パーツ館にようこそ
 義兄の容態が悪化したり、いろいろ雑用があったりで、2週間近く放置してしまった。いや、2週間以上か。

 容態がよくなったわけどゃないけど、きょうは雑用も終わったので、生存証明を兼ねて。

 えーと、先日、確定申告の準備をしていたら、シャープペンが壊れた。それも、同じ日に2本同時に。

spen.jpg

 左の2本。ぢつはこの2本、25歳前後に買っているので、なんと30年も使ったのだった。左から、2Bの芯を入れた原稿書き用、Hの芯の線描き用。

 当時は原稿は原稿用紙に手書きで、しかもライターは万年筆なんか使わずに鉛筆がデフォだったのだった。30歳くらいには、ベタ原稿(字詰めを気にしないで書く原稿)はワープロ専用機で書くようになっていたものの、手書き原稿は38歳くらいまで需要があったから、左の原稿用はこれ1本で3000万以上は稼いだはずだ。考えるとすごい。

 線描き用はレイアウトに必要だったもの。当時はDTPなんか夢のまた夢で、とくに雑誌なんかの複雑なレイアウトは、ぜんぶこのペンで描いたんだった。したがって、これも十数年ですくなくとも1000万は稼いだと思う。

 そうそう。編集者、ライターだけじゃなくて、デザイナーもやってたんだよね。当時は出版のことはなんでもやったんだった。エキサイティングな時代だったものよ喃。

 その後、雑誌の仕事をやめて単行本だけになると、もう原稿はすべてワープロ専用機だけになり、Win3.1からはPCで書いてフロッピー渡しになり、やがて原稿のやりとりはメール、編集はpdfになって、今日にいたる。うーん。歴史だ。

 というのはおいといて。

 のこったシャープペンは右の1本だけになってしまった。これは左2本にくらべると新しくて、いわゆるシステム手帳を導入したときにそれ専用に買ったやつ。それでも、25年はたってるわけで、まあよく使ってるよなあ。

 原稿が手書きじゃなくなってからは、メモをとるくらいしか使わなかったから、そのぶん寿命が延びたんだと思うけど、それにしても、歴史だ。

 とりあえず、このペンを使うけど、携帯性を優先したデザインのやつだから、細くてやや持ちにくいのが難点。このさいだから、新しいのを買おうか。25年も使えば、成仏してくれるでしょう。


2013.02.21(12:08)|日々の雑感コメント:(3)TOP↑
 きのうのつづき。ここでちぎれた羽根さんが指摘していたHiMATの写真を見つけた。

himat-1.jpg

 なるほど、このアングルなら、翼配置は似てるかも。それにしても、30年以上前の機体なのに、よくおぼえてるなー。

 それと、私はインテイクの位置やエンジン・ノズルの形状から、てっきりF-16の改造だと思ってたんだけど、製造はロックウェルなのね。というと、F-16とは無関係なのか。これは勘違いでした。


2013.02.06(08:53)|航空・宇宙コメント:(2)TOP↑
 きょうのFlightGlobalは忙しい。しかも、これって超弩級のニュースでしょ。

Thunderbirds set for 2015 re-launch」というエントリー。

 なんと、2015年から、『サンダーバード』の新シリーズがスタートするそうな。50周年を記念して、復活をはたすそうで。

 その名も「Thunderbirds are go!」だって!

Thunderbird 2
(c)FlightGlobal

 もちろん、アンダーソンはこないだ亡くなったし、あのアホな実写版のこともあるから、軽々には判断できませんが、本家のITVがテレビシリーズとして制作するぶん、期待が持てそうかも。30分のエピソードを2クールぶんと、かなり具体的な部分まで発表されてるし。

 なんでも、「CGアニメとライブアクションの新しい融合」をめざすそうで、つまり、人間などのマリオネーション部分はCG、メカ部分はライブアクションつまりミニチュアワークなんだろうか? それならいいけど、逆だったりすると泣いちゃうぞ。(^^; 冷静に考えれば、逆の可能性のほうが高いわけだけど。

 それにしても、これをDEW(防衛関係のブログ)で紹介してるのが、さすがFlightGlobalであります。リメイクといわずに、リ・ローンチと表現するのも、いとをかし。


2013.02.05(10:14)|映画・テレビ・ドラマ・DVDコメント:(0)TOP↑
 イランがまたまた超越的な新戦闘機を公開した!

F-313-03.jpg

 その名もF-313 Qaher! アナウンサーの発音を聞いてると、カヘールと読むらしい。

f313-02.jpg

 なんとも先進的なデザイン!

 ネタ元はいつものFlightGlobalや、こちらなど。FGのブログDEW Lineでは、エイプリルフールじゃないよ、なんて揶揄されてますが。ありゃ? ここでは単座爆撃機と報告されてるよ。なるほど、F-117系ということでしょうか。



 でも、F-117じゃなくて、なんかに似てますけど。(´・ω・`)

X-36.jpg

 プラス、尾翼がついてるのがミソだったりして。X-36は無尾翼戦闘機の実験用だったわけですが。ないよりあったほうがいいとか?ヽ( ´-`)ノ

 そーいや、以前にはなばなしく発表したステルス戦闘機はどうなったんでしょか?

 FlightGlobalの関連記事によると、イスラエルでは「よくできたプラモデル」と断じてるみたいだし、実際にそのとおりとしか思えないけど。当然。

 過去にも、なんだっけ? F-5を無理やり双垂直尾翼にして、「F/A-18より強いぞ!」って豪語したやつ。ありました、これ。サーエゲか。こーいう与太をかましてくれたイランだから、今回もいろいろ楽しませてくれそうであります。

 しかし、X-36を持ちだすとは。理由がわからん。申し訳ないけど、そのスジの人間だと、ひと目でわかっちゃうよ、なにをパクったか。(^^;

 あと、エースコンバットとかにも出てきそうな。

【追記】
70年代末の高機動戦闘機の実験プラットフォーム、HiMATにも似ているそうな。ちぎれた羽根さんが教えてくれた。こちら


2013.02.05(09:47)|航空・宇宙コメント:(4)TOP↑
 スーパーボウルXLVII。

 30分も停電するだけでも恥ずかしいのに、そこでモメンタムがここまで変わっちゃうとは。たぶん、史上最悪のスーパーボウルっていわれるだろうな。

 まだ終わってないけど、すっかり見る気がなくなっちゃった。なんちゃって、年に1度のお祭りだから、最後まで見ますけどね。

前半はおもしろかっただけに、なんつーか。ヽ( ´-`)ノ

【追記】
終わった終わった。レイヴンズ・ディフェンスが最後なんとか踏んばって、きわどく勝ったからいいようなものの。

とにかくぐだぐだで、最後はレイヴンズが自発的にセーフティを献上して時間を使うという、とんでもな展開。いや、ルール上は問題ないんですが。スーパーボウルは35年くらい見つづけてるけど、こんなんはじめてですよ。

しかし、レイヴンズが負けてたら、敗因は停電だもんね。ありえねー。

2013.02.04(12:24)|スポーツ・プロレスコメント:(0)TOP↑
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR