パーツ館にようこそ
 発売日は23日だったらしいんだけど、きのう夜、ようやくとどきました。マックスファクトリーさんの1/72ダグラム。

doug001.jpg

 なんだかとってもガンプラ・ライク。いまのキャラものはみんなこういう感じなんでしょうが、はげしい既視感が。ヽ( ´-`)ノ

 パーツ構成もとってもガンプラであります。

doug002.jpg

 Aパーツと、足部のBパーツは2枚。

doug003.jpg
 
 Cパーツまでは濃灰色、脚とリニア・カノンのDパーツは白に近いグレー。Cの手パーツは、グー、パー、リニアキャノンをかまえる状態の3種類。右がグー、左がパーかな。固定にする場合は。

doug004.jpg

 Eパーツは2枚。左のちいさいのはカシムのフィギュアで、これがFパーツ。

doug005.jpg

 Gパーツと、2枚あるほうがHパーツ。

doug006.jpg

 赤いIパーツ、透明なJパーツ、あとはポリキャップが3枚。

 ガンプラとの大きな違いは、このクリアパーツで、塗装ずみのキャノピーも付属している。これは便利というか、グッドでしょう。

doug007.jpg

 デカールもガンプラとは違って、水転写のスーパーリアル路線。29種類、30数点からなるらしい。

 という感じで、ガンプラにくらべるとややリアル兵器よりの構成かな。基本的にスナップフィットだけど、接着剤が必要な部分もあるらしい。また、インスコには、塗装するさいの配合表も載ってるから、やっぱり高齢者層(笑)を意識したキットといえるんじゃないでしょうか。

 まあ、子供はダグラム知らないもんね。ヽ( ´-`)ノ

 これで2997円はやや割高かもしれないけど、マイナーなアイテムだから、しかたないっていえばしかたないか。

 いったん積んじゃうと、山のなかに埋もれそうな気がするんで、いまやってるのが終わったら、ちょこちょこっと組んじゃうほうがいいかも。

2014.01.26(15:13)|プラモコメント:(2)TOP↑
 スーパーボウルLVIIIIがらみで。

 アメリカ本土で話題になってるのは知ってたけど、まさか日本でも、という感じで。スポニチの記事。

「マニング3度目スーパーボウル オマハ効果?32回パス成功」というエントリー。

 結論からいうと、OMAHA! オマハ! はアメフトではよく使われるフォーメーションのコード。つまり、暗号というか、プレーコードでね。それ自体はいろんなチームで、いろんな意味で使われているのです。どうやら、ペイトンの弟でNYGのQB、イーライ・マニングも多用するそうで。

 でも、ディヴィジョナル・プレーオフで、このプレーコールを過大評価してしまったチャージャーズが、デイフェンスのオフサイドを5回だか6回だか冒して……つまり、NFL記録になるくらいにはめられちゃったんで、一躍有名になった模様。

 たしかに、この試合も見てましたけど、なんでこんなにひっかからるっていうくらい、たてつづけに罠にはまったのがおかしくて。

 でもね、考えるに、あの「オマハ!」には、ほとんど意味がないんだと思いますよ。すくなくとも、これまでの試合では。

 とはいえ、いちばんありそうなのは、スーパーボウル本番で、このコールに意味を持たせるというストラテジィ。戦略ですね。いわゆるロード・オブ・スーパーボウルのなかで、そのくらいのことを考えるのは当然ではないかと。すくなくとも、エルウェイの霊が宿ったペイトンとしては。

 ということで、カンファレンス・チャンピオンシップでは語られることのなかった、このプレーコール「オマハ!」が、またなんらかのかたちで炸裂しても、不思議ではないと思うしだいであります。

 なんつーかね。今年のスーパーボウルは、これまで35年くらい見てきたなかでいちばん印象にのこるゲームになるような気がしますです。

 なんちゃって、デイフェンスでまさるシアトルが、悲願のスーパーボウル初制覇になる可能性も、そうねー、30%くらいはあると思うんだけど。今季の出来からして。

 ちなみに、スーパーボウルを通じての、いちばんの注目選手をあげときましょう。

 両QBとか、エース級をのぞいて……

 ブロンコスのルーキー・ランニングバックRB、#28のモンティ・ボール!

 ブロンコスのエースRBは#27のモレノだけど、そのシャドウとして、試合を決定づけるのは、ルーキーのボールじゃないかって、ずっと思っております。ポスト・シーズンにはいってからずっと。

 なんたって、名前がいいしね。ボール。量産がききそうで。(´・ω・`)

2014.01.21(20:01)|スポーツ・プロレスコメント:(0)TOP↑
 カンファレンス・チャンピオンシップがやっと終わって、スーパーボウルXLVIII進出はデンバーとシアトルに決まりました。といっても、ブロンコスとペッツの試合は、まだ見てないんだけど。

 ナイナーズとシーホークスは、ディフェンシヴなチーム同士だけに、前半は10-3というしぶーい展開に。ところが、4Qにはいるとどっちもミスを連発して、いきなりおかしな具合になり、結局1ファンブルロスト、2インターセプトとミスが多かったナイナーズが負ける結果に。

 自滅とはいわないけど、なんなんだろうね。キャパニックって、こういう崩れ方をすることが多いような気がするけど、集中力とか、体力の問題なんだろうか。まあ、嫌いなタイプのQBなんで、どうでもいいですが。

 とはいえ、試合に関しては、最後のインターセプトが出たラスト22秒まで、どっちが勝ってもおかしくなかったゲームで、これはこれでおもしろかったっす。いかにもこうなるだろうなーっていう展開で。

 もしかすると、キャパニック、いい斬られ役かもね。(´・ω・`)

 さて、これでスーパーボウルは、マニングのパス・オフェンス対シアトル・ディフェンス陣の攻防っていう、わかりやすい対抗型になったわけで、やっぱりデンバー乗りだな。

 デンバーのスーパーボウル進出は、たぶんエルウェイが連覇したとき以来だから、15~16年ぶりでしょう。そのエルウェイはいま、球団副社長だそうで、こないだのディヴィジョナル・プレーオフのときもテレビにうつってたけど、本番でもいろいろ登場するでしょう、きっと。それだけでも、デンバー乗りですよ。

 でもって、ペイトンだからねえ。ここでスーパーボウルMVPでもとれば、これまた10年ぶりくらいの快挙でしょう、たしか。

 いずれにしても、まだ2週間先の話ですが。


2014.01.20(12:07)|スポーツ・プロレスコメント:(0)TOP↑
 きのう、とーこちゃんのリクエストで、すごく久しぶりにつくった。

 もつの煮込み!

mozz01.jpg

 湯気がすごいな。まあ、熱々ですから。

 どのくらい久しぶりかというと、10年以上。もしかすると15年ぶりくらい。でも、店に勤めてたころは2日に1回平均くらいつくってたので、手がおぼえてるというか、ほとんど無意識のうちにつくれちゃうのだ。つか、正直、おぼえてるかどうか自信がなかったんだけど、いざはじめてみると、案ずるよりでした。

 ちなみに、つくりかたは……

1.ガツ(豚の胃袋。ふつうは「白もつ」の名で売ってる)を500gほど、たっぷりの湯でゆでこぼす

 いま売ってるガツは、かなり掃除が行きとどいているので、ゆでこぼしは1回で充分。何度もやると、かえって風味がなくなるので注意。

2.ガツを鍋にもどして、たっぷり水をそそいで火にかけ、こんにゃく、ごぼうを適当に切って次々に投入。生姜の千切り、ニンニクの薄切りもいっしょに投入する。湯が沸騰したら、とろ火にして1時間ほど煮こむ

3.1時間くらいたったら、こんどは人参と大根を放りこむ。時間差をつけるのは、煮崩れを計算してのこと。ここで味つけ。味噌がメイン、しょうゆも入れて、酒をだばだば。以上。この状態で、さらに1時間煮こむ

4.また1時間たったら、最後にかくし味を。なんだと思います? ぢつは、市販の焼き肉のたれ。これを入れるのが、勤めていた店の流儀。もともと、店の社長が先輩から教わった方法だそうで、たしかにこれを投入すると、微妙に味がよくなるのですよ

5.さらに2時間、とろ火で煮こみつづけると、ちょうどいい感じになってくるので、ここで味見。好みの味になるよう、微調整する。今回は味噌を適宜追加したものの、ほぼ一発で味が決まった。やっぱり昔とった杵柄

6.いったん火をとめて、2時間ほどおちつかせる。つまり、ここまでで6時間かかる。したがって、制作開始は逆算して朝10時からとした。フェジョアーダもそうだけど、もつ料理はやっぱり時間をかけないと、うまくならないのです

7.食べる前にも最後の具材、豆腐を適当に切って投入し、また30分くらい煮こんで、できあがり。器に盛って、小口切りの長ねぎを載せて、完成

 また、今回はせっかくガツを買ってきたんで、ちょいと実験も。

mozz2.jpg

 ホビーショーのとき、清水で食って感動した清水もつカレーを再現してみた。

 つくりかたはわからないながら、とにかく柔らかくしたいので、鍋と断熱調理器で沸騰、保存を8時間くりかえしたあと、味つけを。

 感覚的に、蕎麦屋のカレー南蛮そば。あれと近いつくりかたでいいと思うので、それを基本に。まず、かつおでだしをとって、そこにもつとゆで汁を入れ、醤油と酒、少量の砂糖で下味をつけてみた。

 この状態で15分くらい煮こんだあと、長ねぎの薄切りとSBのカレーパウダーを適宜投入。また15分煮こんで、ねぎが溶けたところで、水溶き片栗粉を適宜。さらに10分くらい煮つづけ、水分がすくなくなったら完成。

 でも、食べてみると、食感はほぼ予定どおりながら、味が微妙に単調だった。甘味とか、コクとか、そういうものが必要らしい。

 けさになって、ウスターソースを入れるといいかもと思いついたので、今夜ためしてみるつもり。

 ちなみに、ほかのメニューもすべて居酒屋風にトータルコーディネートしてみますた。

mozz3.jpg

 う巻き。鰻入りだし巻き卵ですね。

mozz4.jpg

 厚揚げ焼き。こーいうのが好きで。

 そして、シメがわりに、

mozz5.jpg

 スパムむすび! 一度、つくってみたかったのですが、なかなかうまくできたと自画自賛。まあ、つくるってほどのもんじゃありませんが。

【1/19追記】
もつカレーにウスターソースを少量くわえたら、予想どおりにかなり複雑な味になりましたー。これが正解だな。でも、もともと大量に消費するものじゃないし、またつくるかどうかは未定。


2014.01.18(12:35)|日々の雑感コメント:(0)TOP↑

 タカラトミーさんがまたおかしなものを。

rosan.jpg

 納豆を魯山人モードでまぜる、その名も「魯山人納豆鉢」だそうで。

 特設サイトはこちら

 うーん、ネタなんだよね。ネタっていってほしい。でも、案外マジだったりするからなー。これをどう考えればいいのか。それほど悩むもんでもないですが。

 たしかに、たくさんまぜれば旨みが増すらいしけどね。そのために、単機能のこーいうマシン(と、あえていってしまおう)を必要とする人が、はたしてどれだけいるか。

 なにより、洗いにくいと思うんだよね。この形状だと。

 だとすると、やっぱりネタかなー。

 非常に微妙な存在だけど、話題になるのはたしかでしょう。きっと。テレ朝『グッドモーニング』の「いま知るラボ」あたりでとりあげられるほうに、10000ガバス。

2014.01.15(11:58)|日々の雑感コメント:(2)TOP↑
 いえ、幻の14話があるって話じゃなくて。

 あのわけのわからない作品を、あのスタッフでなぜつくったのか、急にわかったような気がしたのですよ。つか、たぶんこれが正解。

 パチンコだ!

 パチンコは29年前に卒業したんで、最近の動向はせいぜいMONDO.TVで見るくらいで、ほとんど知らないんだけどね。そのMONDOによると、牙狼シリーズが去年ファイナルを迎えたらしいんですよ。

 つまり、クラウド的には、パチンコ業界からの印税がとだえるということ。下世話な話ですが。

 そこで、牙狼にかわるパチンコ向けコンテンツとして、パチスロをふくめたそっち方面の業界で、よりウケそうなストーリーということで企画されたのが、ゴウライガンというわけ。

 そう考えると、なんだかいろいろぴったり符合する気がするんですよね。たとえば、ナヴィとか。檀蜜とか。

 きわめつけはもちろん、安藤遥嬢。そろそろ上級パチンカーになりそうだから(笑)、今秋くらいに新台をリリースすると、ちょうどいいかもしれない……とかね。

 舎弟っていう設定も、パチンコのモード設定にあてはめると、思いきりフィットするでしょ?

 という感じで、ゴウライガンはパチンコ・パチスロ向けコンテンツではないかと。そう邪推するしだいであります。

 なんだか、謎が解けたような爽快感が。(´・ω・`)

2014.01.14(18:49)|映画・テレビ・ドラマ・DVDコメント:(2)TOP↑
 今年もポストシーズン・マッチが白熱しとります。NFL。きのう終わったディヴィジョナル・プレーオフの結果、ベスト4が決まったわけですが、なんと、スーパーボウルよりおもしろそうな対戦カードが実現しちゃったではありませんか。

 AFCのカンファレンス・チャンピオンシップ。ブロンコスvsペッツ!

 うひゃー。これをスーパーボウルにしようよ。(´・ω・`)

 ペッツのQBトム・ブレイディは2000年の加入以来、スーパーボウルに5度進出して、3回優勝しているという、21世紀を代表するQB。

 対するデンバーには去年から、史上トップクラスのQB、生ける伝説と呼ばれるペイトン・マニングが加入していて、このふたりが激突するのですよ。

 レギュラー・シーズンでは何度も対戦してるはずだし、プレーオフでも3戦(ブレイディの2勝)してるけど、カンファレンスのチャンピオンシップとなると、もちろんはじめて。これはふたりとも、意識しまくりの戦いになるでしょう。

 ただ、ブレイディはデンバーを苦手にしてるようで(過去1勝6敗)、そうなるとペイトンの勝ちになるんだろうか? でも、相手がペイトンだと、過去の戦歴は関係なくなるかもしれないし。

 いずれにしても、ここで勝ったほうが、スーパーボウル・チャンプになる可能性が非常に高いので(過去3回のプレーオフでは、3回とも勝ったほうがスーパーボウルを制しているとのこと)、やっぱり本チャン以上に盛りあがることは確実でしょう。

 時間にもよるけど、できたら生で見たいものであります。

 ちなみに、NFCはシーホークスとナイナーズ。ディヴィジョナル・プレーオフを見たかぎりでは、シアトルのほうが出来がいい感じ。

【1.15追記】
そういうわけで、プレーオフでは過去3回の対戦があるマニングとブレイディですが、そのうち2回はカンファレンス・チャンピオンシップだったそうです。けさ、NFL JAPAN.COMで確認しました。

あれー、3回ともディヴィジョナル・プレーオフだと思ってたんだけどなー。どうやら記憶違いだったようで。
2014.01.14(10:09)|スポーツ・プロレスコメント:(0)TOP↑
 組立完了。

drill02.jpg

 以前は30分くらいで組めたけど、今回はたっぷり1時間かかってしまった。それだけ手が遅くなっているのか。

 新旧をくらべてみると、細部の形状が違っているような気がする。すくなくとも、トリガー部分は微妙に違う。今回、組んだほうのインスコでは、クレジットが1999年になっているんで、このとき若干のモデルチェンジがあったのかも。

 ドリルチャックが1~2mm用と2~3mm用の2種類ついてるけど、旧タイプでは1種類だったような気もするし。正確な記憶じゃないですが。

 でも、たしか、浦和のユザワヤがまだプラモ関係をあつかっていたころに買ったと思うので、そうなると97年以前だよね。当時とくらべると、やっぱり多少のモデルチェンジはあったんじゃないかと思います。まあ、どうでもいいことですが。

2014.01.12(14:54)|日々の雑感コメント:(0)TOP↑
 タミヤのクラフトツール、電動ハンディドリル。

drill.jpg

 最初に買ったのは、たしか1995年くらい。これ自体が組立式で、ほとんどおもちゃなんだけど、実際に使ってみると必要充分というか、かなり使い勝手がいい。ドリル刃はφ1~3mmに対応しているし、リューターとしても使える。しかも、丈夫。

 使用頻度はそれほど高くないものの、初代はなんだかんだいって18年ももってしまった。

 その初代がついにご臨終になったのが大晦日。モーターのパワーがかなり前から弱くなっていたのにくわえ、ラチェットといっていいのかな、ドリル刃を固定する部分の効きが悪くなって、ついに使用不可能になっちゃったのです。

 とはいえ、そーいうこともあろうかと、何年か前に2代めを購入・組みたてておいたので、それをひっぱりだしてきて、使おうとすると……

 ドリル刃を固定できない。orz

 どうなってるのかわからず、何度かためしているうち、シャフトごと脱落してしまった。(TnT)

 しかたなく、分解してみると、どうも部品がたりない感じ。初代も分解して確認すると、かなりギアがたりないことが判明。

 なんでやねん。(TnT)

 どうやら、酔っぱらって適当に組みたてたため、部品をとりつけるのを忘れたらしい。

 そこで、初代からたりない部品をサルベージしてみたが、ラチェット部が古いパーツしかないため、やっぱり使えない。おまけに、ネジを締めたりゆるめたりしているうち、プラスティックのネジ穴がぐずぐずになってしまった。こうなると、もう修復は不可能でしょう。

 ということで、3代めを買うことに。

 ところが、amazonでは年末年始で需要が多いのか、ちょうど在庫が切れていて、ほかは定価プラス送料の店がほとんど。amazonなら、ふだん1100~1200円で売ってるので、2000円以上出す気にならず、結局amazonの入荷を待って、10日ぶりにようやく手にはいったしだい。

 なんというか、それほど使うわけじゃないけど、これが手もとにあるかどうかで、安心感がぜんぜん違うんだよね。木工とかにもふつうに使えるし。

 逆に、今回すこし調べてみたところ、このくらいの大きさで使い勝手がよく、かつ1000円台で手にはいる電動ドリルって、ほかにないのね。

 タミヤさんのクラフトツールって(クレオスさんのもそうだけど)、痒いところに手がとどくというか、とてもよく考えられたアイテムだということが、よくわかりました。

 さて、では組みたてますか。


2014.01.12(11:08)|日々の雑感コメント:(0)TOP↑
 ぐだぐだすぎて、何度も見るのをやめようと思ったゴウライガンですが、最終回だけはまともでありました。

 つか、これって1話と13話だけでいいじゃん。あとは適当に編集して、30分もあれば充分。

 とくに、前半2~5話はどーしょもなくて、とりあえず山本匠馬まではつきあおうと思ってたくらいで。でも、さすがに匠馬先生、同じばか役でも年季がはいってるぶん、存在感があったもんで、もうすこしがまんする(笑)ことにして、ようやくたどりついた最終回。

 真界皇が出てきて、これがヒールでっていうのは意表をつかれましたよ。あとは一直線で。でも、おばか作品は一直線のほうがいいわけでね。より道ばっかりのこの作品は、結局カーレンやセイザーの足もとにもおよびませんでした。

 とはいえ、最後にひとみが光人になる(のかな?)部分は、いくらかカタルシスもありましたが。優愛嬢、最終回は頑張ってました。って、見どころはそこかい。ヽ( ´-`)ノ

 でも、新川さんは今年イチオシの女優ですから。かならずブレイクするよ。

 ということで、ストックするのは1話と13話に決定。これでまたしばらく、特撮番組がなくなっちゃうな。あの2本以外は。さびしいかぎりであります。

 しょうがない。カーレンでも1話から見なおそうか(嘘)。

2014.01.07(10:08)|映画・テレビ・ドラマ・DVDコメント:(0)TOP↑
 感動のクライマックスは、意外にも艦同士の大決戦ではなく、イオナたんとコンゴウの愛の物語でありました。

 まあしかたないか。アルス・ノヴァ化したコンゴウが霧のアメリカ派遣艦隊を一撃でやっつけるっていうのは予想どおりだし、そのあとは戦いようがないもんね。

 ただ、なんというか、マギカのラストを見てるみたいな気もしましたが。

 結局、いちばん変質していたのはコンゴウだったのか。それがイオナたんとの物理接触で、正常にもどったというか。あくまで、イオナたん的な「正常」ですが。このあと、コンゴウは真実をもとめてさまようんだろうね。ここでいう真実は、アドミラル・コードというより自身の存在理由っていうこと。

 そこにイオナたんたちが交錯してきて……って、もうこれだけで続編ができそう。

 でも、このメンタルモデルたちの新しい存在形態というのが、真のアルス・ノヴァなんでしょう。と、きれいにまとめてみよう。

 それにしても、コンゴウさん、マヤだけじゃなく残存するナガラ10隻くらいも吸収・再構成して、とんでもないアルス・ノヴァ・モードになっちゃいました。最初に見た瞬間は、ダイソン・リングみたいな構造かと思ったけど(それっぽいモチーフがよく登場するので)、むしろイメージはバック・ベアードですかね。(^^;

 アメリカ派遣艦隊を一掃するためには、やっぱりアメリカの妖怪じゃないとならないのか、てなことを考えたりして。

 あと、メンタルモデルのイオナたん、やっぱり強すぎ。あれだけの攻撃をうけながして、最後は演算処理能力をこえてるのに無理やり拘束から逃れちゃった。

 このへん、もう理も非もないですが、それだけイオナたんの愛が強かったということで。本人は意志といってましたが、イ400・402との会話なんかをひきあいに出すまでもなく、仲間たちに対する普遍的な愛ですよ、それは。

 ということで、3カ月間、たっぷり楽しませてもらいましたが、これにて終了。あとは続編に期待ですね。とりあえず、今クールではおもしろそうなアニメもないし。

2014.01.06(10:08)|映画・テレビ・ドラマ・DVDコメント:(0)TOP↑
 三が日は完全寝正月と思ってたら、天気があまりにもいいもんで、結局あちこち出かけてしまったのだった。例によって、鷲宮方面とか。まあ、家にいても撮りだめした番組を見るだけだしね。

 きのうは菩提寺への年始ついでに、府中の駅のほうにも行ったんだけど、どうやら南口に最後までのこった地区で、2月からいよいよ再開発工事がはじまるらしい。そういや、9月に行ったときも、そろそろ店が閉まりはじめてたんだった。のこった店も、正月が終わるといっせいに閉店または移転すると書いてあった。

 これにて、思い出のある店はほぼすべて消えることになる。これでまたひとつ、府中に行く動機がなくなった感じ。

 思えば、15歳くらいのときには、もう再開発の話がはじまってたわけで、40年以上かけてようやく完了するんですよ。結局、商店主の代が変わらないと、立ち退きはむずかしいっていうことでしょう。

 そのなかで、当時からプラモを買っていた「みのる屋」さんは、国際通りの入口に移転して、まだ商売をやってました。店舗はちいさくなったけど、とにかく通りの入口の角店だからね。立地は前よりかなりいい。

 弟さんのほうに、「いい場所に移転しましたね」と、声をかけたら、すごくうれしそうに「そうなんですよー」と、いっとりました。きのうは店内が大混雑で、ろくに見てまわれなかったけど、次に行くときはどんな品揃えか、確認するつもり。なーんだ、やっぱりまだ行くのか。ヽ( ´-`)ノ

 そうそう。『パシフィック・リム』のブルーレイ、2日に日本語吹き替えで見たんだけど、ほんとに「ロケットパ~ンチ!」っていっとりました。やるなーと思う反面、ちょっと違うような気もしましたが、まあいいや。

2014.01.04(12:41)|日々の雑感コメント:(0)TOP↑
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR