パーツ館にようこそ
 日曜日はブラジルに行ったため、本放送ではなく録画で見たんだけど、『ミラクルちゅーんず!』全51話、ぶじ完走いたしました。諸事情により4回くらいは録画だったものの、まあいいでしょう。

 ラスト3回は予想どおりの展開で、魔王は50話の段階で「余が光になっていく」的な最後を迎えて退場し(こんどはアイドルになるそうなので、最期じゃないもよう)、51話は「ミラクルちゅーんずはアイドル戦士"卒業"ながら、アイドルグループとしてのミラクル2は存続」っていうニュアンスで大団円となりました。

 そうかー、あの魔王との戦いを「演出」でかたづけちゃうかー、さすがは三池組。つか、シリーズ構成の藤平久子さんの技倆じゃないかと思う。

 でも、それよりなによりぶっとんだのが、マイの「答辞」にはじまる5人のスピーチですね。これ、女神さまの「卒業」宣言へのアンサーだから、答辞でいいんだよね。

 なんと、マイが途中、言葉を間違えていいなおす部分をふくめて、無編集ノーカットの長回しを敢行しちゃったですよ。ふつうなら、テイク2とかになるところなのに、マイの心情の吐露をそのまま伝えるために、あえて無編集なんだよね。

 もっといっちゃうと、5人の言葉は脚本じゃなく、本人たちに考えさせたはず。この無演出ともいえる手法が、歴史にのこる名シーンをつくりあげたと見ました。

 これは監督の現場判断だったのかな。違うな。脚本段階で決めてたようなので、藤平さんか三池監督のアイデアだね。

 とにかく、おみごとな手法で、この1点だけでも、ミラちゅーが歴史にのこる名作になりました。

 ほんとに感動的なラストで。ぱちぱち。

 まあ、マイが間違わなかったら、これにも気づかなかったんでしょうが。いや、「1年間」っていう言葉が2、3度出てきたから、そこでわかったか、やっぱり。

 というのはどうでもよくて。

 そういうわけで、せっかく録画したんで、あと2回くらいこのシーンを見て、マイの姿を目に焼きつけておきましょうかね。

 あ、マイだけじゃなくて、カノンも座長っぽい堂々とした態度が印象的でしたよ。あとの3人はいかにもっていう感じでしたが、これは前のふたりがすごすぎただけ、ということで。

 いずれにしても、マイこと足立涼夏嬢はしばらく追っかけたほうがいいでしょう。久しぶりにとびきりいい才能を見つけちゃったよ。このレベルっていうと、里依紗姫以来かな。

2018.03.28(16:12)|映画・テレビ・ドラマ・DVDコメント:(0)TOP↑
 先月のこちらのつづき。気になる川口の実況について。

 その後、3月にはいってからのGI開設記念では、松島茂さん、高橋将市さんという文化放送のベテラン・アナウンサーふたりが交互に担当して、今回の一般開催はふたたび及川真さん。

 ということで、どうやら及川さんがメイン、グレード戦は当面そのつど交代で、という流れになりそうな予感。

 安達は完全にクビになったようで、とりあえずひと安心でしょうか。

 なんちゃって、4月の年度替わりからまたしても出てくるかもしれないから、完全に信じることはできませんが。

 あと、木曜までの開催で気づいたんだけど、浜松の島田祐希、実況はけっこうオリジナル色を出してきて、ずいぶん改善されたんじゃないでしょうか。

 安原さんやASAHIとの会話は相いかわらずぐちゃぐちゃなんだけど、そこは目をつぶってもいいからね。実況が問題なんで。

 もっとも、目をつぶってもいいとはいえ、内野のやつはそもそも日本語が論外なんで、やっぱり聞くに堪えないけど。ヽ( ´-`)ノ

【3.19追記】
きょうは二宮さんが担当だ。ということは、まだ安定しないのかな。
2018.03.17(12:18)|公営競技コメント:(0)TOP↑
 ミラちゅーこと『ミラクル☆ちゅーんず』がラスト4話にはいって、どんな展開になるのかと思ってたら、いきなり毒毒団の総集編だった。(^^;

 うーん、平成ウルトラのラスト3部作みたいなものを期待してたんだけど、期待した私が悪うございました。これはミラちゅーでした。

 ただ、さすがに来週は等身大の魔王が出現するようで、ここ、前後編なのか、ラスト3本なのか、とにかくクライマックスを迎えるようであります。

 もっとも、ストーリーの性質上、魔王はラス前で倒して、最後はアイドル世界選手権だっけ? あれで優勝するっていう終わり方になりそうな気も。

 ということで、4月からは「ガールズXヒロイン」シリーズ第2弾(っていうシリーズ名になったんだ、知らなかった)の、いわば第2シーズンがはじまるそうで、きょう公式サイトがオープンした。

 タイトルは『魔法X戦士マジマジョピュアーズ!』。公式サイトはこちら

 メインキャッチは「きらめく魔法でピュアライズ!」で、キャッチは「魔法使いが魔法とダンスの力で悪を倒し、世界の平和を守る」とのこと。

 総指揮の三池監督をはじめ、脚本・監督など主要スタッフはそのまま連投だけど、第2弾のせいか、番宣PVなんかを見るかぎり、線が細くて動きにキレがないのが若干気になるかな。

 ほら、ミラちゅーの場合はマイとフウカっていう、番組スタート時点ですでにダンスのプロがふたりいたから、はじめからキレっキレだったでしょ。あの躍動感がイマイチ感じられないっぽい。そのぶん、無難なルックスを選んだっていうか。

 いちおう、白雪リン役と花守ミツキ役のふたりはマイと同系列(LDH系)のEXPG所属っていうことなんだけど、ダンスについては未知数っぽい。それだけ、マイとフウカが出色だったってことかもしれないけどね。

 ストーリーもいまのところ、無難な感じに見えるものの、そこは三池監督のことだから、ただでは終わらないでしょう。きっと。

 そのいい例が、敵役のボスにエンケンさん(遠藤憲一師)を起用したこと。すでにPV第1弾の時点で、ひと筋縄ではいかない演技を見せてます。あと、主役3人のほかに、もうひとり黒い魔女っ子がいるようで、これもキーになるでしょう。

 この魔女っ子、シオリもEXPGなので、そうかー、ミラちゅーよりさらにLDH色が強まるのか。そうなると、ダンスは心配はなくていいのかな。なにが心配なのか、よくわかりませんが。ヽ( ´-`)ノ

 また、マジマジョ初回にはミラクル2も登場するっぽいので、そこも注目です。もしかすると、ミラクル2が不定期で出演するっていう可能性もないとはいえないので。

 問題は放送時間が朝9時からになったことで、『日曜美術館』があるからやっぱり録画するのが吉ですかね。

 もうひとつ、ミラちゅーはこれからイタリアでリメークが制作されるとのことで、これも恐いもの見たさで1本くらい見たいような、見たくないような。ヽ( ´-`)ノ

2018.03.04(17:29)|映画・テレビ・ドラマ・DVDコメント:(0)TOP↑
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR