パーツ館にようこそ

 青山周平、ついにやっちゃいました10連勝。

 うーん。新人に華を持たせるデビュー戦と違って、勝ちのこり権利があると、新人じゃ勝てないんだけどねー。ハンデ0~50で逃げきっちゃいましたよ。つか、ぶっちぎりのあぶなげない勝ちっぷりで。

 ちなみに、坂井以外の平塚、古木も勝ちあがったもよう。すごいね31期。
2011.08.30(15:23)|公営競技コメント:(0)TOP↑

 オート31期はサトマヤをはじめ、話題の選手が多いわけですが、在校トップというのか、実力ナンバーワンはこの青山周平。

 もとロードレースGP125クラス日本チャンプで、青木治親を追っかけてオート界にはいってきたという逸材。その実力は半端じゃなく、ついにデビューから無傷の9連勝を飾ってしまったのでありました。

 デビュー戦からの9連勝は業界初。これまでは竹中修二、田島敏徳の8連勝が最多だったとのこと。

 次回開催からはいよいよ勝ちあがり権利が生じるわけで、どこまでこの記録が伸びるか、船橋開催は目がはなせなくなりそう。
2011.08.21(13:35)|公営競技コメント:(0)TOP↑

 京都の81期、山岸正教が先日の松戸記念を最後に、引退すると発表したそうな。

 東スポに長文の記事があったので。「競輪を、自転車を愛する情熱の男・山岸正教が引退」

 とにかく、自転車が好きな、真っ向勝負型の選手だったし、なにより支部長時代の歯に衣着せぬ言動は、それはもうみごとなものだった。男・山岸って感じで。

 近畿を牽引する存在……永倉通夫さんのような存在になるとばかり思っていたので、この引退は大きいし、痛いんじゃないか。

 またひとり、名物選手が、それも若くして消えていくわけで、残念でなりません。

 通算成績、1098走、189勝、優勝12回(うちS級1回)。

 はっきりおぼえてないけど、このS級の1回は平塚で、たしか車券とったはず。
2011.08.03(09:52)|公営競技コメント:(0)TOP↑
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR