パーツ館にようこそ

 体調とか、いろいろな状況が重なった結果、なりゆきで『フランケンシュタイン対地底怪獣』を見ることになってしまった。しかも、ラストにタコが出てくるバージョン。今年3月か4月に、ファミリー劇場でオンエアされたやつ。

『対バラゴン』は水野久美さん主演なので、ほかのお気に入り東宝特撮映画と同様、10回以上は見ているけど、この「タコ・バージョン」はたぶん初見だと思う(70年代後半から80年代前半にかけての再映ブームのときに、もしかすると見てるかもしれない)。

 で、結論からいうと、すごいスラップスティックですねー。なんでここにタコが出てくるのか。富士山麓ですよ(たぶん)。

 タコの造型からして、ほかの怪獣映画とか、のちの『ウルQ』に出てきたタコとは一線を画するんで(『ウルQ』のは、『南海の大決闘』からの流用だっけ)、オリジナル映像だっていうのはまちがいないんだけど……

 なぜここでタコなんでしょか?

 従来、まことしやかに語られてきた説として、「アメリカ人はタコがデビルだと思ってるから、アメリカで公開するためにタコを出せっていわれた」っていうのがあるわけで、ファミ劇の説明でも「海外公開版」となってるんですが……

 ぢつはこのタコ版、国内限定のようで。

 毎度あんまりあてにならないWikipediaによると、タコ版は日本のテレビ公開バージョンとのこと。で、ほかのソースも見くらべてみると、こっちが正解なのかもしれないかな、と。

 一方で、アメリカで公開するために、いわゆる「尺」を伸ばした5分くらいの追加部分が、このタコ版にはぜんぶ反映されてるのはたしか。なので、すくなくとも後年、アメリカでテレビ放送したさいには、こっちが採用された可能性が高いんじゃないかと思ったりするわけですが。

 いずれにしても、推測の域を出ない話ですけどね。

 ちなみに、念のためっていうことで、DVDでストックしてある、いわゆる「オリジナル版」も見なおしたところ(なにやってんだ(^^; )、Wikipediaの記述はほぼ正しかったんで、これについては正解かなと思っております。

 しかし、くりかえしますが、なんでここにタコなんでしょか?(^^;

 ある意味、とんでもないものを見てしまった気が。ヽ( ´-`)ノ

 ただ、まあ、怪獣映画のなかでも、すごくよくできた作品であることはまちがいないと思いますけどね。

 タコさえなければ。(^^;;

 なんか、悪夢に出てきそうなタコ。(^^;;;

2014.11.30(18:58)|映画・テレビ・ドラマ・DVDコメント:(2)TOP↑
  来年公開のエピソード7「The Force awakens」の初トレーラーが公開された~。ぱちぱち。



 今回からはディズニー版だから、どこまで期待していいかはわからないけど、ね。

 基本的には、エンドアの30年後の物語とのことで、ルーク、レイア姫、ハン・ソロも登場するそうな。最初のトリロジーにもどるっていうか、その人気をいただこうっていうストーリーっぽい。

 なにしろ、ここに出てくるメカがもう、ね。XウィングにTIEファイター、ミレニアム・ファルコンまで出てきちゃうからね。ハン・ソロはまだファルコンに乗ってるんですかね。そうすると、チューイはどうなったのかな?

 てな感じで、ひたすらepi.4~6の後日譚っぽいわけです。もちろん、それを入口に、新しいストーリーが展開されるんでしょうが。

 さて、SWというと、じつはあんまりプラモはつくってなかったりして。Xウィングを2個と、ジェダイ・スターファイターを1個だけじゃないかな。いずれもファインの1/72キット。

SW0701.jpg

 埃がたまってますが、2005年につくったスターファイター。人生でいちばんデカールを貼りまくったやつ。白以外の部分はぜんぶデカールですから。

 そのデカールが10年たっても劣化してないのがすごいね。放置しっぱなしなのに。

SW0702.jpg

 こっちはブログに制作ノートをアップした、架空設定のディスプレイ・モデル

 あと、同じく1/72のファルコンもストックしてあるけど、これはいつつくることになるか。(^^;

 今年秋から、プラモデルの版権がファインからバンダイにうつっちゃったんで、もう新作を買うことはないと思うけど、このファルコンだけはいつか成仏させるつもりであります。

2014.11.30(15:02)|映画・テレビ・ドラマ・DVDコメント:(0)TOP↑
 いま、久しぶりに紫雷美央のブログを見ていたら、衝撃の記述が。「4団体合同興行『MIO』第二回開催決定!!」というエントリーで、なんとイオとの姉妹対決をぶちあげてるではありませんか!

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

現状でほんとに実現できるのかと思って、いろいろ調べてみたら、バトル・ニュースさんに「時は来た!紫雷美央が2.14新宿で開催が決定した4団体合同興行『M.I.O2』で、妹イオとの一騎打ちを熱望」という記事があって、GAMIが実現できそうっていってるらしい。

 美央の所属団体のうち、スターダムと交流があるのはアイスだけだけど、まあGAMIができそうっていうなら、なんらかの成算はあるんじゃないかな。

 もしシングル対決が実現するとしたら、これは数年に一度クラスのドリームマッチですよ。5団体のあいだで調整して、ぜひ実現させてほしいし、その場合はぜひテレビ中継を入れてほしい。できればサムライで。

 ここ4年くらい、また女子プロレスにはまってるんだけど、そのきっかけになったのが、じつは美央なんだよね。で、OZの試合をよく見るようになって、松本浩代が気に入り、アジャが連れてきた志田光と出会って、いまじゃ藤本つっかのブログまで定期チェックしているありさまで。ヽ( ´-`)ノ

 当然、スターダムもなるべく見るようにしていて、イオはもちろん、最近じゃ世Ⅳ虎まで応援しちゃうっていう情けなさ。

 でも、逆にいうと、いまの女子プロレス界はかつてないくらいおもしろいし、高度なのよ。世間では、レジェンド・レスラーの名前でもってるとかって思われてるみたいだけど、実際は若手のレベルがものすごく高いんで。

 だからこそ、この姉妹対決は実現させてほしいものであります。現在のトップレベルの試合になると思うので。

【追記】
そうそう。姉妹対決っていうことで、これを思いだした。ふたりのお姉さんがやってたブログの、「姉妹で闘う」っていうエントリー。

このブログも、更新停止して1年以上たつんだよなー。

【12.25追記】
ほんとに実現することになりました。2.14新木場。バトルニュースのこちら

姉妹対決はたぶん3年ぶり。進む道がわかれてからは、もちろん初。スターダムさん、よく決断しました。ぱちぱち。これって、世Ⅳ虎が赤井に直談判に行ったのとセットだったりして?


2014.11.24(15:46)|スポーツ・プロレスコメント:(0)TOP↑
 いつも巡回しているプラモ関係のブログのひとつ、Factory KIさんのところに、おもしろい動画が貼ってあった。

これ!



 1960年代初期のHMSハーミーズ! その発着艦だけに焦点をしぼった記録映画であります。

 その名もLaunch & Recoverって、そのまんまですが。

 当時、ハーミーズはロイヤルネイビーの最新鋭空母で、先端技術であるスチームカタパルトとかアレスティング・システムを見せびらかしたかったんでしょうねー。クレマンソーを見せたくて、『頭上の脅威』をつくっちゃったようなもんで。

 実際、スチームカタパルトがどういう構造をしてるかとかって、知らなかったわけで、たいへんお勉強になりました。まあ、知ったからどうなるってもんでもないんですが。

 登場するひこーきはシミターとシーヴィクセン。

 シーヴィクセンはやっぱりかっこええわ。(*´Д`)ハァハァ

 シミターも、しょーもない機体だと思ってたんだけど、意外にかっこいいのでびっくり。ホーカー・ハンターに通じる優雅さがあるかも。

 ただねー、シミターの発艦システムはすごすぎ。(^^; しかも、シミターのためだけに、ハーミーズはあんなに難儀な装備を搭載しないとならなかったのね。このへんを見ると、やっぱりトホホ感が満載であります。

ラストはドラマ仕立てで、シミターの着艦フックが下りなくなって、非常着艦用のバリアが用意されたけど、最後のアプローチでフックが下り、いったん航過してバリアをかたづけ、ぶじ着艦してめでたしめでたしというストーリー。このへんの描写も、とても勉強になりました。いや、だからこの知識をどこかで活用できるかっていうと、できないんですが。

 こういう記録映画って、ほかにもあるんだろうか? 空母がどうとかいう前に、工業技術の記録としておもしろいと思うんですけどね。全アナログな表示器とか、バリアを張りだす操作とか、アレスティング・ワイヤのメンテナンスとか。

 あと、ハーミーズのレーダーがばかでかいのも印象的。ボタンとかもいちいちでかいし。そのへんもふくめて、これが『サンダーバード』や『謎の円盤UFO』のルーツなんだなと、妙に納得できる映像でありました。

 それはともかく、きっといまごろ、中共では、この映像を見てスチームカタパルトを模造してるにちがいない。なんてことを、見ながら思ってたのは内緒。

 そうそう、ちょこっとガネットもうつってるけど、ガネットは……ねえ。ガネットでしたよ。



2014.11.16(10:41)|航空・宇宙コメント:(0)TOP↑
 きのうのつづき。

 まず、リフト・エンジンの噴射口から、こちらはプラ板とプラ材の組みあわせでつくればいいから、かんたんといえばかんたん。

UH3-006.jpg

 最初に0.5mmのプラ板を幅12mm、長さ120mmくらいに切り、その表面にPカッターで等間隔の溝を切っていく。このモールドはあとでノズルのカバーというか、スリットというか、そういうものになる部分。

 溝ができたら、これを長さ20mmに切り、状態のいいものを4つ選んだ。このパーツを幅1mmのプラ棒で縁どっていき(上の写真はその作業をはじめたところ)、パテで継ぎ目を処理して角をとって、こーいう感じに。

UH3-007.jpg

 塗装用に、ガムテープに載っけてますが。こうやって黒鉄色に塗って、一丁あがり。

 次の脚庫扉はどうしようと考えたけど、もう上下を貼りあわせたあとなので、切ったりする細工は無理。だから、やっぱりプラ板を使うしかないと判断して、こーいうのをつくった。

UH3-008.jpg

 左のやつ。穴は着陸脚を差しこむ部分にあわせてある。ちなみに、右は完成したノズル。

 このパーツを、着陸脚を接着する位置に貼り、完全に乾燥したら穴の中央にPカッターで溝を切ることに。こんな感じでありますね。

UH3-009.jpg

 この中央部から扉が前後に開いて、着陸後は内部メカの保護のため、すぐに閉じるという設定。このへんは無理やりなこじつけです。ほかに思いつかなかったし、たんなるスジボリよりはいいかなということで。

 いちおう、これでディテールの追加は終わりと思ったんだけど、ついでにあといくつか手をくわえたくなるのが人情というもので。

 とくに、レドーム近辺。機首のアンテナ? は太いし、形状も三面図とは違ってるし。どうも、複数のプロップがあって、すくなくとも形状が3種類あったらしい。キットにはそのうち2種類がはいってる。

 そこで、よりシャープに見えるほうを選んで、アンテナらしきものをぶった切り、真鍮線とパイプ、プラ材でよりリアルっぽいのをでっちあげることにした。

UH3-011.jpg

 右がそれを装着したほう。左は使わなかったパーツ。この状態だとわかりづらいけど、仕上がってみるとぜんぜん印象が変わったので、結果的によかったんじゃないでしょうか。

UH3-05.jpg

 こーいう感じで。もちろん、プロップとは違うんだけど、自己満足の世界だから、これでいいのだ。

 あとは、ロケット・ランチャーの前後端に穴を開けて、おしまい。とはいえ、これもかーなり難易度が高い作業になっちゃって。

UH3-010.jpg

 翼下に懸架するほうは、こーいう平面に穴を開ければいいから、5分もかからず完成なんだけど。左が開口後。

 UH-3の最大の特徴でもある、胴体側面のロケット・ランチャーは、形状が複雑なうえ、断面がななめになってるでしょ? こいつが曲者で。

UH3-02.jpg

 これで見えますかね。ふつうにピンバイスを使うと、ほぼまちがいなく失敗する雰囲気でしょう?

 そこで、まず0.3mm径の刃で胴体に対してほぼ直角の穴を開け、これを手がかりに、0.5mm径でじわじわ穴を拡大していくという手順を踏む必要がありました。これがなんというか、頭が痛くなるような作業で。(TnT)

UH3-04.jpg

 後端の穴は、それにくらべればかんたん。つか、穴が開いてるかどうかはわからないんだけど、構造的に、開いてないとおかしいと思って、こーいう工作になりました。

 塗装は特撮ものの定番、水性ホビーカラーのH-8シルバーを使用。前にも何度か書いたけど、この塗料の質感が、特撮系のメカにはぴったりだと思うんですよ。

UH3-06.jpg

 ディテールを追加した裏面は、最終的にこーいう構成に。リフト・エンジンのノズルは、三面図ではエアインテイク(だと思う)のダクトの直下にあるんで、それはありえないってことで、離着陸時の安定性や構造を考えて、こーいう位置に決めた。

 じゃあ、そもそも三面図なんか関係ないじゃんということになるわけですが、まあそこは思考の流れといいますか、たんなるなりゆきということで。ヽ( ´-`)ノ

 デカールは大きいけれど、けっこう貼りやすくて、このキットでいちばんよかったのはデカールかも。

UH3-03.jpg

 このアングルが、いちばんかっこよく見えます。しかし、あらためて見ると、かなりでかい。重戦闘機ってことなんでしょうか。これならマグマライザーも運べるよな……っていうのは、いわないのがお約束。

 あれはUH-3をスケールアップした、専用輸送機だって説もありましたが、それもいわないお約束。

 おしまい。
2014.11.09(18:07)|プラモコメント:(0)TOP↑
 さて、それで、フジミの1/72、ウルトラホーク3号であります。

UH3-01.jpg

 ここ2年で、フジミのキットは10個くらいつくってて、ちび丸をはじめ繊細でしっかりした製品に感心することも多かったんですが、こいつは……ね。

 これ、去年の4月ごろの発売だよね。その半年くらい前に予約してたと思うから、かなり前から企画してた製品だと思うんだけど。

 正直いって、60年代の金型を再販したのかって思うくらい、しょーもないキットでありました。

 まず、パーツ割りが大ざっぱ。ヒケや押しピン跡がめちゃくちゃ多い。そのままつくったら、ぜったい後悔するにちがいないっていうレベルのひどさ。どうしたんだ、フジミ。(TnT)

UH3-001.jpg

 裏面。もうね、盛大にパテを盛って、盛大にペーパーかけましたよ。#240のペーパーをぜんぶで1枚半くらい使ったもんね。

UH3-002.jpg

 上面はさらに壮絶。とーぜん、#400、#800と仕上げていくから、最終的にどのくらいのペーパーを消費したかは不明。とにかく、在庫が大幅になくなったのはたしか。

UH3-003.jpg

 #800をかけ終えたあたりの上面と本体。3日くらい、ずっとペーパーがけばっかりやってたような気が。最初に見たときは、これなら1日で仕上がるなと思ったんだけどねー。しくしく。

UH3-004.jpg

 ジェット・ノズル部。ここには目だつ位置に押しピン跡が6つくらいあって、ペーパーでは修正できないため、やっぱりパテを盛ってリューターで削るという差作業をくりかえすはめに。しくしく。

 で、磨きおわってから、ふと気づいたのですよ。上面にモールドがないのはわかるけど、裏面にはすくなくとも、リフト・エンジンの噴射口と、着陸脚の収納扉があってしかるべきですよね。

 だけど、実際はのっぺらぼう。だからこそ、盛大にペーパーがけできたわけで。

 ここをどうしようかと、しばらく考えてるうちに、思いだした。そーいえば、あたしゃUH3の三面図を持ってたんだよね。

UH3-005.jpg

 これであります。ここに見えるほか、UH1なんかもひととおりそろってます。なにかっていうと、80年ごろに発売された、いまはなき朝日ソノラマのファンタスティック・コレクションNo.12『ウルトラマン怪獣メカ大図解集』。

UH3-012.jpg

 こーいうやつで、ほかにヤマトの図解集なんかもストックしてあるけど、それはまたべつのお話。

 閑話休題。

 この三面図を見ると……やっぱり脚扉とリフト・エンジン・ノズルがあるじゃん。もう。(-"-)

 素組のつもりだったけど、気がついちゃった以上、すくなくともこのふたつだけは、ディテールを追加しなければ。

 ということで、結局かーなり手をくわえることになってしまったのであった。

(つづく)

2014.11.08(18:25)|プラモコメント:(0)TOP↑
 やっぱり10周戦だと、きちゃいますよ、中村雅人。きょうはのこり2周回で先行する高橋をつかまえて、最後はちぎっちゃった。

 これでSG制覇は4つめ、選手権は初V。

 なんかね、いまいちばん強いんじゃないかな。とにかく、さばけるからね。全盛期の片平みたいに。

 おそらく、このままスーパースター王座も連覇しちゃうんじゃないでしょうか。 このさばきに抵抗できる選手はいないと思いますよ。だから、スタート行かなくても安定して強い。もしかして、SS王座決定戦が久しぶりに0、10になったり……はしないでしょうが。

 ちなみに、平田はどうやら8着だったっぽい。これで川口勢のSS進出ははひとりだけかも。

2014.11.03(16:55)|公営競技コメント:(0)TOP↑
 まったく偶然ながら、先週、今週とNBCの「サンデー・ナイト・フットボール」をライブで見ちゃった。先週はGAORA、きょうはたったいま終了したところで、日テレG+。

 試合はどちらもピッツバーグ戦で、先週は対コルツ、今週は対ボルティモア。

 この2試合、雰囲気は違ったものの、ものすごいスコアの戦いになって、対コルツが51対34、対ボルティモアが43対23。どちらもピッツバーグが勝ち。

 スティーラーズ、2試合で94得点だって。(^^;

 これも相当な記録じゃないかと思うけど、すごいのはビッグベン・ロスリスバーガーのスコア。どちらも6タッチダウン・パスを決めて、2試合で12TDPはNFLのレコードだって。

 もちろん、パス・コンプリートのあと、ランでヤードを稼いだプレーもあったし、レシーバーの技術でタッチダウンしたケースもあったけど、それでもこのレコードはすごいっす。2週つづけて、いいものを見せてもらいました。なお、1試合6TDP成功はチームのレコードで、2週連続でそれをやっちゃったことになる。これも快挙。

 ちなみに、コルツ戦ははげしい点のとりあいになったものの、コルツの守備が完全に崩壊してて、ピッツバーグの攻撃をまるで止められずに、こーいうビッグ・スコアになってしまった。

 レイヴンズ戦は同地区対決ということで、かなり荒れた展開になったが(たしか、アンネセサリー・ラフネスが7~8回あったんじゃないかな)、前半たてつづけに2回のターンオーバーが出た(ハンブルリカバー1回、インターセプト1回)スティーラーズが、それぞれチャンスをものにして、逃げきったという試合だった。

 レギュラー・シーズンの試合はあんまり見られないんだけど(1試合3時間かかるし)、たまに見るとしびれますね。ビッグベン、サンキュー。

2014.11.03(14:43)|スポーツ・プロレスコメント:(0)TOP↑
 飯塚で4年ぶり? くらいに開催されてる選手権も、きょうで最後。今回は岡部が早々にフライングで消え、準決では永井と青山も消えちゃって、こーいうメンバーになりました。

12R 優勝戦 10周回 5100m

1 高橋  貢 22期 伊勢 43歳 Fニーナ
2 中村雅人 28期 船橋 33歳 Kモンソン
3 金子大輔 29期 浜松 34歳 Jジョーンズ
4 佐藤貴也 29期 浜松 29歳 スケートラブ
5 木村武之 26期 浜松 37歳 ワント
6 篠原  睦 26期 飯塚 37歳 チャージ
7 平田雅崇 29期 川口 33歳 Sトラノスケ
8 角南一如 27期 山陽 36歳 SVカッチャオ

 選手権だから0mオープンで、優勝戦は枠番選択制。

 そうねー、道中を見るかぎり、またしてもやってきた中村雅人って感じで、高橋が大逃げでもうたないかぎり、最後はさばききって決着ってことになりそう。

 ただ、それじゃおもしろくないんで、ほかにあげるとすると、中間枠の浜松3人がやや気になる。コメントを見ると、全員、エンジンは仕上がっているとのことで、スタート勝負になりそうだから、金子の一発があるかもしれないし、キムタケは連覇がかかってるし。

 平田はスーパースターに向けての勝負駆け。8着じゃだめで、6着以上がほしいとのこと。トラノスケは川口にきてから、SS進出がなかったと思うんで、ここは上位着を狙ってくるはず。とはいえ、4着くらいがいいところかな。

 公式サイトの予想では……へえ、高橋本命で、対抗がキムタケですか。選択順位1位で、1枠を選んだからっていう理由。

 でも、きのうのレースなんかを見てると、中村のぬきっぷりは本物だと思うけどなー。

 ということで、2=35あたりが本戦になりそうな気が。もちろん、試走しだいですが。

2014.11.03(11:10)|公営競技コメント:(0)TOP↑
 けさ、日テレ『所さんの目がテン!』で、海城高校のエッグドロップ(こーいうものらしい)というのを紹介していた。

 海城高校のやり方は、ざっくりいうと、バドミントンのシャトルを大きくして、羽根をもうすこし開いた角度にしたものをつくり、その底部中央に卵を載せるというもの。これを高所から落としても、卵が割れないというお話。

 それを解説したどっかの教授かなんかが、とても独創的みたいなことをいってたんだけど……

 これって、パラコーンじゃん。(´・ω・`)

 だから、べつに独創的じゃないっしょ。

 てなことを考えて、ふと気がついた。パラコーンって、なんだっけ?ヽ( ´-`)ノ

 とりあえず、タブレットで検索してみたけど、出てこない。なので、時間をかけて記憶をたどっていくと……

 たしか、1960年代、アメリカ空軍だか陸軍だかが、空挺部隊用の装甲車両なんかを降下させるため、開発していた技術だと思う。現代にのこってないのは、たぶん開発に失敗したから。

 そこまで思いだして、検索語を変えてみると、いくらかそれらしいのが出てきたものの(自衛隊の特殊装備として、マンガに登場したらしい)、はっきりしたことはやっぱりわからない。とにかく、アメリカ軍が開発を試みたっていう記述は、日本語サイトでは見つからなかった。

 60年代にダグラスが提案した、MOOSEっていうアストロノーツの緊急帰還用装置(緊急時の簡易大気圏突入装置)に、パラコーンっていう名をつけてたっていうのはあるし(こちら)、たしかにこれも構造は記憶してるのと同じなんだけど、とりあえず重量物降下用じゃない。

 これって、歴史から消えた技術なんですかねえ。

 たぶん、小学生くらいのときに雑誌かなんかで呼んだ記憶なんだと思うけど、謎のミッシング・テクニックであります。もしかすると、SFっぽい読み物に出てきただけかもしれないし。

 ただ、パラコーンっていう名前が実際に使われてたのは、たしかだと思うけどね。実際にマンガに登場してるってことは。

2014.11.02(11:40)|航空・宇宙コメント:(2)TOP↑
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR