FC2ブログ
パーツ館にようこそ
 よく考えると、この話を100%追体験できるのはとーこちゃんだけだから、ブログに書くほどのことではないのね。(^^;

 でも、メモがわりということで。実際、3年くらいすると記憶が曖昧になるし。しょーがないのさ老齢域にはいってるんだから。ヽ( ´-`)ノ

 さて、さらに10数メートル進むと、なつかしい曲がり角があった。

hiho011.jpg

 その路地を曲がって、ずんずん進む。

hiho012.jpg

 すると、ああ、あれですよ!

hiho013.jpg

 当時は『マカロニほうれん荘』にちなんで、「ほうれん荘」と呼んでいた第3芳xx荘。

 結婚当初から5年ちょっと住んだ、なつかしのアパート。壁は塗りかえたようだけど、あとはそのまんま。ここの201号室がわが家の原点なのよのねわはは。(*^^*)

 とはいえ、なつかしのわが家は見つかったものの、ここまでたどりついた道はどちらかというと、保谷駅から帰ってくる場合の経路に近い。本来、ひばりヶ丘からだと、蓮見農園を通らないコースになるはずなのだった。

 なので、この路地をさらに進んで、昔の経路を探しつづけることに。

hiho014.jpg

 やがて、こういう風景に遭遇。ここはキャベツだっけ、けっこう大きな畑だったところで、いまも現役っぽい。つまり、かつて見ていた風景ということ。この道をさらに進んでいく。

 何度か細い道を曲がるうちに、

hiho006.jpg

 おお、本橋動物病院にもどった。ここが運命のわかれ道かあ。

hiho016.jpg

 この左の路地をはいるんだ。そういえば、たしかに見おぼえがある建物が多い。もと市議の家とか。

 こっちの路地をたどると、ここに住んでいた当時のように、駅からだいたい20分弱の行程だと確認。なるほどねー。若いころ……夢いっぱいのころの記憶がよみがえりました。(´・ω・`)

 それがもう、夢なんかなくてもいい世代にはいってきたわけで。ヽ( ´-`)ノ

 さて、行程がわかったので、「ほうれん荘」にはいる路地にもどった。

hiho019.jpg

 路地にはいるところにある会社とアパート。どちらも健在。おおー、よく観察すると、このあたりは当時のままですよー。

hiho020.jpg

 この郵便局は、引っ越して数年後にできて、とても便利に使ったところ。見た目も同じままだ。感慨。

 ただ、当時のままなのは、このせまい一画だけ。

 ここから10数メートルのところにあった「北町ショッピングセンター」はあとかたもなくなり、

hiho021.jpg

 敷地の半分には、こーいう建物が建設中でした。竣工は7月ごろだそうで。この一帯で唯一の、便利な食品スーパーだつたんだけどなー。追放された秘密結社メンバー(笑)が近くに住んでいて、そのスーパーでよく顔をあわせたりしていたんですが……恩讐の彼方ってことで、K村さんにも会いたいよね >まだ連絡をとりあってる人。

 ちなみに、敷地ののこり半分は、

hiho022.jpg

 整地作業の真っ最中。あと2年もすれば、ここにショッピングセンターがあったことも、忘れられちゃうんだろうねー。

 気をとりなおして、さらに進む。さいわい、神域は100年一日のようで、

hiho023.jpg

 近所で唯一の初詣先、天神社は昔と変わらないたたずまいでした。

 その参道にあたる小道ぞいにはいると、ほとんどの店がまだのこっていたのが感動的。

hiho024.jpg

 この五合庵松月さんは、当時いちばんうまいと思っていた目黒の一茶庵よりうまいそばを、安くて量も多く提供してくれたという、驚愕の蕎麦店だった。今回はサニーを優先したため、食べる余裕がなくて残念。それでも、いまもかなりうまいらしいとの伝聞情報あり。

hiho025.jpg

 ハッピーさんは当時かよっていた床屋。腰痛に効くというんで、けっこう高価なマッサージ機を買ったのもここでした、そういえば。

hiho026.jpg

 自転車屋をすぎてしばらくすると、またあの大通りに出る。

hiho027.jpg

 それをわたって直進し、しばらくすると、

hiho028.jpg

 おお、この右側のマンションは、当時はほとんど唯一のランドマークだったのだった。思いだした。「ほうれん荘」にくる道をおぼえるのに、この近くの壁の上に寝ていたネコをランドマークにした人がいたのは内緒。

hiho029.jpg

 この角店というか、交差路のあいだのせまい敷地にある建物は、当時は「縄文」という居酒屋だった。遮光器土偶とかがならんでいるんだろうかと思って、いそいそとはいってみたら、店主が屋久島出身の人で、つまり縄文杉のことだったというちゃんちゃん。

hiho030.jpg

 この交差路を左折して数十メートル行くと、

hiho031.jpg

 ほお、この店はまだあったのか。デザイナーの久世アキ子さんという人が自宅の庭先につくったという雑貨の店。こーいうところで。この人、コルゲンのカエル(2代め)をデザインしたとのこと。なぜか、久世という名字だけはおぼえていたりして。

hiho032.jpg

 もうすこし進むと、保谷駅が見えてきた。昔はここを曲がるとすぐ階段だったんだけど、駅舎自体が池袋方面にかなりずれて、

hiho033.jpg

 階段は向こうのほうに。

hiho035.jpg

 原っぱだった駅前は、いまや大きなロータリーに変身。この周囲は完全に再設計されていて、面影はほとんどない。唯一、「びぶりおさるうと」という書店が、さらに池袋よりに移転してのこっていたくらい。

 おしまい。

 そうそう。ほとんど同じエントリーを、7年前にとーこちゃんが書いていた。こちら

2013.03.20(09:39)|日々の雑感コメント:(1)TOP↑
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR