パーツ館にようこそ
 ひゃー、勝っちゃったっすよ、青山周平。正直、今回は中村だと思ってたんだけど、3枠選択が的中したかたち。

 レースは.02のトップスタートを切った青山が、同じく.02とはりこんだ浦田もかぶせて先頭に立ち、そのまま10周回、逃げきったという、予想したとおりの展開。反対に、青山と浦田につつまれた中村はずるずる後退して、2周回めにはなんと6番手に。

 一方の永井は青山に乗って出るかたちになって、1周4Cかな、そのへんで早めに浦田を捕らえて2番手につけたものの、ここから追いが効かないのね。むしろ、青山がちぎる感じになって、3周回めで実質的に勝負がついた感じ。

 ところが、ここからまだひと波乱が。いや、波乱とはいわないか。6番手だった中村がいつの間にか逆襲に転じてくると、のこり5周でとうとう浦田をかわして3番手まで上昇してきたんですよ。さらに永井にも迫ったけど、ここは永井もぬかせない走りで対抗。

 結果的に、のこり4周回からは船橋3車のワンツースリー態勢ができあがって、そのままゴールを通過した。

 実況の吉原さんもいってたけど、こののこり4周回は、ある意味、とてもメッセージ性の高い画でありました。

 ともあれ。

 やー、31期船橋・青山周平、11回めのSG優出で、とうとう頂点に立ちましたよ。振り返れば、長い長い道のりだったねえ。最初は2級車でSGとっちゃうんじゃないかと思ってたけど、とにかく永井と中村っていう壁が高すぎたからね。

 とくに、今年はたしか、GIすらとれなかったはずで、なんだかふつーの人になっちゃったぽかったけど、秋口から調子を上げてきて、とうとうこの日を迎えました。めでたしめでたしというか、うれしい。

 上がりはなんと3.335だそうで、10周回だっていう点をさしひいても、すごい数字。これじゃさすがの永井も追いつけないよね。

 検車場では、同期が集まってきて、たしかサンスポの山本ひろみ記者だったと思うけど、記念写真を撮ったのね。そのとき、どこかから坂井宏朱選手の写真が出てきて、青山がそれを持って撮影したんですよ。これにはじーんときました。

 ただ、「ここにサトマヤがいれば」と、思ったのも事実。サトマヤは前回の落車で捻挫した手首の状態が思わしくないのか、今開催を直前で欠場してたのね。これが残念といえば残念。

 ちなみに、車券は3-4-1で4450円。安いけど、とにかく2点勝負ですから、これは大満足といっていい結果でしょう。

 以下は周辺情報というか、いろいろ。

 まず、川口では来年5月から、またナイター開催を実施するそうです。川口市の水野副市長によると、向こう5年ぶんの照明設備のレンタル代を、もう予算に計上したそうで、これは文字どおり明るいニュースでしょう。

 次。今開催ではオンエア中、12月にオープンした特観席「ホールショット」の紹介をしてたんだけど、そのレポーターがなんと、あの長原玲子さんでした! これはびっくりしたなー。てっきり、競馬オンリーになってると思ってたからね。

 さらに驚いたのは、滑舌がよくなってた!(^^;

 理由は知らないけど、まあよどみなく話していて、最初は長原さんと気づかなかったくらいでしたよ。それに、2006年3月で卒業だったから、かれこれ10年たってるのに、見た目がぜんぜん変わりない。むしろ、自信たっぷりになった印象で。

 たしか、5年前くらいに、川口でMCのOGによる予想会かなんかがあった、そのときも単発で出走したと記憶してますが(『バッハプラザ』でちらっと見たような)これからまた、川口に絡んでくるんですかね。それはそれで歓迎ですが。

 さて、そーいう与太はおいといて、今開催では歴史的出来ごとがひとつありました。

 SSシリーズのファイナルで、益春菜が優勝しちゃったのですよ!

 SSシリーズはヒラ開催だけど、格はGIIだから、優勝戦は8周回。益は8周戦はもちろんはじめてなのに、こっちもトップスタートから堂々と押しきっちゃったからびっくり。

 たしかに、オープン戦だから、可能性はあると思ってたけど、とにかく8周回ははじめてだから、さすがに岡部が裁くだろうと予想してたんだよね。

 つまり、GII格のレースで女子レーサーが初Vを決めたってこと。これもオートレース新時代を象徴する出来ごとだと思います。はい。

 という感じで、ほんとに大興奮のスーパースター王座、最終日でありました。

2015.12.31(17:21)|公営競技コメント:(2)TOP↑
 さて、大晦日の恒例、SS王座決定戦であります。

 メンバーは前回書いたとおり。

11R SS王座決定戦 5100m 10周回 0mオープン

1 中村雅人 船橋 28期 34歳 Kモンソン
2 浦田信輔 飯塚 23期 42歳 パンジャA
3 青山周平 船橋 31期 31歳 ハルク・73
4 永井大介 船橋 25期 38歳 ビズビム
5 藤岡一樹 山陽 29期 36歳 シャウラ
6 木村武之 浜松 26期 38歳 ワント
7 浜野  淳 山陽 24期 40歳 アモン
8 佐藤貴也 浜松 29期 30歳 スケートラブ

 初優出は佐藤貴也だけ、SGウィナーは5人。順当な顔ぶれでしょう。晴れ走路も決定で、天気を気にする必要もなし。これはいつもですが。

 ということで、予想。もちろん、試走しだいで変更もあり。今節は永井とか金子とか、1日で機力が一変するケースもあるし。

 トライアル道中を見ていると、3連勝はいなくて、2勝も中村雅人だけっていう、近年まれに見る大混戦。それでも、1歩リードしているのはやっぱり中村で、人気は一本かぶりになるでしょう。きっと。

 対抗は連覇がかかる永井で、1=4が大本線。

 でも、これじゃ予想する意味がないから、ひねって考えてみた結果、アタマ青山で行ってみたいということに。

 理由。枠番抽選のとき、悩んだ末にあえて3枠を選んだから。なぜ2枠をとらなかったかっていうと、スタートで中村に乗ったんじゃ、10周あっても勝てないと考えたんじゃないか……そう解釈しました。

 それより、自分でスタートをはりこんで、イン2車を包んじゃおうっていう作戦。青山も1着1本、2着1本と機力は安定してるから、スタート勝負に勝てば充分に目があると思うんだよね。

 そうなると、相手は永井かな。2日めはどうなることかと思ったけど、シリンダーに問題を見つけたとのことで、それは解決したらしいから。

 もうひとりは……やっぱり中村ははずせないでしょう。きのうのグランプリも人気サイドで決まったことだし。

 ということで、3-14-14でいかがでしょうか。

2015.12.31(10:22)|公営競技コメント:(0)TOP↑
 毎年恒例ということで。

 第30回スーパースター王座決定戦の優出選手が決まって、公開枠番抽選が終わった。

 結果はこんな感じで。速記なので、正確なのはあしたオフィシャルでどうぞ。( )の数字は得点順位=枠番抽選の順番。

1 中村雅人 船橋 (1)
2 浦田信輔 飯塚 (3)
3 青山周平 船橋 (2)
4 永井大介 船橋 (4)
5 藤岡一樹 山陽 (5)
6 木村武之 浜松 (6)
7 浜野  淳 山陽 (7)
8 佐藤貴也 浜松 (8)

 よく見ると(見なくても)、青山以外は抽選順に内側枠を選んでいるけど、これは中村のスタートが完璧に決まっているから。ひとり、青山だけはそのスタートに乗っかりたくなかったようで、ひとつ外側の3枠にしたらしい。

 予想は本番のあさってにして、道中を見てみると、初日は金子大輔、2走めは永井がおかしな走りをして8着惨敗になり(金子にいたっては最終周回で3番手からラスまで落ちた)、その結果きょうのトライアル3日めは中村、青山、キムタケ以外の全員が勝負駆けという状態に。

 で、蓋を開ければことごとく、得点下位者が上位者を飲みこむという下克上。とくに、浦田と永井はどちらも1着条件で勝負駆け成功という結果になっちゃった。

 逆に、中間着でも行けそうだった鈴木圭一郎や高橋貢が落っこちて、2日め時点でほとんど目がなかったメンバーが4人くらい滑り込むという大波乱。いや、波乱じゃなくて、これが底力なんでしょう。

 この道中を見ると、優勝戦も波乱ぶくみの展開になるかもね。いちおう、現時点では中村がアタマふたつくらいリードしてますが。

2015.12.29(17:07)|公営競技コメント:(0)TOP↑
 すこし早いけど、4~5日前からもうそろっちゃってるんで。

sake15.jpg

 前2年は加須まで「力士」の買い出しにいってたけど、今年はそこまで手がかからず。

 まず、毎年恒例の「力士本醸造にごり酒」が2本。結局、正月はこれがいちばんいいような気がする。

 つづいて、まんなかは到来物で、茨城の地酒「一品」というニューカマー。吉久保酒造という蔵元の純米酒で、いちおう3年連続鑑評会金賞とのこと。蔵元のサイトはこちらだけど……なんすかねえ、このコピーは。(^^;;;

 一升瓶を2本もらったので、うち1本はもう開封して、飲んでみた。かすかに黄色っぽい色がついていて、見た目どおりの芳醇やや辛口。うちではあんまり飲まない系統ね。でも、たまにはこういうのもいいかと。

 それに、ためしにぬる燗にしてみたら、そこそこいけたので、この飲み方にしたいと思います。

 右側のはとーこちゃんのチョイスで、朝日酒造の「ゆく年くる年」という年末年始の企画もの。中味は朝日山らしい。

 朝日山はここ10年くらい飲んだ記憶がないけど、朝日酒造の酒はほぼ毎年なにかしら(久保田か越州系)飲んでるから、口に合わないってことはないでしょう。

 ちなみに、買ったのはいつもの弥彦・酒屋やよいさん。

 ということで、量的には例年よりかなり多い感じになりました。めでたしめでたし。

2015.12.29(14:45)|日々の雑感コメント:(0)TOP↑
 スポニチの「浪曲師の国本武春さん死去 55歳 「にほんごであそぼ」で人気」という速報。

 浪曲師の国本武春さんというより、うなりやベベンのほうが通りがいいかも。実際、はじめて見たのも「うなりやベベン」としてだったから。2006年くらいかな。

 最初に驚いたのは、三味線をピックで弾くっていうところ。しかも、R&Bとかを、平気で演奏しちゃうし。ピックを使う三味線弾きっていうのは、あとにも先にも、この人しか見たことがないような気がする(ほんとはいると思うけど)。そのくらい、印象的だったんだよね。

 また、日本語のあつかい方のうまさも群をぬいてて、『にほんごであそぼ』で披露した「祇園精舎の鐘の音」や「こころよ」「わがはいは猫である」といった作品は、畢竟の名作といっていいでしょう。

 ふつうのステージも1回だけ、テレビで見たことがあるんだけど、これもぶっとんでて。いつか生で見たいと思ってたものの、当時はチケットが即完売する人気でねえ。結局、その夢は叶わないことになってしまいました。

 もしかすると、NHKが追悼番組とかをやってくれるかもしれないから、チェックしておかないと。なんちゃって、NHKはネットクラブにキイワードを登録しておくと、放送が決まりしだいメールがとどくんですが。

 合掌。(--人-)

 それにしても、まだ55歳なのに、急性呼吸不全なんてことがあるんだ。これもショックだったなあ。

2015.12.24(13:28)|日々の雑感コメント:(2)TOP↑
 現地時間の23日から、顧客への納入がはじまったそうな。時事の「小型ジェットを初納入=受注、100機超-ホンダ」という記事。

 今月中旬、ようやくFAAの型式認証がとれて、あとは時間の問題だったんだけど、まずはめでたしめでたし。たしか、1年くらい前からフル操業(年産80機だったと思う)もはじまってるので、これからはどんどん売れるでしょう。

 もっとも、日本で飛んでる姿が見られるのは、早くて数年後になるでしょうが。

 しかし、構想から17年? 18年? そのくらいかかっちゃったね。当初は2010年くらいから納入開始予定だったと記憶してるんだけど。まあ、かなり革新的なビジネス機だから、しかたないんでしょう。

 個人的には、MRJよりこっちのほうが気になってたんで、ほっとひと安心であります。べつに安心する必要もないんですが。ヽ( ´-`)ノ

 いちおう、公式サイトなんかも。こちら

2015.12.24(12:32)|航空・宇宙コメント:(0)TOP↑
 けさ、いつものようにオートの公式サイトに行ってみると、「選手引退について」というインフォメーションがあった。

 これだけなら、ある意味いつものことなんで、なんの気なしに開いてみると……愕然。

 なんと、37人の大量引退。

 しかも、大物多数。・゚・(つД`)・゚・

 先に発表されていた小林啓二、永富高志のほかに、なんと川口四天王の阿部光雄、且元滋紀の名前も! さらに、福田茂もとうとう身を引くとのことで、これで四天王は篠崎ミッキーさんだけになってしまうという諸行無常。

 且元さんは本当の職人で、でも頑固なイメージに反してとても気さくな人でね。一度、大宮のたまり場「北海」で隣同士にすわったことがあって、この店では定番になってる、北海社長の悪口を肴に楽しく酒を飲ませてもらったもの。

 その且元さんも、とうとういなくなっちゃうのか。

 川口からはほかにも、門傳や中田といった、まだまだやれる選手がいなくなるのをふくめて、なんと10人がやめることになっちゃった。ああ、金居さんもか。うーん。

 これはやっぱり、船橋勢の受け皿づくりなんですかね。

 たしかに、船橋が廃場になると、30人くらいの余剰が出るかもしれないとは思ってたけど。

 一方で、現役最年長記録更新中の谷口武彦はのこるようで、このへんは話題づくりで、JKAに慰留されたのかどうか。もちろん、最終的にはご本人の意志ですが。

 のこったベテラン勢でいうと、ミッキーさんのほか、釜本憲司さん、岩田行雄あたりを応援することになるのかな。

 ともあれ、みなさん、長いあいだ楽しませていただき、ありがとうございました。

 それにしても、諸行無常だ。

2015.12.19(11:27)|公営競技コメント:(0)TOP↑
 この週末、2014.3.22の長与千種興行、That's 女子プロレスの大田区総合体育館大会、というより、KAORU復帰興行というほうがわかりやすいか、とにかくその大会を1年半ぶりに見なおしたんですよ。結果的に、長与が現役復帰した大会ね。

 最初は「久しぶりにKAORUの復帰戦でも見ようかな」くらいの、軽い気持ちだったんだけどね。90年代女子プロレスラーのなかでは、豊田、ラスカチョとならんで、KAORUが贔屓だったもんで。

 ところが、第1試合でいきなり長与&花月&彩羽vsKAORU&ダンプ&世Ⅳ虎っていう、なんだかびみょーなカードがはじまって、これを見ているうちに、不覚にも感動しちゃいましたよ。

 正直、この試合のことはあんまりおぼえてなかったんだけどね。メインのKAORU&貴子&文子のイメージが強すぎたんで。

 でも、世Ⅳ虎のパフォーマンスのすごいことすごいこと。この当時はキャリア3年めだと思うけど、3年めの選手、しかもデスマッチの経験がないスターダムの選手が、コーナー最上段からいきなりダイビング・セントーン with ラダーなんてことをやっちゃうんだから。

 これは象徴的なシーンだけど、ほかにもダンプ、KAORUとくらべても互角以上に目だって、なおかつKAORUを補佐して、試合を成立させちゃったっていうのが、あまりにもすごすぎ。

 とにかく、ダンプ以上にインパクトをのこしたっていうのが、世Ⅳ虎の才能を証明してると思いましたよ。まあ、花月と彩羽がちゃちすぎたっていうのもあるけどね。

 おそらく、当日の観客の大半は、全女時代のファンだったと思うけど、その世代にいちばん強力な印象をのこした若手世代の選手は、クローズの大畠、美央、つっかではなく、イオや十文字姉妹でもなく、まちがいなく世Ⅳ虎だったはず。

 そう考えると、世Ⅳ虎をこのまま引退させちゃうのは、やっぱり惜しいですよ。

 惜しいどころか、プロレス界全体の大きな損失でしょ。

 スターダムでの復帰はありえないにしても、SEAdLINNNGか、場合によってはマーベラスで、再デビューさせていただきたい。スターダムとしても、奈七永&南月なら文句ないだろうし、長与だって問題はないはずだから。

 ここは業界全体のことを考えて行動してほしいっす >関係各位。1年かかっても、2年かかってもいいから。

 この試合を見なおせば、かならずそう思うはず。

2015.12.13(17:58)|スポーツ・プロレスコメント:(0)TOP↑
 ノースロップ・グラマンが第6世代戦闘機の開発に参入するそうだ。

 いつものFlight Global「Northrop: Beating heat leads sixth-generation fighter challenges」っていう記事。

nor 6G

 いかにもなスタイルだけど、前に紹介したロッキードの「ミス2月」にくらべれば、ある意味でオーソドックスといえるのかも。同じく前に紹介した次期戦略爆撃機LRS-Bを、まんま小型にしたようにも見えますが。

 内容で気になったのが、「sixth-generation fighter concept shows the stealthy, swept-wing fighter using a powerful laser weapon to engage multiple targets.」っていうくだり。

 えーと、stealthy,はわかるんですけど、swept-wingってなに? いままでの常識でいうと、たんに後退翼のことだけど、それをわざわざ書くはずがないと思うんだよね。もしかして、ブレンデッドウィングに代わる、新しい機体コンセプトなんだろか? もちろん、はっきりしたことはわかりませんが。

 もうひとつ、ぶっとびなのが、「複数目標を攻撃できる大出力レーザー・ビーム兵器」っていう部分。たしかに、海軍のレーザー兵器の開発は、そろそろ実戦テストしようかって段階まで進んでるから、それを応用するって考えてもおかしくはないけど。

 問題は射程で、すくなくとも有効射程が30kmくらいないと、ミサイルに対抗できないような。

 それとも、近接格闘戦用、つまりバルカン砲の後継って位置づけなのかな?それなら、射程が短くても……2000mくらいでもいいのかもしれないけど。

 まあ、いずれにしても、自分が生きてるあいだに実用化するとは思えないから、どうでもいいんっていっちゃえば、それまでなんですが。

2015.12.12(10:34)|航空・宇宙コメント:(0)TOP↑
 18日18時半くらいに、全世界で同時解禁だそうで、きのうは先行ジャパンプレミアみたいなものも開催されたらしい。

 テレビでも、東宝だけじゃなくて協賛各社がやたらCMを流しまくってるから、脳内音楽はずっとSW関連になっちゃってて、こりゃもうほとんど洗脳ですね。ヽ( ´-`)ノ

 しかたがないので、いちばん目だつプリンターの上には、過去につくったSW関連モデルを置いてみたりして。

JedStFitr.jpg

 でも、Xウィングとかじゃなくて、今回は登場しないジェダイ・スターファイターなんだよね。

 これはたしか……2005年くらいにつくったやつかな。これでもかっていうくらい、デカールを貼る指定になってて、だったら貼ったろうじゃないかと意地になったやつ。ファインの力作ですね。

 なぜジェダイ・スターファイターかっていうと、なんていうか、イマイチ期待してないのです。今回のepi.7は。

 理由はかんたん。ルーカスがいないから。ディズニーだから。

 トレイラーを見てると、たとえば森林や湖の上空を飛ぶXウィングが、宇宙空間と同じ動きをしていて、つまり空気抵抗が描かれてない、とかね。SWには特有の重力感があって、SF的にいうと異宇宙の重力法則が働いてるような表現が多かったんだけど、今回はそれがない、とか。

 そういう細部でコレジャナイ感がいろいろ見えちゃうんですよ。

 ひと言でいうと、神が細部に宿ってない。あるいは、仏つくったけど魂はいってない。

 そういう感じ。

 なので、epi.1はよかったよなー的な意志表示として、ジェダイ・スターファイターなんですね。または、ささやかなレジスタンスというか。

 ということで、映画館まで見にいくかどうかは、かなり微妙。行くとしても、年明けかなあ。そのくらい、熱がさめております。まあ、たぶんDVDかBDは買うと思うけど。

2015.12.11(12:20)|映画・テレビ・ドラマ・DVDコメント:(0)TOP↑
 先週、本山雅志の鹿島退団と、現・水戸の鈴木"師匠"隆行の引退が相いついで発表になった。

 きょうは師匠が引退の記者会見をやったらしい。スポニチのこちらなど。本山についてはこちらなど。

 本山は現役続行を望んでいるということで、蛇の道情報によると故郷の福岡からオファーがあるとかないとか。奇しくも、アビスパはJ1復帰を決めたので、チームリーダー的な立ち位置での加入はあるかも。

 最悪でも、あろうことかJ3に落ちるという屈辱を味わってる最中の大分、なんていう可能性もあると思うし、あと3年くらいは現役でやってほしい。

 水腎症っていう持病はあるものの、それをふくめて天才・本山だからね。

 鈴木師匠は……ある意味、完全燃焼でしょう。あのベルギー戦でのゴールは、FIFAとしても歴史的に語り継がれるべきプレーだと思うし、そういう意味で、いまのところ日本人ベストプレーであるという評価は、揺るぎないものだと思います。

 この引退会見を見てみると、あれが逆にプレッシャーになったそうだけど、でもあれは歴史にのこる異次元のゴールだったんだからね。誇りを持っていいよね >師匠。

 ともあれ、師匠は長いあいだお疲れさまでした。ほんとに楽しませてもらいました。

 本山はまだどうなるいわからないけど、アントラーズで10番を背負った18年間かな?この長いあいだの活躍、 ありがとうございました。

2015.12.07(19:27)|スポーツ・プロレスコメント:(0)TOP↑
 007の最新作『スペクター』が、今週末から日本でも公開だそうで、テレビでもよくCMをやっとります(SWほど頻繁じゃないけど)。
http://blog-imgs-1.fc2.com/image/icon_main/wysiwyg.gif


 じつは007はもうずいぶん見てなかったりして。ソフィー・マルソーが出てたやつからかな、そのへんから劇場では見なくなったし、21世紀にはいってからのやつは、テレビでやっても食指が動かないというか。さすがにマンネリになった感じで。

 でも、今回の予告編はなぜか真剣に見入っちゃうんですよ。

 理由はかんたん。この主翼がもげる小型機、ブリテン・ノーマン・アイランダーだよね!

 アイランダーとトライランダーは、高校くらいのときかな、いちばん好きな小型機だったのです。当時は社名が逆のノーマン・ブリテンだったけど。

 それはともかく、この2機種はある意味で、いちばんイギリス機っぽいというか、イギリス的合理性が結集した機体っていうか。そういう印象が強いんだよね。

 たとえば、あんなところに3発めのエンジンつけちゃうわけで  >トライランダー。

 まあ、いまも日本のあちこちで飛んでると思うんで、それほどめずらしい存在じゃないとは思うけど、この予告編みたいな感じで出てくると、やっぱり気になっちゃうわけです。

 さらに、あの宙返り(バレルロールかな)するヘリコプター! おお、あれは型式は忘れたけど、メッサーシュミットベルコウブロームのBoなんとかっていう、高機動ヘリだよねー。たしか、インメルマンターンとかもできちゃうってことで、70年代にずいぶん話題になった機体のはず。

 メッサーシュミットベルコウブロームはその後ユーロコプターになったから、いまもエアバス・ヘリコプターで販売してるんでしょうか。これも相当な名機だと思います。

 という、ひこーき2種がやたら目についてしまう予告編なのでした。だから、ストーリーとかはぜんぜん見てないんだよねー。(^^;

2015.12.01(09:13)|映画・テレビ・ドラマ・DVDコメント:(0)TOP↑
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR