FC2ブログ
パーツ館にようこそ
 どうにか年内に完成しました。ハセガワ1/72 F/A-18Eスーパーホーネット。

fa18_65.jpg

 制作記を進行させながらつくるっていうのは、けっこうヒヤヒヤもので。途中で大失敗して廃棄したり、飽きて投げだしたりすることも多いからねー。「きっちり完成させる」っていうのは、それなりにプレッシャーなのかも。

 さて。

 F/A-18系は子供のころ、衝撃をおぼえたひこーきの末裔だったりするのですね。

P-530.jpg

 ノースロップが1971年くらいに発表した、P-530コブラが始祖なんだよねー。ベストセラー機F-5シリーズを大幅に近代化させた軽戦闘機で、おもに日本向けにプレゼンされたもの。

 まだF-14もF-15も進空していなかった時代に、『航空情報』でいきなりこの写真を見せられたときのショックっていうのは、それはもうすごいものでした。ザ・未来の戦闘機って感じで。

 そういえば、当時はロッキードもF-104の発展型戦闘機CL-1200ランサーっていうのを日本に提案してて、なんだか戦闘機が級に未来指向になったように思えたもの。どっちも直線翼っていうのがビビッドだったんだよねー。

 閑話休題。

 P-530はノースロップの社内開発で、写真のモックアップがつくられただけに終わり、つづいてこれを大幅にストレッチしたP-630というモデルが計画されたものの、すぐにアメリカ空軍が軽戦闘機をもとめたんで、これを小型化したP-600を再度設計して、これがYF-17になったのでした。

 この軽戦闘機の開発競争はYF-16が勝ってF-16ファイティングファルコンとして採用され、コブラ系はまたしても路頭に迷ったものの、双発っていう1点が幸いして海軍に拾われ、さらに紆余曲折を経て、F/A-18としてとうとう正式採用されました。めでたしめでたし。

 こうして空母機動部隊の主力戦闘機になっていったF/A-18は初期のA型(単座)B型(複座)、その改良タイプのC型、D型を経たあと、1990年代に大規模再設計するチャンスを得ると、さらにひとまわり大型の新世代マルチロール機、F/A-18E(単座)およびF(複座)に進化を遂げて、今日に至るということで。

 ぜいぜい。久しぶりに説明が長い。しかも、現用機なのに。

 ただまあ、このひこーきを語るには、どうしてもP-530まで遡らなければならないんで、しかたないのですよ。

 そういや、40年前、はじめて江藤巌さんにひこーき関係で褒められたのが、P-530だったんだな。「よく知ってますねー」みたいな感じで。ヽ( ´-`)ノ

 という機体なので、いつかキットにも手をつけようと思っていたんだけど、それがいままで延び延びになっていたのは……A~D型が嫌いだったから、なんですねー。(^^;

 なんつーか、線が細いっていうか、とくに尾翼と尾部のバランスがとっても脆弱な感じがして。

 とはいえ、それもスーパーになって解消されたんで、キットを積む気になって、今回めでたく成仏させたというしだい。

(長くなったんで、つづく)

2016.12.23(18:02)|F/A-18Eコメント:(0)TOP↑
 ハリアーを最後に、ひこーきの単独開発をやめたイングランドさん。もうあのおかしなデザイン感覚の機体も見られないんだろうなと思っていたら、後継者がいますた。(´・ω・`)

 ガルフストリームのG550というと、大型高級ビジネスジェットなわけで、そのくらいは民間機に興味がなくても知ってるわけですが。こーいう機体。

G550-02.jpg

 この優美な機体をイギリス風に魔改造しちゃった人たちがいます。いすらえり・えあくろすぺーす・いんだすとりーず。いわゆるひとつのIAIですね。

G550.jpg

 これ、イタリア空軍向けの機体ってことで、月曜くらいにはじめてFGで見たんだけど、けっこうな衝撃だよなー。

 なぜ胴体側面のそんなところにでっかいバルジをつけるかなー、とかね。ここにはレーダーを格納してあるらしいけど、このバルジ、前方ハッチの一部にまでひっかかってるし。

 尾部と垂直尾翼の上、それに機首の感じって、もろにニムロッドっぽくない? つか、より正確にはニムロッドAEW.3。あの、機首と尾部にでっかいレドームをつけたやつ。これですね。

 それに、尾部全体がバッカニアっぽいイメージだし。

 さらには、全体の不統一感がまたイングランドっぽいっしょ。

 まさか、こーいう伝統がイスラエルの地で継承されているとは。きっと、デザイナーはイギリス人にちがいない。(´・ω・`)

2016.12.23(11:05)|航空・宇宙コメント:(0)TOP↑
 年末恒例(らしい)テレ朝『新婚さんいらっしゃい クリスマススペシャル』に、よりによって紫雷未央とタンク永井が出演するそうだ。

 未央ブログのこちら

 どうやらオファーがあって出演したらしいけど、番組サブタイトルには「美女なのに…最強、最恐アスリート妻」とあり、さらに電子番組表の説明では「元プロレス王者妻が毒舌&プロレス技で夫に…」という煽り方で、どれだけ恐いイメージをつくられてんのか >未央たん。(^^;

 せめて番組内では、タンクもレスラーで元王者だって紹介してもらいたいものです。まあ、見た目でレスラーなのはわかるけど。

 それにしても、またいいタイミングじゃないですか。アイスリボンにとっては。タンクも大晦日の後楽園大会に出るんですよ(相手は松本都(^^; )。未央たんはMIOとしてレフリーやるから、このふたりがナマで見られる絶好の機会が大晦日後楽園ってことで。

 たぶん偶然だと思うけど、ほくそ笑むつっかの顔が目に浮かびます。(´・ω・`)


2016.12.23(10:45)|スポーツ・プロレスコメント:(0)TOP↑
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR