パーツ館にようこそ
 あの絶望的など素人の実況担当、安達光浩が消えてます。前回の川口開催から。

 前回はケイ・ステーションの二宮淳一さんで、今回は及川真という人がそれぞれ実況を担当しているのですね。やっぱり、施工も安達じゃ売上が確実に落ちると認識して、首にしたんでしょうか。だったら朗報なんですが。

 で、今回はじめて登場した及川さん。川口中継のテロップでは「真」になってますが、芸名としては「及川まこと」を使ってるそうで。

 プロフィールを調べたら、

元西日本放送局アナウンサー(日本テレビ系列)
元文化放送ニュースアナウンサー 国会・内閣府等の記者兼務
元TBS天気キャスター(キャスターの他、「ニュース23」などで原稿作成)

資格    気象予報士

 と、なってまして、そういや、きのうの中継で、トヤ子さんが気象予報士がどうとかいってたっけ。そこそこのキャリアがありそうで、しかもどっかで顔を見た記憶があるんだよね。伊勢崎か浜松でピンチヒッターをやったのかな?(きのう、川口は初といってたので) または、この気象予報士のほうで見たのかもしれません。

 実況はかーなり昔風だけど、逆にオーソドックスで、慣れてくればそれが味になるかも。もちろん、安達にくらべると次元が違うというか、くらべるのが失礼なレベルですね。

 せめて、この人が担当をつづけてくれるといいんですが。

 ところで…… 

 先日、来期の適用ランクが発表されたんだけど、そこに驚愕の記述が。

 こちらのいちばん下、B級の最後にある「※1」の部分。

「※1 公傷又は妊娠、出産のため最低出場回数(18回)に満たない選手」となってるじゃありませんか。

 で、該当するのはひとりだけ。岸もえぴー!

 ほんとかよ。もえぴーは去年の8月中旬、気分が悪くなってイベントを欠席し、岡やんにかわってもらうことになったとブログに書いて以来、消息不明になっていて、「傷病による長期欠場」にも名前がないんで、どうなってるのか気にはしてたんですが。

 そうかー、おめでたですか。えーと、生まれるのは4月前後かな?

 それならそれでいいし、産休明けで来年春くらいに復帰できるなら、それはそれでいい話題になると思います。

 ただし、問題はJKAのやり口。

 なんだろねー、この対応は。

 それなら、すくなくともランク発表の前にそう公示すべきでしょ。「個人のつごうだから発表の必要なし」じゃかたづけられないよ、こういうやり方って。

 つか、いまも正式には発表しないまま、こういうかたちで示唆するっていうの、とても汚いやり口だと思うけど。

 まあ、いつものJKAらしいっていえばそれまでだけどね。

 だったら、浜松で独自にこれを積極的に公表・活用していこうぜ。たとえば、生まれたら、選手会がレースオーナーになって、「もえぴージュニア誕生おめでとうレース」をやるとか。そういう気概を見せてほしいよね。

 かつて廃場の危機を乗りきったときの、伊藤信夫を中心とする選手会の結束力を、もう一度再現してもらいたいものです。

2018.02.18(15:54)|公営競技コメント:(0)TOP↑
『ミラちゅー』がたいへんなことになってるらしい。Music Voiceの「親子の間で社会現象、ミラクルミラクル なぜ人気?関係者に聞く」という記事。

 たしかに、すごい動員力みたいだからね。ぢつは先月8日に、久喜でもライブがあったんだけど、相当な混雑が予想されるっていうことで、行くのをあきらめたりしたのでした。

 それはいいんですが、なんすか、「24年ぶりに復活した女児向け特撮実写ドラマ」って。ぉぃ、気になるのはそっちか。(^^;

 24年前っていうと、1993年。だから、たぶん『シュシュトリアン』のことをさしてると思うんですが。

 ぜんぜんおかしいじゃーん!

『実写版セラムン』を忘れてる!

 これって、いまとなっては伝説の登竜門ドラマなのにー。

 なんだかんだいっても、北川景子、泉里香(当時は浜千咲)を輩出したんだからね(当時の序列だと、こまっつぁん、美優ちゃん、安座真ちゃん、北川、浜の順だったけど)。

 この番組が終わったのは2004年秋だから、ここは13年ぶりが正しいのです。

 いや、ほんとは2006年か07年に『美少女戦麗舞パンシャーヌ』があるんだけど、これは厳密にいうと「女児向け」かどうか怪しいので、カウントしなくてもいいと思います。ヽ( ´-`)ノ

 あと、この記事では不思議なことがひとつ。文中に足立涼夏嬢が「神崎マイ」という名で紹介されてるんだけど、これはあくまで役名で、「マイ役の足立涼夏」と書くのが筋なのでは。

 というか、涼夏ちゃんは7~8年後にはEガールズのリーダーになってる可能性が高い、正真正銘の逸材でしょ。それを役名でかたづけるのって、いかがなものかと。

 という、本筋とは違うところばかり気になる記事でした。でも、ミラちゅーはほんとに完成度が高いっすよ。そろそろ最終エピソードに突入するし(来週からかな)。

【2.18追記】
『ミラちゅー』はきょうオンエアの回から最終章がはじまったようで。来週は放送がないので、のこり4話でスーパー・ネガティヴジュエラー毒毒団との戦いが1回、11日と18日で魔王との最終決戦、25日はエピローグと最後の総集編というような構成でしょうか。

そうなると、次はこのシリーズの第2弾があるかどうかが気になりますが、これは今後のお楽しみということで。でも、なんかやりそうだよね。これだけ売れたんだから。

2018.02.17(15:51)|日々の雑感コメント:(0)TOP↑
 ブログをはじめて14年たつけど、オリンピックの競技を話題にするのは、これがはじめてだって。

 これまでの関連エントリーはわずか2点。ひとつは「ソチっていえばダーチャだよねー」っていう話で、もうひとつは「松本整さんがトレーナーとして開会式に出てたよ」っていう話。ふだん、いかにオリンピックに興味がないか、如実にわかるというものです。

 そもそも、ルールも知らないで自国選手を応援するだめだけにオリンピックを見るって、歪んだナショナリズムを増長させるだけだよね。

 てなことは置いといて。

 今回のオリンピックで唯一見ているのが、カーリング女子のロコソラーレ(登録名は諸事情からLS北見)であります。

 ロコソラーレを本格的に見はじめたのは、3年半くらい前。偶然、時間つぶしでチャンネルを合わせたら、すっかりハマったのでした。

 もともと、カーリングのゲーム性の高さはNFLと並ぶと思って、ちょこちょこ見てはいたんだけど、ロコソラーレですごい選手を見つけちゃったんだよね。

 サードの吉田知那美選手。この人のプレースタイルがすごい。

 喜怒哀楽を強烈に前面に出して、ほかの3人もその渦に巻きこみ、ついでに相手チームもその勢いに呑みこんじゃうっていう、ほかのスポーツでもなかなかないスタイル。ひと言で表現するなら、タイトルの「カーリングでハッピー!」でしょう。

 そう。「プロレスでハッピー!」のアイスリボンに通じる楽しさを体現してるんですね。知那美ちゃんは。というか、それにひきずられてロコソラーレの全員が。

 これ、本橋麻里さんが出てくると、若干弱まるんだけど(笑)、今回の先発はみんなひきずられてます。で、それが結果につながるから、これまたすごい。

 まあ、セカンドの鈴木夕湖選手は中学の同級生で同じチームに所属してたし、リードの吉田夕梨花選手は実の妹でやっぱり同じチーム、藤澤五月選手は隣町の出身で中学からのライバルっていうことで、はじめから知那美ちゃんを中心にしたチーム構成なんですが。

 とくに、3年半前、中部電力から移籍してきた当時のさつきちゃんは、いまほどは感情を表に出さなかったけど、世界選手権の途中からかな、知那美ちゃんのノリに合わせるようになって、それで準優勝まで行っちゃったからね。

 今回のオリンピックでも、そのよさは遺憾なく発揮されていて、決勝トーナメントを狙える位置につけてるし。

 そうそう。カーリングでハッピー! の渦に相手チームも呑みこんじゃうって書いたけど、それが如実に出てたのが、vs韓国戦。9エンドでリードを許してる局面でも、そのスタイルを貫いていたもんで、それを見た相手は顔が完全にひきつっちゃって、案の定ミス連発という結果に。

 こういうのって、なかなかないですよ、スポーツの世界では。

 ということで、マスコミではロコソラーレは本橋さんのチーム、子供のころから天才と呼ばれるさつきちゃんのチームってことになってるけど、ぢつは知那美ちゃんのチームなんで、そう思って見てると、ゲームがまったく違ったもの、楽しいけど感動的なものに見えてくるでしょう。このへんもアイスと同じ。

 ちなみに、ロコソラーレのもうひとつの魅力が、北海道方言。

 カーリングでは、2006年くらいからだったか、選手にマイクをつけさせて、なにを相談しているか観客がわかるようにしたんだけど、知那美ちゃんたちは4人とも同郷で年もほぼ同じだから、すごくネイティヴな北海道弁を話すんだよね。これがまた聞いていて楽しいのです。

 もともと、北海道弁は好きで、自分でもまねするくらいだし。ほっとするっていうか。

 これもハッピーの源泉かも。

2018.02.17(14:13)|スポーツ・プロレスコメント:(0)TOP↑
 雑なタイトルというか、くくりというか。(^^;

 まあ、ここ10日ほどは、ほんとにいろいろありまして。

 3週間弱前の1月22日、本家の当主というか、そーいう人が亡くなって、葬儀が会場のつごうで10日以上たった先週末、2月2日通夜、3日告別式になり、いまとなっては超ディープな本家とか分家とかの儀式をこなしたり。

 その当主みたいな人は実質的に絶対的なお姉さんだったので、儀式じゃなくて、ほんとに悼む時間をつくってみたり。

 それをこなした翌日、4日日曜はリハビリに励んで、スーパーボウルにそなえたものの……

 当日はここ15年くらいの習慣で、個人的スタッツを書きながら(おもにブログ用の備忘ですが)、気合いを入れて見ていたのに、4Qツーミニッツ直前でこの試合はじめてのサックでなんとブレイディがファンブルリカバーを食らって、試合が実質的に終わっちゃって。orz

SBLII otr

 これが自己流スタッツですが。これを書きながら見てると、より集中できるんだよね。ただそれだけですけど。ヽ( ´-`)ノ

 この試合については、あとでまた書くかもしれないけど、ペッツが負けたんで、書かないほうに5ガバスかな。書いてのこしたい気もしてるんで、結果はあした。

 で、ふと気がつくと、悪寒がひどくて、マジで震えてるんですね、自分が。軽い振戦状態。

 とりあえず昼すぎなんで、なんか食おうと思ったけど、用意したものの半分も食えず。これは明らかに異常。

 あわてて、体温計で測ってみると、なんと42゚cの天井を突きやぶる超高熱!

 生まれて60年超にして、初めてインフルエンザにかかったかと思いつつ、とりあえず風邪薬を飲んで、熱下げのためいっぱい着込んで布団にはいり、しばし。

 2時間くらいして、また体温を測ると、あれ? 37.6゙cだって。

 つづけて測ると、次は38.5゚c。次は40.2゚c。

 えーと、結論からいうと、この30年以上使った水銀式のアナログ体温計、寿命を迎えていたようです。ほかの体温計で測ると、だいたい38゚c前後。高値だけど、42゚cっていうのはなかったようで。

ヽ( ´-`)ノ

 とはいえ、インフルの疑惑はのこるなか、「いっぱい着込んで」をつづけること1日半。6日火曜日午後になって、ようやく高熱帯を脱して、まがりなりにもなんとか動けるように。

 もう、この段階では、法事も負けたSBもどーでもよくなって、とにかく体調をもどすことに専念しようと決意。とはいうものの、からだがかろうじて動くようになったのは、7日水曜日になってから。

 ここからは、「いっぱい着込んで」をやると反動でかならず覚悟しないとならない便秘との戦いが開幕。

「いっぱい」の場合、1日24時間で8リットル程度の水を摂取しつづけ、それを絶え間なく汗と便で体外に放出しつづけることで体温を下げるため、腸内の水分が排出されて、どうしてもひどい便秘になるのです。やった人はわかるでしょうが。

 なので、熱が下がったら全力で便秘を解消しないとならないんだけど、これが難事業で、詳細は省略するものの、バランスをとりもどすのに、きょう10日夕方までかかってしまいました。 

 本家筋の法事があると、これがいつものパターンなんだけど、そろそろつらいというか、つきあいきれなくなりつつあるのはたしか。どこかで断ち切ることを考えないと、こっちの身があぶなくなってきたっていうのが、本音だったりしますね。

 まあ、生存証明 兼 愚痴ですが。とほほ。

2018.02.10(19:13)|日々の雑感コメント:(0)TOP↑
 NEペッツにヒラデルヒア・イーグルズが挑戦するスーパーボウルLII。

 現地時間の木曜日、ペッツのTEロブ・グロンコウスキーが脳震盪プロトコルから解放されて、正式に戦列復帰となり、右手親指の抜糸が終わったQBトム・ブレイディといっしょに万全の態勢で本番に臨めることが決まりました。

 NFL JAPANのこちらとか。

 たぶん間にあうとは思ってたものの、「たぶん」と「完全に」では大違いなので、とにかくひと安心。

 ヒラデルヒアのディフェンスは破壊力抜群なので、前半はリードを許す可能性が高いけど、反面、後半は動きがぱったり鈍るという欠点も健在のようなので、いつものように3Qであざやかに逆転して、4Qも逃げきりっていうパターンに持ちこめるんじゃないでしょうか。

 ということで、キックオフはあしたの0830時!

2018.02.04(12:35)|スポーツ・プロレスコメント:(0)TOP↑
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR