パーツ館にようこそ
 さらに、きのうのつづき。

F-21C 04

 細かいところでは、風防下のPIRATE(Passive Infra-Red Airborne Tracking Equipment パッシヴ赤外線航空追跡装置)が長すぎて(名前も長いけど)、センサーのヘッド部もセンサーっぽくない。なので、その部分を削りとって、クリア・ランナーでヘッドを自作してみた。なんちゃってだけど、そのままよりはましでしょう。

 ついでに、レドーム上にはまたしてもライトニング・アレスターを貼りつけてみた。まあ、これも前回よりはましかなという程度ですが。

F-21C 05

 コクピットはこんな感じで、いつものディテールアップ。こっち側には、空中受油装置を格納状態で再現してみた。ランナーを半分に割って、整形したもの。この受油装置はプローブ&ドローグ式なんだけど、まあいいかと。

 フライングブーム式にする場合、エアブレーキ付近に受油装置をくっつける構想もあるみたいだけど、それじゃ外見的にはわからないので、より目だつこっちにしたしだい。C-130を改造すれば問題ないっしょ。

F-21C 06

 デカールはジャンクのなかから、ハセガワF-15Jの新田原基地、第202飛行隊を流用。ナンバーやコーションはあちこちからひっぱってきて、もちろんキット付属のものも極力使ってみた。だから、本来は自衛隊が使っていないものもあるけど、まあいいのです。雰囲気優先で。

 コクピット下側面の航空識別マークは、なるべくちいさいほうがいいと考えて、なんとRAFの蛇の目から切りぬいたものを使用。だから、アップには耐えられない切断面になってるものの、老眼+乱視の肉眼でははっきり見えないから、これでいいのだ。

F-21C 07

 お楽しみの装備は、スイングロール機らしく多彩かつてんこ盛りに。

 えーと、増漕はキットのもので、AAM-4とASM-2はいつものようにハセガワの武器セット。

 AAM-5は市販キットがないということで、以前に書いたように自作で。

 この胴体埋めこみ式のAAM-4、なんかすごくかっこいい。AMRAAMより微妙に大きい感じがよく出てると思うんだけど、気のせいですかね。

 一説によると、空自ではAAMとASMを混載することはないらしい(実験団なんかでは、混載状態での飛行試験もやってるとのこと)。それはわかってるけど、混載してこそのスイングロール機ですからね。

 AAM-5もこうやって装備すると、模型的デフォルメがけっこう生きてきて、しっくりしているんじゃないでしょうか。もちろん、完全な自己満ですが。ヽ( ´-`)ノ

 ということで、これはわりと気に入ったやつができたぞ。AAM-5、つくって大正解でした。

2014.10.26(16:51)|プラモコメント:(3)TOP↑
 きのうのつづき。まず、F-21Cタイフーンから。

F-21C 01

 F-21Cは2017年から航空自衛隊が導入を開始した最新鋭機。F-35Aの調達が延期をくりかえし、さらに性能不足から採用を取り消す国が相いついだため、日本も採用を断念して、ちょうど製造工程を見なおして調達が可能になったユーロファイターのトランシェ3を急遽採用したもの。

 さいわい、製造段階の欠陥は修正された一方、トランシェ3の製造実績を得たいBAe側が、ライセンス料を大幅にダンピングした結果、1機100億円という破格の契約が結ばれたのも大きく、80機の大量調達が実現した。

 名称は当初、F-20B(アレをF-20Aだとして)などが検討されたものの、最終的にF-21Cに決定された。「C」はcenturyのほか、トランシェ3の輸出仕様であるC型を表す……

 という設定です。設定はきょういま適当に考えました。はい。

 制作中はF-35の開発計画が頓挫したという話にしようと思ってたんだけどね。

 それはともかく。

F-21C 02

 キットはそういうわけで、デカールは2007年製ながら、設計は1990年代のものと思われる、エアフィクスのタイフーンF.Mk.2。たとえばハセガワのE40と見くらべると、細部にいろいろ違いがあって、むしろウォーバード・シリーズのプロポーションに近い。

 また、とくにインテーク付近の合いがひどく悪くて、かなり擦りあわせをしながら、最終的にパテをてんこ盛りにしたり、ヤスリでがしがし削り倒して、なんとか折りあいをつけた。

 また、機首レドームの形状は実機とかなり違っているので、内部にエポパテを充填してから、これも遠慮なく削りこんで、それらしく辻褄をあわせた。すくなくとも辻褄があったつもり。

F-21C 03

 救いはコクピットまわりで、ここは透明パーツも合いがよく、わりといい感じにできたと思う。キャノピーはバブル形状じゃないけど、これは発売時期からして、まあしかたないということで。こーいうとき、架空機は便利。

 パイロットもキット付属の人ですんだ。ヘルメットの色は本来、機体と同じグレー307だと思うんだけど、自衛隊機だし、あえてキット指定の白にしてみた。IDHのモールドもあり(たぶんこれがそうだと思う)。

(つづく)
2014.10.25(18:09)|プラモコメント:(5)TOP↑
 また1カ月遅れになるところだった。(^^;

 9月に完成したのは、この3点。

birds1409.jpg

 えー、完成順に、ユーロファイターの自衛隊採用機F-21C。いわゆる架空機ですが、結果的にタイムリーなネタになってしまった。ヽ( ´-`)ノ

 キットはいろいろ持ってるなかで、エアフィクスの6年前くらいのもの。とはいえ、もともと、開発途中の20世紀末に発売されたものなので、いろいろ改修する必要はあった。くわしくはまた。

 次はフジミの「ちびまるミリタリー」初号機、10式戦車あらため百式戦車。

 3番めも同じくフジミの1/72ウルトラホーク3号。こいつがじつは難物でね。久しぶりに制作中の写真も撮ったので、くわしくはまた。

 で、ちびまるの百式ですが。もちろん、去年つくったフジミの10式あらため百式戦車とならべるため、去年の発売時に買っておいたもの。

mar100 05

 こんな感じでありますね。まあ、早い話、同じ塗装にしてみただけってことです。

mar100 02

 このちびまる、先輩の大和と同じく、非常にすぐれたデザインになっていて、デフォルメ感がとんでもなくいい。ただ、スナップフィットなので、少々きつめの設計になってるから、無理やりはめこもうとしがちな性格の人(笑)はパーツを破損しやすいと思う。けっこう繊細なパーツもあるし。

 ということで、念のため、きつそうな部分はあらかじめダボやソケットを削ってやり、接着剤で固定してみた。どうせ、可動部分は砲塔だけなので、このほうが確実でしょう、きっと。いや、無理やり押しこんだりはしないたちですが。

mar100 01

 ね、いいプロポーションでしょ。

 ちなみに、去年つくった1/72のほうは、その後、酔った勢いかなんかで、アンテナを真鍮線に換装していた。やっぱり、このほうがシャープです。はい。

2014.10.24(15:21)|プラモコメント:(0)TOP↑
 きょう午後、三菱のMRJ試作初号機がロールアウト、報道関係に公開された。

 時事の「国産ジェット機、機体公開=MRJ、来春初飛行-三菱航空機」など。下の写真も時事。

0141018at35_p.jpg

 たしか、搭載するエンジンが到着したっていうニュースが5月だったから、以来5カ月かけて、ここまでこぎつけたことになる。つか、本来は2010年ロールアウトの予定だったから、4年の遅延ですよ。長かったなー。

 ちなみに、エンジンは国産じゃなくて、P&WがMRJ用に開発したPurePower PW1200G。最初はIHIが開発する純国産という話だったけど、こういう結果になってる。

 ただ、軍用機と違って、もうここまでくるとほぼ実用化されたといっていいんで、今後はスケジュールどおりに進むでしょう。初飛行は来年春、量産初号機納入は2017年の予定かな。ローンチ・カスタマーはANAだから、まずブルーのラインのMRJから登場することになる。

 さてそのMRJ、1/200のプラモデルが、ファインモールドから出ます! 中日新聞のサイト、しずかるnowの「MRJがプラモに 三菱航空機企画、メーカー発売へ」という記事。

 てっきりハセガワか、へたすると全日空商事かと思ってたんで、これは朗報。

 つか、快挙!ヽ(^^)ノ

 SWシリーズをバンダイさんにとられたファインだっただけに、うれしいお知らせでありました。まだファインの公式サイトでは、アナウンスされてないんだけどね(五式犬Twitterには告知あり)。

2014.10.18(18:06)|航空・宇宙コメント:(2)TOP↑
 どーなってるんでしょう、このニュース。

「米ロッキード、10年以内に小型核融合炉実用化へ」だって!

 ロイターさん、まさかやっちゃったんじゃないよね。

「技術面のブレイクスルーがあって」ったって、ブレイクスルーが20個くらいないと、とても実用化はできないでしょ。つか、100年以内に実用化できるような状態じゃないし、そもそも実用化できるかどうかが「かぎりなく無理」の方向で疑問視されてるわけで。

 もちろん、もし実用化できて、しかもトラックに載るサイズで100メガワットの出力があれば、すべてのエネルギー問題は解決しちゃうけどさ。

 10割がたガセだとは思うけど、このニュースは注意深く見守りたいと思います。

 つか、「お願い、嘘だといって」のレベルなんですけど。

【追記】
開発したのはスカンクワークスだって。(((( ;゚Д゚)))

それはありえないっしょ。スカンクワークスは航空機やおフネでしょ。

でも反対に、スカンクワークスが開発したって聞くと、いかにもさもありなん的な匂いが漂いはじめるところすごい。スカンクワークスならやりかねないもんね。絶大な信頼度。ヽ( ´-`)ノ

2014.10.17(12:30)|科学・その他趣味コメント:(0)TOP↑
 ふだん、なにかの曲が頭のなかでくりかえしリフレインされてたり、ひどくなると無意識に口ずさんでいることがある。こーいうのを、とりあえず「脳内音楽」と呼んでいるっていうのは、以前にも書いたとおり。こちら

 そーいうわけで、ふだんは帝国のテーマとか、『'54ゴジラ』のPF艦隊のテーマっていうか、『怪獣大戦争』のテーマ(通称「X星人のテーマ」ね)が多いんだけど、ここしばらくは『イデオン』のオープニングなんかが聞こえてたのね。

 ところが、3日前くらいからかな、知らない曲がかかりはじめたのですよ。「かかる」って言葉が適切かどうかは置くとして。それと、実際には「知らない」ってこともなくて、昔よく聞いた曲だから、脳内音楽になってるんですが。

 で、最初のうちはなんの曲かな~? くらいに思ってたんですが、けさあたりから、歌詞の一部も思いだしてきたりして。

 危険なやつらがくる~ 宇宙の暗闇から~

 とか、

 ゴーッドー マーズー 地球を救え~

 とかね。

 なんと、ゴッドマーズじゃん。『六神合体ゴッドマーズ』の主題歌。youtubeでいうとこちら

 ということで、曲の由来はわかったけど、ここでもうひとつ、大きな謎が。

 わし、『ゴッドマーズ』は見ていなかったのだ。(´・ω・`)

 これはどういうことなんですかね。記憶がないだけで、見てたとか?

 やー、それは考えにくいっしょ。どーでもいいような作品でも、見てたやつは「見てた」っていう事実くらいはおぼえてるわけで。たとえば、「超常スマッシュ ギンガ~イザ~」とか。(^^;

 もしかして、アルツ? でも、だったら歌詞を思いだすことはないと思うし……

 論理的に考えても、『ゴッドマーズ』を見てたっていうのは、考えにくい。オンエアって、81年でしょ。つまり、もうポスト・ガンダム時代ってことですよ。

 以前、ここでも書いたとおり、80年代初頭は『ガンダム』『イデオン』『ダグラム』といったリアルSF路線が規定値になってて、途中で揺りもどし的に『ザブングル』あたりがあったものの、結局『ダンバイン』から『ボトムズ』、『バイファム』あたりでとどめを刺されちゃうという時系列になると。そーいう時代です。

 この文脈のなかに、『ゴッドマーズ』がはいってくる可能性は、ほぼ皆無でしょう。

 もちろん、リアル路線に疲れて、というか、「曲がった」方向として、『うる星』とか『ミンキーモモ』とかも見てたから、可能性ゼロとはいえないけど。

 でも、実際問題として、いちばんありそうなのは、カラオケですかね。

 この時期はもうキャナルの宴会には出てなかったと思うけど、SF大会その他のコンベンションなんかで、「カラオケでアニソン」っていう流れはすでにあったと思うんですよ。

 そこで歌うために、ノリのいいこの曲をわざわざおぼえたとすれば、いちおう辻褄はあうよね。

 もちろん、いまとなっては、真相は藪のなか……つか、「危険なやつがくる~ 宇宙の暗闇から~」のなかですが。

 とにかく、とても不思議な脳内音楽でありました。

 つか、ほんとに、なんで知ってるんだろう? 「おぼえてる」以前の問題として。マジで見た記憶、ぜんぜんないんだよなー >ゴッドマーズ。

2014.10.15(19:18)|日々の雑感コメント:(7)TOP↑
 ふだん、GIの話は載せないなだけど、船橋はいろいろあるんで。

 きのう、去年に引退した飯塚将光さんが亡くなったというニュースが流れた。もともと、胃癌があって、それが肝臓に転移していたとのこと。

 オートを見はじめたのは95年くらいからだから、正直、全盛期のことは知らないんだけど、なんといってもミスター・オートだからね。スポニチには、同期や後輩のコメントも載ってました。「SG9勝、賞金王9度「ミスターオート」飯塚将光氏が死去…」という記事。

 さて、そういうわけで優勝戦は台風が接近してくる湿走路での戦いになった。

12R優勝戦 8周回 4100m

1 武藤 博臣   0 31歳 28期 船橋 スティッチ
2 谷川 一貴   0 42歳 23期 船橋 ファッツ
3 鈴木 一馬   0 40歳 30期 船橋 トロホンダ
4 池田 政和 10 41歳 23期 船橋 ミオン
5 金子 大輔 10 34歳 29期 浜松 Jジョーンズ
6 木村 武之 10 37歳 26期 浜松 ワント
7 青山 周平 10 30歳 31期 船橋 Lカダローラ
8 永井 大介 10 37歳 25期 船橋 シーザー

 浜松ふたりも地元出身だから、オール船橋勢といっていいでしょう。なんか鬼気迫るものがあります。まあ、実力どおりっていっちゃ、それまでなんだけど。

 このメンバーで、雨が得意なのは……意外にも鈴木一馬だって。湿走路の3連帯率100%かあ。

 金子大輔も乗れるんで、本命はここから永井あたりになると思うけど、展開しだいじゃ鈴木のあっと驚くGI初優出・初優勝なんてこともあるかもよ。

 ところで……

 今月から529chの中継がHD放送に移行したんだけど、これがなんだか見にくい。川口の開催でも気にはなってたけど、船橋は相当に変。とくに、スタジオがおかしなタテヨコ比になってて、なんというか、ワイド・テレビが出たころみたいな感じ。

 PCでもは、こういう場合、解像度を任意に選べるけど、テレビはどうなんだろう? もしかして、放送側でドライバの不具合かなんかあるんじゃない? どうも気になってしょうがないっす。

2014.10.13(10:32)|公営競技コメント:(0)TOP↑
 ゆうべ録画したのを、朝イチで見ました。BSフジ「たけしの等々力ベース オートレース道1」

 最初、「案内役に公営競技歴30年」という紹介がはじまったんで、「げげ、沢さんが出るのか」と、思ってたら、ほんとに出てくるじゃないですか。ここでかーなり暗雲がたちこめたんだけど、阿部光雄、サトマヤ、森且と登場してほっとひと安心。

 そうだよね。オートレーサーでマスコミ対応にいちばん慣れてる3人といっていいでしょ。とくに、阿部さんはノリック父として、相当に場数を踏んだそうだから。

 途中では、サトマヤがたけし軍団のかげにひっこみそうになると、すかさずよくうつる場所に移動させたりしていたし、永井や青山をつかまえて話をさせたり、さすがという仕切りぶりを見せてくれました。

 うん。阿部さんの素顔が見られただけで、録画しといて正解だと思いましたよ。

 ということで、沢さんがざっとオートレースを説明して、過去の名勝負を紹介したあとは、実質的に阿部さんが話をするっていう展開。

 ちなみに、紹介された名勝負は1997年のスーパースター王座決定戦と、2011年のさざんかカップ優勝戦。前者は「伝説の7車抜き」っていうテロップが出た瞬間、片平のレースだなとわかったけど、後者の高橋貢と中村雅人はおぼえてなかってた。(^^; 中村のレースだと、去年のSS王座決定戦のほうが、印象が強いけどなー。

 さて、ロイヤルルームでの説明のあとは、なんと検車場見学! 取材日は8月26日で、GIIチャレンジカップの準決勝の日。しかも、これから準決勝っていう、たぶん9Rに検車場にカメラを入れちゃった。やー、すごいことをやってますよ。サイバーウルフ(当時)がうつってたから、ほぼまちがいなく準決でしょう。

 で、レースを金網ごしに見て、また検車場にもどったあと、こんどはロッカールーム見学。これはまあ、「BACHプラザ」なんかでよく見かけるロッカールームの風景だけど、それでも見たことない人は驚くかもね。かなり特殊な場所ですから。

 そして、試走場に出て、たけしがついに競走車にまたがる時間に。ここで競走車を提供したのは、たぶん広瀬勝光じゃないかと思う。正確じゃないけど。ということで、取材地は船橋だけど、実際に取材に応じたのは川口勢だったっぽい。

 やー、検車場といい、試走場といい、ふだんはぜったい見られない場所を、ふんだんにうつしてくれて、いい目の保養になりました。

 それにしても、タカと枝豆、相当オートレースにくわしいと見た。MCなんで、知らないふりしてたけど、言葉の端々に造詣の深さがうかがえました。もしかすると、もともとタカの企画なのかも。

 この「オートレース道1」は、来週も木曜23時から再放送されて、後編の「2」は23日オンエアとのこと。こっちも忘れずに録画しなければ。でもって、永久保存ね。

2014.10.10(11:41)|公営競技コメント:(0)TOP↑
 すっかり書くのを忘れてましたが。

 8月に完成したのはこの1機。

cger11.jpg

 F9F-8クーガー。ハセガワの1/72コンボ・キットのかたわれ。

cger01.jpg

 例によって、キャノピー内部はいろいろディテールを追加してみた。シートベルトはファインのナノアヴィエーション。射出シートのフェイスガード・グリップや照準装置、シートの備品類などは自作。

cger02.jpg

 それ以外にも、いろいろ追加したみたいだけど、細かいところは忘れた。(^^;

 以下は自然光で撮ってみたんだけど、どうもイマイチですかね。

cger12.jpg

 機首の機銃口や、エアブレーキの開口部は、ピンバイスで穴を開けたものの、例によってまったくわからず。自己満の世界なんで、しかたがないっす。

cger13.jpg

 思うんだけど、クーガーって、遷音速ジェット戦闘機としてはほぼ完成形といっていいよね。パンサーからの改良で、ここまでのものを短期間につくっちゃったっていうのは、すごいことだと思います。はい。

 これをつくりたかったのは、5月にパンサーをやっつけたから。ならべたかったってことですね。

cger21.jpg

 こうやって見ると、とても同じ機体のシリーズとは思えません。当時のジェット戦闘機は、だいたい3年ぐらいでまったくべつものに進化してたわけで、まあむべなるかな。

cger22.jpg

 両方とも、キャノピーのパッキング部分は銀色の指定だけど、オレンジにしてみた。理由。そのほうがおしゃれだから。ヽ( ´-`)ノ

 ちなみに、どちらのキットも比較的に新しいものなので、とくに手こずることなく組めますが、ひとつだけ。機首の赤いデカールね。これを貼るのは至難の技でありました。

 結局、マークソフターで無理やりつじつまをあわせたあと、塗料でレタッチしてなんとか齟齬なくできあがったものの、ここだけはやっぱりイマイチかな。微妙な仕上がりであります。

2014.10.04(17:35)|プラモコメント:(0)TOP↑
 久しぶりに行ってきました。川口オート本場。

 前回はたしか、ブログをはじめる前だから、12~13年ぶりかな。正直、オートは試走とか、走路状況とか、最近はタイヤとか、直前に必要な情報量が多いんで、本場よりテレビのほうがわかりやすいんだよね。たしかに、本場のほうが迫力はあるんですが。

 ヒラ場の初日、しかも前半だけだったんで、とくに感想もないんですが、ひとつだけ衝撃的な出来ことが。

 ホルモン串が絶滅しとりました。しくしく。

 前回は数軒でおいてたと思うんだけど、今回はなし。フワ自体は1軒だけ、「もつ串」っていう名で売ってたものの、味噌煮込みじゃなくて、うすいしょうゆ味。ざっくりいって、静岡おでんのフワって感じで。

 最近はもつ煮込みがメインになったと聞いてたんで、あるいはと思ってたんですが、危惧が現実のものとなってしまいました。

 まあ、食いたくなったら大宮に行けばいいだけの話なんですがね。

 レースのほうは……あんまり印象が、ね。ほとんど本命筋で決まってたし。ヽ( ´-`)ノ

2014.10.03(15:14)|公営競技コメント:(0)TOP↑
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR