パーツ館にようこそ
 先月からMONDOでやってるのは知ってたけど、タイミングがあわなくて、きのうやっと見ました。河崎実監督の『アウターマン』。

 公式サイトのトレーラーはこちら

 見なかったのは、「あの」河崎実作品だからなー、という安易な思いこみのせいもあって。だって、これまでに見たのは……『いかレスラー』でしょ、『ヅラ刑事』でしょ、『地球防衛ガールズ』でしょ。

 しかも、去年は飯伏幸太を使っての『大怪獣モノ』とかもつくってるし(これは未見。「バトルメン」かなんかでちらっと見ただけ)。

 当然、見るべき順位は低くなるわけで。

 ところが、いざ見たら愕然。これ、10年に1本の大傑作じゃないですか。

 ざっくりいうと、ウルトラマンはじつは侵略宇宙人で、バルタン星人こそそれと戦うヒーローっていうお話。もちろん、ウルトラマンじゃなくてアウターマンだし、バルタンじゃなくてシルビー星人ですが。

 登場人物やセリフがいちいち「刺さる」演出は、いっそ爽快といっていいし、特撮は特撮研究所がやってるんで、現代アナログ特撮としてはこれ以上は望んじゃいけないレベルにしあがってるし。

 久しぶりに見た塩谷舜とかもしっかりした演技だし、主役クラスはほとんど全員が特撮出身者。さらには、萩原佐代子さん! 牧野美千子さん!ぉぉ さらには時田優さん! までひっぱりだすスペシャルゲスト勢もお約束どおりとはいえ豪華。

 もっとも、キャストでいちばんいい味を出してたのは、タルバ役のGeroという人。ミュージシャンだそうだけど、ほかの演技者とは微妙に違う間とか、セリフまわしとかが、シルビー星人にすごくマッチしてました。負け犬感とかね。

 まあ、ネタがネタだけに、少々うざったい演出もあったけどね。

 たとえば、10回以上連呼された20億3000万のアウターマン星人っていう数字。いや、ここは75億くらいにしないと、イデ隊員が「人類の数とほとんど同じじゃないか」ってつっこめないじゃん。(´・ω・`)

 みたいな与太も、もちろん満載。

 そうそう。アウターマンの戦い方、もしかしてレッドマンを意識してた? 見てるあいだは「すごいヒールっぽい戦い方じゃん。まあ、飯伏を起用したりするくらいだから、プロレス好きなんだろうなー。そういや、つっかも起用したことあるらしいし」くらいに思ってたけど、見終わってしばらくしてから思いついた。

 そして、ラストの石坂浩二風ナレーション。「でも、これは架空の世界の物語です。だって、50年以上も人気がつづく番組なんて、この世にあるはずがありませんから」かな? 細部はかなり違ってるはずなんで、再見したときにまた修正します。

 これって、特撮に対する愛憎が詰まった、究極のエンディングだよね。実はここがいちばん感動しました。

 なんていうか、わかってる人が、愛憎ともにこめてつくると、こんなにすごいB級の傑作ができるんだねえ。脱帽しました。河崎監督、ぢつはすごく偉かったんだ。(^^;

 たしかに、特撮大好きでプロレスも好きな1950年代後半生まれだったら、こういう思考回路になって当然だよねー。

 ということで、機会があったら必見です。

 MONDOでは、来月も何回かリピート放送があるようなんで、かならず録画しなければ。

2017.04.22(12:16)|映画・テレビ・ドラマ・DVDコメント:(0)TOP↑

 先週日曜の9日、6日から提供がはじまったWindows10のCreators Updateを適用した。

 10カ月ぶりの大型アップデートっていうことで、DL開始から終了まで1時間半近くかかったけど、これはまあしょうがないとして。

 すると、適用後に顕著な不具合がひとつ。

 5回に1回平均で、PCが正常に終了しない! (屮゚Д゚)屮

 具体的には、終了しようとして電源ボタンを押すと、「シャットダウンしています」の表示がふだんよりかなり長く、30~90秒くらい出たあと、ディスプレイへの信号は流れなくなるんだけど、OSがHDDにアクセスをつづけ(10秒に1回くらい)、いつまでたっても電源がオフにならない。

 ディスプレイが死んでる状態なので、なにが起きているかはわからない。けど、HDDにはほとんどアクセスしていないので、電源ボタン5秒押しルールで強制終了して、10秒待ってまた起動すると……どうやら異常なく起動してるっぽい。

 ただし、何回かに1度の割合で、バックグラウンドで修復インストールしてるっぽい挙動もある。

 という状態になってしまいました。

 なんだかなー。OSで苦労するのって、Me以来だよねー。Win7も相当にひどいOSだったけど、こーいうくだらないバグはなかったし。7はメモリ管理のひどさかな、印象的だったのは。まあ、いいんですけど。

 ということで、この「終了しない」っていう異常終了のことを調べてみると、Win8ではじまった症状らしい。

 それをWin10の3度めのメジャーアップデートまでひきずってるのか。ふーん。

 MSは7~8年前から機能不全に陥ってるんじゃないかと思ってたんで、さもありなん。これもその一端かもね。

 で、回避法としては、いまのところ(2017年4月現在)……

[コンパネ]の[電源オプション]から、[電源ボタンの動作を選択する]で、下の[シャットダウン設定]の[高速スタートアップを有効にする(推奨)]をオフにする。

 この方法が唯一みたいですね。

 へえ。こーいう設定があったんだ。なんつーか、いかにもMSっぽいやり口ではあります。

 この設定だと、起動が(たぶん終了も)相当に遅くなるんだと思うけど、これって「見た目」の起動や終了は早くなるものの、実際は史上最遅なのがわかってたわけで、「やっぱりその程度なんでしょうねー」くらいの印象ってことで。

 Win95の時代からひきずってることだけど、MSにちゃんとした製品を期待しちゃいけないんですね。

 ヽ( ´-`)ノ

 ということで。

 例によって、またしばらく使って様子を見ますが、さて、どんなもんでしょか。

2017.04.16(19:04)|PC、webコメント:(0)TOP↑
 朝、ニュースを見ていたら、きのうアメリカ海軍がシリアに向けて発射したトマホーク59発のうち、目標に到達したのは23発だったって、アナウンサーがいっていた。

 なんだそりゃ? ありえない数字で、説明がつかない。トマホークの命中率はほぼ100%だもん。途中で撃墜されたっていうなら、話はわかるけど、中東で迎撃手段を持ってるのはイスラエルだけ。これはどういうことなんでしょう? のこりの36発はどこにいっちゃったの?

 その後、ネットにはいってyahoo!ニュースを見ていたら、この23発っていう数字はロシア発だってことがわかった。それを時事が伝えたんだ。

 おおー、あれか。ピンときました。あれの報復ですね。

 2015年の秋、ロシアが巡航ミサイル「クラブ」を26発、シリアに向けてぶっぱなしたんだけど、そのうち4発が手前のイランに落下しちゃったんですよ。そのときのニュースを見つけた。これ

 ほかにも、目標以外に落ちたやつもあって、「命中」といえるのは20発なかったっていうお話。

 ところが、じつはこの作戦。ロシアとしては国家の威信をかけた一大イベントだったんだよね。史上はじめて、複数コルヴェットからの巡航ミサイル斉射に成功したんだから。

 そこで、ロシアのマスコミはこぞって大成功っていうプロパガンダを打ったんだけど、実際にはこーいうことで、それをBBCやCNNにちゃかされたもんだから、ロシア国防省はぷんぷんの激おこ。

 とはいえ、イランからも「どっかのミサイルが迷いこんできたぞ」っていわれたり、結果的に報道が事実だったとなって、ロシアは悲しみのうちに黙りこみ、ことをうやむやにしたのでした。

 だけど、ロシア人はそれを忘れていなかった!

 ということで、今回、その復讐をしようとしたわけね。おお、おそロシア!

 だけど、この数字はいくらなんでもばかげてるし、トマホークの斉射はこれまでもいろいろと実績があるわけで、まあ、いいがかりにすぎないと、そういうことです。嘘つくにしても、もうちょっと信頼性の高い数字にしろよなー。これじゃ、すぐわかっちゃうじゃん。

 それより、明らかな嘘なのに配信しちゃった時事が、ちょっと悲しいかな。ヽ( ´-`)ノ

 しかし、やっぱり執念深いんだね、おそロシア。いまでもバルチック艦隊とか、持ちだしてきかねないぞ。

 ちなみに、なぜ59発っていう半端な数字だったのかというと、発射したのは60基だったものの、1発は故障かなんだかで飛ばなかったらしい。

 そうかー、アーレイ・バーク級駆逐艦は対空任務重視かと思ってたけど、Mk.41VLSの96セル中60セルがトマホークだったわけで、この配分はなかなか興味深いっす。まあ、このへんは艦によって、または任務によって、いろいろ変更するんでしょうが。

【追記】
と、思ったら、NAVYの公式サイトによると、作戦に参加したのは「ロス」と「ポーター」の2隻だそうで、各30発とのこと。2隻とも、搭載セル数は90なので、うち30っていうのは、納得できる数字ではないでしょうか。

【追々記】
思いだした。おととし10月にも、この話をネタにしてたんだった。「ロシアも変わった」っていうエントリー。

2017.04.08(11:25)|航空・宇宙コメント:(0)TOP↑
 全女なきあと、業界最古を誇ってきたJWPが、きょうの後楽園大会をもって、幕を閉じることになった。

 東スポの「JWP、25年の歴史に幕 尾崎魔弓らOGも別れ」など。

 終幕自体は1月に告知されていて、ボリショイ以下の所属選手はいったんフリーになったあと、後継団体である「ピュアJ」の所属になるので、きょうは形式的なラストなんだけどね。でも、今後JWPっていう名前がなくなるのは事実。だからこその最終興行なのでした。

 ぢつは、1990年代前半、はじめて「女子プロレス」を見たのが、JWPなのでした。

 その前、80年代からマッハ文朱、ビューティペア、クラッシュギャルズとつづく全女のムーブには、まったく興味がなかったし、ほとんど見たことがなかったのですよ。

 それが、91年かな、リングスの中継がはじまるっていうんで、WOWOWに加入したところ、まもなくJWPもオンエアするようになってね。

 なので、リングスのついでみたいな感じで見るようになったら、これがおもしろい。

 当時はキューティ鈴木と尾崎魔弓がツートップながら、実力的にはデビル雅美とダイナマイト関西が君臨するっていう構図。ここに軽量級の選手も絡んで、それまで見たことのない新鮮なプロレスシーンを展開してくれたのでした。

 ちなみに、いまでこそ松本都とかいってるけど(^^; 最初に好きになった女子選手は、去年末に引退した関西だったんだよねえ。

 そのうち、福岡晶とかが出てくる一方、いわゆる対抗戦時代に突入して、全女にも豊田真奈美さまとかラスカチョとか、いい選手がいることを知って、自分のなかで第一次女子プロ黄金時代を迎えることになったのですこれが95~96年くらいかな。

 でも、その後プラムさんのリング禍があったり、いろいろあった結果、WOWOWはJWPから撤退。リングスとJWPがなくなったため、わが家としてはWOWOWに加入している意味がなくなって、2001年ごろ撤収してスカパー!に乗りかえて、現在に至る、と。

 よーするに、最初にはまった女子プロレスはJWPだったんですよ。

 だから、今日に至るまで、つねに視野にはいってる団体だったんで、それが終焉を迎えるっていうのは、すごく残念ではあります。

 ただ、ボリショイを中心に、現所属の7人と、たぶん欠場中の練習生ふたりもふくめて、これまでどおりの活動をつづけると思うんで、みなさんピュアハートの火を消さずにがんばってくれることを期待します。

 ぢつは、勝愛美は同世代でいちばん好きな選手だったりするしね。(^^;

 しかし、個人的にそーいう歴史があるんで、感慨深いっすねー。はい。
2017.04.02(18:45)|女子プロレスコメント:(0)TOP↑
 スーパーヒーロータイム以外では久々の子供向け特撮ドラマがはじまるってんで、見ちゃいましたよ第1回。『アイドルX戦士 ミラクルちゅーんず!』。TXの日曜午前10時半から。公式サイトはこちら

 そしたら、あれです。女児向けというか。ひと言で説明するなら「プリキュア実写版」。

 過去の例でいうと、『セーラームーン実写版』とか、東映魔法少女シリーズとか、忘れちゃいけない『パンシャーヌ』(笑)とか、そーいう系譜に属するんだけど……これ、60歳近いじじいが見ていいもんなんだろうか?ただでさえ、40年以上前からロリコンだっていわれてるのに。(^^;

 とりあえず、第1回はいつものようにチェックしないとってんで、見ましたが……

 女児向けにしては、毒がすごい。(((( ;゚Д゚)))

 このお母さん役、矢沢心さんだよね。へえ。女優復帰なんだ。

 つか、これが復帰第1戦なんだよね、きっと。

 それにしては、演技の弾けっぷりが尋常じゃない。(^^;

 おお、小野真弓さんも久しぶりに見たなー。こっちもすごい弾けてますよ。(´・ω・`)

 それに対して、子供(ヒロイン)ふたりの名乗りとか決めポーズとか、とりわけダンスが、ものすごくハイクオリティ。

 そういうのがまぜこぜになって、なんだか異様な番組になりそうな予感。

 などと思いながら、エンディング・クレジットをチェックしていくと、なんと監督が三池崇史師ではないの!

 なんじゃこりゃ?

 たしかに、三池作品なら、この毒や弾けっぷり、クオリティの高さも納得はできるけど……

 三池さん、なんで女児向け特撮の総監督をやってんの?(^^;

 という、ものすごく不思議なものです。不思議なものを見てしまいました。

 途中、戦隊ものにしては、ふたりっていうのは半端で、すくなくとも3人は必要だよなと思っていたら、第2話で3人めのアイドル戦士が出てくるそうなので、これは見ないといけません。

 とかなんとか理由をつけつつ、結局は毎回見ちゃうような予感。(^^;

 いや、ほんと、なんか尋常ならざる作品なんですよ。どこがどうっていうのは、まだはっきりわかんないけど、これも三池ワールドってことで。


2017.04.02(15:48)|映画・テレビ・ドラマ・DVDコメント:(1)TOP↑
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR