パーツ館にようこそ

 きのうにつづいて、2日連続の大雷雨ですが。

kisho001.jpg
(c)tenki.jp

 また、もののみごとに久喜ピンポイント直撃で。

 それで、さっき、瞬電がありました。PCのほか、テレビをつけていたんだけど、画面がとぎれたようには見えなかったんだよねー。だから、たぶんコンマ01秒とか、そのくらいの瞬電。

 それでも、UPSってのはすごいもんで、しっかり反応するのね。やー、驚きました。

 ここ10年くらい、瞬電はないと思ってたけど、実際にはけっこう発生しているのかも。

 じつは、今月の瞬電はこれが2度め。

 去年4月にUPSを導入して以来、一度も起きなかったのに、ここにきてたてつづけであります。高価なUPSだけど、やっぱり導入して正解でした。

 って、もともとは瞬電・サージ対策じゃなくて(サージ対策はタップ段階でもやってる)、電力不足による不慮の停電対策なんだけどね。
2012.05.29(15:26)|PC、webコメント:(0)TOP↑
 とくにネタもないんで、先々週にとどいたプラモでも。

mx-47b01.jpg

 プラッツの1/72 X-47B。箱には「無人爆撃機」と書いてあるけど、実戦配備されるとたぶん侵攻攻撃機みたいな名称になるでしょう。アメリカ海軍に「爆撃機」はないし。

 それと、Xナンバーもしかたないとはいえ、芸がない感じで。正式化の場合、F-35の例からみて「UA-47A」「AQ-47A」とかになるはずで、そのほうがいいかも。って、これじゃなんの機体かわからないか。(^^;

mx-47b02.jpg

 パーツ数は53点+デカールで、主翼の折りたたみ状態も再現可なんだそうで。そうかー、無人機だから、コクピットがないのかー。つくるのはかんたんですが……モノアイでも仕込もうか。

mx-47b03.jpg

 インスコとデカール。モノアイ(入れるとして)以外は、素組でオッケイっぽい。現状じゃほとんど架空機だし。

 それで、現有機との大きさ比較ということで、

mx-47b04.jpg

 つくりかけ(というか放置中)のF-117とくらべてみた。わりとコンパクトに見えるけど、F-117はけっこう大きいんで、これもそこそこのボリューム。とはいえ、F/A-18EFより場所をとらないのはたしかでしょう。

 つくるときもF-117とならべるから、駐機状態にしましょうかね。ウェポンベイを開けるかどうかはそのときになって。いま売ってるハセガワのF-117には、ウェポンベイがないんだよね。昔の金型のときは、ついてたんだけど。だから。

 問題はいつつくるかだけど、F-117の次にはさわりたいな。

 それはともかく……こいつが実戦配備されるとして、艦隊防空・戦闘がF-35C、攻撃はAQ-47ってことになるのかね。とすると、その他で使用のF-A-18系とあわせて、おおざっぱ3機種になるのか。あとE-2D。

 スーパーホーネットみたいに、なんでもこれ1機種っていうのも、運用は楽そうだけど、見るぶんにはこっちのほうが楽しいよね。たぶん。
2012.05.29(10:21)|プラモコメント:(2)TOP↑
 なんか、あたり前の決着が多くて出番がないけど、乗りかかった船で決勝も。

 12R決勝。37 15 28 69 4の細切れで、松坂が単騎。ワッキーの番手は加倉。ならびは4日間とも、オフィシャルの青競さん。

 これがまた超難解なレースで。自力で行く気まんまんなのが5人もいれば、どう転んでもおかしくないわけで、しかたないというか頭が痛いというか。

 ただまあ、先行はカマシでもタタキにいっても早坂。これは決まりでしょう。対して、ワッキーがどう出るかが問題。たたきあいかなあ。うしろが他地区だし、調子よくないみたいだし(あれでか)。

 コメントで気分的にきついっていってるんで、ここはそれを信じてみよう。たたきあいは回避。やや後手を踏む捲りにかまえることにする。

 そうすると、中団をとるのは神山甥。松坂はとにかくワッキーを牽制して、ここは共倒れになりそうな予感と。こーいう展開で。

 神山と吉田が捲りあいになると、番手に小橋がいる神山に有利だから、アタマは神山で。2着は前のこりの岡部、番手の小橋と、切り替えてる志智あたりでどうでしょか。

 2-789-13789。

 それと、応援車券で8-2オール。

 2-9はまあ、ありだよねえと、弱気。



2012.05.25(10:04)|公営競技コメント:(0)TOP↑
 きのうはいいものを見させてもらった。小橋の自力捲り。やっぱり、加倉ががんばると自分もと、思うのかもしれない。

 その小橋はとーぜん、いい人矢口の直衛になるけれど、岡部といっしょになった番組は意外。これは……矢口、勝てないっしょ。

 12Rは無難にワッキーだろうから、波風がたちそうなのは10Rくらいか。

 ということで、10R準決勝。24 158 936 7で、西谷が単騎。吉田のうしろに神山甥がつくという、かなりひねりのきいたならび。したがって、だれが主導権をとるかもわからない。

 まさか、単騎の西谷が逃げるとも思えないけど、思いきりカマシた場合は、吉田が楽に追いついて、神山とワンツーかな?

 でも、それはない。吉田に行かせると勝機がない田中がしかけるんじゃないか。対して、吉田はうしろが他地区だから、自分だけとどけばいいタイミングで捲り。この場合、西谷は出番なし。

 あとは、田中がうまいことペースで駆けて、吉田がとどくかどうかのレースなので、加倉をふくめた3人で決着すると。そのへんでどうでしょうか。

 139ボックス。わりと安そうだけど、これでいいのだ。
2012.05.24(10:32)|公営競技コメント:(0)TOP↑

 終わってみれば、ワッキー強しというより、いい人矢口が無風で先行させた段階で、オワというか。矢口いい人すぎ。

 また3カ月くらいボウズがつづいているんで、きょうは当てにいきたいぞっと。

 9R2次予選。715 39 42 86のきれいに地区別4分線。加賀山の先行、田中の捲り一閃。それを加倉がかわすという、これ以上ない、わかりやすい一戦。

 とくに、加倉はこれが久々の予選スタートということで、すくなくとも優出しないとまずいから、ぜったい落とせないはず。だからといって、脚が三角にまわることはないんで、連はかたいかなと。

 問題は相手で、やっぱり勝瀬に目がいっちゃうわけです。位置は絶好だし。

 ということで、このふたり。配当のよさそうな1-9を本線。ウラ押さえ。ド本線の9-3で決まったら、それはそれでしかたないということで。
2012.05.23(09:39)|公営競技コメント:(0)TOP↑
 さて、きょうから前橋は4日制のFI。鈴木保巳メモリアルになってからは、3回めかな? どうやら、記念の三山王冠がない年は、これが準記念のあつかいになるっぽい。

 4日制ということで、勝ちあがりもふだんとは違って、予選の1着と初日特選の1~4着が、2日めの特別優秀戦に進んで、準決フリーとのこと。初日特選は2次予選フリー。

 その12R初日特選をひとつ。126 395 748の3分線で、ならびはオフィシャルの青競さん。

 ぱっと見で驚いたのが、ワッキーのうしろに北の両者がつけるという、驚愕の展開。しかも、岡部のコメントが「斉藤正剛のアドヴァイスでワッキーの番手」だそうで。う~ん。いえね、ふたりが番手で競るっていうなら、よーくわかるんですが(笑)。

 このコメントひとつで、なにかが起こるんじゃないかという、いやーな予感がしたぞ。ヽ( ´-`)ノ

 なので、ワッキーの逃げに対し、いい人矢口がおとなしく捲りにかまえることはないと、そういうことにした。たたきあい上等です。地元だし、はい。

 そうなると、田中もワッキーのうしろをとりにいく可能性がある。

 というように前団がもつれると、これは吉田の捲りもとどくんじゃないかな。相手は志智のほかに……混戦からぬけだしてくるのは神山甥あたりか。

 なので、7-49-245689。

 ワッキーと矢口をはずしちゃうというのは暴挙だけど、はなっから暴挙なんで、まあこのあたりでいきます。
2012.05.22(10:14)|公営競技コメント:(0)TOP↑
 義母の法事で、金曜の夕方から、十日町に行ってきた。木の芽食えた。へぎそば食えた。以上。

 ではなくて、古い友達ともほんの少々会ったりもして、ゆうべ帰ってきたんだけど、それはまたべつの話。

 今回はとーこちゃんと別行動なので、電車の往復が暇ということで、駅でぼんやり買った雑誌がこれ。

maru6.jpg

 潮書房の雑誌『丸』。創価学会系の潮出版社じゃなくて、戦記ドキュメンタリー専門出版の名門、潮書房の『丸』ね。

 なんつーか、ぼんやり読むっていうと、こーいうのが多いわけです。昔から。90年代後半からしばらくは、PC関係の雑誌が多かったけど、またもとにもどった感じで。

 なかでも、『丸』は小学校4年くらいのとき、生まれてはじめて定期購読した雑誌(笑)なので、けっこう愛着があるというか。最初に買ったのは、たしか戦艦『陸奥』か『長門』の副砲がひきあげられたニュースが載ってたやつで、表紙も錆びついた副砲だったのを、鮮明におぼえていたのして。ヽ( ´-`)ノ

 そういえば、1月、義母が亡くなったときに買った雑誌はこれだった。

kan3.jpg

 これでした。海人社『世界の艦船』。『世界の艦船』はいまも年に1回くらい買ってるな。

 そーいう意味では、この45年間、揺るぎない趣味ということになるような。(^^;

 ちなみに、ひこーき関係はここ25年、ほとんど買わなくなったのです。開発機数が激減して、重スミが増えたため、飽きちゃたもんで。あと、いまはネット経由でFlight Globalが読めるから、ニュースソースとしてはこっちのほうが上だし。

『丸』については今回、資料をいくつが発掘したので、近いうちにいずれまた。
2012.05.20(12:49)|小説・本コメント:(2)TOP↑
 今週末は静岡ホビーショーなので、プラモ関係はすっかり浮き足だってるきょうこのごろですが。

 そのホビーショーで、例の1/72スペースウルフのハーロックカスタムが展示されているそうで。ホビーサーチのこちらとか。

 すべりこみでまにあったなと思いつつ、ハセガワのサイトも見たら、できてました。こちら

64701.jpg
(c)hasegawa-model

 なんとなく、黒い機体には黄色系というイメージがあったんだけど(もちろんブラックタイガーのせい)、赤系もありですか。なるほどね。ふつうの赤じゃなくて、フェラーリレッドかな? 黄色にくらべると、やや締まって見えるぶん、地味めかも。

 最初のアナウンスからの追加変更点として、機首上面機銃の口径がちいさくなって、主翼の派中のうち外側2挺がガンカメラに換装されたとのこと。また、これはキャノピーも大きくなってるのか。すくなくとも、デザイン変更はあったもよう。

 したがって、機体上面のフォルムは相当に変わったらしい。どうせキャノピーを変えるなら、これもシュツーカみたいに角ばってたほうがよかったかも。なんちゃって。

 まあ、買うかどうかはわかんないですが、ふと思ったんだけど、これでブラックタイガー塗装っていうのはアリかもね。スペース・ドーラとならべると、けっこうかっこいいかも。キャノピーはシュツーカ風に自作とか。(^^;

【追記】
逆だ! 対戦車砲つきのシュツーカを買って、手持ちのスペースウルフとドッキングさせれば、スペース・シュツーカになるじゃん! こんどはサイレンつけられるかも。(^^)

 次の次はこれかな?

2012.05.18(10:10)|スペース・ドーラコメント:(0)TOP↑

 いい天気だけど、やっぱり遊びにいくわけにはいかないか。(^^; 6月にもFIがあるんで、今回はネッ投で。

 12R決勝。67 15 83 429の4分線。ならびはオフィシャル

 松谷が先行宣言しているものの、同期の岡崎がいるから、すんなり主導権をとれるかどうかは微妙。それでもまあ、松谷がたたき切るとして、松坂が2段ロケット。ここまではいいでしょ。

 そこを捲る吉本と上原だけど、これは吉本に一日の長があるというか、松坂と同期だから、負けたくないところというか。

 ゴール前はこのふたりの一騎打ちになるなじゃないかと、そういう読みで。

 そこに芦澤とか、佐藤康紀とか、ひょっとすると切り替えてる朝日あたりがつっこんでくるから、これはどこからでも狙えるよね。ヽ( ´-`)ノ

 でも、それじゃ話にならないんで。

 吉本=松坂でいい気もするんだけど、吉本のうしろにいる佐藤あたりが、逆に力まずに差しきるんじゃないかということで、相当薄いけど、ここから。

 5-123-12379ってなところで、ひとつ。あれ、それほど高配でもないじゃん。

2012.05.16(11:08)|公営競技コメント:(0)TOP↑
 本日は曇りで雨もよい。つか、ときどき雨くらいで、そうひどく重くはないんじゃないかという埼玉。ただし、優雅手になると本降りになりそうで、そうなれば逃げ有利かも。

 なので、本降りになる前の10Rあたりをひとつ。

 10R準決勝。16 72 53 894の4分線。ならびはオフィシャル

 上原は単騎だと思ってたら、栗林が南関のうしろじゃなくて、こっちについた。先行はメンバー的に守谷かな。岡崎が行く気配を見せても、たたき気味にペース駆けに持ちこむでしょ。それを小埜と上原が捲る展開で、さてどっちがとどくか。

 小埜のほうが信頼性が高い気もするけど、きのうのできからは上原。ただし、稍重で1着までは無理というか、ぶなんに井上がかわしそうな気配かな。なので、井上のほうをアタマ。

 3-1を本線で、あと守谷とのボックスも。135って、安そうだな。ヽ( ´-`)ノ
2012.05.15(10:08)|公営競技コメント:(0)TOP↑
 そーいうわけで、いい天候なのに、本場に行けないのだ。しくしく。なんちゃって、もともと水曜日に参戦の予定だったんで、当日どうなるかわからないけど。ヽ( ´-`)ノ

 全プロ開催日のFIで、地元もかなり手薄。特選にだれも乗ってないし。見るのは例によって、山田義彦くらいで。そのかわり、舘泰守とか、気に入ってる選手はけっこう多い。

 ということで、しがらみのない初日特選をひとつ。

 12R初日特選。295 16 43 87の4分線。ならびはオフィシャル。小埜が松坂3番手でなく自力にかまえて、そのうしろに佐藤康紀。

 ここでの目玉は、つか、今回の目玉はこないだの平塚で記念初V達成の芦澤大輔でしょう。とはいえ、あれはレースをぶちこわしたやつがいたからの結果でねえ。このメンバーからするとどうなのかと小一時間。

 吉本が逃げて、守谷の2段ロケットが決まると、朝日とのワンツーもありだけど、ここに芦澤がからむはずで。で、荒っぽい芦澤だからなにかが起きたりして。

 むしろ、それを尻目に悠然と捲る松坂が有利とみた。小埜は中団にかまえてるけど、松坂が捲ったらじゃませずついていくだろうから、このへんの南関勢で勝負。

 8-347-2347。

 あと、林と小埜がかわす47-478-478も。
2012.05.14(10:16)|公営競技コメント:(0)TOP↑
 でもって、仕事もなにもできないんで、ぼんやり競輪なんぞを見ていたら、人事異動がふたつ。

 まず、前橋。3月のいつだったか、年度末開催の最終日にいきなり「日本写真判定のつごう」で、高橋しげみさんと磯一郎さんの降板が発表され、なんとなく不穏な感じをのこしていたわけですが。

 で、きのうの全プロ記念を見ると、司会になんと寺門カオリン夏織さんが登場していた。また、実況はミッドナイトでも担当していた平山信一さん。インタビューは大橋郁美さんで、これがレギュラーになるのかな?

 しかし、カオリンさんももう12年め? スピチャンのキャスター2期生だから。さすがにベテランで、安心して見てられます。

 次。川崎。去年からコバケンさんは富山優先で、富山が開催中は荒木実さんが専門解説になってるわけですが……

 なんと、今回のナイターからは、FI開催も司会が二宮ニノになっちゃいましたよ。

 ニノもそつがないのはたしかだし、もう4年やってるから、知識はそこそこなんだけど。ここはどうしても、前任者とくらべられちゃうからねー。つか、宮田さんはもう出ないんだろうか?

 コバさんとメグさんのコンビは、かれこれ9年つづいていたわけで、そのふたりがいない川崎ナイターというのは、どうなんでしようか。ま、その前は鎗田直美さんとなんて名前だっけ、TVKのアナウンサー、白鳥さん? あれ、忘れちゃったぞ。とにかく、そのふたりでやってた時期なんかもあるから、「川崎の中継はそつがない」とは思いますが。
2012.05.13(19:24)|公営競技コメント:(0)TOP↑
 木曜日くらいから寒気はしていたんだけど、きのう朝、起きられなくなって、熱をはかったら、37.5゚cあった。

 しかたないんで寝ていると、これがまたよく眠れるんだよねー。きのうは1日じゅう寝てすごし、きょうも気がついたら午後5時だった。orz

 それでも、ようやく熱がぬけた感じで、あしたは動けるようになるでしょう。でも、ここで3日棒に振ったから、次の大宮は現地不参加だな。しくしく。

 それにしても、今年はよく風邪をひくような気がする。もう5回めくらいだ。それで1日か2日、ロスするのが、とてももったいない。

 2週に1回、痛風の薬をとりに、病院にい行かないとならないんだけど、あれが原因なんじゃないだろか。といって、行かないわけにもいかないしね。困ったものであります。
2012.05.13(18:21)|日々の雑感コメント:(0)TOP↑
 3月末に、例のテラ銭を25%から30%にアップする法案が可決されて、ほぼ1カ月。ゆうべ、第1号の発表があった。

 それも、なんと川口で! こちら

 なんつーか、ぬきうち感は否めないというか、こういうことだけは手が早いというか。

 しかも、通常の告知はポータルを見ればわかるように、「オートレース中継についてのお知らせ」とか、具体的に書いてあるのに、これだけはたんに「お知らせ」と、妙にあっさりしたもの。もしかして、こうすれば目だたないとでも思ったんだろうか? だとすれば、相当に姑息というか、下手の考え休むになんとかというか。

 だって、かえってミエミエじゃん。実際、ふだんは詳細なんか読まないのに、なんだろうと思って、つい見ちゃったわけだし。ヽ( ´-`)ノ

 ほかの場はどうかと思ってチェックした(もちろん、全場じゃありませんが)、飯塚も同じ文面で載せてた。ということは、これはオート6場がいっせいアップという意志表示なんでしょう。きっと。

 たしかに、オートは風前の灯だから、断行するしかないんだろうし、オートの客は競輪にくらべると、とってもフレンドリーだからね。とはいっても、中長期的に見れば、確実にはなれるわけで。ふつうに考えて。ばかじゃないんだから。

 だから、あと10年は……もたないだろうな。残念ですが。

 ちなみに、競輪のほうは廃止が噂されるところを中心にチェックしたものの、現時点でアップを表明した場はないもよう。とはいえ、これも時間の問題でしょう。しかも、こっちは客ばなれが猛烈に速いよ。

【追記】
オートのオフィシャルにも、川口からのリンクがはられた。とすると、これは川口だけのテストケースなのかもしれない。

って、飯塚は? 無視?(^^;

2012.05.10(09:57)|公営競技コメント:(0)TOP↑
 すごく久しぶりに、タイヤづくりを。

reF117-001.jpg

 考えてみれば、ここしばらく、ひこーきのプラモをつくる場合、基本は飛行姿勢だった。だから、ランディング関係は省略で、タイヤをつくることはなかったのだ。

 考えてみれば、ひこーきというのは、飛行姿勢がうるわしくできているのであって、にもかかわらず脚まわりに凝る傾向が昔から強いのは、メーカーさん云々ではなく、一種の宿命なのだとは思う。けど。

 でもねー、飛行姿勢がすべてでしょ、みたいな。考えてみれば。

 それでも、たまには駐機姿勢もつくってみたくなるのは、これがプラモの基本だから。だと思うわけです。

 タイヤ塗りは、それなりに楽しいし。

 塗り方とかの細かい話は、またあしたにでも、
2012.05.09(21:04)|プラモコメント:(0)TOP↑
 日本丸は去年、はじめて見にいって、やっぱり帆をはってなんぼじゃないかと思い、今年は総展帆の日を狙ってみたわけですが。

1205npp01.jpg

 展帆前。10時半スタートだけど、人出がすごいと思って早く出たら、9時40分についてしまった。しかたないので、べつの用をかたづけて、12時半ごろもう一度。

1205npp02.jpg

 やっぱり帆をはってなんぼでしょう。満船飾とどっちがいいかとか、登檣礼とどっちがいいかとか、好みはあるかもしれないけど、やっぱり帆がいいな。

1205npp03.jpg

 横から。写真ではよく見えないけど、第4檣の縦帆は展開していなかった。いつもそうなのか、今回は風が強かったためなのか、よくわからないながら、なんとなく損したような気分も(笑)。

 いずれにしても、次は11月に行こうかと思っているんで、そのときはっきりするでしょう。

 今回のもうひとつの目玉は、じつは眞葛焼きという相当マイナーな焼き物の美術館。こちら

 眞葛焼きのすごさは、「日曜美術館」や「なんでも鑑定団」で知っていたけれど、とにかく情報がすくないので、これまで作品数点を見たことしかなかったのですね。

 で、すこし前、なにかを探しているうちに、横浜に美術館があると知り、今回行ってみたわけです。

 それで、この工房というか、とくに初代の宮川香山の技巧というのは、ほんとにすごいのひと言。幕末から明治期にかけての職人には、たとえば入江長八とか、超越的な人がいたわけですが、香山もまちがいなくそのひとり。つか、こっちのほうがすごいか。

 現代の超絶系プラモとか、フィギュアとか、そういうマエストロ日本な文化の礎にこういう職人たちの努力があったわけで、文化発信の意味からも、真葛焼きはもっともっと認知されなければいけないでしょう。

 いやもう、ほんとにすごい。3カ月に1回くらい、展示替えをするそうなので、11月にまた行ってみないと。

 そういや、長八美術館も4回くらい行ってるんだよなー。(^^ゞ
2012.05.07(11:12)|日々の雑感コメント:(0)TOP↑
 仕事が4日で終わったので、5~6日と横浜にいってきた。

 横浜はなんていうか、昔からちょっと遊びにいく場所なのだった。だいたい、高校が川崎で、体育祭は三ツ沢でやってたり、クラスに横浜方面の人間が多かったり、ここ20年くらいは中華街に年1回くらいは行ったりと、ほんとに「ちょっと行く」場所なんだよねー。最近は湘南新宿ラインができたもんだから、なんと久喜から乗りかえなしで、100分くらいで行けちゃうし。

 ただ、ゴールデンウィーク期間中に行ったのははじめてだったので(去年もそうだけど、だいたい1日か2日ずらしている。混雑が嫌いなので)、なんというか、ずいぶんカルチャーショックだった部分もあったけど。

 今回、興味があったのは3点。

 まず、よりによってこの時期を選んだのは、きょう6日、日本丸が総展帆するから。5月の空と白い帆が、いい感じで画になるんじゃないかと思ったのが、あえてGWに行った最大の理由。

 2点め。横浜では毎年5月のこの時期に、オクトーバーフェストをやる。もう5月のオクトーバーで破綻してるんだけど、それを恐いもの見たさでのぞいてみたかった。

 3点め。ちょいとおもしろい美術館を見つけたので、そこに行きたかった。

 もちろん、食事は中華街が年中行事なので、それもふくめて、行ってきたわけです。

(ちょっと疲れはてて帰ってきたんで、あしたにつづく)
2012.05.06(19:31)|日々の雑感コメント:(0)TOP↑
 ゴールデンウィークはぜんぶ仕事もありと覚悟していたけれど、ものすごーくびっしびっしやったせいで、なんとかきょうで「終わるかもしれない」レベルまできた。終わらないかもしれないけど、これなら土日は3週間ぶりに休めるかも。

 その前に、青森に手を出すのだ。ツキが開腹傾向にあるような気がするので。いや開腹しちゃいけません回復。

 12R血漿じゃない決勝。815 362 974の3分線に見えてけっこうバラバラ。ならびはオフィシャル

 北は3車結束で、岡山両者のうしろがイトケン、あとは急造ライン。山崎の逃げイチに見えるけど、これは捲り屋なので、しぶしぶ先行してすぐ岩津につかまるパターン。で、ここに佐藤、平沼が切り替えて、うしろがもつれるあいだに、藤原が大外捲りを決めちゃうという流れで行く。

 佐々龍がつききれるかどうかが微妙なので、岩津ののこり、もつれて脚を使った佐藤をかわす平沼をからめて高配狙い。なんつったって青森ですから。初日、100万シューが出てたし。

 9-357-12357。このへんでひとつ。まあ、ふつうは岩津からだけどね。
2012.05.04(09:38)|公営競技コメント:(0)TOP↑
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR