パーツ館にようこそ
 そーいうわけで、プラモは3時間くらいしかいじくれなかったんだけど、いちおう手は出した。

 F-117はカブリオレが終わったあと、手なぐさみではじめたやつ。F-117にしたのは、予約したX-47Bとならべるため。20年15年くらい前に、タミヤのをつくったことがあるので、今回はハセガワの1/72。

 ところが、これって、ウェポンベイが閉じた状態しかできないんだよねー。ウェポンセットは別売で、しかもいまは販売してないようで。でも、X-47Bとならべるなら、爆弾くらいあったほうがいいんで、結局ハセガワのはうっちゃって、タミヤのを買ってきて、つくりなおしてるのでした。

 それで、きのうはそういうわけで、網戸でアバウトな仕上がりを強いられた(笑)もんだから、なんかすげー細かいことをしたくなり、爆弾をディテールアップしてみますた。(´・ω・`)

 F-117って、ほかはあんまり手を入れるところがないもんで。ヽ( ´-`)ノ

gbs-01.jpg

 こんな感じっすね。がいでっどぼむゆにっと27号。GBU-27ともいう。

 ネットを浚ったら、こーいう写真があったんで、これと同じように。デカールはジャンクからてきとーに。

 2時間くらい、これをやって、やっとアバウトな網戸を忘れることができました。ヽ( ´-`)ノ

 ついでに、先週までに手を入れてあったところ。

F117-001.jpg

 計器盤はハセガワみたいにデカールがはいっていないので、手描きでそれらしく。どうせコクピットを閉めると、ほとんど見えなくなるんだけど、まあ自己満で。

F117-002.jpg

 ピトー管やセンサーは、ハセガワのはそのままでよかったものの、タミヤのは短くてモールドも甘いため、真鍮線で置きかえた。

 シートベルトはファインのナノアヴィエーション。旧ドイツ軍用を加工したんで、パチもんだけど、気にしないのだ。どうせコクピット以下同。

 本日は脚をつけて、爆弾おさめて、あとは楽しい本塗装の予定。
2012.06.30(10:38)|プラモコメント:(0)TOP↑
 結局、きのうはこの夏前に網戸を張りかえる約束をしていたのを思いだして、そっちを優先したのだった。おおー、休日らしい!

 ところが、網戸張りは難易度がすごーく高い。(TnT)

 障子、襖にくらべて、思いきり高い。

 いや違うな。アバウトにやるなら、すごーくかんたん。1面あたり15分もあればできる。ふつうなら、これで充分なんだろう。

 だけど、完璧にぴんと張り、完璧に切りくずをのこさないようにしようとすると、これがドツボにはまる。とくに、切断は至難の技だった。

 あたしゃ、むだに器用なのが災いして、完璧にやろうとしてしまったのよ。結果、網戸1枚・2面に2時間半もかかってしまったよー。(TnT)

 とにかく、切れない。鋏ならかんたんに切れるんだけど、それじゃあまりが1cmくらい出ちゃう。それで、カッターを使うと、ぎざぎざになるし、刃はすぐなまるし、なまるとストッキングみたいに、すぐ伝線しちゃうし。

 汎用とベニヤ切断用と、2種類使ってみたけど、どうしても切りくずがのこる。電線しちゃうと終わりだから、また張りなおさないとならない。

 2回、失敗して、網がなくなっちゃったので、またデイツーに買いにいったところ、専用カッターっていうのが300円くらいで売ってたので、それで切ってみると……切断あとが5mmもあまっちゃうじゃん!

 つまり、素人が張りかえる場合、アバウトにこのくらいのこるのがデフォらしい。

 だけどさー、それじゃ醜いじゃん。(TnT)

 結局、このカッターは使わず、ベニヤ用のカッターで刃を1本消費して、やっとこ作業が終わったら、もう5時近くでした。ちゃんちゃん。

 教訓。網戸張りかえは極度にアバウトに。完璧な仕上がりをもとめちゃだめじゃ。しくしく。
2012.06.30(10:04)|日々の雑感コメント:(0)TOP↑

 やっと原稿1本終わり。今回は苦労したのだ。前半戦だけで30日かかるし。(TnT)

 途中、あとがきで煮つまって、まる2日かけちまうし。

 でも、後半は大好物のマールだったから、ばりばりと往年の小橋正義みたいに追いこんで、なんとか4日遅れで終わらせた。はー。

 で、きょうは気がぬけて廃人28号。作業は機械的にできるやつをちょっとやって、あとは休みにするぞ。

 とりあえず、そろそろF-117は完成させたい。

 それから……最近、『梅ちゃん先生』にボウケンレッドが出ていて、これがまたレッドのときとおんなじ演技をしてるのが笑っちゃうんだけど、その『ボウケンジャー』の劇場版でも見ましょうかね。久しぶりに。
2012.06.29(09:14)|日々の雑感コメント:(0)TOP↑
 MONDOでは、おとといから王座戦の告知がはじまった。名人戦「代表」は前原雄大になっている。優勝した飯田正人は、収録の段階では、もう入院していたんだろう。正確じゃないけど、3月中旬の最高位戦パーティには、飯田と金子が病気欠席したと、なにかで読んだような記憶がある。

 したがって、飯田のメジャーで最後の戦いになったのは、第6期MONDO名人戦ということになるが、ここでなんと優勝しちゃったんだよね。決勝第2回戦はこないだの日曜日に見たけど、これがまたなんともいえない対局で。

 決勝は2回戦の短期決戦で、1回戦の飯田はラス。土田浩翔がトップをはしり、そのまま逃げきりかなという雰囲気だったのが……

 飯田は起家。細かいアガリで加点して、流れを強引にひっぱりこむのは飯田らしいといえばいえた。でも、大魔神と呼ばれる所以になった爆発力は影をひそめていたし、テンパイにこだわっておかしな放銃をするなど、らしからぬミスが目だったのもたしか。

 それでも、途中で大きな手をものにして、土田をハコ下まで落として、オーラス。2着につけた親・前原が連チャンをめざすところ、息づまるような食いタンのみをアガって、優勝を手にしたのだった。

 なんかねー、この最後の食いタンにいたるあたり、飯田が発していた雰囲気は、執念じゃないんですよ。なんというか、牌の流れに逆らわず、牌と一体になった、ごく自然な感じで。

 その結果として、鮮やかでもなんでもない食いタンのみの終幕。これね、見てて震えましたよ。

 体力的には限界をこえていたようだけど、最後の1局まですごい麻雀を見せてくれた感じで。

 安藤満もたしか、最後のタイトル戦を優勝して逝ったと記憶しているけど、大魔神・飯田正人、みごとな有終でありました。

 
2012.06.22(09:57)|日々の雑感コメント:(0)TOP↑
 そういうわけで、4月からしばらく酒を飲まないようにしていたわけですが、その結果がどうなったか、先日、3カ月に一度の血液検査の結果が出ますた。

 で、どうなったかというと、問題だった肝機能系のうち、γ-GTP、GOT、GPTの3項目とも、すべて基準値よりわずかに高いものの、自分的には完全に健全な数値に回復しましたのです。ぉぉ!

 以前から、血糖値は基準値のどまんなかだし、コレステロール値は異常に低いし(とくに悪玉はLがついちゃうくらい低い、特異体質)、血圧もふつう、中性脂肪だけはかなり高いけど、これは下がったことがない、という体質なので、薬でおさえてある尿酸値をのぞけば、オールクリアですね。ぱちぱち。

 正直、もう年だから、今回はそれほどの改善は望めないだろうと思ってたんですが。まだまだ強いな、この肝臓。脂肪肝の傾向もなくなったし。

 だからって、めちゃめちゃ酒飲まなくてもいいんだけど。ヽ( ´-`)ノ

 というわけで、弥彦の酒屋やよいさんに、夏の酒を注文しちゃうのであった。(´・ω・`)

 メネ メネ テケル ウパルシン。
2012.06.21(10:12)|日々の雑感コメント:(0)TOP↑

 きょうはねー、仕事が一段落して、天気が回復したら、大宮本場に行くつもりだったんですよー。

 で、仕事はさっき原稿送って、一段落したし、天気も回復したんだけど……

 天気回復しすぎ。埼玉のこのあたりは、どうやらへたすると35゚cをこえそうな勢いで。伊勢崎は確実にこえるだろうなー。

 こういう日に本場をうろついたら、9割がた熱中症になるんで、泣く泣く現場参戦は断念することに。去年、熱中症でひどい目にあったし。

 きょうは101・102期新人紹介があるとかで、もしかするときょうから新支部長になる太田真一や、副支部長の小島雅章も顔を出すかもしれないと思ってたんだけど。

 あ、そうだ。関支部長、二塚副支部長、ごくろうさまでした。二塚さんはもう9年くらい、副支部長をやったんじゃなかったっけ。

 ということで、ぢつは根をつめて仕事してたもんで、今回は中継もなにも見てないんですが。

 12R決勝。4631 58 97 2。関東が4車で、石塚は単騎ながら、たぶん初手は北の3番手の3分線になる模様。ならびはいつものオフィシャル

 だれが先行するか、微妙だけど、やっぱり4車だし、地元の藤竜かな。馬場と荻原は捲りにかまえそうだから、ペース駆けできるし。

 ふつうは馬場あたりが捲りきるっていうのがアリなんだけど、ここは大宮。意外と、地元の3番手にひかえる河野あたりが、展開にめぐまれそうな気がする。最初は北のふたりからと思ってたけど、今回は河野からにしてみよう。

 2着は北村、馬場、荻原と小谷田。3-1579-1579。

 そういや、しばらく前に「グラチャン500ファイナル」って開催があったけど、あのファイナルは1年の、って意味だったのかな? で、今年も3戦くらいやるとか? よくわかりませんが。
2012.06.20(10:12)|公営競技コメント:(0)TOP↑
 そうかー、井上の作戦はハナから流れこみ3着狙いか~。イン切りは思いつかなかった。やられた。

 で、このメンバーだと、ワッキーの優勝はないな。すくなくとも、村上がかわすから。という決勝戦。

 11R決勝戦。93 48 6 71 25の細切れで、柏野は単騎。ならびはきょうもやっぱり北競さん。

 まず深谷。竜虎賞は車輪がハウスしたとかで、調子落ちではないとのこと。したがって、先行させたらほかのラインに勝ち目はない。となれば、ここはワッキー先行になるよね。どうしても。

 単騎前々の柏野はこの3番手にはいりたいだろうが、初手がおそらく井上の3番手なので、きのうの流れから見ても3番手は井上がとりきりそう。で、武田と深谷は捲りで充分という態勢でしょう、きっと。

 無風で先行だと、ワッキーの逃げきりまであるかもしれないけど、さすがにそうはいかないで、捲る3車のどれかにのみこまれると思う。じゃ、だれが捲りきるかというと、やっぱり好位置キープの井上じゃないかというのが結論。

 問題は2着で、もちろん合志はアリなんだけど、むしろワッキーの番手から発進する村上の、暑苦しさが上まわるんじゃないか。ということで、4-5を本線にしてみる。ウラも押さえ。

 あと、特別の決勝でヨーロッパ決着なんていうのもアリかも。選手権もやってる最中だし。関係ないけど。いちおうラインだし。だから、ひそかに468ボックスなんかも買っといてみる。

 なんとなく、深谷の連覇で決まっちゃいそうだけどね。

2012.06.17(10:25)|公営競技コメント:(0)TOP↑
 桐山強い~。なんか絶好調じゃん。あと、ワッキー。このどっちかが優勝するかも。

 でもって、準決ですが。なんか深谷が調子落ちっぽいというか、全員にマークされる展開になってるんで、ここがつぶれると高配になりそうな12Rなんぞをひとつ。

 12R準決勝。31 85 726 49の4分線。きょうも北競さん。

 3車でも平原は逃げないだろうし、深谷が先行しそうだけど、それだと勝機がない稲垣が、カマしてくる可能性が高い。あるいは、たたきあいになるか。いずれにしても、前は脚を使いそうで、3番手にはいる井上が有利になるといいな、と。

 で、平原の捲りがとどくかどうかだけど、とどかないほうに1票にしちゃおう。アタマは井上。

 したがって、相手は大塚、平原と、それをかわしそうな征陽。深谷はきても3着まで。

 8-257-12357。

 わりと安めの配当だと思ったら、きっと混戦になるんで、井上の評価が高いんだろね。



2012.06.16(10:28)|公営競技コメント:(0)TOP↑
 やっぱり、後閑が先行したでしょ。でしょ。神山がつくと、これやらかすんですよ。って、コバケンさんもそう予想してたけど。

 しかし、展開からなにから、パーフェクトに当たった。ここまで完璧だったのは、なんだかすごーく久しぶりみたいな。これで配当がもうすこしよければねー。

 気が楽になったので、2日めはもうすこし大きいところをひとつ。

 10R二次予選A。457 26 19 38の4分線。大塚と三宅は各ライン3番手ではなく、別線から中団狙い。きょうも北競さん。

 これも本命不在の激戦で、圭尚と海老根はいつでも番手発進の態勢。したがって、小嶋が2車ながら逃げをうとうとするはずだけど、すんなり逃がすとまずいんで、おそらくは桐山が死に役になるでしょう。

 友和も圭尚をのこらせたいから、死に役になる可能性はあるけれど、さすがにSSでそれは許されないと思うかもしれない。つか、思ってほしい。

 つーことで、先行は桐山。ここで、問題になるのはやっぱり大塚。きのう落車しているとはいえ、中団どりならいちばんうまいわけで、小嶋や友和が強引に中団を狙いにいくと、相当にごちゃごちゃするはず。

 そうなれば、これはもう海老根の番手発進でぴったりでしょう。

 とはいえ、海老根が桐山をのこそうと考えたりすると、出番がまわってくるのがハレトモ。3番手から寸チョンでアタマ。海老根は2着。

 7-5-オール。

 ほんとは5-7だと思うんだけど、これが1番人気なんだよねー。なので、あえてカワカワで。

 ハレトモくんが宮杯をとったのはいつだっけと思って調べたら、2008年だった。そのときの成績が4131。ほらね、2日めに1着とってる。って、なんの根拠にもなりませんが。

 函館はふるさとダービーもとってる、ゲンのいい場。なんちゃって。なんの根以下同。

2012.06.15(09:21)|公営競技コメント:(0)TOP↑
 おー、函館でついにGI開催。サマーナイト2回、ふるさとダービー1回の開催はあるけれど、GIは初です。当然ながら、池田牧人さんは実況のみで、さとゆみさんが司会らしい。解説も4日間、藤巻さんというわけにはいかないんでしょう。たぶん。

 景気づけに青龍賞でもと思ったけど、とりあえず超難解な9R東の選抜なんぞをひとつ。

 9R選抜戦。35 629 1478で、北関東が群馬と後閑・栃木の別線。南関は北のうしろ。ならびはオフィシャルから、いつもの北競さんを。

 なにが難解って、先行するのがいない。ふつうなら、こーいう場合、地元の圭尚が責任持って主導権とりにいくんだろうけど、ここはどうか。牽制しあってると、ときどきやらかす後閑のカマシ先行まであるかも、と、思っちゃったりするわけです。

 まさか兵藤のやつ、そこまでじゃましたりしないよね。(^^;

 そうなると、圭尚も木暮も捲りごろと見て、うしろでもつれちゃったりして。木暮がかわして伸びてくるとしても、アタマまではとどかず、神山がごっつぁんになるんじゃないかと。

 ということで、アタマは神山。相手は木暮、中村と、いちおう後閑も。圭尚は3着まで。

 2-369-13569。6-2もちょい押さえ。

 どっちみち、混戦なんで、おいしそうなところということで、ひとつ。

 と、思ったら、意外と人気筋じゃん。ちぇっ。

2012.06.14(09:39)|公営競技コメント:(0)TOP↑
 小学館の『独和大辞典』コンパクト版。いわゆる「大独和」であります。

ddw01.jpg

 1990年1月1日発行(奥付)の初版第一刷。値段は不明で、たぶん7500円だと思った。

 まあ、いちばんの商売道具です。これがないと仕事にならないというか。最初は三修社の技術語つきの独和辞典を使ってたんだけど、ろーだんをはじめてまもなくの91年夏には、これにチェンジしたはず。

 したがって、もうまる21年は使っているわけです。

 ほかに、仕事がPCになった95年からは、HDDにインスコして使える三省堂『クラウン独和』も併用しているけれど、やっぱり1日に平均して20回くらいはひくでしょう。21年間で153300回! ある意味、すごく酷使しているんだよねー。使いたおすというか。

 そのため、もうぼろぼろで。

ddw02.jpg

 ガムテープやビニールテープで補強したり、よれちゃって使えないページは切りとったり。

ddw03.jpg

 だましだまし、使ってきたけど、さすがにそろそろ限界かなと。まあ、完全に分解するまで使えば、もうあと5年くらいはいくかもしれないけど。

 一方、いまから12年前の2000年7月。当時はかよっていた国際ブックフェアで、小学館にいる知りあいと偶然に会い、話をしているうちに、大独和はもうこれで絶版になるかもしれないと、聞いたわけです。

 そこで、辞書は消耗品だから、いずれ新しいのにしないとならないだろうと思い、もう1冊、買っておいたのですよ。そのブックフェアで。

ddw04.jpg

 2000年1月1日発行(奥付)の第2版1刷。7800円。

 そして今回、そろそろ新旧交代の時期だろうと判断して、先日、この第2版をひっぱりだしてきたのです。うほー、ならべてみると、色からして違うな。

 で、使いはじめると、なんだかいちいち、微妙に違うのね。デザインとか、組み方とか。

ddw05.jpg

 たとえば、こんな感じで。しかし、古いほうのこの手擦れ感はすごいな。(^^;

 ためしに、同じページをくらべてみると、

ddw06.jpg

 このくらい、違う。級数もすこし大きいし、書体も違うし。

 見ると、ページ数も、初版が2711p、2版は2853pだった。けっこういろいろ変化があるんだー、と、買ってから12年もたって、はじめて気づいたりして。

 というわけで、のこりの人生は、この辞書とつきあっていくのです。

 この微妙な違和感に、早く慣れればいいんだけど。(^^;
2012.06.10(12:55)|日々の雑感コメント:(0)TOP↑
 MONDO.TVの麻雀テレビマッチは、ふだん土曜日か日曜日のオンエアで見る。

 でも、今週はなんかの拍子に、ゆうべ20時からのオンエアを見ることになった。そしたら、冒頭いきなり土屋アナウンサーが立っている。

 ぴんときた。飯田正人師が亡くなったんだ。

 実際、そのとおりだと、数秒後にわかった。大腸癌だったそうだ。5月18日没。享年63歳。

 なぜか知らないけど、涙が出た。会ったこともない人なのにね。

 癌なのは、もちろん、わかっていた。今年のバトルロイヤルのとき、いきなり毛糸の帽子姿であらわれたから。でも、その帽子をとって「頭をまるめた」とかなんとか、冗談をいっていたし、癌はいまはなおるというか、死なない病気だと思っていたので、「さすがは大魔神だな」くらいに思っていた。

 今回の名人戦でも、予選を順調に勝ちぬいて、決勝卓に進んだし。

 それが、まさか決勝第1回戦を待たずに亡くなるとは。

 あまりのあっけなさに、涙が出たんだろうと思う。

 飯田正人はまちがいなく、当代最強の雀士だった。競技プロだけでなく、すべてのなかで。もちろん、それほど華があるほうじゃない。それだけに、純粋に実力一本で、この世界に君臨していた印象が強い。

 今後、永世最高位を名乗れる雀士は出てこないだろうと思う。そのくらい強かった。だから、大魔神と呼ばれたのだし。

 もし、肩をならべる実力の持ち主がいたとすると、安藤満だろうが、この人も癌で逝ったんだよな。

 そういえば、今週、和泉由希子が3倍満で大逆転した王座戦のリピート放送をやっていて、それを見た。以前、ブログにも書いたこのとき

 このとき、この奇蹟の3倍満が成立したのは、飯田が一索を切らなかったからだ。あの一索を握りこむのは、ふつうならありえない。解説の梶本さんも「この人なんですか?」「まじっすか?」を連発してたくらいで。

 これが、飯田正人の強さだった。あの最強雀士の打ちまわしは、もう見られないんだよね。

 まさか、ただテレビで見ているだけの一プロ雀士の死が、これほどこたえるとは思わなかった。でも、それも大魔神の実力のうちなんだろう。とにかく、稀代の勝負師がまたひとり、いなくなった。それがさびしい。

 合掌。


2012.06.09(10:32)|日々の雑感コメント:(0)TOP↑
 ITMediaが速報を打ってた。「レイ・ブラッドベリが死去」という記事。

 読売あたりも記事にはなってるようで、ゆうべわかったらしい。でも、くわしい報道はなし。91歳とのこと。

 うーんと、ブラッドベリっていうと、やっぱり『火星年代記』にとどめを刺すでしょ。あとは短編集。『スは宇宙のス』とか。年代記も短編集だから、私としては短編作家のイメージなんでしょう。つか、『華氏451』はたぶん読んでないと思うし。

 あと、やっぱりキャナルだな。火星年代記あっての宇宙年代記っていう側面は、たしかにあったから。私にとっては、宇宙年代記が先ですが。

『たんぽぽのお酒』は、たしか萩尾さんで読んだような。山岸凉子さんかな?

 ある意味、わしらより5~10歳くらい上の人にとって、より思い入れの強い作家なのかも。

 合掌。(-人-)

2012.06.07(09:09)|小説・本コメント:(0)TOP↑
 最近、マクロス関連のプラモがかなり再販されている(まだ大半は予約段階だけど)。どうしてかと思ったら、今年が30周年なんだそうだ。

 そうかー、そりゃまあ、『ゼロテスター』からはじまる(あえて『ヤマト』からとはいわないのがミソ)ムーブメントは、この82~83年くらいがピークだったからね。大半の作品がここにきて30周年を迎えているわけで。

『ダンバイン』『ボトムズ』が83年で、ここまでかな? 『エルガイム』になると、終わった感が強い。『バイファム』も83年だし。『ゴーグ』が84年だけど、いまとなってはインパクトがイマイチの印象。

 個人的には、ハードなアニメに疲れて(笑)、このころはもう『うる星やつら』とか『ミンキーモモ』(笑)とかにシフトしつつあって、やがて『魔法の妖精ペルシャ』でとどめを刺されるわけですの。ヽ( ´-`)ノ

 いや、そーいう話じゃなくて。

 えーと、『マクロス』は主題歌は歌えます。『パイロット』もなんとか。ここ1週間くらい、ずっと脳内音楽になってるし。

 最初はおもしろがって見てたけど、くわしくはいえないがけっこう内輪ネタがあって、だんだんめんどくさくなって最後はほとんど遠ざかっちゃった作品なのだった。ある意味、同系列で『イデオン』という最高傑作が前にあったし。

 そのせいで、ぢつはバルキリーのプラモというのは、つくったことがない。というか、つくったことがないのに、つい最近になって気づいた。

 考えてみれば不思議で、ダグラムやボトムズはかなりつくったんだけどね。べつに、「F-15派だから、F-14はイマイチ」というような理由ではないと思うけど。

 とにかく、一度もつくったことがないのに気づいて、いちおう用意してみますた。

val-ju87.jpg

 1/72にしたのは、Xウィングやスペースドーラとならべるため。ハセガワなら、バンダイの可変重視よりリアルかなと思ったし。

 そーいうわけで、それほど思い入れのある機体ではないので、ディテールアップなどはいっさいしないつもり。とんがってるところを、さらにとんがらせるくらいで。

 つくるのは、早くて年末くらいでしょうか。

 ちなみに、同時にとどいた下のシュツーカG-2は、スペースウルフ改造第2弾「スペースドーラ・カノフ」(仮題)用の部品とり兼プロポーション検証用。これはもう来年の心だな。

蛇足:カノフ KanoVはKanonen-Vogelの略です。ヤークトボマーをヤーボというがごとし。為念。
2012.06.06(09:58)|プラモコメント:(4)TOP↑
 いまにはじまったことじゃないけど、そこまでして平原を勝たせたいのかっていう記念なんだよなー。それも、ここ5年、大宮と計10回、ずっとだもん。

 だから売上がほかとくらべても落ちるんだという話は、これまで何度となく書いているんで。ヽ( ´-`)ノ

 だから、決勝は平原から買わない。

 11R決勝。29 487 3156。展開もくそもないっつーか。平原、友和、松谷とも、2段駆けする気まんまん。したがって、どの組みあわせでもたたきあい必至。

 その場合、武田はいくらなんでもばか駆けはできないから、捲りにかまえて、バック捲りで出きっちゃうと。

 で、平原どうぞといったとき、友和が飛んでくるのよ。びょ~んと。

 そこで、平原が例によって過度なブロックを炸裂させて、あいたインに切れこむのが宗景!

 もうね。見てきたような、ですよ。自暴自棄。

 宗景は武田までかわしちゃって、記念初制覇。2着武田。

 もう4年前になるか、大宮で平原の連覇を阻止したのが、いい人矢口であった。こんどは宗景がやらかすのだ。なんちゃって、まさか群馬つながりで金子真也がきたりしないよね。ちゃんちゃん。

 5-3-オール。ウラ押さえ。
2012.06.05(12:01)|公営競技コメント:(0)TOP↑

 わはははははもろに岩津がきた。(TnT)

 しかし、特選で50万シューが出ますか。村上は人がいうほど……まあいいや。

 さ、きょうは9R二次予選。23 51 79 648の4分線。藤田の出方しだいで展開が変わる可能性もあるけど、とりあえず岸澤が先行で、藤田と湊は中団どり。

 藤田が行っちゃうとしても、中団は湊がとるはずで、逃げる、または捲る岸澤をかわした宗景に、湊と西田が襲いかかる。というストーリーにしよう。

 岸澤が3着にのこる可能性もあるけど……379ボックスでいいや。
2012.06.03(12:19)|公営競技コメント:(0)TOP↑
 きのうの富山12Rはすごかった。コバケンさんも記憶にのこるレースになるだろうといってたけど、たしかに。あげく、50万シューで決着して。とってれば文字どおり、一生記憶にのこるんだろうけどねー。(^^;

 ひとつメモ。ワッキーは確変終了。宮杯初日ははずして買うのが吉。

 ということで、きょうから西武園。ゴールドウィング賞はたしか、ゴールデンウィークにやるから、同じGWになるようにつけた名前だと聞いてたけど。まあいいですが。

 きょうとあしたは、Aチャレ、A級ファイナルっていうレースがはささまってて、12R制になってる。なにかと思ったら、レインボーカップなのね。まだやってるとは知りませんでした。もともと、ファイナルに乗った時点で昇級班決定なんで、あんまり意味ないし。まあいいですが。

【訂正】きょうは勝負駆けの選手がふたりいるね。ということは、ファイナル進出時点で昇班決定じゃなくなったんだ。ルールが変わりすぎてついていけない。(TnT) つか、A級はもともと見てないけど。

 では、10R初日特選なぞをひとつ。436 8 59 721の3分線プラス十夢は単騎選択で、たぶん初手は岡山4番手。ならびはオフィシャルの周回予想

 特選のうち、もつれるとするとこれなんだけど、どうでしょうか。守谷が先行で、池田がつっかかればもがきあいもあるかもしれないけど、それだと友和の捲り一閃で終わりだから、池田は自重するよね。たぶん。

 だから、守谷がペース駆けになって、それでも友和の捲りで決着しそうなところ、でもここは埼玉、十万石饅頭の里。最近は捲りが決まる池田が、なぜか知らないけどかかっちゃって大外強襲。対して岩津は友和を牽制して池田が目にはいらず、結果、池田の寸チョン。

 という、あんまりなさそうなところからひとつ。2着には宗景のほか、岩津と友和で。

 7-235-23569。岩津がアタマかな? まあいいや。

10man.jpg

 そーいうわけで、写真はイメージです。うまい、うますぎる。

2012.06.02(09:55)|公営競技コメント:(0)TOP↑
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR