FC2ブログ
パーツ館にようこそ
AB101.jpg

 そーいうわけで、できあがり。宇宙空間に見えますかね。見えないよね、影があるし。(TnT)

 PhotoShopの自動選択ツールでは、うまく切りぬきできなかったんで、とりあえずモノクロにしてお茶を濁しましたが。そのうち、時間をかけて宇宙空間っぽく細工することもあるでしょう。

 そういや、シルバーの反対色って、なんなんだろう? 背景をどんな色にしても、うまく切りぬけないんだよねー。(TnT)

AB102.jpg

 とりあえず、こんな感じで。基本的に、艇体は銀色基調、付属物は白基調というコンセプトだったんだけど、それだけではおもしろくないので、黒いセンサー類のほか、早期警戒システムだけはいわゆるグレイッシュブルー(クレオスの337)にしてみました。たいして意味はありません。なお、パイロンはほかと同様に白。

AB103.jpg

 左舷後部の金色のアンテナは、最大1kmまで伸長可能という設定。

 UFOが出現すると、地球や月との交信が妨害されるという現象に対処するもの。仮に、UFOから数百メートルの圏内で妨害をうけるとすれば、そのエリアより外にアンテナを出せば、すくなくとも受信はできるという発想で。

AB104.jpg

 降着装置というか、擬似翼の下端には、月世さんのサテライト・デカールのロゴを加工して、貼ってみちゃったりして。(^^)

 このロゴ、かっこいいんだけど、スケールモデルっぽいものには貼れないわけで、ここでようやく日の目を見たと思います。はい。ビバ、アストロボート。

AB105.jpg

 自作デカールはこんな感じで。こうして見ると、ロケット・ロゴに追加した「FAFC」の文字はほとんど見えないんですが。(^^;

 でも、こーいうところにこそ、凝るべきでね。ぜんぶ完全に自己満なんですが。

 そうそう。このデカールはガイアの「おうち de デカール クリア」を使用して、PhotoShopで素材を加工し、一太郎でコーション・マークなんかを追加したあと、一太郎からプリントアウトしているわけですが。

 このやり方の場合、一太郎でプリントアウトするさい、[印刷] → [プロパティ]から、[用紙の種類]をデフォルトの「普通紙」から、「Tシャツ転写紙」にするのがキモです。これに気づくまで、ずいぶん時間がかかったんだよなー。しくしく。(TnT)

 ひとつ、思いだした。

 上面やや後方にあるパラポラ・アンテナ一対は、そのシステムからして、2基とも前方を向くことはないか、あるとしてもほんの一瞬です。

 たしかに、どっちも前方を向いてるようなイメージがあるんだけど、本編を見ればわかるとおり、この作例が正解です。為念。

 もうひとつ、思いだした。オバQアンテナの位置ですが、ハッチ前方にセンサー・ブロックを追加した関係で、10mmくらい前方に移動させたのでした。このほうが、おさまりがいいと思うので。すくなくとも、イギリスさんはそういっておりました。(´・ω・`)

 閑話休題。

AB106.jpg

 アルティメット・ジニー、ほんとに地面(つか、着陸床)にくっつきそうなんだけど、いちおう紙1枚ぶんの隙間は確保してます。アストロボートの場合、着陸床を使用するのが原則なので、このくらいタイトな設計でもいいのです。

 すくなくとも、イギリスさんはそう以下同。

 ということで、おしまい。


2013.10.11(19:32)|アストロボートコメント:(0)TOP↑
 10年くらい前から、あきらかにわしらの世代を狙い撃ちしたホビーが、飛躍的に増えたと思う。

 メーサー殺獣砲車や轟天号のフィギュア、プラモデルにはじまって、デアゴさんの東宝特撮作品やアンダーソン作品のDVDシリーズ、最近ではアオシマの新金型サンダーバード・シリーズあたり。『2199』なんかもそうなのかな?

 こーいうものを一括して「おっさんホイホイ」と呼んでいるんだけど(おやじホイホイ、じじいホイホイなどの表現もあり)、またしても強力なおっさんホイホイがあらわれた。

dagram.jpg

 1/72スケール・プラモデル、ダグラム!

 写真はamazonさんから拝借しました。予約のリンクも貼っときます。こちら

 うわあ、こいつは160kmのど真ん中直球ですよ。同じスーパーリアル・ロボット路線でも、後続のボトムズはいまだに新商品が出つづけてるのに、ダグラムは放送時にタカラが販売してたものの、その後は再販もされてないからね。

 しかも、こーいうものを出すのはバンダイか、タカラトミー、童友社あたりだと思うじゃないですか。ところが、なんとマックスファクトリーなんだって!

 うおー、フィギュアのトップメーカーが、ついにプラモデルに参戦であります。

 しかもしかも、上記amazonその他の情報からすると、多色成形でスナップフィット、関節にはポリキャップを使用して完全可動、コクピットは開閉式と固定式の選択、クリンの着座フィギュアつきとのこと。つまり、MGガンダムと同レベルか、それ以上のクオリティらしい。

 やばいっす。30年以上前の亡霊がよみがえりました。

 このホイホイには捕獲されちゃうかもね。

 そーいや、こないだamazonのギフト券、もらったんだよなー。(´・ω・`)

2013.10.11(09:55)|プラモコメント:(2)TOP↑
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR