パーツ館にようこそ
 サー・リチャード・ブランソンがまた新しい花火を上げたそうな。

 最高速度マッハ2.2の超音速旅客機だって。business newslineの「Virgin Group: Boomと共同で次世代超音速旅客機を開発へ・既に10機の購入オプション契約」という記事。

 ヴァージン・ギャラクティックとBOOMっていう航空ベンチャーの共同開発だそうで。

BOOM.jpg

 こんな感じ。全体のフォルムは双発の小型コンコルドっていう印象で、機首の構造は簡素化されてるかな。でも、なにより特徴的なのは、このまるい窓。

 そうです。バート・ルータン師匠です。この写真を見て最初に思い浮かんだのは、ルータン師匠の顔でした。まるい窓はいわゆるひとつの「ルータン好み」ってやつで。

 記事ではギャラクティックからBOOMに技術支援してるっていってるけど、BOOMはいってみれば技術者集団の航空ベンチャーだそうで。でもって、その公式サイトを見ると、相当にすごいメンバーが集まってることがわかったりして。

 たとえば、スカンクワークスの人間が複数参加してるし、チーフエンジニアはアダムA700でもチーフだった人。あるいは、ルータン師匠のX-47Aのスタッフだった人とか、F-22の開発に参加した人とか、錚々たるもんです。

 だから、記事とは逆に、BOOMからギャラクティックに技術支援してるって考えたほうが自然かも。というより、ギャラクティックにそれだけの技術開発能力があるとは思えないっしょ。とすると、ルータン師匠はBOOMの相談役かなんかになってるのかもしれません。

 ただ、問題はこれがガセじゃないかってことで。(^^;

 この手の超音速・極超音速旅客機の計画って、平均すると5年に1回くらい出ては消えっていうのをくりかえしてるからねー。

 ただ、今回のはなにかやらかすブランソンが絡んでるのと、BOOMの……というより、スカンクワークスの名前が出てるってところから、かなり信憑性が高いと思います。それに、来年くらいに初飛行予定っていうのがリアルだし。

 もしほんとに初飛行に漕ぎつけたら、乗客40人っていうと、機体規模はMRJなんかと同じくらいだと思うんで、なかなかかわいいひこーきになるんじゃないでしょうか。はい。

2016.03.26(15:23)|航空・宇宙コメント:(0)TOP↑
 復帰したところで世志琥シリーズ(笑)はやめようと思ってたんだけど、ここにきて摩訶不思議な展開がはじまってきたんで、いちおう追記みたいな感じで。

 えーと、3.8後楽園で復帰して、そのリングで中島安里紗、Sareee、山下りなが対戦を希望して、これでディアナやZABUN系、へたすればJWPのリングにも上がるなってことになったわけですが、13日、ZABUNのメインブランドWAVEから衝撃の発表が。

 毎年恒例、波女(CATCH THE WAVE)のトーナメントに、世志琥がエントリーされたのですよ。

 今年はなんと史上最多の32人が出場するんだけど、GAMI社長が31人目の尾崎魔弓を発表したあと、大トリで名前を読みあげたのが、世志琥だったとのこと。

 これはある意味、とてもすごいことで。なぜなら、次のSEAdLINNNG興行は5月18日。対して波女は4月10日に開幕だから。つまり、世志琥の復帰2戦めはWAVEってこと。それだけじゃなく、4月はずっとWAVEに参戦しつづけるわけですよ。

 そうすると、スターダム時代に絡んだことのない、志田ちゃんとか朱里との対戦が実現するかもしれないでしょう? これはたいへんなことですよ。ほんとに。

 もちろん、GAMIが尾崎じゃなくて、世志琥を大トリにしたっていうのも、充分にインパクト大なわけで、会場ではどよめきが起こったとか。

 ただまあ、WAVEに関しては、世志琥が引退した段階で復帰後に上がるリングのひとつと予想していたんで、時期は驚いたけど、意外ではなかったんだけどね。

 ところが、今週になると、ほんとに予想もしてなかった動きが。

 3.22仙台大会のあと、里村明衣子が爆弾を投下したのですよ。奈七永&世志琥にまさかの対戦要求! それも、4.8後楽園で!!

 つまり、復帰第2戦はさらに2日早まって、しかも禁断の仙女のリングになっちゃったわけ。

 くわしくは東スポのこちら

 里村は世志琥の復帰が決まったとき、引退するといった前言を翻したことが「筋を通してない」っていう理由で、以後はSEAdLINNNGのリングには上がらないって、いちはやく表明した張本人。

 それが、たった2カ月で軽く前言を翻しちゃったんだから、摩訶不思議ですよ、ほんとに。

 たしかに、あいだに長与がはいって、1年くらいしたら同じリングに上がることはあるんだろうなとは思ってたけど。つか、これも長与の口利きなのかな? わかりませんが。とにかく、てのひらを返すのが早すぎ。(^^;

 ということで、どうやら展開が一変して、今年の女子プロ戦線の中心は世志琥になりそうな雲行きになってきたですよ。

 たしかに、へたすると紫雷イオより「逸材」といっていい世志琥だし、だから去年の2.22以来、ずっと追っかけてきたわけだけど、これほどの速度感とは。正直、びっくりしております。

 ただひとつ、WAVEの試合は見られないんだよね~。Vパラだから。そこが残念でなりません。

2016.03.25(11:35)|スポーツ・プロレスコメント:(0)TOP↑
 船橋オート、全レース終了しました。最後の優勝戦はスタート行った青山と永井のマッチレースになり、3着には中村がねばって、しっかり船橋ワンツースリーを達成。本線の決着っていっちゃえばそれまでだけど、大団円なんじゃないでしょうか。

 なんと、入場者は1万3000人。最終レース、ピストから競走車が出てくると、自然に拍手が生まれたですよ。で、スタートしたらコーナーごとに大歓声。決着後はこれも自然発生的に永井コール。こんなシーンはSS王座でも見たことないよ。JRAの客の煽りみたいに下品じゃないし。

 逆にいうと、いつもこの半分でも客がはいってたら、廃止にはならなかったんだけどね。まあ、それをいっちゃおしまいってことで。

 さて、優勝セレモニーがはじまった。おろかにも、森田健作が出てきて、ものすごい帰れコールが起こってる。これでけじめがつくと思ってるのかね。ほんとに、ここまでおろかだとは。まあ、こいつは無視して。

 セレモニー終了。ここはやっぱり永井が締めないとならなかったんだね。スタンドのじいさんたちが号泣してましたよ。MCのカオリンもよくやった。さすがはフロンティア。

 つづいて、閉場セレモニーはどうでもいいか。例によって森田健作が出てくると、ものすごい帰れコールがわきおこるけど、それだけ。

 それでも、つづく選手会は無念さをにじませませて、選手会長の斎藤努、船橋支部長の永井が本音をぶちまけた。まあ、しょうがないんだけどね。怒りをあらわにする斎藤と永井、その隣りに立って頭をさげる梅内、その3人の姿は忘れられないでしょう。つか、この選手会のセレモニーは忘れちゃいけないね。

 わっ、高橋貢、走路ウォークは車券売り場のおばちゃんたちといっしょだ。これはすごいカブキっぷり。

 そして、中継の締めはなんと杏ちゃん。でも、そうだよね、この特殊な(笑)中継が成立してたのは、ひとえに杏ちゃんの人柄のおかげなんだから。

 ということで、船橋、とうとう終わってしまいました。この日のことは、終生忘れないでしょう。なんといっても、無念すぎる。

2016.03.21(16:54)|公営競技コメント:(0)TOP↑
 きょうは1日、船橋の最後を見とどけたいと思います。Uストもあるから、けっこう忙しいかも。

12R The Final 8周回 4100m 0mオープン

1 青山 周平 船橋 31期 32歳 ハルク・73
2 木村 武之 浜松 26期 39歳 ワント
3 永井 大介 船橋 25期 39歳 ビズビム
4 中村 雅人 船橋 28期 35歳 Kモンソン
5 鈴木圭一郎 船橋 32期 22歳 カルマ3K
6 西原 智昭 船橋 28期 37歳 クレア
7 東小野正道 飯塚 25期 42歳 クレイジーD
8 荒尾   聡 飯塚 27期 35歳 デフジャム

 最後の優勝戦メンバーは、船橋6人と飯塚のふたり。キムタケは船橋にカウントしていいでしょう。生まれも育ちも船橋オートなんだから。

 そのキムタケをふくめて、イン4人の戦いかな。ストーリー的には圭一郎の優勝っていうのが、未来に向かう船橋魂みたいになっていいのかもしれないけど、永井やキムタケの気力が上まわるのは明らかで。さらに、青山も超バツだからね。

 中継と第2スタジオは、正直どうなるか予想不可能。ただ、板橋さんのほうには、引退選手が大挙出演とのことで、それもできるかぎり見とどけなければ。あと、久しぶりに櫻崎あゆあゆが、もしかするとお子さん連れで登場するかも。

 10時3分、中継スタート。2スタ、別府彩さんきました。1日ゲスト。船橋は川口に転出して以来、10年ぶりとのこと。

 場内はもうほぼ満員で、これは最終レースの発走は1時間くらい遅れるかも。一部、照明も設置されてると、照沼さんがいってたし。

 2R発売中、飯塚専門解説の釜本和茂さん登場! 最初、声だけしか聞いてなかったんだけど、一発でわかるもんだね。だけど、あしたから飯塚の開催じゃないの? これから飛んで帰るのかな。

 12時、Uストはじまりました。MCは安定のエリカ様。ゲストは現役選手なのか、まず内越忠徳。これ、両方見るのはたいへんだな。

 8R発売中、Uストのほうにあゆあゆ登場。やっぱりお子さんを連れてきた。この大混雑のなか、根性あるなー。おお、板橋さんの父親が撮影した、第9期新人王戦(72年)の8ミリ映像なんてのが出てきたですよ。現存する最古のレース映像かも。

 9R発売中、Uストにカオリン。島田信廣、片平巧元選手の思い出。選手ゲストは梅内幹雄。カオリンですごくおぼえてるのは、初期のころ、岩田行雄にどなられたっていう話なんだけど、まあ出てこないでしょうね。その話があったんで、岩田のファンになったんだけどね。

 梅内は市議になってからの経緯をかなりつっこんだかたちで説明してくれた。きょうの閉場セレモニーには船橋市長なんかもくるそうで、その場できちんと説明して落とし前をつけてほしいとまでいっちゃったもんね。さあ、どうなるんでしょうか。森田健作もくるのかな。

 10R後、ファイナルランの池田政和がまた号泣。(^^; またっていっても、前回から15年くらいたってますが。

 12R発売中。平尾昌晃の映像メッセージと、北嶋輿さんの長文のメッセージが流れた。北嶋さん、場内にはいるらしいんだけど。まあ、しかたないでしょう。Uストのほうで、過去の実況映像をさんざん見たから、それだけで充分でした。

 ああ、そういえば西野七海(なみ)さんもいたねえ。日向リオさんと同じく、ちょっと顔をゆがめてしゃべるのが特徴だった人。たしか、競艇の中継でも見かけてたと思うけど、すっかり忘れてました。北嶋さん、さすが。

 おお、七海さん、いまも現役なんだ。こちら。だったら一度、中継にくればよかったのに。

2016.03.21(09:31)|公営競技コメント:(0)TOP↑
 きょうの、ってこともないんですが。

 おととい、2日めは予想どおり小島ミカリンさんがゲストで、初日みたいな狂乱はなし。さすがは現役。って、山陽のプレミアムカップでMCをやったのは、もう3年も前だって。で、最後は板橋さん、篠崎ミッキー、田代蛸一さんの濃密な対談でシメ。

 きのう、3日めはトヤコさんがきて、川口の3人がそろい、裏方さんたちのインタビューなど川口らしい真面目な展開。

 でもって、きょう4日めはやっぱりきました。町田サオリン登場。ところが、サオリンも久しぶりなせいか、初日のアチャコさんと同様、やたらにテンションが高くて、一時はどうなることかという事態に。それでも、さすがは現役で、後半戦はうまいことまとめております。

 なぜかもと川口の長原玲子ちゃんもゲストで出てきたりしたけど、どうやらプライベートで来場していたのを見つけたもよう。ふつうに車券を買ってるそうで、へえ、いまは競馬の仕事をしてるから、馬券は買えないのかな?

 そして、最終12Rのゲストには、まさかというか当然というか、水田カオリンが出現!

 やっぱりね。オートがいまみたいな放送形態になったのは、カオリンのせいおかげだからね。ここは出現してもらわないと。たしか、船橋名物の「Winner!」も、カオリンがはじめたはずだし、サオリンもミカリンも水田さんの後継者っていう意味でついたニックネームだし。

 カオリンと長原さんは、オートを見はじめたころの中継で2枚看板だった(正確には長原さんの前に日向リオさんがいたけど)だけに、最後にいいものを見させてもらいました。

 なお、カオリンはあしたも、12時からニコ生・Uストの生放送に出演したあと、レース後の閉場セレモニーのMCを担当するとのこと。

 そうすると、歴代アシスタントできてないのは、別府さんと甲斐佑里さんだけか。どっちも引退してるみたいだけど、顔を出してくれるとうれしいですね。

 それと、前半の一般戦でいいから、北嶋輿さんに1レース、実況してもらえると、とてもうれしい。当然、船橋には行ってるはずだし。

 ということで、あしたがラストデイであります。落車した荒尾は出られるんだろうか? もし欠場だとすると、繰りあがりでたぶんサトマヤが優出になるんだけど。

 あ、枠番選択がはじまった。荒尾はぴんぴんしてます。(^^;

2016.03.20(17:03)|公営競技コメント:(0)TOP↑
 ついにこの日がきてしまいました。

 きょうからスタートする特別GI社杯プレミアムカップが、船橋最後の開催になりまする。

 梅内が市議になったくらいじゃ、状況はひっくりかえらなかったということ。一時期は、かつてビートたけし師が提唱した「臨海副都心のカジノ予定地に移設」っていうのが、唯一の方策かとも思ったんだけどねー。

 まあ、いまさらいってもしかたないことですが。

 それはともかく、今月上旬からCSの中継にはさまってた今開催のCMが、なんとももの悲しいやつで。

 ホルスト『惑星』の「木星」(というより、これは平原綾香の「ジュピター」をイメージしたのかな)のサビをBGMに、「ミスターオート 飯塚将光」「鉄人 島田信廣」「セアの申し子 片平巧」というテロップとともに、ここ10年で物故した船橋歴代トップ3人の写真が流れるっていうやつ。なぜかYouTubeなんかにはアップされてないんで、ここには貼れませんが。

 制作者がなにを意図してるかはいまいちわからないけど、「そこでその曲を使うか~、その画を使うか~」って感じでね。まるで、船橋の葬儀に参列してるみたいで、見るたびになんともいえない気分になってました。

 きっと、最終日の照沼杏ちゃんはぐちゃぐちゃになるんだろうな。吉原さんだって、優勝戦が終わったらどうなるかわかんないし。21日は18時まで放送時間が延長されるとのことで、ここでなにかセレモニーをやるとなると……そのほうが、照沼さんは気がはるから、かえっていいのかも。

 ということで、いずれにしても、この日がくるのはわかっていたこと。最期はしっかり看取りましょう。

 ね、レースはレースだから、とくに所属の選手はかなり熱くなると思うし。もしかすると、ものすごいバトルが展開されるかも。いや、もしもじゃなくて、確実に、でしょう。

【追記】
中継はじまりました。ありゃま、吉原さんがもう泣きそう。(^^;;;

と、思ったら、しんみりした雰囲気を一発でぶっとばして、なんと伊藤アチャコ麻子さん登場!  テレビは相当に久しぶりらしくて、いきなり暴走モードでスタートしたぞ。えー、こんなキャラだっけ? だいじょうぶかな?

そーすると、あれか、甲斐佑里さんとか町田サオリンとか、歴代アシスタントが登場するのか?  すくなくとも、小島ミカリンはきそうだな、この感じだと。

まさか、広島からあの人も?  水田カオリンが出現したら、それはそれでセンセーションです。

【追々記】
アチャコさん、こりゃとんでもない爆弾だわ。(^^;;; 2Rを終えた時点で、アチャコさんがいる第2スタジオのMC堂前さんは「伊藤麻子」と呼び捨てになりました。

【追々々記】
7R発売中には、垰口さんと安原さんまで乱入して、堂前さんはとうとう大パニックに。なんていうか、これぞ船橋の中継っていうカオスっぷりで、このすべてアチャコさんひとりの力だからねー。ある意味、スタッフはいいチョイスをしたんじゃないでしょうか。

しっかし、すごい破壊力だ。第2スタジオから目がはなせないもんで、トイレにも行けない。(^^;

【最後】
最終の発売終了。やー、やっぱりすごい第2スタジオでありました。ドタバタのあいだをぬって、伊藤信夫や岩田行雄、東小野がゲストに出てきて、ロングインタビューに応じるっていう、しびれるような展開になっちゃった。

信夫が出てきたんで、もしかして浜松存廃問題のときの話なんか聞かないよなーと思っていたら、もろにそこが話題の中心だったりして。

岩田行雄はカメラの前では原則無口なのに、きょうだけは板橋さんや、弟子の(笑)吉原さんがいたせいか、いつになく饒舌だった。20年以上、岩田のファンをやってるけど、こーいう一匹狼を見たのはたぶんはじめてだと思う。

それもこれもぜんぶ、船橋ファイナルだからなんだよね。そう思うと非常に複雑。

2016.03.17(09:01)|公営競技コメント:(0)TOP↑
 きょうの中継で、堂前さんがそういってたので、驚いて調べてみると、ありました。

 MFJ SUPERBIKEの「青木治親がJP250に参戦!」というエントリー。

 なるほど。去年末に引退した阿部光雄さんがひきいる「チームノリック」から、MFJ CUP JP250というクラスに出場するんだって。

 もちろん、JKAも参加してのコラボ企画で、オートの集客と話題づくりにしようってことですね。

 こーいう企画こそどんどんやらないとね。業界内でいくら宣伝費を使っても、新規客獲得にはつながらないわけだから。ロードの世界は知らないけど、青木3兄弟はいまでも伝説的存在みたいだし、森くんなみの話題になるでしょう。たぶん。

 青木治親自身も、亡くなったノリックの紹介でオート業界にはいったっていう経緯もあるし、いい機会と環境を与えられたと思ってるんじゃないでしょうか。

 ロードだけじゃなく、モトクロスでも、同じようなことができるよねえ。益春菜あたりを起用すれば、これはもう話題性充分でしょう。

 それにしても、ノリックパパこと阿部光雄さん、やるなー。おそらくご本人のアイデアでしょう、これは。さすがであります。

2016.03.10(14:29)|公営競技コメント:(0)TOP↑
 そういうわけで、3.7SEAdLINNNG後楽園大会で、ぶじ世Ⅳ虎あらため世志琥がリングに復帰した。

 しかも、高橋奈七永にぼこぼこにされながらも、20分戦いぬいて、最後はピンホールで勝利をおさめちゃったとか。過去の対戦は1勝2敗3分けだったそうだから(先週水曜日の「バトル☆メン」より)、対戦成績をここでイーブンにもどしたかたち。このへんも世志琥っぽい。

 客の声援も相当にあったそうだし、今後の路線もある程度見えたし、これ以上ない復帰戦だったと思います。もちろん、まだ見てないけど。

 具体的な試合内容などは、バトルニュースのこちら

 東スポはこちら。東スポには、当日の舞台裏なんかも載ってた。こちら

 ついでに、ハッピーエンドになりそうだったんで乱入した人(笑)のブログはこちら

 このうち、舞台裏の話では、不穏な動きがあったっていうエピソードが紹介されてたけど、まあいるんだろうね、いろいろ。ただ、スターダムは黙認というかたちになってるらしく、先日の風香だけでなく、「同期」の岩谷麻優も「女子プロレスのお仕事」のなかで、「復帰してうれしい」みたいなことをいってた。

 ほかの選手にも、おおむね好意的にうけいれられたそうで、とくに東スポの記事にあった鈴木秀樹はほんとにいい人だねえ(笑)。

 ただひとつ、気になったことが。新コスチューム、かっこいいのはいいんだけど、なんだか色が田中盟子とかぶってない?(^^;

 見くらべると違うってわかるんだけど、記事を読んでるあいだ、相当に長いあいだ、すっかり田中だとばかり思いこんでましたよ。ヽ( ´-`)ノ

2016.03.09(11:45)|スポーツ・プロレスコメント:(0)TOP↑
 デンバーのレジェンドQBペイトン・マニングが、正式に引退を表明したもよう。現地(アメリカ東部)時間7日午後1時から記者会見があるらしい。NFL JAPAN.comの「18年の現役生活に幕、名QBマニングが引退へ」という速報より。

 現地時間8日午後1時がタイムリミットだったのに、きのうまでなにも動きがなかったから、もしかしてもう1年、どっかで現役をつづけるのかもと思いはじめていたけど、やっぱりそうはならなかったっすね。

 キャリア通算パス7万1940Yd、539TDはNFL歴代1位。18年間でシーズンMVPを5回獲得も歴代トップだし、2チームでスーパーボウル制覇は史上初とのこと。

 スーパーボウル制覇2回は4位タイくらいだったけど(たしか1位は4回のジョー・モンタナだったと思う)、史上最強QBのひとりなのは、間違いのないところでしょう。

 とはいえ、現場を去る気はぜんぜんないみたいで、早ければ来シーズンから、古巣コルツのGMに就任するかもしれない、なんて噂もあるみたいだし、エルウェイみたいにまたピッチに姿を見せる日も遠くないでしょう。

 というわけで、カンファレンスチャンピオンシップで聞いた「オマハ!」が最後のコールになりました。まあ、ほかの選手、たとえば弟のイーライなんかも使うんだけどね。

2016.03.07(16:12)|スポーツ・プロレスコメント:(0)TOP↑
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR