パーツ館にようこそ
 ひさしぶりに駐機状態のひこーきをつくった。たしか、8月のMV-22B以来だから、6カ月ぶりくらい。

 このところ、50年代の機体ばかりつくっていて、今回はチャンスボートF-8Eクルセーダーさん。

F-8E 01

 アカデミーの1/72。いま、手にはいるキットは、実質的にこれだけでしょう。前に買っといてよかったよかった。

 アカデミーというと、前回さわったA-10Aがなまぬるいキットだったんで、期待しないでつくりはじめたんだけど、これがなかなかどうして、非常にシャープな製品でした。組説とかはしっちゃかだけどね。

F-8E 02

 F-8といえば、やっぱりこの2ポジション・ウィングなわけで、これを再現できるのがうれしい。

 キャノピー枠にはデカールがついてたのに、それに気づかないでまた手塗りにしてしまった。それも、完全フリーハンド。だって、マスキングが面倒なんだもん。

 その枠は実機だと(デカールでも)黄色になってるけど、黄色は食いつきが悪いからね。どうもピンとこないんで、思いきってエメラルド・グリーンにしてしまった。これがなかなかおしゃれ。

F-8E 03

 武装はさんざん思い悩んだあげく、爆装ということに。ラスト・ガンファイターにはサイドワインダーがよく似合うとわかってはいるものの、このキットにはズーニーの連装ランチャーなんていう、超レアなアイテムがついてたんですよ。で、Mk82爆弾の出来もいいし、デカールが海兵隊だしってんで、涙を飲んで戦闘爆撃任務にしたしだい。

 いつか、このキットでもいいから、制空仕様もつくってみたい。つか、そろそろハセガワさんあたりで、決定版をつくってくれると、とてもありがたいんですが。

F-8E 04

 主翼を離着艦ポジションにした場合、前縁フラップと主翼とのつなぎめは、こーいう赤い塗装になるはずなので、それも再現してみた。ただ、このへん、記憶が曖昧で、正確かどうかは自信なし。

 コクピット内部をふくめて、細部にはほとんど手をくわえてないと思う。ファインのシートベルトを追加したくらい。あと、機首のピトー管は、パーツをぶっとばしてしまったので、例によって真鍮線。また、ズーニー・ロケットの弾頭部などは、よけいなモールドを削ったりしている。

F-8E 06

 で、タイトルの「おとなの戦闘機」ですが、恥ずかしながら、あたしゃ30近くになるまで、F-8のすごさがわからなかったんだよね。やっぱり、前作カットラスのキワモノ感が強かったのか、F-4万能論を信じてたのか、いまとなってははっきりしませんが。

 ところが、20代も後半になってきて、だんだんF-8こそ50~60年代を代表する艦隊防空戦闘機だと思うようになったのですよ。

 だから、おとなの戦闘機。この機体の真価は、子供にはわかんないのさ。ヽ( ´-`)ノ

F-8E 07

 たとえば、このキットでは、機首に重りを入れる必要がないのですね。それだけ、もともとの機体のバランスがすぐれているってこと。これが、クレマンソーやフォッシュでも運用できるという、優れた安定性につながったんでしょう、きっと。

 中高校生くらいじゃ、こーいうとこには目がとどかないわけで。

 閑話休題。

 キットはすごくいい出来で、手を入れる部分はほとんどなし。たぶん、パテはほとんど使わなかったんじゃないかな。ベントラル・フィンのところにやや隙間ができたので、それを埋めたくらいで。

 ただし、パーツ割りの関係で、飛行姿勢に改造するのはかなりきつい感じ。また、内部構造をいろいろつくりこんでいるため、胴体左右の接着には細心の注意が必要。

 デカールは第232戦闘飛行隊レッド・デビルズ(この作例)のほか、第333戦闘飛行隊ファイティング・シャムロックスも選択可。ただし、デカールを貼る位置の指定がかなりなんちゃってなんで、事前に調整しないと辻褄があわなくなるかも。

 ちなみに、この機体、150329番機は作例になった67年11月ごろ、南ヴェトナムのダナン空軍基地に展開してたらしい。だから、やっぱり爆装でしかたないんだよね。

F-8E 08

 腹側。こっちはあんまり見るところなし。Mk.82爆弾は6ラックのBRU-41に4発ずつ搭載しているけど、これはA-10Aのところで説明したとおり、これが通常の運用法だったらしい。

2014.02.24(14:55)|プラモコメント:(0)TOP↑
 いきなりびっくりしました。はい。けさのスポーツ報知がぬいたらしく、他紙には載ってないもよう。

「サッカー元代表中田浩二、女優の長澤奈央と結婚!交際1年4か月」という記事。

 ということで、相手がアントラーズの中田ミスター浩二っていうんで、またまたびっくり。ぜんぜん接点ないじゃん。まあ、記事を読むと、ふたりとも、最初は相手の職業も知らなかったそうですが。

 しかし、そうですかー、こないだ、フラビージョこと山本あずあずが結婚したと思ったら、こんどはハリケンブルーって、ほんとに仲いいんだなー(違)。

 ともあれ、結婚しても仕事はつづけるそうなので、まだまだ「平成のひし美ゆり子」の称号を返上する気はないようです。

 って、そう呼ばれてることも、本人は知らないでしょうが。いや、知ってるのかな?

 いずれにしても、春からおめでたい話で。

 ちなみに、中田浩二をミスターと呼ぶのは、たぶんうちだけでしょう。ミスターといっても、鈴井さんのほうで。似てると思うんだよね~。(´・ω・`)

2014.02.22(09:54)|映画・テレビ・ドラマ・DVDコメント:(0)TOP↑
 本日、空虚重量というか、いわゆる体重が73.0kgに到達しました!(´・ω・`)

 思えば、3年前の6月、最長不倒の85.2kgを記録してしまい、一念発起して「ゆるやかな減量」をスタートさせて以来、2年8カ月での目標到達であります。

 やー、12kg落としちゃったよ。すごいね。ぱちぱち。

 73kgというのは、じつは結婚したときの体重で、25年ぶりの水準。これにより、フリーでやってきた24年間にたまったウロが、ほぼ出つくした計算になります。やーめでたい。BMIも24を切ったし。

 あ、厳密にいうと、20年ぶりか。94年に痛風を発症したとき、やけくそでわずか3カ月で67kgまで落としたことがあったんだ。でも、これはやり方が無理筋で、体調がおかしくなり、あっという間にもとにもどったのだった。だから、これはカウントしない、と。

 とにかく、今回はリバウンドする可能性のない73kgだからね。

 とはいえ、これで目標達成ではありません。73kgは当面の中間目標で、最終的には60歳で70kgをめざしております。まあ、このままいけば楽勝で達成できるでしょうが。

 ちなみに、ゆるやかな減量といっても、たいしたことはやっておりません。間食をなくし、昼食の熱量摂取量を500kcl程度におさえただけで、あとはフリー。

 その昼にしても、厳密なものじゃなくて、たまには800kclをこえる日もあるというアバウトなもの。そのぶん、長時間かかるわけですが、ある意味で確実に落とせる気がします。

 あと、これをやってると食べ物の嗜好も変わってきて、ここ1年くらいは、ステーキとか、食いたいと思ったこともないもんね。もっとも、これは年齢による変化かもしれませんが。

2014.02.18(11:33)|日々の雑感コメント:(2)TOP↑

 1週間以上、更新しなかったんで、いちおう生存証明。

fleet.jpg

 最近、飛行姿勢のひこーきばっかりつくってます。というのはおいといて。

 けさ、オリンピックのジャンプ、ラージヒルで金メダルをとったポーランドの選手、ヘルメットにポーランド空軍の国籍識別マークをつけてて、これがめちゃめちゃかっこよかったっす。

 ふつうは葛西選手のほうに目がいくんだろうけど、これが悲しい性ってやつね。ヽ( ´-`)ノ

 また、ポーランド空軍のはかっこいいんだな、昔から。

 ちぎれた羽根さんのフォトブックに、国籍マークがよくわかるSu-27があったので。こちらから。

Su-27-00.jpg

 このサムネールです。

2014.02.16(11:45)|日々の雑感コメント:(0)TOP↑
 去年5月につづいて、またXPをピュアインストールしなおしてしまった。今回はCドライブだけじゃなく、HDD全体をフォーマットしなおしての、完全ピュアインストール。

 どうもね、去年5月のインストールには、なにか手違いがあったらしい。挙動がおかしいのはまだがまんできたけど、たとえばFirefoxでpdfファイルを開こうとすると、タブが無限生成されたりとか、ある日突然にUPSを認識しなくなったりとか、明らかな不具合が出はじめちゃったのですよ。

 で、3月でサポートも終了するし、ここでもう一度ピュアインストールしてみようと思ったしだい。ちょうど、きのうは大雪で外に出られそうもなかったし。

 アプリまでふくめてぜんぶインストールして、設定をいつものように徹底カスタマイズして、のべ12時間くらい。もう慣れた道であります。カスタマイズはこちらで書いたような感じで。

 しかも、その過程で、前回のミスの原因らしきものが、わかったような気が。

 マザボの各種ドライバをつっこむとき、全自動でやるとたしかにインストールはできるんだけど、ここでなにやら不具合が発生するっぽい。

 手順としては、フォーマット後、OSインスコ~マザボの各種ドライバをインスコ~OSのSPを適用という流れでやってたんだけど、同梱のサウンド・ドライバには不具合があるようなので、ためしにマザボのドライバをひとつずつ手動で入れようとしたら、「SP2以上じゃないとインスコできないよん」というメッセージが出たのですよ。

 そこで、まず最初にSP2とSP3を別個に適用してみて、そこで動作を確認してから、手動でマザボやビデオカードのドライバを入れたところ、非常にスムースに動作するようになりましたとさ。

 なるほど、先にサービスパックを入れないとならないのか。このへんが罠だったとは。

 これまで、うまくインスコできなかったサウンドドライバも、今回は無理なくすんなりはいったし。4年も使って、はじめてこれに気がつくとは、迂闊でした。

 次はサポートが終了したあと、べつのHDDでピュアインストールしたらどうなるか、やってみるつもり。4月になっても既成のパッチがあてられるようなら、XPで行けるところまで行く予定。


2014.02.09(15:41)|PC、webコメント:(0)TOP↑
 ほんとに優勝しちゃったぞ!

 初日は降雪で不成立、きのうの準決はのこり1周で斎藤撤二にかわされて2着ときて、きょうは無印だったんだけどね。それでも、トップスタートを決めて、そのまま他車をよせつけず、ぶっちぎりの青春。

 全日選直前で、銘柄級がいなかったとはいえ、優勝は優勝ですから。たしか、初優勝(去年の3月18日)のときは、あっぷあっぷだったと思うけど、今回は堂々の圧勝でありました。

 ここで決めないとならないってときに、ほんとにきっちり決められるっていうのは、やっぱり大物の証でしょう。おみごとでした。

【追記】
サトマヤが優勝すると、やっぱりニュースになるもんね。これがオート全体にとって大きい。

スポニチ「佐藤摩弥2度目V とてもうれしい」

2014.02.06(16:29)|公営競技コメント:(0)TOP↑
 朝、川口の中継を聞いてたら、青山周平が全国ナンバーワンになったと、堂前さんがいってた。

 びっくりして公式サイトに見にいっても、とくに情報はなく、どーなってるのかと思っているうち、午後になってようやくアップされました。

 ほんとだー、青山周平が全国ナンバーワンになってる。これはすごい。もちろん、史上最速記録でしょう。1級車に乗りかわって、わずか15カ月ですから。

 快挙ではあるけれど、こりゃ意地でも全日選をとらないとね。

 ちなみに、2位は永井大介、3位荒尾聡。以下、各地区1位は川口が若井、伊勢崎は高橋貢、浜松が金子、山陽が松尾。キムタケは意外にもS9だって。

 もひとつ意外なのが、川口勢の躍進。S級に10人はいってきた。平均8人だから、それ以上ということで。他場は飯塚10人、船橋と山陽が9人、浜松6人、伊勢崎4人。

 A級では、32期の鈴木圭一郎(船橋)がA111に躍進。サトマヤは大きくランクを落としてA176。

 ランキング詳細はこちら



2014.02.05(14:12)|公営競技コメント:(0)TOP↑

 アクシデントじゃなくて、大雪のため。16時すぎに決定した。

yuki.jpg

 うちのほうもこんなになってきちゃったくらいで。予報より大雪になりそうな気配。川口や久喜をふくむ埼玉東部で、そうだなー、10cmくらいは積もりそうな状態になってきたもん。あしたも走路の凍結は確実で、開催はむずかしいでしょう。

 全日選直前のメンバー落ち開催で、サトマヤ2度めの優勝のチャンスだったのに、残念。まあ、この天気じゃ、しょうがないですが。


2014.02.04(16:23)|公営競技コメント:(0)TOP↑
 まさか、こーいうゲームになるとは。スーパーボウルXLVIII。

 デンバー無残。ペイトン無残すぎ。もしかすると、これで引退かもね。そのくらい、ダメージが大きいと思う。

 それにしても、前後半とも、ファースト・プレーでゲームが終わっちゃったもんね。

 前半はペイトンがゲームコールを変えようと動いた瞬間、スナップがはいっちゃってボールがエンドゾーンまで点々と転がり、かろうじてセーフティで逃れるというプレー。たぶん、はじめて見たんじゃないかな。こーいうケアレスミス。

 これで事実上、試合は終わったといってもいいでしょう。

 前半が無得点で終わったのは、2000年のNYG以来とのことで、ここで22点、4ポゼッション差になったら、勝てるわけないよ。

 後半はキックオフリターンTDでスタート。ヽ( ´-`)ノ

 しかもさ、キャッチャーはRBじゃなくて、WRの#11ハービンですよ。たしかに、前半には超特急のリバースから、ロングゲインをマークしてたけどね。それも2回。それが、気をとりなおして後半スタートってところでキックオフリターンTDだもん。これじゃ心も折れるよね。

 結局、ペイトンは3Q終了間際まで1点もとれず。3Qのこり0秒でようやく1TDを返して、完封だけはまぬがれたものの、あとはなにもさせてもらえず。2インターセプト、2ハンブルリカバーの4ターンオーバーで、これだけでも、とてもじゃないけど勝てませんよ。

 とにかく、シアトルのデイフェンス・セカンダリー、とくにLB陣が強烈すぎ。スリーメン・ラッシュなのに、ラインがまったくとめられない。ふつうのプレーなのに、毎回サックすれすれだもんね。ただし、QBサックは1本もなし。的確にボールをはたきにいってるから。ターンオーバーのうち3本は、このLBの猛ラッシュから生まれたわけで。

 と、思ってると、2Qのインターセプトは、パスコースを読んだLBの#53マルコム・スミスによるもので、LBが6人くらいいるような錯覚をおぼえたほど。このインターセプトTDで、スミスがMVPに選ばれた。

 さらに、WRの#15カーシーのスピン2回転の超絶ランなんていうスーパープレーも出て、終わってみれば43対8のワンサイドゲームになってしまった。

 なにより、LBがMVPっていうのが、この試合を象徴してるでしょう。そのくらいすさまじいLB陣でありました。

 また、ニューヨークなのにシアトル・ファンが多いのか、クラウドノイズもすさまじくて、ペイトンの「オマハ」はとうとう一度も聞かれずじまい。このへんが敗因かも、なんていう話も出てくるかもね。

 なお、ハーフタイムショーも無残そのもの。演出ってものがまったくないんだもん。

 なにより、柳沢慎吾ちゃんが出てくるとは思わなかったっすよ。ヽ( ´-`)ノ

2014.02.03(13:10)|スポーツ・プロレスコメント:(0)TOP↑
 気がつけば、もう来週には冬季オリンピックがはじまるんだ。光陰如矢。

 でも、ソチでオリンピックっていうのには、いまだに違和感があるんだよね。とにかく、スターリンからブレジネフの時代にいたるまで、ほとんど不可触都市みたいなあつかいだったんだから。いや、ゴルバチョフの時代でも、まだそうだったはず。

 黒海にそってソビエト共産党幹部のダーチャがならび、KGBが管理してたわけで。

 それはともかく、オリンピック開催記念ということで、当時のソビエト関連の資料はないかなと思いたち、すこし探してみた。結果、意外にもあんまりのこってないんだね。

 この2冊くらい。

soci-01.jpg

 (´・ω・`)

『世界の艦船』はいちおう、黒海関連ということで。なんと、87年の増刊号で、このあとソビエト~ロシア海軍の特集号は買っていないらしい。まあ、その後に建造された艦艇は、ほとんどないわけだから、これで必要充分なんですけどね。なんで必要なのかというのは、置いとくことにして。

『KGB』はフリーマントルの名著にしてベストセラー。考えてみると、ソチに関する情報は、大半がフリーマントルの著書から仕入れたものでしょう、きっと。とくに、チャーリー・マフィン・シリーズと、この『KGB』かな。

 そーいう知識があるもんだから、どうもオリンピックとつながらないわけです。はい。

 ちなみに、この『世界の艦船』の表4は、

soci-04.jpg

 現ピットロード、当時の会社名「ピットロード東名」の1/700シリーズでした。このへんからなんだよね、1/700喫水線モデルに現用艦がくわわってきたのは(うう、ウォーターラインといえないのがつらい(^^; )。ある意味、歴史を感じる広告でありました。

 ついで。資料を探してたら、こんなんも出てきました。

soci-02.jpg

 自衛隊関連は新旧いろいろ。

soci-03.jpg

 アメリカ海軍もそれなりに。

 そろそろ、またロシア海軍も買っとくほうがいいかもね。


2014.02.01(14:27)|日々の雑感コメント:(2)TOP↑
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR