FC2ブログ
パーツ館にようこそ

 なんか、ぜんぜんやる気もないんですが、いちおう。

 11R決勝。248 35 76 91と、北が3人、村上兄のうしろは小岩という4分線。ラインの長い北が先行するかっていうと、それはなし。

 じゃ、康太かっていうのも、ちと微妙。中近が連携するなら、それもありだけど、村上はおそらく武田の3番手狙いと、中部競輪にも書いてある。たぶん。

 そうなると、33だし、うしろが神山だし、武田の閃光が農耕先行が濃厚でしょう。どうもこの最新ATOK、ばかでしょうがない。次にクリアインストールするとき、まともに動作してた2007だか08だかにもどそう。

 というのはおいといて、武田が先行だと、康太はもしかして8番手捲り? それはさすがにとどかないでしょう。むしろ、武田が気持ちよく駆けて、そのままっていう降参公算が大きい。

 捲るのは1に村上、2に渡辺で、やっぱりここは3番手無風の村上かな。

 あとは、いつものパターンで。捲る村上を神山が猛烈ブロック。そこをインに切りこむ小岩!

 3-6本線。かわしの6-3もいちおう。

 ほんとは3=9あたりで決まりそうなんだけど、それじゃ安いんで、このへんでひとつ。

2012.08.28(09:27)|公営競技コメント:(0)TOP↑
 Flightglobalに続報が。こないだのはときわ湯さんのおかげで、T-4の改良型(つまり、べつの機体)とわかったけど、こんどはロシアでの報道にもとづくそうで。

「Russian deputy prime minister calls for hypersonic PAK-DA bomber」というエントリー。

PAK-DA002.jpg

 でも、T-4MSも当たらずとも遠からずというか、ステルス性を考慮した可変翼超音速機になるんだ。ブラックジャックにSu-27の尾部をくっつけたような感じ?

 これは……設計思想がLRS-Bomberとはまったく違うことになるんだ。こっちはステルス性最優先の亜音速機だから。なるほどねえ。たしかに、あと10年もするとカウンター・ステルス技術が確立するだろうから、昔の設計思想にもどるっていうのは、アリかもしれない。

 ついで。このエントリーのなかに、こないだとはべつのLRA-Bのイラストがあったので、それも拝借。

LRS-02.jpg

 一瞬、B-2かと思った。(^^; つか、この角度だと、ほとんど見わけがつかないじゃん。胴体形状、コクピット形状が違うからわかるけど。

【8.29追記】
PAK-DAの初飛行は2020年代なかば、実戦配備は2040年代とのことで、どっちみちわしゃ生きてないな。ソースはFlightglobalのこのエントリー。


2012.08.28(09:08)|航空・宇宙コメント:(0)TOP↑
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR