FC2ブログ
パーツ館にようこそ
 トライアル最終日、4日めにトンデモな波乱が。

 ぶじ完走で当確だったキムタケが、こともあろうにフライングをかましたのだった。orz

 なに考えてんねん。ばかじゃないの。(-"-)!

 ということで、まさかの浦田が繰り上げ当選になっちゃった。ほんとに迷惑な話で。

 また、荒尾聡が勝負駆け成功で順位3位に躍進して、決定戦進出の8名が決定。

 以下は例年どおり、公開抽選の結果。

 こんな感じで、速記だから、正確なのはあとでオフィシャルでどうぞ。例によって( )の数字は得点順位=枠番抽選の順番。

1 荒尾  聡(3)
2 青山 周平(1)
3 鈴木圭一郎(2)
4 早川清太郎(4)
5 金子 大輔(5)
6 佐藤 貴也(6)
7 永井 大介(7)
8 浦田 信輔(8)

 順位1位の青山が2枠を選んだため、順位3位の荒尾が1枠にはいり、あとは抽選順。

 当然、完全V王手の青山が軸になるけど、圭一郎もそこにぴったりつけてきて、これは去年とまったく同じ構図。去年は青山が圭一郎に絡まれて落車、圭一郎はお咎めなしの優勝っていうことになったんで、そのリベンジ戦の様相ですかね。

 今年の青山には穴がない一方、圭一郎もつねに合わせてくるんで、この一騎打ち、どっちに転ぶかわかりません。

 その青山がインタビューでいってました。「フェスタのほうで(同期の)摩弥ちゃんが完全Vに王手なので、ふたりで完全Vにしたいと思います」。

 ということで、今年は特別にSSフェスタ優勝戦の枠順もひとつ。(´・ω・`)

1 藤本 梨恵   0
2 佐藤 摩弥 10
3 瀧下 準平 10
4 黒岩  明    10
5 森  且行    10
6 若井 友和 10
7 池田 政和 10
8 篠原  睦    10

 やっぱりサトマヤと黒岩の一騎打ちっぽいな。

2017.12.30(17:27)|公営競技コメント:(0)TOP↑
 きのうはすごく久しぶりに東京大賞典を見られた。678ch南関競馬チャンネルが無料放送にしてくれたんだよね。

 昔は賞金王決定戦にはじまって、有馬記念、大賞典、競輪グランプリと順番にやってきて、大トリがSS王座っていう美しき流れがあったのに、最近はへたすると競輪GPも見ないからなー。

 ということで、SS王座ですが、今年はみなさん日替わりで調子が一変する感じで、青山周平以外はだれが決定戦に乗るのか、ぜんぜんわかんない状態。圭一郎も3日間3着だし。もっとも、これは去年も同じだったんで、きっと帳尻は合わせるんだと思うけど。

 で、今年はSS王座より、むしろ前座のSSフェスタのほうがすごいことになってまして。

 なんと、サトマヤが予選道中4連勝。つまり、完全優勝に王手。しかもきょうは初日につづいて自己ベストを更新する上がり367をマークするという快挙で、あしたの優勝戦も本命間違いなしってことになったんですよね。

 さらに、ふなっしーこと藤本梨恵も連勝で優出。それも、追走する池田政和を完全に抑えこんでの勝利ということで、司会の堂前さんも大興奮状態。

 ついでに、きのうは出場した女子選手全員が1着どりと、話題をさらいつづけております。

 あしたの優勝戦は、またしても超バツになった黒岩明がいるから、勝てるかどうかは微妙だけど。

 とはいえ、たぶん0ハンが藤本ひとり、あと7名が10ハンで、2号車サトマヤ、6号車に黒岩くらいだと思うんで、完全優勝の可能性もなくはないと思います。はい。

 それにしても、堂前・吉原コンビのこの安定感はピカイチですね。これが見納めかもしれないと思うと、非常に複雑な思いがありますが。大逆転で、GI以上の開催は5場ともこのふたりが担当ってことにならないかね。

2017.12.30(15:10)|公営競技コメント:(0)TOP↑
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR