パーツ館にようこそ
 なかでも、いちばん工作がシビアだったのが、キャノピーの透明パーツ。胴体との接合部がぜんぜん合わないのですね。(^^;

 機体部よりキャノピー下部のほうが、つごう1mm以上、幅がひろいというか。そのまま組むと、どうあがいでも出っぱってしまうというか。しかも、接合面に隙間があるし。

 しかたがないんで、キャノピー側をぎりぎりまで削りこんで、幅はなんとかしたものの、こんどは隙間が大きくなってしまったよー。

 ま、よくあるドツボであります。ここはもう、失敗を恐れずに、接着後にパテで隙間を埋めるしかありません。そのさい、透明部を傷つけないように、養生はマスキングテープでしっかりと。さいわい、なんとかうまくまとまりましたが。

 あと、このキャノピーにはどまんなかにパーティングラインがあるんで、これも危険をおかしてペーパーとコンパウンドで消したわけですが、あとで実機の写真を見ると……

Saab_Gripen_d00698.jpg

 あれ? ヘルメットの上に、ちょうどこのパーティングラインと同じような構造物が。(^^; どうやら、パーティングラインじゃなくて、モールドだったみたいだ。でも、もうあとの祭り。ヽ( ´-`)ノ

 そうかー、モールドかー。

 まあ、1/72じゃほとんど見えないはずだから、削ってもいいやということで。(TnT)

 さて、お楽しみの装備は、偵察ポッドがついているのをいいことに、威力偵察仕様にしてみました。

gripen006.jpg

 この偵察ポッド、サーブの資料を見ても名称がわかんないんだけどね。イスラエルのRecceLiteかな? このへんはイタレリさんを信用するほかないでしょう。また、信用できなかったりするんだけど。ヽ( ´-`)ノ

 威力偵察なので、この偵察ポッドにAGM-65マヴェリックを2発、GBU-12(500lb)を2発、自機防衛用のAIM-9Lを2発、それに増漕でワンセット。

 やっぱり、JASですからね。威力偵察任務ははずせないでしょう。

 なお、ミサイルや爆弾の塗装は、指定では白だったけど、いろいろ資料を見ると実際はこーいう色になってるようなので、実機写真を参考にしました。

Saab_Gripen_dk057921.jpg

 こんな感じね。この結果、機体をふくめて、グレー系だけでも6色か7色に塗りわけたかな。でも、たとえばF-15Jなんかでも、細かく見るとこのくらいの色数を使っているんで、かえってリアルなんじゃないでしょうか。

 なんちゃって、ふつーに生活していたら、スウェーデン機を見ることはまずないわけで、リアルもなにもないんですが。ヽ( ´-`)ノ

 しかし、完成したグリペンは、想像以上にちいさい。ためしに、小型機の代表(だよね)A-4Mスカイホークとならべてみると、

gripen007.jpg

 なんと、グリペンのほうがちっちゃい! それでこれだけのパワーを秘めてるわけで、やっぱり現代最高の機体のひとつだけのことはあります。F-2つくるとき、国産が頓挫した段階で、グリペンを採用してればねー。これならASM-2を4発、搭載できるわけで。

 さて、キットについて。21世紀のものとくらべれば、たしかに手がかかります。全体的に。でも、ただ組むだけでできちゃうより、このくらいのほうがいじってて楽しいかも。そーいう意味では、いいキットじゃないでしょうか。

 今後、レベルのキットを買うかもしれないけど(3100円という値段を考えると、二の足を踏みますが)、コストパフォーマンスを考えると、こっちのほうがベスト・キットになるんなじゃないでしょうか。

 まあ、NGはこれからも数社が製品化すると思うんで、もっといいのが出るかもしれないけど。

2014.03.30(17:45)|プラモコメント:(2)TOP↑
 今月はプラモのネタが多いけど、まあいいや。

 3月に完成したのは、JAS-39グリペン1機だけになりました。

gripen001.jpg

 タミヤ=イタレリのウォーバード・シリーズ。来月、ドイツレベルからNGのC型が発売されるらしい(こことか)けど、それまでは実質、このキットしか入手できないようで。1/72では。

 で、うちにはぜんぶで3つ、在庫があったので、うちひとつに手を出してみたしだい。

gripen003.jpg

 かなり昔に買ったキットなので、経時変化がはげしいかと思っていたんだけど、さいわい合いは悪くなかった。もっとも、ピトー管ははじめから曲がってたけど。まあ、これはどうせ真鍮線に置きかえるからいいやと。

 それから、合いがいいといっても、そこはウォーバード・シリーズ。あちこち手をくわえる場所は多い。たとえば、インテークの奥はふさがってるから、内部をくりぬいてそれらしく加工したり。このへんはF-100と同じですね。

gripen002.jpg

 こんな感じで。ほぼ見えませんが。(^^; あと、胴体下面のマウザーBK-27機関砲は、真鍮パイプに置きかえて、コクピットは射出シートのディテールを追加した。

gripen005.jpg

 例によってほとんどわかりません。つか、コクピットを閉める前に写真を撮り忘れてるし。ヽ( ´-`)ノ

 この射出シートはA-10などと同じマーティンベーカーのMk.10のスウェーデン仕様、Mk.10LSというモデル。ヘッドレスト部が特徴的なんだけど、キットではそれが再現されていないんで、プラ材その他でA-10などと同様に盛ってある。あと、シートベルトなんかも追加。

gripen004.jpg

 あと、スジボリが全体に深くゆるいので、気になる部分は溶きパテを流しこんで、乾燥後ペーパーをかけ、それなりの見てくれに修正したほうがいい感じ。また、主翼と胴体下面の接合面は、胴体側をすこし削りこむ必要があった。

(つづく)


2014.03.30(16:27)|プラモコメント:(0)TOP↑

 きょう、府中に墓参りにいった帰り、例によって大宮で途中下車して、エキナカのスーパーをうろうろしたわけですが(これがいつもの行動パターン)。

 で、レトルト品のコーナーあたりを物色していると、だれかから声をかけられたのですね。

 だれだろうと思って、あたりをきょろきょろしていると、目にはいってきたのが、これ!

mzcry-01.jpg

 清水のもつカレーでありました。(´・ω・`)

 そうですか清水もつカレーも萌えキャラ展開ですか時流とはいえしかたないですねそうですねもちろんうけいれますよはい。

 うーんと、萌えアニ系のキャラには、はっきりいって嫌悪感がありました、5年くらい前までは。でも、たとえば『軽シン』あたりにのめった時期もあったわけで、生理的な嫌悪というより、安易な展開に辟易してたというのが正しかったのだと、いまになっては思います。ぷぷぷ。

 それに、鷲宮が『らき☆すた』で盛りあがった2007年あたりからは、その嫌悪感も緩和されてきて、ここ数年はすっかり許容した感じになってるので、このもつカレーはアリなのです。

 '`…,、'`,、… ('∀`) '`,、…'`,、

 ということで、買ってきてしまいました。この娘は「百都かれん 17歳」というそうで。百都は「ももつ」って読み、口癖は「もつカレさまー」とのことで、なんだかなー。イマイチなB級感は漂いますが、まあいいか。

 パッケージを開けると、

mzcry-02.jpg

 レトルトパウチ製品と、かれんちゃんのポストカードつき。これで500円でありました。まあ、もつカレー本体がうまければ、充分にもとがとれるでありましょう。

mzcry-03.jpg

 パッケージの裏には、こんなんもありました。公式サイトみたいなものもあって、今年2月あたりから、静岡以外でも商品展開をはじめたらしいっす。

 そうかー最近なのかー。それにいきなりひっかかっちゃうとは。やっぱり、なんというか、悲しい性みたいなものがあるんでしょう。しくしく。でも、そーいう人生なんだから、しかたないとあきらめるほかないというか。ヽ( ´-`)ノ

2014.03.21(18:54)|日々の雑感コメント:(0)TOP↑
 きょうからダービーがはじまるが、帝王・山田裕仁がこの開催をもって引退すると発表したというか、明言したそうだ。

 スポニチの「GP3勝“帝王”山田 現役生活にピリオド」という記事など。

 最近はこうやって、あらかじめ発表しちゃうケースが多くなってるけど、これってやっぱり吉岡稔真の一件があったから? その昔、鬼脚が開催前に引退を表明して、かなり叩かれた、てなこともあったけどね。

 吉岡の件については、昔のブログでも書いたと思うけど、もう時効ってことで、当時に見聞した状況をつらつら書いちゃうと……

 吉岡は本人がグランプリ'06のすこし前、スポニチの地元記者と会食したさい、引退を明言したそうな。旧知の記者だったから、いわばリップサービスという意味あいもあったし、なにより旧知だから記事にはしないと思ったとのこと。

 だけど、その場には、スポニチの西日本版を統括する、いわば本部長クラスの人間も同席していたのだった。

 こうなってしまうと、番記者との「ゆるい関係」が通じるはずもなく、あのスポニチのスクープになった……というのが、真相だった。

 だから、あのとき、吉岡がばかみたいに怒っていたその矛先は、ぬいたスポニチの記者や当該の本部長クラスの人間に対してではなく、自分に対してだった、ということだったそうだ。

 これを吉岡に近い関係者から聞いたのは、「事件」から1年ちょっとたってからだったから、多少の粉飾ははいってるかもしれないけど、基本的にはそういう前後関係だった。

 閑話休題。つか、脱線しすぎですが。

 ともかく、そうかー、山田も引退かー。競輪がいちばんおもしろかったころを支えた名選手が、またひとり去るわけです。諸行無常。

 もっとも、これもしかたないことで。じつは今年のダービーでは、小橋と神山がそろって引退かな、なんて思ってたくらいでね。村上兄とコジケイも、もしかしたらもしかするかも。

 これでまたいっそう、輪界がさびれるのは確実でしょう。

 とにかく、山田裕仁のラストランだけは見るようにしなければ。

2014.03.18(09:22)|公営競技コメント:(0)TOP↑

 きのうの月例セキュリティ・アップデートで、XPのサポートが事実上終了した。

 最後のアップデートは5件で、うち1件は「XPのサポートは終了するよ」というメッセージを、定期的に表示するもの。さいわい、これは非表示にできるので、予想していたほど鬱陶しくはない。起動するたびに出たらどうしようと思ってたんだよね。

 さて、ここから数カ月が、XPを継続して使えるかどうかのヤマになるはず。攻撃が発生するのはまちがいないけど、それがどのくらいつづくか、とか、見きわめなければ。

 ほんとは、もうWindowsもいらないんで、デスクトップ用Android OSとかができれば、そっちに乗りかえてもいいと思ってるんですけどね。

 Linuxは……めんどくさいからスルーだな。

2014.03.13(12:41)|PC、webコメント:(4)TOP↑
 きのうのつづき。

 さて、F-86FとF-86Dは実在機だけど、F-100Dはいってみれば架空機になる。

F-100D 11

 もっとも、ものの本によると、第1次FX疑惑が発覚して、候補機が白紙にもどされたさい、つなぎとしてF-100Dの日本仕様機、F-100Jを採用しようという動きもあったそうなので、あながち架空とはいえないんだけどね。

 このときはF-100が「戦闘爆撃機」だったもんで、日本に「爆撃機」はいらないっていう政治判断があったんだとか。

 だったら、のちのF-1みたいに、「領海に侵入した敵艦艇に対する攻撃を支援する戦闘機」ってくくりにしとけば、採用されてもおかしくないんじゃないか……という設定でつくってみたわけです。

 50年代後半、ソ連海軍の外洋進出傾向が顕著になり、日本にとっても脅威が増大した結果、急遽配備されることになったのが、初代支援戦闘機F-100Jである。

F-100D 12

 当時はまだ空対艦ミサイルが実用化されていなかった(ブルパップを使用したミサイル攻撃という構想自体は存在)ため、対艦攻撃には爆弾を使用するほかなかった。しかし、まだおおっぴらに爆装できる時代ではなかったので、F-100Jが配備された当初は、こうしてサイドワインダー4発を搭載し、迎撃機として運用することが多かった……とか。

 そーいう設定ですね。

 このサイドワインダーの連装ランチャーについては、写真がほとんど見つからなかったので、これを参考に自作してみました。

f-100d-3.jpg

 まあ、それっぽくなってればいいってことで。

 使用したのはタミヤ=イタレリのウォーバード・シリーズ。これが、ほかの2兄弟とは違って、かーなりへたれたキットでありました。

 たとえば、インテーク。開口部から1cmないところでふさがっているため、塗装でではどうやってもごまかせないのね。そこで、この壁をぜんぶくりぬいて、バスタブまでの内部全体を黒に塗って、なんとかごまかした。

 胴体と主翼の接合も、そのままでは1mm以上の段差ができちゃう。ここは飛行姿勢にしたのをいいことに、脚庫など内部をぜんぶ削りとって、パテで埋め、慎重に擦りあわせながら固定することになった。

F-100D 14

 キャノピーもまったく合わないので、両サイドをかなり削りこんだうえ、接着後にパテを盛って削り、成形してなんとか辻褄をあわせたけど……まあなんとかなったかなあ。

 いちばんきつかったのが、ドロップタンク。変形していてぜんぜん合わない。そこで、熱湯につけてひねったりしたあげく、プラスティックが白くなり……つまり、裂けるぎりぎりまで曲げて、瞬接で無理やりくっつけ、それでものこる段差や隙間にプラパテを塗って溶剤で溶かし、乾燥を待って削るという工程をくりかえして、やっとしっかり接着できた。接着っていうより、癒合って感じでしょうかね。

F-100D 13

 塗装は先代と先々代のセイバーと同様。アメリカ空軍では、機首上面をアンチグレア塗装にしてないけど、自衛隊ではこーいう塗装にしたらしい。

 スーパーセイバーといえば、チタン部分の微妙な色合い。本来はもっときたない感じらしいけど、今回はパネルごとに塗りわける程度で、あんまり汚さないようにしてみた。使用したのは、全体の下地を焼鉄色+青少々、ノズル部などは黒鉄色、パネルごとに黒鉄・赤鉄色+シルバーを適宜。

 デカールはおもにハセガワのF-104のストックを使い、ほかにキットのもの、古いT-33のものなどを適当に貼ってみた。

 マーキングは対ソ連海軍ということで、千歳に新編された第201飛行隊のものに。この世界では、第201飛行隊は初のF-100J運用部隊になるわけです。そのため、コーションも基本的に、201SQっぽくなっている。つもり。

sabers06.jpg

 ということで、2機の編隊飛行。(´・ω・`)

 いちおう、F-104J採用までのつなぎとして選定されたことになっているので、F-100Jは80機の調達で終了。その後、F-104Jは200機が調達された、ということに。

 なお、F-104Jは空中給油装置を装備していないが、F-100Jは洋上での作戦が中心になるとの想定で、はじめから受油ローブを装備していた。したがって、自衛隊機で空中給油装置を採用したのは、F-100Jが初になる。

 なんか、架空機の話になると、文章が長くなるような気が。やっぱりこっちのほうが、おもしろいんだよね。もっというと、あれこれ妄想するのが。

2014.03.09(16:34)|プラモコメント:(0)TOP↑
 ついでに、セイバーのプロダクション・ノートをすこし。

sabers05.jpg

 まず、フジミのファースト・セイバー。これはベスト・キットと呼ばれているそうで、とくに問題なく、ほとんど素組。ただし、デカールは古くなっていたようで、けっこうちぎれたりした。

 手を入れたのは、パイロットを乗せて飛行姿勢にしたのと、機銃口を開口しただけかな。そのくらいです。

F-86D 06

 次、セイバードッグはハセガワのコンボ。これもいいキットという評判だけど、やっぱり古いせいか、擦りあわせが必要な部分がけっこうあった。なかでも、きびしかったのが機首のインテーク周辺。内側も外側も段差ができるし、とくに内側はスペース的にきつくて、やすりを使うのもひと苦労という感じ。

 また、尾部のボーテックス・ジェネレーターが別パーツ化されているんだけど、これを接着するのは困難をきわめ、結局それを使用しないですむバージョン(組説の1)の第2航空団、第103飛行隊所属機を選択することに。

 なんか本末転倒だけど、しかたないということで。(TnT)

 手をくわえたところとしては、せっかくの飛行姿勢なので、マイティマウス・ロケット弾の斉射直前のシーンを再現してみた。いわゆるFFARポッドを展開した状態ですね。

 F-86D 01

 このポッド、詳細写真を見ると外側6カ所、内側2カ所の計8カ所で胴体に結合してるんだけど、キットではフックが4つしか再現されていない。なので、のこり4カ所はプラ板と真鍮線で自作した。また、写真ではよくわかんないものの、ロケット弾の発射口はすべて開口してある。

 実機では、このポッドを展開してから、マイティマウスを斉射し、ポッドを格納するまでで、トータルわずか4秒。その一方、発射の衝撃で機首下げモメントが発生するので、それを補整する必要があるため、展開と同時にオールフライング・テールが全自動で機首上げモードに変わるらしい。

 したがって、キットの尾翼も上げ角にしないとならない。といっても、この改造はかんたん。

F-86D 02

 とりつけ部はこういう四角い穴になっているんで、いちばん前の部分をのこしてあとはパテでふさいで成形。

F-86D 03

 尾翼のほうはのこした穴にあうよう、こうやって細工して、約10度の上げ角をつけて、接着。

F-86D 04

 こんな感じで。うん。リアルだ。自己満足。

 で、仕上がりはこうなりました。

F-86D 05

 うーん。あんまりよくわかんないか。まあ、自己満てことで。

(つづく)



2014.03.08(17:01)|プラモコメント:(0)TOP↑
 それで、えーと、録画しながら見ました。第1週は『'54ゴジラ』と『ゴジラの逆襲』。

 前にも書いたけど、このころの特撮映画は、何度見ても新しい発見があるわけで。今回もありました。おもにひこーき。

 '54ゴジラはこれまでに150回くらい見ていて、もう新発見はないと思ってたんですけどね。でも、この第1作で登場するのは陸戦兵器と警備艦だけと思ってたら、なんとひこーきが出てきてました。時代からして、おそらくはアメリカ軍供与品のF-86Fが3機。

 夜間に飛んでるという、非常に無理なシチュエーションなんだけど、それだけに、「全天候機がない時代だから、ひこーきは出てこない」っていう思いこみにつながってたんでしょう。

 ちなみに、武装はズーニー・ロケット弾を、両翼下に各4発、計8発搭載してました。ゴジラが相手だと、このへんが妥当といえば妥当かも。

 一方、逆襲ではF-86Fが大活躍なんだけど、それにまじって、なんとT-33の飛行隊も戦闘に参加しとりました。なるほどね、ほかに選択肢がなかったわけですよ、きっと。

 こっちもズーニーを10発くらい搭載してたけど、実際に運用できたかどうかは謎だな。まあ、そこまでリアルさを追及しちゃいないってことで。

 そのほか、予告編特集を見ていたところ、『南海の大決闘』で、EEライトニングが赤い塗装で登場してました。これ、そのうちつくってもいいかも。そうそう、ズーニー搭載のハチロクっていうのも、いつかつくりたいかも。

 ただ、こっちは在庫がないし、調べてみると、日の丸ハチロクはこないだつくった、フジミのファースト・セイバーくらいしか売ってないんだよね。

 まあ、これはいいキットだったんで、もう一回これでもいいかと思ってますが。とりあえず、入手しといたほうがいいし。

2014.03.08(16:16)|映画・テレビ・ドラマ・DVDコメント:(0)TOP↑
 日本映画専門チャンネルで、きょうからゴジラ生誕60周年&ハリウッド版Dodzolla '14公開記念ということで、またHDリマスター版ゴジラ全28作のオンエアがはじまります。はい。

 前回、2010年だっけ? は、途中まで録画してたものの、デッキの不具合でDVD-ROMに正常にダビングできず、断念したものの、今回は必要な平成vsまでの12本くらいを、ぜんぶHDDで保存する予定であります。

 日本映画専門チャンネルも、かなりリキがはいってるらしく、新聞なんかでずいぶん広告を打ってますが、数日前からいわゆる「予告編スペシャル」をやってるのね。

 それで、思いだしたんだけど、ゴジラが復活した'84の前年、たしか歌舞伎町のシネマスクウェアとうきゅうで(だったと思う)、これとおんなじようなイベントが挙行されたのでありました。

godz83-01.jpg

 当時のパンフレットであります! ゴジラ1983復活フェスティバルっていうんだ。忘れてた。

 パンフの内容を見ると、これもけっこうとんがってて、

godz83-02.jpg

 こーいうメンバーが寄稿してたりしてね。

 このときは、私もファンダム方面でいろいろこのイベントを紹介したりして、そのせいで、'84ゴジラには、エキストラで私の姿がうつってる、なんていう都市伝説ができたわけですが(あれは義兄が、なにかの伝聞を曲解したせいで、そーいう話になったらしい)。

 まあ、それはともかく。

 きょうからしばらくは、またゴジラとの戦いの日々がはじまります。ちゃんと録画しないと、また泣きを見ることになるからね。

 しかし、ビデオデッキをはじめて買ってから35年、こんなことばっかりやってる気が。(^^;


2014.03.05(19:34)|映画・テレビ・ドラマ・DVDコメント:(0)TOP↑
 先週のF-8Eにつづいて、F-100も完成。これで日の丸セイバーがそろった。

sabers01.jpg

 やっぱり50'sの銀翼っていえば、セイバーにつきるでしょう。そうでもないか。

sabers02.jpg

 まず、ハチロクことF-86F。フジミの「ファーストセイバー」というキットで、アメリカから貸与された1号機とのこと。

sabers03.jpg

 次はF-86Dセイバードッグ。じつはかなり好きな機体だったりする。なにより、マイティマウスしか装備しないという潔さが、いかにもインターセプターで。ハセガワのコンボセット。

sabers04.jpg

 そして、FX選定が間にあわなくなり、急遽80機だけライセンス生産された、自衛隊初の超音速戦闘機にして初の支援戦闘機、F-100スーパーセイバー!

(´・ω・`)

 いや、もしかしたらそうなってたかもしれないんだから、これでいいのだ。ヽ( ´-`)ノ

 しかし、こーいう与太話をつくるのが、いちばんおもしろいかもね。以前のアストロボートなんかもそうですが。

 ちなみに、キットはタミヤ=イタレリ。

2014.03.03(15:28)|プラモコメント:(0)TOP↑
 マックスファクトリーの1/72ダグラム。制作の第一歩として、フィギュアのクリンを塗ってみた。そうかー、クリン・カシムって名前だったよなー、そういえば。

crin01.jpg

 もちろん、組説の塗装例みたいに完璧なものはできないけど、56歳フリーハンドとしては、こんなもんでいいかなーっていう感じで。

crin02.jpg

 これ以上は無理だよねー。まだ微調整の余地はかなりあると思うけど、そのくらいということで。

 で、これを塗ったところまでで、妙に満足しちゃって、ダグラム本体はまた箱にもどりましたとさ。

 なんかわかんないけど、まだ「つくりたい!」っていう感覚が満ちてきてないんですよ。

 したがって、これはお蔵入り。次の制作はまたひこーきになるんだろうなー。こっちはラインナップも豊富だし。

 とかいいながら、'50sのストックは、つくりきった感もあるんですが。

 とはいえ、同一キットで2機めをつくるのもいいわけで。(´・ω・`)

 どうしましょう? F-89とか、60年代にはいってからのA-6とか、落ちてるんだけど……

 気分的にはグリペンだったりして。(^^;

 あるいは、思いきって大戦機か。(^^;;;



2014.03.01(19:19)|プラモコメント:(0)TOP↑
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR