パーツ館にようこそ
 すごいショックだ。(TnT)

 けさのスポニチでは、こんな感じで、続投が決定的だと思っていたから。

 今期の実績だけでいうし、とりあえず残留ははたしたし、リーグカップをとったし、天皇杯もベスト16にのこつてるし、世代交代のなかでは充分な実績をのこした。それはたしか。

 スポニチの記事を待つまでもなく、けさまでは続投が確実だと思ってたわけです。ですよ。

 それがひっくりかえったのは、たぶんブラジル代表のスタッフに招聘されたんだろうね~。ほかには状況的に、想定できないというか。

 ブラジル代表の監督は、またフェリペになりそうで(既報)、ここのコーチに呼ばれたんだろうなー。

 ほかにはちょっと、考えられないっす。

 だけどさ、そうなると、だれを監督にすればいいのか。イラク代表監督を蹴ったおぢさん、とかいう手もあるし、それはいい選択ではあるけれど……

 できるなら、レオニーあたりをキボンヌだったりして。ありえませんが。

 次は国内組かな。

 しかし、ショックであります。なんでだよー。(TnT)

 正直、うろたえておりまする。(TnT)



2012.11.29(20:08)|スポーツ・プロレスコメント:(0)TOP↑
 2-0でジュピロに勝って、クリーンに残留を決めたのが、いかにもオレンジ大宮らしいというか。

 1試合のこして、決めたね~。(^^)v

 これで7年連続くらい? 落ちそうで落ちないというと、かつてはアビスパの代名詞で、太宰府天満宮のグッズが受験用に売れいたとかいってたけど、ここまでいくと、大宮氷川神社が「新・落ちそうで落ちない」の中心地になってほしいっす。

 氷川神社もNACK5スタジアムに隣接してるんだからさ、そのくらいやればいいのに。つか、やってもらいたいよねー。つか、やれ!(笑)

 というのはともかく、最終節を待たずに、贔屓の2チームが残留争いからぬけたのが、なによりよかったよかった。来年はおたがい、優勝争いをしてほしいもので。

 さて!

 神戸が負けちゃったのだ。柏に。ワグネルすごい。で、勝ち点39のまま。

 神戸39、ガンバ38、新潟37。ここにセレッソの41までくわわってきちゃって、この4チームで陥落の2枠を争うことになったわけで……

 どうなるんだろう? 来週の最終節も楽しみ。今週まではどきどき、そわそわだったんだけど、次節はゆったり見られるのが吉ですね。

 とりあえず、よかった。(^^)

 とりあえず、次の注目は天皇杯ということで。


2012.11.24(19:49)|スポーツ・プロレスコメント:(0)TOP↑
 アントラーズは名古屋に2-1で勝ち。勝ち点43。

 ガンバはFC東京と2-2でドロー。勝ち点38。

 新潟は仙台に1-0で勝ったものの、勝ち点37。

 この2チームとも、最終節に勝ってもアントラーズを上まわることができなくなったので、アントラーズは残留争いから一ぬけ。やれやれ。ほっとしました。

 しかし、やーまさか残留争いにまきこまれるとはねー。きょうは小笠原が累積で出場停止、興梠が発熱で病欠という、いやーな展開ながら、ドゥトラの2得点でしのぎきったもよう。

 あとは大宮だけど、勝てば無条件で二ぬけになる。でも、ひきわけだとまだ落っこちる目がのこるんだよなー。まだはらはらする展開がつづきます。キックオフは1730時。


2012.11.24(16:39)|スポーツ・プロレスコメント:(0)TOP↑
 きのうの川口オート、ヒラ場最終日。この日はなんというか、最初と最後でベテラン勢が思いきり見せるレースをしちゃって、けっこう鳥肌ものでありました。

 まず1R。オンデマンドはこちら

 史上最高齢公営競技レーサーの谷口武彦(浜松)が、またまた勝っちゃいましたよ。これで今年は2勝めか3勝め。この選手の場合、勝つたびに「最高齢記録更新」になるわけで、もう行けるとこまで行ってほしいっす。

 このレースは2着も同じく浜松の田中悦郎で、この日年69歳で、合計139歳のワンツーという、信じられない記録ができちゃった。

 スポニチでも「【川口】70歳360日!谷口が最年長勝利記録更新」っていう記事が出てたくらい、ある意味で衝撃的なレースでした。

 そして、優勝戦12R。こちら

 優出しただけでもすごい且元滋紀(川口)がスタートをはりこんで、展開にめぐまれたこともあり、なんと6周逃げっぱなし。そのまま逃げきれば「史上最高齢優勝」になったんだけど、6周回4コーナーでややはらんだところを、同じ整備グループの若手、広瀬勝光がチョイ差し成功で優勝。

 とはいえ、大記録はならなかったものの、見せ場たっぷりで、ヒラ場なのに、堂前さんの実況がSGの優勝戦なみだったのが印象的。いやー、すごいものを見させてもらいました。はい。


2012.11.23(09:54)|公営競技コメント:(0)TOP↑
 J1のこり3節が終わって。

 うーん。アントラーズは前半2-0、3-1のビハインドを、後半でなんとか追いあげたものの、3-3で仙台とひきわけ。勝ち点40。うーん。勝ってれば降級圏1ぬけだったんだけどねえ。

 まあ、ここはtotoでもドローの予想だったし、浦和も広島を破って、ここまでは予想どおりだったんですが。

 そのあと、降格候補ががんばっちゃってねえ。(TnT)

 まず、新潟は1400時キックオフ組で負け。これでほぼ降格決定で、それはいいものの(黒崎が監督を解任された段階で、このチームは終わってたからね。って、いつの話だ(^^; )

 1700時キックオフ組の降級候補が、ぜんぶ勝っちゃった。(^^;;;

 細かいことはおくとして、結果的にアントラーズは降格圏脱出ならず。それどころか、勝ち点が2ずつ詰まっちゃって、以下のように。自分で計算した速報値なんで、間違ってるかもしれないけど。

 数字は順位、勝ち点、得失点差、のこり2節の対戦(H=ホーム、A=アウェイ)

13 鹿島  40 +4 名古屋(A) 柏(H)
14 大宮  40 -9 磐田(H) 清水(A)
15 神戸  39 -7 柏(A) 広島(H)
16 ガンバ 37 +3 FC東京(H) 磐田(A)

17 新潟  34 のこり2勝でも他力、ほぼ落っこち
18 札幌  落っこち

 やばいじゃん。ぉぃ(屮゚Д゚)屮

 のこり、1勝1敗だと、場合によってはアウト。したがって、1勝1分がボーダー。

 神戸は相手がきついけど、アントラーズのほうがもっときつい。 ・゚・(つД`)・゚・

 まるまる上位で、しかもACL出場がかかってて、モチベーションの高い2チームじゃん。(^^;;;

 大宮は今年もぬけそうだなあ。ガンバか底力があるから、のこりそう。つか、結局、ガンバとの得失点差になりそうというか、ガンバとの絡みになりそうな気配がまんまんで。

 やー、胸つき八丁であります。つか、相当にあぶない。しくしく。

 まさか、こういう日がくるとは思わなかったよ~。

2012.11.17(19:33)|スポーツ・プロレスコメント:(0)TOP↑

 本日は休み。以前とは違って、土日のどちらかはできるだけ休みにしていて、きょうは休みということで。

 その休みを利用して、家電など家庭内設備の見直しの一環として、こんなんに行ってきたり、帰りに以前から行きたかった、東京でもめずらしい(うちは埼玉だけど)ボリビア料理の店によったりしたんだけど、それはまたべつのお話。

 帰ってきてから、ずーっとぼんやりテレビを見ていたら、NHK-BSプレミアムで、ドラマがはじまった。

 このドラマが、すごい完成度。

 
つか、完成度高杉。

 それが『てふてふ荘へようこそ』であります。

 これ、最近3年間くらいで見たなかで、いちばん傑出したドラマかも。乾ルカさんの原作がいいのか、設定があまりにもおみごとで。

 登場する役者もなかなかといいますか、きたろう師はいつものことながら、最高にいい味を出してるし、黒川智花は『梅ちゃん先生』につづいて、NHKでいい役をもらった感じだよね。中村俊介の家主はメフィスト・フェレス的な狂言まわしなんだと思うけど、この役割がなんというか、とてもうまい。

 ある意味、『純と愛』も同じくスーパーネイチャーなんだけど、こいつが痛すぎるのにくらべて、『てふてふ』はその設定を最大限に咀嚼あるいは利用しているのが心地いい感じてあります。

 今夜の第3話以降、録画してしっかり見きわめたいと思います。

 同じ時間に『女酒場放浪記』(BS-TBS)も録画してるんで、うちの録画機器をはじめて「W録」で使うことになって、どうなることか、ぜんぜんわかりませんが。ヽ( ´-`)ノ


 
2012.11.10(19:35)|映画・テレビ・ドラマ・DVDコメント:(0)TOP↑
 先々週のことですが、うちにもなぜか「鍋用! ズゴックとうふ」が。ヽ( ´-`)ノ

zg01.jpg

 いえ、自分で買ったんじゃないですから。とーこちゃんが1カ月前くらいに、朝日新聞に載った記事を読んで、買ってきたようで。あたしゃそれほどアレじゃないというか。いやほんとに。

 つか、久喜にも売ってるんだー。このメーカーは相模屋さんといいつつ、前橋の会社なんだよね。だから、大手スーパーにははいるんでしょう。ちなみに、これはヨーカ堂で買ったと思われ。

 で、湯豆腐にしていただきましたが、味はなんというかノーコメント。(^^; やっぱりネタね。この豆腐なら、冷や奴のほうが適しているかも。

 でもって……

zg02.jpg

 ジャブローにひそむズゴックちゃん。いやそこは冷蔵庫。(^^ 

 こんにゃくとか、しらたきの山が、とてもよく似合うのであった。

 きょうの久喜は最高気温が15.1゚c! と、この季節にしては極寒だったため、鍋にするとのことで、この写真を撮ってあったのを急に思いだしただけ。つか、なんで写真を撮っとくかな。(^^;
2012.11.05(18:27)|日々の雑感コメント:(0)TOP↑
 去年11月3日付ブログのタイトルは「15冠!」。それからちょうど1年で、孤高のトータル……

 16冠達成! ナビスコカップは連覇で通算V5!

 試合内容はオフィシャルのこちら。これも歴史になるんだよね。

 今回は両チームとも若返り時期だったせいか、ある意味で監督の采配どおりの試合運びになるという、非常に興味深い展開。ここまで徹底するっていうのも、めずらしいんじゃないかな。

 ジョルジとエスパルス・ゴトビ監督の思惑がみごとに交錯して、大変におもしろい試合でした。はい。

 ゴトビは最初から攻めダルマ。ジョルジは前半、うけ気味にはいって、後半15分で勝負に出る作戦。とくに、後半最初からのドゥトラ投入で、アントラーズがエスパルスの守備の裏をとれるようになり、後半28分くらいに岳がPKを得ると、これを本人が冷静に見切って決めて先制。

 その後、1点返されてふりだしにもどり、去年同様、延長に突入したものの、延長前半3分に、やっぱりドゥトラ、増田から岳がぬけだして2点め。これが決勝点になった。

 なんといっても、岳が大一番でPKキッカーになり、それをふくめて2点とったっていうのが、最大の収穫でしょう。さすがは小笠原の後継者。アントラーズではボランチにはいることが多かったけど、きょうは本来のポジションで結果を出したわけだし。

 という感じで、アントラーズとしてはピンチらしいピンチはゼロ。これほど見てて楽な試合もめずらしいくらいだった。同点にされたPKにしたって、主審・家本の得意な疑惑のPKだし。スロー見ても、どこがファウルかわかんないし。

 正直、主審が家本っていうのが、唯一の不安材料だったもんね。終わってみれば、イエローは10枚と、家本としては平均的な乱発数でしたが、レッドが出なかったぶんラッキーというか。曽ヶ端と大迫、ドゥトラのは「戦略」(^^)だし。

 閑話休題。

 しかし、このきびしいメンバーでもリーグカップをとっちゃうところが、やっぱりアントラーズだねえ。

 今年はまだ降級の可能性がゼロじゃないけど、次の大宮戦で残留を決めて、あらためて元日をめざしたいところであります。

 あと、正確にはわかんないけど、ジョルジは選手と監督の両方でリーグ・カップを制した第1号じゃないかと。たぶんね。だとしたら、とてもおめでたい。(^^)



2012.11.03(16:25)|スポーツ・プロレスコメント:(0)TOP↑
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR