パーツ館にようこそ
 今回はたてつづけに。さっきのつづき。

 胴体ができたら、次は翼。

 主翼は抜群に出来がよくて、手をくわえる個所はいっさいなし。もちろん、ハードポイント用のホゾ穴は、事前に開けておく必要がありますが。

 組みあがりはこんな感じで。

fa18_22.jpg

 F/A-18シリーズの特徴のひとつとして、ハードポイントのパイロンが外側を向いてるっていうのがありますが、それがよくわかる構図。なんちゃって。今回は組説の指示を無視して、この段階でパイロンを接着しました。どっちかっていうと、こうするケースのほうが多いかな。

 現代機はとくに下面のデカールがすくないから、作業的にこのほうが早いというか。あと、接着剤で汚すことがあっても、この段階ならいくらでも修正が効くし。

 ただ、主翼の出来がよくても、胴体との合いは微妙。

 いわゆる現物あわせをしながら位置を決めていくわけですが、完璧には決まらず。

 こういう場合、上面はなるべく手をくわえないよう、下面のどこかで辻褄をあわせるのが、ひこーきの場合の定石。今回の場合、インテークの2cmくらい後方に段差がくるようにした。このへんがいちばん目だたなさそうなので。

 ただし、この段差はけっこう大きかったため、エボパテで埋めてから、カッターとペーパーで修正する必要があったりして。

fa18_51.jpg

 こーいう感じで。途中は雑ですねー、やっぱり。

 上面では、後縁のつけ根付近の胴体側が若干ぼってりして、段差に見える感じだったので、カッターで削ってすこし薄くしてみた。

fa18_23.jpg

 ここはとても目だつので、作業部分周辺はつねにしっかりマスキング。

fa18_24.jpg

 削ったあとをペーパーがけするときも、マスキングして周辺のモールドを保護する必要あり。

 主翼は以上。水平尾翼は見た目、エッジが若干甘い印象だったので、ここもヤスリとペーパーで修正。いわゆるひとつの薄々攻撃っていうやつですね。

fa18_25.jpg

 右が修正前、左が攻撃中。わかりますかね? わかんないよね。(^^;

 このへん、すべてが自己満足の世界なので。

(つづく)

2016.11.26(15:27)|F/A-18Eコメント:(0)TOP↑
 これのつづき。

 1カ月以上、更新してませんが、ゆるゆると手は動かしてます。

fa18_0016.jpg

 現状はこんな感じで。組立はほぼ最終工程で、脚をつけたところ。このあと、脚扉をつけたら、キャノピーを閉じて、尾翼をくっつけて、終了ですかね。順調にいけば。

 ということで、制作記。ここまで、コクピットまわりをディテールアップして、インテークの奥にあった壁をぶちぬいたわけですが。

 次は胴体の組立で気になったところを。

 まず、コクピット後ろのパーツB8。複座バージョンF/A-18Fの後部席を埋める、ある意味ただの板なんだけど、これがハセガワの手にかかると……

fa18_13.jpg

 2mm以上のミゾが。隙間も盛大。(^^;

 このへん、もしかすると、キャノピーを閉めると見えなくなるのかもしれないけど(見えるよなー、これだけ盛大だと)、念のため埋めることに。

fa18_14.jpg

 2mm厚のプラ板を差しこんで接着し、不要部分をカットして成形。そのあとプラパテで隙間消し。

 ちなみに、前方の四角い穴ふたつも埋める指定になってるので、同時にプラ板差しこみ~プラパテと、同様の作業を。

fa18_15.jpg

 これが作業後。このへん、別パーツで一体化してくれないのが、いかにもハセガワでね。べつに、きれいに仕上がればそれでいいんですが。

 ちなみに、上のドロップタンクなんかも、同時にパテ修正してます。

fa18_16.jpg


 胴体を接着する前には、穴埋め、隙間消しのほか、ハードポイント接着用のホゾ穴を開けておくのも忘れずに。これは主翼も同様。対象になるパーツはG11とG14。

 ほかに気になったのが、インテークの天井部分。

fa18_17.jpg

 接着すると、けっこう目だつ隙間があるんだよね。たぶん実機にはない構造物だと思う一方、もしかするとあるのかもしれないので、中庸ということで、溶きパテを数回にわけて塗り、成形して溝があるような、ないような感じにしておいた。

fa18_18.jpg

 次はエンジンノ排気口の内側と、エンジン後端のパーツQ1。このふたつはこの時点で塗装しておかないとならない。Q1については、黒鉄で塗装後、出っぱりを銀でタッチアップしてそれなりに。

 雑っていっちゃえば雑だけど、どうせほとんど見えないので、このくらいで充分。

 という工程を経て、上下胴体を接着。

fa18_19.jpg

 ここもかなり合いが悪いので、慎重に位置決めしながら、各種固定具を使って強固にくっつける。黄色矢印の部分は、接着後ずれが出ないよう、つま楊枝を適宜に切って、はすかい棒に。

 合いが悪くて隙間ができるのは、写真にもうつっているとおり、おもにストレーキの下面。

fa18_20.jpg


 修正中のようす。この状態では相当にきたないけど、修正が終わってちゃんと仕上がれば、それでいいのだ。インテーク天井にある白い痕跡は、前のほうで書いた溶きパテ。

 あと、水平尾翼のつけ根付近にも段差ができるので、接着時にクランプで固定して段差を最小限にして、そのあとパテで修正した。

fa18_21.jpg

 ここですね。この周辺にはリベットなど細かいモールドが多いので、きっちりマスキングして、慎重に作業する必要あり。

(つづく)

2016.11.26(14:02)|F/A-18Eコメント:(0)TOP↑
 またMONDOネタですが。

 しばらく前に録画しといた『少女は異世界で戦った』をようやく見ました。

 武田梨奈嬢が主演というほか、ぜんぜん予備知識がなくて、タイトルからして「どうせザック・スナイダーの『エンジェル ウォーズ』の焼きなおしだろう」くらいに思ってたせいで、見るのが遅れたんだけど……

 いやあ、おもしろいじゃん。少々うざったい部分はあるものの、とてもよくできた作品でした。

 と、思ったら、エンドロールを見てびっくり。金子修介監督なんだ。原案も。

 てっきり原口監督とか、井口監督とか、あのへんだと思ってました。金子監督ならこのクォリティも当然でしょう。うざったいところがあるのも。(^^;

 アクションが相当にすごくて、しかもスタントなしで梨奈嬢以下4人が演じてるのがはっきりわかるという、『ハイキックガール』以来のハードな内容。よく集めたよねえ、4人も。

 あ、そうそう。主役は梨奈嬢じゃなくて、花井瑠美っていう人でした。あとのふたりは加弥乃という人と、なんと清野菜名嬢!

 あの清野菜名嬢がきっちりアクションをこなしてたんだよね。これは予想もしてませんでした。どっちかというと、おっとりしたタイプなのかと思ってたので。

 ストーリー的に、これをSFというのは無理がある(大きな設定ミスがいろいろ)けど、まあ「アクション・ファンタシー」みたいなジャンルってことでいうと、『修羅雪姫』以来の傑作といっていいんじゃないでしょうか。

 しかし、金子監督とはどこかで波長があっちゃうんだよね。でも、独特のうざったさが嫌いだったりもして。ある意味、近親嫌悪みたいなところがあるのかも。はい。

2016.11.23(17:51)|映画・テレビ・ドラマ・DVDコメント:(0)TOP↑
 例年どおり、見てます。綾女姫、打ってるところを見たのははじめてだった(というか、これが初のテレビ対局らしい)けど、井出への挑発にはじまって、すごい豪腕ぶりを発揮してました。

 なんと、倍満2発!

 さすがは戦闘マシン。1発めは青ハニーで、2発めはエスケープでしょう。ナンダカナン。

 対局そのものは井出が配牌に恵まれてトップだったものの、5万点超の2着ですから。

 バビーさんによると、なんでもスピードワゴン小沢が師匠だそうで、はまると大勝ちするタイプとのこと。雀歴は3年。というと、やっぱり『兎』がきっかけということになるんでしょうか。しかし、この勝負強さはいかにも綾女姫っていう感じです。

 で、小林未紗さんはインタビュアーじゃなくて、MCのアシストというか、実質的に実況を担当してます。土屋さんは完全に雑談係なので。やっぱりうまいわ、この人。うまいだけじゃなくて、場の把握ぶりがすごい。声優じゃなくて、麻雀専業になってたら、相当な成績をのこしたんじゃないでしょうか。

 あと、幕間の寸劇は去年のおでん屋のつづきだそうで、日向藍子が店を居抜きで買いとり、バーをはじめているっていう設定。これが予想外におもしろいかも。日向のはじけっぷりがすごすぎ。

 ということで、今年のバトルロイヤル、予想どおり生放送スペシャルになってからは、いちばんおもしろいんじゃないでしょうか。

【1700追記】
なんと、土屋さんが早退して、正MCと実況がコバミサになっちゃった。まあ、さっきから実質的に実況だったんですが。

【1800追記】
綾女姫の結婚は麻雀業界には相当ポジティヴなニュースだったらしく、日向のコーナーで大きくとりあげられてました(笑)。

さらに、日向コーナーでは宮内こずえから衝撃の発表が。なんと、「チームがらくた」に加入したんだって。ヽ( ´-`)ノ

やー、やっぱりかぶき方が異次元です >宮内。雀風からして、がらくたとはぜんぜん違ってるのに。「純白の牌奏者」は返上なんですかね。(^^)

【1930追記】
さすがは萩原聖人師。大将戦、いきなりの国士で大逆転すると、7万点トップで終了。やっぱり今年のバトル・チームは最強でした。しかも、流れを変えたのが綾女姫っていうのが大きい。

スナック門奴も過去最高のギミックでした。日向すごくいいなー。過日、先輩の石井を鹿島でひきずりまわしてたときも、大物感たっぷりだったけどねー。

2016.11.13(16:07)|映画・テレビ・ドラマ・DVDコメント:(0)TOP↑
 今年度のモンドの麻雀放送には、驚かされっぱなしであります。

 先週は第17回モンド杯の1回戦で、ディフェンディングの井出康平がゲスト解説だったんだけど、いきなり「今年の上(王座)にはもうあの人がいますから」とか、いいだして。

 そしたら実況の土屋さんがすかさず「奥様ですね」。

 え? なんのこと? 魚谷と結婚したの? でも、だったら去年もいたわけで。

 つまり、亜樹ってこと? 今年、とうとう女流モンドを制した二階堂亜樹?

 そりゃまあ、亜樹は3年前に再婚して、子供もいますが、そのときたしか「相手は一般人」っていってたはず。

 あわてて検索してみると、ほんとだ。去年の3月、井出が連盟のインタビューで公表して、以来ふつうに知られてることだったらしい。ぬかった。知らなかった。

 そういえば、お姉ちゃんの二階堂瑠美もこの9月に結婚するって公表したけど、あれもモンドがらみだった。降格の翌日に発表したんだよね、たしか。

 その女流モンド、決勝組はともかく、残留争いがすごいことになっちゃって、瑠美姐が1ヌケで降格したあと、最終戦の結果しだいでは、去年の決勝卓の4人が全員落っこちっていう異常事態に。

 最終的には、魚谷が残留できて、あとのふたりが落ちたんだけど、なんか2週連続で悪夢を見てるようでありました。

 つづいて、モンド杯には、なんと滝沢の名前がない!

 つか、正確にはチャレンジマッチで負けた段階でわかったわけだけど、これもショッキングな出来ごとといっていいのでは。

 そして、あしたは毎年恒例のバトルロイヤル生中継。

 今年はバトルロイヤル・チームの次鋒が、あろうことか水崎綾女姫だそうで!

 これは近年まれに見るサプライズでしょ。たしかに、いわれてみれば、Vシネ『兎』で女子高生代打ち(笑)の役をやってて、そのとき手つきがいいのは見ていたし、今年の7月? に結婚を発表したときも、相手とは麻雀で知りあったっていう話だったし、おかしな人選じゃないんだけど。

 まさか、綾女姫が麻雀を打つ姿を見る日がくるとは。

 長く生きてると、なにが起こるかわかりません。

 そうそう。そのバトルロイヤルだけど、今年のバトル・チームは過去最強の布陣になったっぽい。なんたって、萩原聖人師がすごく久しぶりに復帰するんだから。もしかして、10年ぶりくらいじゃない?

 芸人枠はアンタッチャブル柴田。この人、たしかプロテストに合格してるんじゃなかったっけ。ほかの番組で打ってるところを見たことがあるけど、手つきからして強そうだったはず。それはもう1枠の広沢さんも同じ。

 プロ側は亜樹がいないくらいで、いつものメンバー……でもないか。女流は降級の3人と魚谷。なぜなんだろう? ま、いいですが。

 MC陣では、レポーターとしてこれまた久しぶりの小林未紗プロが復帰。

 ここ数年、MCやバトル・チームに変なのがまじってることが多かっただけに、しゃべりのプロでもある小林さんが出てくる意義は大きいんじゃないでしょうか。いや、それほど大げさな話じゃないですけどね。

 閑話休題。

 こーいうサプライズがつづくと、次は名人戦でもなにか大きなかくし玉があるんじゃないかと勘ぐったりして。

 ぢつは来年1月で、あの藤崎智が50歳になるんですよ。たしか。

 ね、かくし玉になりそうな予感。(^^)

 モンド杯陥落、即名人戦登場っていうのも、いかにもモンドっぽいような。なんたって忍者だし。

【追記】
あらま、小林さんも今年、結婚したんだ。なんだか新婚さん大会みたいになりそうな。土屋さんは当然つっこむだろうし。

2016.11.12(10:36)|映画・テレビ・ドラマ・DVDコメント:(0)TOP↑
 諸行無常だなあ。グランパスまで降格する日がくるとは。

 前節と今節はリアルタイムで試合を見てたんだけど、地に足がつかないうちに先制されて、前がかりになったところでさらに加点されるっていう、典型的なネガティヴ・スパイラル。

 あの名古屋でさえ、追いつめられるとこうなるんだっていう感じで、もって他山の石としたいと思います。って、なんでだ。(^^;

 とにかく、オリジナル10で2部に落ちてないのは、もう鹿島と横浜だけになっちゃった。油断してると、鹿島もいつかこーいう日がきかねないわけで、だから他山の石ってことですが。

 しかし、闘莉王が復帰したところで、なんとかなると思ったんだけどねえ。ひとりの力じゃ、いかんともしがたいってことでしょうか。

 つか、降格が事実上決まった湘南の3点めって、闘莉王のミスからだったんだよねー。このへんも運命めいてるといいますか。

2016.11.03(15:24)|スポーツ・プロレスコメント:(0)TOP↑
 録画もしたけど、いちおうリアルタイムで見ました。CXの『ザ・ノンフィクション』、「追いつめられた女たち」。

 タイトルや前説で予想してたとおりの内容で、なんだかなーって感じ。だいたい、いまもいる選手は雪妃だけだし。

 それに、取材は13年8月から15年5月まで。つまり、お蔵入りになってたっぽい。せめて15年11月までにオンエアしてたら、猫子さんの引退に華を添えられたのに。優華もばりばり現役だったし。

 本来なら、とりあげるべき選手はハム子さん、つくし、世羅とつっかだと思うんだけどね。それならいい話になるというか、とりあえずハッピーエンドで、プロレスでハッピーになったのに。

 まあ、ネガティヴな話題ばかりをとりあげるのがこの番組ですから。嘘も多いし。長与に泣きながら電話をかけてきたのは、ダンプじゃなくてKAORUだろ、とかね。古い話ですが。

 しかし、自分で驚いちゃったのは、今回とりあげた情報、ぜんぶ知ってました。(´・ω・`)

 たとえば、最初の15分くらいはとーこちゃんもいたんで、雪妃がばかなことをいったところで、「これでもフェリスの英文科卒なんだよ」とかいってたら、1分後くらいにそーいうナレーションが流れたり。

 こーいう情報は基本的にサムライの「女子プロレスのお仕事」から仕入れてるわけで、やっぱりサムライは偉大です。ヽ( ´-`)ノ

 さて、オンエア後の動き。つっかはブログでしっかりアイスを宣伝してますね。こちら。地上波でとりあげられると、とーぜん検索してくる人間が増えると読んでるわけで、さすがは女子プロ界の中心にいるだけのことはあります。

 あと、不思議だったのは同じサンケイ系のSankei Bizで、「女子プロレス「アイスリボン」が都内に道場新設 新しいファン獲得の足場作りに」っていう記事を掲載してるんだよね。きのう。こちら

 なんなんだろ、フジサンケイ・グループが目をつけたとか?

 バックアップまではいかなくても、いろいろフィーチャーするんであれば、それはそれで歓迎ですが。理想は深夜の30分でいいから、地上波放送なんだけどね。

2016.11.01(10:17)|スポーツ・プロレスコメント:(0)TOP↑
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR