンは見納めかな。

 そのなかで注目は……シアトルがすべりこみましたー。ぱちぱち。ラッセル・ウィルソンが1年ぶりにプレーオフに帰ってきます。

 ボルティモアも久しぶり。こっちは地区優勝だけど、ジョー・フラッコが原動力じゃなくて、控えのラマー・ジャクソンがQBで成長した結果。ワイルドカードもこのルーキーQBの先発が確実で、先発すればプレーオフ史上最年少QBになるらしい。こちら

 ワイルドカードの予想としては、インディアナポリス、シアトル、ボルティモア、シカゴが勝ちかな。

 ただ、ヒラデルヒアは要注意。去年のラッキーボーイ、ニック・フォールズが先発QBに復帰したとたん、調子が上向きになったようで、今年も快進撃がはじまっちゃう可能性はある。

 ということで、本番のスーバーボウルLIIIは日本時間2月4日(月)0800時、アトランタのメルセデスベンツ・スタジアムでキックオフ。ここ、2017年に竣工したばかりの、最新鋭スタジアムですね。ハーフタイムショーはぜんぜん期待できないんで省略。

2019.01.05(14:53)|日々の雑感コメント:(0)TOP↑
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR