FC2ブログ
パーツ館にようこそ
 今年の酒は、去年とまったく同じ。だから、書くほどのこともないんだけど、いちおう年中行事(笑)なので、ひとつ。

14sake.jpg

 去年のエントリーはこちら。去年で味をしめたので、今年も同じ加須駅近くの酒屋、河西商店さんに遠征して手に入れた。釜屋さんの力士本醸造にごり酒、純米吟醸冷やおろし雫滴(しずく)、純米酒の釜尾新八。いずれも4合壜。

 これで3500円くらいだから(交通費をのぞく)、コストパフォーマンスは高いと思います。

 久喜から買いにきたっていうと、お土産もくれるし。(´・ω・`) 手前のチータラがそれ。ヽ( ´-`)ノ

2014.12.30(17:53)|日々の雑感コメント:(0)TOP↑
 NFLのWeek17が終わりました~。これでレギュラーシーズンもとうとう終了。その結果、第49回スーパーボウル出場をかけての、プレーオフ進出12チームが決まったわけで、トーナメント表は次のとおり。

tournament.jpg

 出典はNFL japan.comさん。

 ペッツとシアトルがカンファレンス首位で、1回戦シード、全試合ホーム権を獲得。ディヴィジョン優勝はほかにAFCがピッツバーグ、インディアナポリス、デンバー。NFCがダラス、グリーンベイ、パンサーズ。

 特筆すべきはAFC北地区で、ピッツバーグのほかベンガルズとレイヴンズの3チームがプレーオフに進出してしまったこと。

 今年はレギュラーシーズンの試合も20以上見てたんだけど、実際にこのディヴィジョンは死闘に次ぐ死闘って感じでありました。

 その反対に、インターディヴィジョンでここと対戦するNFC南地区は、当然ながら低調なチームが多く、ディヴィジョン優勝のパンサーズはなんと負け越し。

 たしか、記憶してるかぎり、負け越しでディヴィジョン優勝したのは、過去に1チームしかなかったはず。2008年くらいに。どこだっけ? タイタンズかな?

 レギュラーシーズン全体でいうと、AFCではペッツが頭ひとつぬけている感じかな。スティーラーズもかなりいい。

 デンバーはさすがのペイトン・マニングも全盛期をすぎたように思えた。いや、今年も通算509タッチダウン・パス成功で、NFLレコードを塗りかえたり、全32チームから勝利をあげた試乗ふたりめのQBになったりと、すごい記録を更新しつづけたのはたしかですけどね。

 でも、Week16のベンガルズ戦ね、あの印象が悪すぎた気がするので。結果的にそうなったとはいえ、3インターセプトというのは、明らかに変調。

 過去に1度だけスーパーボウルに進出したことのあるベンガルズは、途中までカンファレンス首位を走ってたんだけど、最後に失速した。とはいえ、なんか強いんだよねー。

 このベンガルズ対デンバーの勝者がペッツとあたって、ペッツがSB進出かなっていうのがいまのところの予想。

 NFCはなんだかんだいって、やっぱりシーホークスが強い。その一方で、アリゾナは前半に飛ばしたものの、1stQB、2ndQBがたてつづけに負傷して、最後はシアトルにかわされるという、とても悪い展開。2ndQBは復帰できそうとのことだったけど、失速したと見ていいでしょう。

 ということで、ダラスとタンパベイの勝者がシアトルと対戦して、やっぱりシーホークスかなあ。

 去年の再戦も見てみたいけど、とりあえずはペッツ対シアトルに100ガバスであります。

 なんちゃって、Week17は当然ながら、まだ見てないんだけどね。ヽ( ´-`)ノ

【追記】
負け越しでディヴィジョン優勝したのは、2010年のシアトルでした。すごいね、「NFL 負け越しで地区優勝」で検索したら、一発で出てきましたよ。

2014.12.30(17:16)|スポーツ・プロレスコメント:(0)TOP↑
 SS王座はほっといて(^^; それよりSSシリーズのほうが大盛りあがりであります。

 川口SGスーパースター王座決定戦の4日め。準決勝10Rに進出したサトマヤこと佐藤摩弥は、1枠トップスタートからそのポジションを守りぬいて1着入線。なんと、大舞台の決勝に歩を進めちゃったぞ。

 まあ、大舞台といっても、前座っていっちゃえば、それまでなんだけどね。ほら、SSの場合、川口は場所を貸してるだけっていう感じだから。イマイチ盛りあがりに欠けるわけで。

 試走は3.40だったかな、かーなり悪かったものの、得意のスタートを決めて、2周回めでさしこんできた2号車を捲り返して先頭を死守すると、そのまま逃げ粘るという、最近得意のパターンに持ちこんだもの。

 2日めも同じ展開で1着をとってたんで、もしやと思ってたけど、ここ一番の勝負強さは、やっぱり天性のものがあります。

 ここはひとつ優勝戦まで駆けぬけてもらいたいもの。川口勢が6人も乗ってきてるし、不可能ではないと思います。はい。

 あしたのスーパースター王座決定戦は……またあしたということで。

【追記】
サトマヤの勝利者インタビューがはじまった。それによると、スタートは浮かしたものの、枠に恵まれたとのこと。なるほど、トップスタートは大木ピカリンの0.06で、サトマヤは0.07でありました。試走もブチのところで失敗した結果で、機力は2日めと同様にいいとのこと。

これはほんとに、優勝、いけるかもよ。

2014.12.30(15:39)|公営競技コメント:(0)TOP↑
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR