パーツ館にようこそ
 前回のつづきというか、自分用のTips。

 前にも書いたように、いちばん古いやつで18年前のアプリを使ってたり、プリンタがもともとWin10非対応だったりして、そういうのを使えなくなるっていうのが導入にあたっても最大のネックだったわけですが。

 いざアップデートしてみると、使えないデバイス、アプリはひとつもなし!

 これが本格導入のいちばんの動機になりました。

 決め手はいわゆる互換モード。たしか、98SEくらいからある機能だけど、これが最大限に役だったのですよ。

 たとえば、18年もののテキストエディタ。WZの4.00Fっていうバージョンで、Win10クリーンインストールから導入しようとしたら、たぶんはねられると思うけど、Win7でインストールしておいたんで、とくに問題なし。念のため、互換モードでWin7互換にしたら、不具合はいっさいなく、さくさく動いてます。

 年賀状アプリっていうか、住所管理やエディタが高機能な「筆王」も、相当に古いバージョンながら、互換設定にしてみたら「Win8.1互換」で完動しました。

 感動的だったのは、プリンター。「プリンター、スキャナドライバーが対応していない」っていう表示が出て、プリンター・ユーティリティがまったく動かず、一太郎などほかのアプリからプリントすると、若干のずれが出ていたのに、ユーティリティを「Win7互換」に設定したとたん、なにごともなかったかのようにすべてが従来どおりに機能するようになっちゃった。

 ほかにも、やや古いアプリは念のため互換モードにした結果、すべてがXP時代と同様、ふつうに動作しております。すくなくとも、いまのところ。互換モードって、こんなにすごかったのかー。はじめて知りました。はい。

【今回のWindows10導入に関して】
Windows10、入れてみた
Windows10増殖中
Windows10のクイック起動
Windows10、諸設定

2016.07.30(19:01)|PC、webコメント:(0)TOP↑
 そーいうわけで、自分ととーこちゃんのメインマシンにも、Win10を導入した。

 30日間ならもとにもどせるし、その後またWin10にしたくなったら、「デジタル権利付与」っていう新しいルールがあって、また無償アップグレードできるから、まあ軽い気持ちで導入って感じで。

 で、使いはじめたら、やっぱり重い。これは過去の……そうだなー、98くらいからつづく伝統みたいなもので、設定の変更個所もだいたいわかってる。よぶんな「効果」(影をつけたり、アニメーションにしたり、半透明にしたりっていう、あれです)とを削除して、OSがむやみにネットに(とくにMSに)接続するのをやめさせ、よぶんなサービスを停止する。だいたい、こんなところですかね。

 そのうち、たとえば「フォルダオプション」や「システムのプロパティ」「インターネットオプション」「タスクバー」あたりの設定は、これまで各OSでやってきたのとほぼ同様なので、これはひととおり掃除する。これが第一。

 問題は新しく追加されたスタートボタンから開く「設定」で、これがなかなかのやっかいもの。

W10-01.jpg

 こいつですね。これを徹底的に調整しないと、動作が重いだけじゃなく、情報がだだ漏れになっちゃいそうなので、ここを。ここで設定する項目は、インストール時に変更できるものもあるけど。

 さて、最初の「システム」。ここからはあちこちにオン・オフスイッチがついてるんで、これを操作していきます。こんな感じで。

W10-02.jpg

 結論からいうと、大半のスイッチはオフがおすすめ。もちろん、自己責任ですが。

 上からふたつめ、「通知とアクション」では、「アプリの通知を表示する」以外はオフ。クイックアクションは使わないのでそのまま。「タスクバーに表示するアイコンを選択」では、必要なものだけ表示させて、あとはオフ。「システムアイコンのオン/オフは好みもあるけど、私は時計だけオン。

 4つめ「マルチタスク」では、すべてオフにして、仮想デスクトップも「使用中のデスクトップのみ」に変更。

 5つめ「タブレットモード」もぜんぶオフ。

 下から3つめ「オフラインマップ」は、「マップ」機能を使わないので「すべての地図を削除」して、課金接続やマップの更新ももちろんオフ。

 下からふたつめ「規定のアプリ」は、メーラーやブラウザーで使いなれたものを選ぶウィンドウなので、それなりに。ここじゃなくて、その下に「ファイルの種類ごとに規定のアプリを選ぶ」っていうオプションも用意されていて、こっちのほうが便利かも。

 次、「ネットワークとインターネット」では、「VPNの詳細設定」をふたつともオフにするくらい。あと、その下にある「共有の詳細オプションを変更する」では、ネットワーク探索を無効にするほうがいいでしょう。プリンタとファイルの共有は、プリンタを複数のPCで共有している場合は有効、そうでないなら無効。

「パーソナル設定」では、2番めの「色」にあるスイッチ3つをオフ。これはパフォーマンス関係。つづいて、いちばん下の「スタート」では、スイッチをすべてオフ。これもパフォーマンス関係。

 次の「アカウント」では、「設定の同期」を開いて「同期の設定」をオフに。これもパフォーマンス関連で、要するによぶんなサービスや機能を停止するということ。

「時刻と言語」は「日付と時刻」で「タイムゾーンの自動設定」をオフに。「地域と言語はそういうわけで、デフォルトのIMEをATOKにするときに使うくらいかな。

「簡単操作」では、「ナレーター」「拡大鏡」は不要ならオフ。「キーボード」も全項目ともオフ。マウスもスイッチ3つともオフ。「その他のオプション」だけは、「Windowsの背景を表示する」をオンに。切っちゃうとデスクトップがとてもさびしいものになるんで。

 さて、「プライバシー」。ここがいちばん問題で、設定をあやまると個人情報がだだ漏れになる。

 ここでオンにしていいのは、「メール」のアプリがアクセスしてメールを送信することを許可する」、「他のデバイス」にある「アプリがUSB Flash Diskを使うことを許可する」、「バックグラウンドアプリ」の「設定」の、合計3つだけ。あとは根気よくぜんぶオフにしていかないとならない。

 また、「音声認識~」の項目では、「自分を知らせない」にするのが必須。そうすると、Win10最大の目玉機能であるCortanaが停止するけど、これはもともとまったく無価値な機能なので、ぜんぜん無問題。

 もうひとつ、「フィードバックと診断」では、「フィードバックを求められる頻度」を「しない」に、その下は「基本」に設定して、これでだいたいOKかな。

 まだあった。「更新とセキュリティ」では、Defenderの「クラウドベースの保護」と「サンプルの自動送信」のスイッチをオフに。「リアルタイム保護」もいらないんだけど、オフにできないんでしょうがない。じゃあスイッチなんかつけるなよって思うんだけどね。

 だいたい、こんなところでしょうかね。

 それと、設定じゃないんだけど……

 とーこちゃんのマシンでは、アップグレード後、mixiへのアクセスが異常に遅くなるっていう症状が発生した。mixiはもともとFlashとかがうざったくて、アドオンStylishでなるべく軽くして使わないとならなかったりするんだけど、今回のはFlashじゃないらしい。

 で、いろいろためしてみた結果、noscriptっていうアドオンをインストールして、javascriptをブロックしてみたら、これがビンゴだった。うーん、なにがどうなったかわからないけど、なにがどうなるかわからないのがWindowsのアップデートなんだよねー。久しぶりに実感いたしました。はい。

2016.07.30(18:26)|PC、webコメント:(0)TOP↑
 きのう、発表になりました。こちら

 特筆すべきは、これでしょう。各場1位。伊勢崎が青山周平(S1)、川口が中村雅人(S2)、浜松が鈴木圭一郎(S3)。

 つまり、船橋所属をうけいれた3場では、その移籍組が1位を独占して、しかもS級上位3位までも独占しちゃったってこと。これが船橋魂ですかね。すごいすごい。船橋最強伝説はまだ継続中というか。

 サトマヤはとうとう初S級でS44。この半年、成績にムラがあるとはいえ、やっぱりGII制覇が大きかったんでしょう。ハンデも最重ハンにもどったし。

 逆に益春菜はA級落ち。それをふくめて、32期女子は藤本梨恵以外はA級。

 川口では、最近ずっと確変中の黒岩明がS17と大躍進。川口だけで見ても、5位ですか。 この勢いで、SGとかとっちゃったらおもしろいんだけど。

 反対に、釜本憲司選手は出走回数不足でなんと最下位になっちゃった。体調でもくずしてるんだろうか。とても心配であります。まあ、規定を満たせばすぐA級に復帰できると思うけど。

 川口以外では……山陽1位が丹村飛竜っていうのが意外。てっきり浜野淳だとばかり思ってたのに。

 有吉辰也はA35までもどってきた。あと1年くらいでS級復帰もあるかも。反対に、東小野正道はA級に落っこち。うーん、なにやってんだかねえ。

2016.07.30(11:22)|公営競技コメント:(0)TOP↑
 なんと、うまくクイック起動の更新に成功しても、このクイック起動のもとになるフォルダは、31日後には削除されてしまうそうだ。

「Windows10でクイック起動を使う」っていうエントリーに書いてあった。ここにサルベージっていうか、あらたにべつのクイック起動フォルダをつくって、それをタスクバーに登録する方法も書いてあるので、使う場合はここを参照してください。

 それにしても、やはり恐るべし、MS。

2016.07.27(17:37)|PC、webコメント:(0)TOP↑
 というか、ほぼ全機にWin10を導入してしまった。実用に耐える4機のうち、3機プラス1基。プラスの1基はメインマシンの予備HDDで、これもふくめて問題なくインストールできた。のこり1機は念のため、Win7のままのこす予定。

 「問題なく」っていっても、そこはMSで、相当にいろいろな問題があったけどねー。デスクトップの2機プラス1基は、どれも似たようなシステム構成なんだけど、インストール後の挙動が3回とも違ってたし。

 たとえば、ZoneAlarm。なにもせずに規定のファイアウォールになったのは1回だけ。もう1回はコンパネやら新登場の「設定」をいじくって、なんとか再現できたものの、あとの1回は結局、再インストールするほかなかった。

 ATOKを規定のIMEにするのも、4回とも挙動が違って苦労したし、なぜか1回はうまくクイック起動が生きのこって、そのまま使えたっていうのもあったな(あとの3回はクイック起動自体が消えたり、まちまち)。

 ただ、対応ドライバーが提供されなくて、使用不能と思われていたプリンターついては、問題なく使えているんで、これはラッキー。さらに、プリンター付属のスキャナーについても、そのままでは使用できなかったものの、互換モードを設定したら、専用アプリをふくめてあっけなく完動した。

 ということで、プリンターとスキャナーが使えるんなら、Win7にもどす必要はないかも。

 使用不可能になったのは、いまのところPCProbe IIとTClockくらいかな。タスクバーが見やすくなって、スタートボタンが目だたないから、時計の改造はもういいや。PCProbeについては、たしかフリーウェアがあったと思うので、これから探してみましょう。

 Win7で入れたユーティリティのうち、右クリックメニューを整理するShellNewHandlerは利用できなくなったものの、フォルダーの位置を記憶して再現するShellFolderFixSetupは健在。これは大きい。

 あと、ファイルアイコンがWindowsのものじゃなく、各アプリのアイコンになっちゃうのが気になってたんだけど、これはDefault Programs Editor.exeというフリーウェアを使えばかんたんに修正できた。

 そうそう、フリーセルがひどくやりにくくなっちゃったんだけど、これは軽いサイトを見つけたんで、ここを利用することにすればいいや。ほかにスパイダーソリティアなんかもあるし。

 おもしろかったのは、Win2000時代の再起動マクロ、reboot.vbsがまだ機能すること。これには驚きました。こいつをデスクトップの片隅に置いておくと、とても便利なんだよね。

 という感じで、もうすこしいじくって、しばらく使って様子を見てみましょう。

 ひとつ忘れてた。最初に書いたように、Win7を入れた予備のHDDで、Win10を導入できるかどうかやってみたんですが、なんの問題もなく認証されました。これも意外。

 巷では、USBメモリを入れかえただけで別PCとして認識された、なんていう例もあったそうで。それで、あえて今回、予備HDDでもテストしたんですよ。ところが、そういうわけで無問題ってことで、このへん、最新版では基準が緩和されてるのかも。

 もうひとつ備忘。MS-IMEはほかのIMEを使用する場合、Win10初期版では削除が可能だったらしいのに、今回は削除できなくなってます。

 おかげで、間違ってWindowsキーを押しちゃうと、すぐIME切りかえモードにはいっちゃって、使いにくいったらありゃしない。これは明らかな改悪ですね。

2016.07.27(16:12)|PC、webコメント:(0)TOP↑
 そろそろ無料期間が終了だから、ためしに1度、入れてみました >Windows10。

 とはいえ、いきなりメインマシンで実験するのは無謀なんで、予備のノートPCを人柱に。

 このノートPCは買ってから3年近く、ほとんど使っていなかったので、まずいらないものを整理するところからはじめて、念のため再インストール・ディスクをつくって、4時間近くかけてアップデートを実行。そのあとWin10環境でも使いたいアプリをインスコして、いよいよ導入開始。

 ここまでで約8時間。いつものことながら、めんどくさい。つか、時間の半分はアップデート関係なんですけどね。

 でも、インストール自体は1時間もかからなかったかな。Win7ほど早くはないものの、それほどストレスは感じず。

 で、第一感。デザインはいいじゃん。操作性はWin7なみだけど、これはもうしょうがない。XPの時代からやってる定番のシェイプアップ、アニメーションをやめたり、あちこち影を消したりといった作業をこつこつやるうち、そこそこ使える雰囲気になってきた。

 とりうえず、メモリ管理がWin7よりましなのがいい。

 一方で、設定関係はなにやらさらに複雑になって、なんだかとってもややこしい。コンパネとスタートメニューの「設定」を何度もいじくらないと思うとおりの動作にならないし、名称もいろいろ変わってるんで、これまでみたいに直感的には操作できない。

 一例をあげると、デスクトップにショートカットをつくろうとすると、まずスタートメニューから必要なアプリまでたどって、それをパネルのほうに表示させるように「ピン留め」して、それをさらにデスクトップにドラックするといった塩梅。

 思うに、どうやらアイコンとかショートカットとかの概念が変わっているらしく、たとえばクイック起動をつくってそこにアイコンを格納しても、すべて未登録アイコンになっちゃう。

 まあ、これはショートカットのプロパティに「アイコンの変更」がまだのこっているんで、アイコンの場所さえ知ってればもとどおりになるんだけど。

 でも、クイック起動については、「タスクバーにピン留め」っていう項目があるから、こっちを使えばUIはほぼ同じになった。よって、クイック起動はお役ご免に。

 心配してた古いアプリ、たとえば20年近く使ってるテキストエディタとかは、コンパネのアプリ一覧で見ると「使用不可」になってるにもかかわらず、使ってみたかぎりでは正常に動作してる感じ。

 といったところで、これならこのまま使ってもいいんじゃないかと思いはじめたところで、今回最大の罠が。

 Win10になったら、必要なアプリはストアからDLするケースが多くなるはず。なので、ためしに無料のゲームを導入しようとしたら、あれま、DLできない。ヽ( ´-`)ノ

 いろいろやっているうち、Microsoftアカウントっていうのを取得しないとならないらしいとわかって、ためしにアカウントをつくったんだけど……

 次に起動してみると、自動ログインしないで、そのアカウントのパスワードをもとめてくる!

 そりゃそうか。かなりの個人情報も登録しちゃったからなー。だけど、本名を登録しなくちゃならないのはいいとして、ログイン画面でいきなり本名を呼び捨てにするなよなー。

 これは頭にきたので、速攻で自動ログイン状態にもどしたんだけど、これがまたたいへんで。

 ネットでやり方を探して、見つけて、そのとおりに新規ローカルアカウントをつくって(このとき、このアカウントは「ネットにつながってないよー」「メールアドレスはないよーといいはり、パスワードを設定せずに登録するのがこつだった)、これの属性を管理者に昇格させ、こっちからログインするようにして、ようやく解決。

 最初のアカウント作成からここまでで、約2時間。むだな2時間。しくしく。

 ちなみに、お世話になったのは、このサイト

 これでわかったですよ。MSの戦略。なぜWin10を無料で配布してるかも。

 キモはこのMSストアなんだね。ここでユーザー情報を細かく管理して、いろいろ売りつけて、そっちで利益を出すシステムなんだ。

 まあ、情報収集は検索エンジンでもやってるし、Googleストアなんかも同じっていえば同じなんだけど、それを強制的にやっちゃうのがMSらしいっていうか。久しぶりに悪魔の素顔を見たような。(^^;

 もちろん、注意深くストアに触らずに使うことはできると思うけど、なんかねー。

 という、とんでもない罠はあるものの、これなら使える範囲かも。

 もうしばらくテストをつづけて、行けそうだったらメインのPCにも導入する可能性が高いかな。

 といっても、予備のHDに入れて、当面はWin7を使いつづけるつもりですが。

 まだ、Win updateはどうなったかとか、チェックしないとならない項目はいろいろありそうだし。

 あ、そうそう。で、この予備ノートPCはテストが終わったらWin7にもどします。プリンターの一部がWin10に対応してないもので。(^^;

2016.07.19(16:58)|PC、webコメント:(0)TOP↑
 知らなかったけど、7月9日だか10日だかは、ウルトラマンの日ってことになってるらしい。ふうん。もともと、なんとかの日っていうのに興味がないもんで、ぴんときませんが。

 というのはおいといて。

 先日のNHK「怪獣大感謝祭」の決戦投票っていうのを、ゆうべ8時からやっていて、結果が出ました。NHKのサイトでも、すでに紹介されてますが。

 ベスト怪獣は1位ゴモラ、2位バルタン星人で、おお、予想が当たったじゃん。

 ムルチがベスト8にのこらなかったっていうのも、いかにもNHKらしい選択。って、いちおう投票結果なんですけどね。(^^; 

 まあ、このへんがNHKを見る人の良識といいますか。なんだ良識って。

 作品はランクをつけずに(あれ? ゆうべのオンエアではつけてたような気がしたけど、違ったっけ。途中から、半分寝てたからなあ)10本。なかには、やっぱりはいってますよ。「ノンマルト」とか、「怪獣使い」とか、「R1号」に、「許されざるいのち」も。ヽ( ´-`)ノ

 実相寺も2本はいってるけど、これはこのなかではやっぱり一種の「良識」になってるっぽい。「狙われた街」と、「故郷は地球」ですから。無意味に「空からの贈り物」なんかが出てきたら怒るけど。

 ということで、きのうは1日、ウルトラマン・シリーズを堪能しました。

 でも、ほんとのところ、初期シリーズより平成3部作やマックス、メビウスのほうが確実におもしろいんだけどね。そういう客観的評価にならないところが、ゆがんでるんですよ、この手の人気投票は。

 まあ、今回は平成以降は対象外だから、しょうがないんですが。でも、対象外にすること自体、ゆがんでる。

 たとえば、見せ場的に同じシチュエーションの「史上最大の侵略後編」と「もっと高く!」をくらべたら、だれがどう見たって、後者のほうが圧倒的にハイレベルなわけで。

2016.07.10(10:20)|映画・テレビ・ドラマ・DVDコメント:(3)TOP↑
 BSスカパーの第1話一挙放送・平成編。

 まあ、ぜんぶじゃなくて、ティガ、コスモス、マックス、メビウス、ウルトラセブンXの5本だけですが。つか、いまもギンガを流してるけど、これ以降は見なくてもいいでしょう。そもそも、このへんは「ウルトラファイト・シリーズ」とでもいう内容だし。

 で、ティガは鉄板だからおくとして、マックス、メビウスはおもしろいね、やっぱり。

 マックスはそういうわけで出来の善し悪しがものすごくはげしくて、なかにはしょーもない回もあるけど、1話はとてもいい出来でした。いかにも金子修介って感じで。カイトもミズキもいい演技してたし。

 これが後半になるとぐだぐだになっちゃったりするんだよね。最終回なんか、とくに。

 そして、満島エリーさん。当然ながらいい味を出してるものの、第1話ではとくに活躍はなし。8話くらいからですかね、トンデモなことになっていくのは。

 次、メビウス。やっぱりおもしろい。そうかー、第1話ではまだ「就職に有利」みたいな話は出てきてなかったんだ。あれは2話だったみたいで。

 ミライはいま見てもいい役者で、やめちゃったのがほんとに惜しい。たしか、家業を継ぐっていってたっけ。同じ五十嵐なんで、気に入ってたんだけどね。

 仁科の兄ちゃんも、とってもいい人っぽかった。このころは(笑)。それが後年、まさかパンシャーヌとああいうことになるとは。ヽ( ´-`)ノ

 本編では、またコンクルーダーが気になって気になって(笑)。でもって、調べたら、実際に監督かだれかが私蔵していたコンクルーダーのプロップを、小改造して使ったんだそうな。なるほどねー。でも、それを一撃で見てとる自分の眼力も、なかなかのものであります。(´・ω・`)

 さて、それでセブンX。初見のときはぜんぜん駄目じゃんと思って、たしか2話で見るのをやめたんだけど、今回見てみて、それほどひどい話じゃないかもと思いなおした。まあ、しょーもないCGを見慣れちゃったっていえば、それまでですが。

 そういえば、きょう公開になった『インデペンデンスデイ』の続編も、予告を見るかぎり、相当に下手なCGで、あきれたんだった。というのはおいといて。

 閑話休題。

 セブンXはもちろん低予算だし、深夜枠ってことでひたすら夜のイメージだけど、わずかにある特撮シーンやワイヤーアクションは、それなりにいい味を出してるんじゃないでしょうか。

 もしまた見る機会があったら、全話チェックしてみたい気もします。はい。

 いまギンガSがはじまった。やっぱりこのへんは「正規」のウルトラシリーズとは別ものとして分類したほうがいいよね。

 そういや、今回の一挙放送では、なぜかOVのネオスがはいってる一方、パワードがなかったりするのが不思議。やっぱり、版権の関係かなんかなんでしょか。
2016.07.09(17:23)|映画・テレビ・ドラマ・DVDコメント:(0)TOP↑
 正確にはゆうべからですが、テレビ界がなにやらざわついていて。

 ゆうべはBSスカパーでシリーズ第1話一挙放送・昭和編(つまり、第1期だけじゃなく80まで)っていうのをやってたんだけど、きょうは同じBSスカパーで11時から特番、12~18時で一挙放送・平成編がオンエアされるんだって。

 そのあと、20時からは前回に書いたBSプレミアムの人気投票の本戦がはじまるし。

 さらにあしたは、本家TBSのCSかな? TBSチャンネルで「ウルトラマンの日 in 杉並公会堂」っていう特番までやっちゃうんだって。

 この、最後のTBSのを見ればぴんとくると思うけど、そーなんです。

 あした7月10日は、まぼろしのウルトラマン第0話こと、「ウルトラマン前夜祭 ウルトラマン誕生」がオンエアされた記念日で、ほんとにこの日が50周年なんだよねー。

 さらにいうと、この「前夜祭」は前日の7月9日、杉並公会堂! で開催されたイベントの中継録画だったりするのでした。

 ということで、きょうあすが実際の記念日ということで、だからテレビ界がざわざわしてるんでしょう、きっと。

 ただ、本放送第1話の「ウルトラ作戦第1号」のオンエアは翌7月17日なわけで、こっちを記念日とするほうが正しいと思うんですけどね。まあ、どうでもいいか。

 で、問題はBSスカパーの第1話一挙放送・平成編をどうするか。ティガは全作持ってるからともかくとして、ダイナ以下の初回を録画してまで見るべきかどうか、ですよ。

 悩みどころだけど、うーん。やっぱり見なくてもいいか。(^^; でも、マックスのエリーさんだけは見たいような気もするしなー。(^^;;;

2016.07.09(09:35)|映画・テレビ・ドラマ・DVDコメント:(0)TOP↑
 きのうのつづき。

 そーいうわけでアドオンAdblock Plusを入れたんだけど、けさPCを起動して、Firefoxを使いはじめて、20分くらい広告がないことに気づかなかった。(^^;;;

 あれー、広告もふくめてのwebだと思ってたんだけど、なくてもいいじゃん。むしろ、快適といったほうがいいでしょう。

 そういや、ここ数年は「動く」広告がやたらに増えて、相当にうざったかったからねー。これでさっぱりしました。

 しかも、Adblockの場合、「控えめな広告は許可」のチェックをはずしても、小規模で動きのない広告は表示されることもあるんで(このへん、ちょっとアトランダムな気もする)、それなりに広告を見ることもできるし。

 というわけで、熱対策というより、ブラウザの快適さという意味で、この広告ブロックはいい感じであります。


2016.07.04(10:11)|PC、webコメント:(0)TOP↑
 先日のPC内温度のつづき。

 きょうは埼玉県東北部も35゚cをこえちゃって、そうなるとCPUは60゚c、マザボは48゚cを軽くオーバーしてくるんですね。しくしく。

 もちろん、エアコンをつければいいんだけど、それはまだ早い。やっぱり、webブラウザを開いたときの広告系動画を自動再生しないようにすれば、4~5゚cは稼げるはず。

 っていうんで、いくつかFirefoxのアドオンをためしてみた。たとえば、Flashを自動再生させないやつとか。

 でも、ブロックを微妙にすりぬけて再生がはじまる動画があったりとかで、いまいちしっくりしない。

 そこで、思いあまって手を出したのが 、広告をぜんぶカットするAdblock。

 これの存在は前から知ってたし、一度は導入したこともあるんだけど、広告がぜんぜんないっていうのもやや味気ないというか、それをふくめてのwebだよなーと思って、その後は使ってなかったのです。

 でも、背に腹は変えられないってことで、あらためてインストールしました。

 いまはAdblock Plusになっていて、機能も増えてるみたいだけど、とりあえずそのまま使うことに。こまかい設定はよくわかんないし。

 結果、やっぱりCPUは3゚cくらい下がりますね。でも、マザボは変化なし。ソフト的には、このくらいで限界か。あと、もちろん電圧を下げるっていう手もあるんだけど、ほんの数週間のことなんで、そこまでやる必要はないと判断してます。

 これでしばらく使ってみて、さてどうなりますか。

2016.07.03(16:56)|日々の雑感コメント:(0)TOP↑
 きのう、とうとう量産初号機が納入されたとのこと。Aviation Wireっていうところの「川崎重工、空自に新型輸送機C-2納入 43年ぶり、最大の国産機」っていう記事。

 やー、長かったですねー。初飛行から10年くらいたったんじゃない? 僚機(笑)のP-1が納入されたのは3年前? そのくらいだよね。

 なんといっても、試験中に貨物扉を落っことしたのが痛かった。(^^;

 それでも、こうして完成したのを見ると、けっこういい感じかも。C-1はいかにもとってつけたような主翼やT字尾翼がかわいくなくて、気に入らなかったんだけど、これはそこそこ。

 でもって、この塗装はなんなんでしょう? たとえばC-130Hでこういう塗装にしている機体は、ネットで探しても見あたらなかったんですが。C-2オリジナルの、一種の制空迷彩なのかな? 色味としては、F-15に似てるような、似てないような。

 まあ、この種のグレー系はほんとに見わけがつかないんで、なんともいえませんが。

 さて、C-2はそういうわけで完成おめでとうってとこなんですが、この記事を最後まで読んでいたら、愕然とする一文が。

「今のところ、検討の遡上(そじょう)には挙がっていない」

 すげー。思いっきりの間違い2連発。

 まず、それをいいたいんなら、遡上じゃなくて、俎上でしょ。さらに、「俎上にあがる」は漢字はどうあれ用法として間違い。俎上には載せるのであって、「まないたの上に上げる」ことはない。

 さらに哀しい(^^; のは、ご丁寧にルビまでふってるところ。つまり、これってケアレスミスじゃないわけで。

 書いた人はこの会社の編集長らしいけど、まあ会社のレベルがわかるって感じで。ヽ( ´-`)ノ

【追記】
午後にまた見にいったら、漢字の間違いは修正されてました。でも、表現自体はそのまま。なるほどね。どうやらチェック体制がないようす。

2016.07.01(12:16)|航空・宇宙コメント:(0)TOP↑
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR