FC2ブログ
パーツ館にようこそ
 往年の名チャンプ、ハーリー・レイスが亡くなったそうだ。

「美獣ハーリー・レイスさん死去 76歳・肺がん」(東スポ)
「徳光さん、故ハーリー・レイス氏を「本当にナイスガイ。ウジウジ、ギャラのことは言わない」」(報知)
「小橋建太氏「これがチャンピオンか」憧れた伝説的プロレスラー、ハーリー・レイスさん死去」(報知)

 などなど。

 子供の頃、70年代から82年くらいまで、いちばん好きなレスラーがハーリー・レイスだった。

 当時の一番人気はたぶんミル・マスカラスだと思うし、顔も体型も(笑)お世辞にもかっこいいとはいえないレイスがなぜナンバーワンだったのか、正直よくわからない。

 ただ、レイスはザ・チャンピオンだったんだよね。当時はNWAが世界最高峰の団体で(正確には団体の集合体ですが)、そのザ・チャンプだから、好きだったんじゃないだろうか。

 あの頃はたしか……AWAがバーン・ガニアからニック・ボックウィンクル時代への移行期かな、ニューヨークのWWWFは相いかわらずのブルーノ・サンマルチノから、キワモノ、ビリー・グラハムが出てきたくらいか。

 他団体がこーいうメンツだから、ファンク兄弟とかブッチャー、マスカラスと、スターがひしめきあってたNWAがやっぱりいちばんだったんでしょう。で、そのまたトップっていうことで。

 記憶が曖昧だけど、ブレーンバスターを日本ではじめて披露したのは、レイスじゃなかったかなと思う(調べた。日本初公開は1966年。開発者のキラー・カール・コックスがvs吉村道明戦で披露したらしい。でも、これはさすがにおぼえてなかった)。でも、レイスのブレーンバスターは中嶋勝彦のヴァーティカル・スパイクみたいな落とし方で、すごく説得力があった。

 ブレーンバスターについては、その後ダスティ・ローデスがえぐすぎる垂直落下式を見せるようになって、こっちのほうが有名になったけどね。

 80年代も半ばになると、いちばん好きなレスラーはレイスからリック・フレアーに変わり、78年の藤波辰爾の凱旋から新日も見るようになって、好きな選手がだんだん日本人にシフトしていった結果、いまやナンバーワンは藤本つっかですからね。時の移ろいっていうのはナンダカナン。いや、自分が悪いんですけど。

 それはいいとして、とにかくハーリー・レイスは若い頃の自分にとって、最高のレスラーだったのです。

 ひとつ、いまでも鮮明におぼえてることが。

 たぶん、初期全日の中継だったと思うんだけど、解説者がこんなことをいいました。

「ハーリー・レイスのあの太鼓腹にはね、スタミナがいっぱいつまってるんですよ」

 なんだか知らないけど、これにものすごく納得しちゃったんだよね。実際、そんな感じだったわけで。

 ということで、ザ・チャンプにはとてもとても楽しませてもらいました。ありがとうございました。

 合掌。(-人-)

2019.08.03(11:27)|スポーツ・プロレスコメント:(0)TOP↑
 前シーズンからずっと噂があったのはたしか。でも、あと2年くらいやると思ってたんだよなー。

 NFL Japanの「ペイトリオッツTEグロンコウスキーが引退を発表」という記事。

「王朝」とまでいわれるペッツの黄金時代を支えたのは、おもにグロンコウスキーだったんじゃないかと思ってるくらいで、とんでもなく優れた選手でありました。

 なにより、タイトエンドの常識を覆したのが大きい。つか、「21世紀のNFLのTEはこうあるべき」っていう姿を、最初に体現したっていうか。

 グロちゃん以前と以後では、TEの役割や適性が一変しちゃったからね。そのくらいすごい選手だったんですよ。

 ブレイディがこれだけ記録をつくりつづけられたのも、グロちゃんの存在がとんでもなく大きかったわけで。ここ4年くらいは、完全に「困ったときのグロンコウスキー」作戦で乗りきってたもんね。

 ただまあ、記事にもあるように負傷が絶えなかったのもたしかで、だからこそ引退が早まったんでしょうが。

 せめて、あともう1シーズン見たかったけど、こればかりはしょうがない。

 問題はペッツの今後。代わりになる選手はNFLのどこを探したっていないわけで。オフェンス・プランを根本的に変えないとならないかもね。

 とにかく、グロちゃんお疲れさまでした。

【追記】
関係ないけど、引退といえば、3月24日付で優華と長野ドラミの引退(退団)が正式決定したそうです。3年、5年の長期欠場だから、単なる事実の追認みたいな感じだけど。なんらかの形で挨拶するというのも、4姉妹と同じく実現するかどうか。

2019.03.26(09:39)|スポーツ・プロレスコメント:(0)TOP↑
 第53回スーパーボウル終わりました。

 なんと、13-3という史上希にみるロースコア決着。希どころじゃないな。13点での勝利も、両チームの合計得点16もSBレコード。ついでに3点での敗北もSBレコード。0TDの敗北はたぶん3チームめ(第9回のミネソタと18回のスキンズ以来)。

 勝者はもちろん、ペッツ。これで通算6度めのSB制覇で、SB最多制覇の1位タイ(もう1チームはピッツ)。トム・ブレイディは同一QBでのSB制覇の記録を6に伸ばした(2位はたしかジョー・モンタナの4回)。

 とにかく、スコアがすべてを語ってるように、典型的なディフェンス戦。たがいに相手を研究しつくすと、こうなるんだろうね。だから、スコアと同様、モメンタムが動かない。とにかく一寸先が闇っていう試合で、そういう意味でも大熱戦だったといっていいでしょう。

 1Q。ペッツのオフェンスはルーキーRB、#26ソニー・ミッシェルのランからスタートして、順調そうに見えたものの、ファースト・ドライブでいきなりターンオーヴァーが発生。記録上はインターセプトだけど、WR(#26ホワイトだったと思う。この日のホワイトはもうぼろぼろでね)のレシーブミスを、ラムズCBがリカバーしたもの。

 これはラムズの試合かなと思ったのも束の間、こっちもファースト・ドライブを3&アウトで終わらせちゃう。

 じゃあ、ペッツかと思うと、たしかに1Qからグロンコウスキーにパスを通すものの、決め手を欠いて、あげくは46y(ヤード数はすべて試合を見ての推定。まだフィールドノートが出てないもんで)のフィールドゴールをはずしちゃう。

 という状態で1Qは0-0。2Q。ここで恐ろしい光景が。なんと、ブレイディがサックされたんですよ。今期のポストシーズンでは初。レギュラーシーズンも2回だけっていってた、たしか。ラムズのディフェンスもそれだけよかったってことで。

 それでも、なんとかドライブを進めて42yのフィールドゴールにこぎつけ、今度はゴストウスキーも決めて(といっても、ぎりぎりだったけど)はじめてスコアが動きました。3-0。

 反撃に出たいラムズは#30ガーリー二世のランに期待するものの、肝心なところでヴァン・ノイがQBサック。とにかく、ラムズのオフェンスは完封されっぱなし。前半、ガーリーのランは3回だけ、C・J・アンダーソンも3回。これじゃ手も足も出ません。

 結果、前半だけで3&アウトが5回、試合を通じて7回だったかな。これじゃ点のはいりようがないわけで。

 もっとも、事情はペッツも似たようなもので、とにかくパスは通らないわ、RBは走れないわ。そのなかで、唯一エデルマンだけはおもしろいようにパスレシーブを重ねて、よく走る。前半だけで93yを稼いで、これはSBレコード。

 ということで、前半終了。前半3-0のスコアはSB史上2度めらしい(英語でそんなことをいってた)。ラムズのパスは32y、ラン25y、被サック2で、オフェンス崩壊は明らか。

 ハーフタイムショーはやっぱり散漫だったんで省略。

 3Q。ラムズのタッチバックから。ゴフとしてはガーリー二世に頼るほかなく、ガーリーも意地で1回は25yのロングゲインを決めたものの、そこまで。ところが、ここでアクシデントが発生。

 ペッツ・セカンダリーの要、SSの#23パトリック・チャンが腕を骨折してリタイヤしちゃったのだ。これは暗雲以外の何物でもない。ふだんはFSではいることも多い#21ダーロン・ハーモンがはいる。

 次。ペッツの後半ファースト・ドライブ。エデルマンは相いかわらず絶好調で、いきなり25yのラン・アフター・キャッチを成功させた。

 このあと、両チームとも膠着状態にはいって、攻撃権が2度ずつうつったあと、ようやく調子が出てきたゴフはなんとかファーストダウンがとれるようになり(ここまででファーストダウン獲得は3回のみだったのが、このドライブだけで3回獲得できた)、最後は42yくらいのフィールドゴールが決まって、これでとうとう3-3。

 ここで早くも4Qに突入。3QまでTDがなかったのはSB初。ちなみに、この試合はTDパスも0で、これもSBレコード。

 ペッツは「困ったときのグロンコウスキー」作戦で、ようやくロングパスがグロちゃんに通った。29y。これがこの試合で最長のパスレシーブですから、いかに渋い試合だったか、想像がつくというもの。で、のこり2yからのファースト・ダウンをミッシェルがするりとぬけだして、ようやくこの試合初のTD。10-3。

 あとがなくなったラムズは、この日、ひとり孤軍奮闘しているWRの#12ブランデン・クックスにパスを集中させるも、いかんせんゲインが出ない。とにかく、ゴフがなにもさせてもらえず、後半も2サックを食らったほか、ダウンは20回くらいあったんじゃないかな。

 やっぱり戦前予想で書いたとおり、ハイタワーやヴァン・ノイがキーになるところでサックを成功させたのが大きかった。あと、ハーモンも果敢にブリッツをしかけてたし。これはある意味、ペッツ・ディフェンスのスペシャル・プレイといってもいいでしょう。

 とはいえ、ペッツも勝ちきるためには、このへんでビッグプレーがほしいなと思いはじめたのこり6分。そのとおりになっちゃうのがペッツの強みなんだよなー。

 ゴフが必死に攻めこんで、タッチライン付近へのロングパスを投げたところで、これをCBの#24スティーブン・ギルモアがパスインターセプト! これでほぼ万事休す。

 じつはこのインターセプトも、発端はハーモンのブリッツだったんだよね。リプレーを見てわかったんだけど、SSが一直線に、ゴフにつっこんでいったため、パスを投げ急ぐかたちになっちゃって、ギルモアが楽々とキャッチできちゃったのですよ。

 このサック、カンファレンス・チャンピオンシップでもチャンやFSの#32デビン・マコーティーが見せてたプレーで。たしかに、セーフティのブリッツはラインの上を跳んでくるんで、プレッシャーは相当なもんでしょう。

 ここで、治療を終えたチャンがサイドラインにもどって、味方を盛んに鼓舞しはじめた。それに呼応して、スタンドも完全にペッツを応援。本来はラムズのホームだし、SBでは応援もほぼイーブンなのに、ここからはラムズの攻撃時にものすごいクラウドノイズが起こるという異常現象。

 やー、チャンはいい選手だなとつくづく思う。アジア系じゃないのになぜチャンなのか、いまだにわかんないんですが。

 などといっているあいだに、ツーミニッツ。ラムズはタイムアウトを使いきっていて、ファーストダウンをあと1回とればゲームセット。3rd&1という絶好のシチュエーション。

 なのに、このファーストダウンがとれなかった。(^^; のこり1分16秒で38yのフィールドゴール。これもよれよれながら、なんとか成功。13-3。

 結局、ゴフはいいところなく敗退で、ペッツの安定感ばかりが印象にのこる試合になりました。

 問題はMVPで、とりあえずブレイディじゃないよなー、ディフェンスの試合だったから、どん太くん(ハイタワー)かヴァン・ノイ、またはパトリック・チャンでもいいかなと思ってたら、おお、ジュリちゃんことエデルマンがとうとうMVPを獲得しました。

 そりゃまあ、そうか。レシーブ10、獲得141yはこの試合でトップの成績。つか、ひとりでラムズ全体のトータルヤードを上まわっちゃったんじゃないの? そう錯覚するくらいの活躍でした。

 前にも書いたかもしれないけど、ペッツでいちばん好きな選手はブレイディでもグロちゃんでもなく、エデルマンなのですよ。よかったよかった。とてもめでたい。

2019.02.04(16:36)|スポーツ・プロレスコメント:(0)TOP↑
 NHKのばか。(TnT)

 なんと、今週月曜の早朝から、カンファレンス・チャンピオンシップを生中継(実際には「ほぼ生」っていう方式だったらしい)しちゃったんだよなー。しくしく。

 気がついたときは、ペッツvsカンザスシティの2Qにはいっていて、なんと「第1試合」のニューオリンズvsLAラムズはとうとう見られず。(TnT)(TnT)

 NHKのばか。しくしく。でも、考えると去年かおととしもそうだったような。どうも、こまめなチェックが必要なようで。

 なので、ディヴィジョナル・プレーオフのうち、録画だけして見ていなかったヒラデルヒアvsニューオリンズは、結果がわかっちゃったんで見ないまま削除して、あとの3試合と、ペッツvsアローヘッドの4試合を見るにとどまってしまいました。

 で、結果はAFCがペッツ、NFCがラムズの勝ち上がりで、この2チームがスーパーボウルLIIIに進出になりました。ペッツは3年連続、ラムズは17年ぶり(当時はセントルイス)。

 ということで、両チームの寸評を。

 まずラムズ。いちばん驚いたのは、RBのC・J・アンダーソンがいたこと(#35)。

 あれ、なんで? と思ったら、今シーズン前にデンヴァーを解雇されて、何チームか流浪したあと、エースRBトッド・ガーリー二世(笑)の負傷をうけて、シーズン後半に移籍してきたんだって。

 で、このCJが大活躍。さらに、復帰した#30ガーリーも好きなように走り、パスをキャッチして、ディヴィジョナルでは、このふたりでダラスを一蹴した感じ。

 QBの3年め(スターターは2年め)#16ジャレッド・ゴフは、去年とんでもない試合を演出した立役者。week11のvsカンザスシティですね。

 これも見ていた(レギュラーシーズンで見たのはこの1試合だけ)から、若手で実力ナンバーワンかもと思ってたけど、ポストシーズンでもその能力をいかんなく発揮してました。

 なんでも、アメリカでは「ジョー・モンタナの再来」とかっていわれてるらしい。ショットガンを使うのと、フランチャイズが西海岸(往年のウェストコースト・オフェンスね)だからだと思うけど、2試合を見たかぎりでは、「そうかなー?」っていう印象。

 むしろ、絶好調のCJとガーリー二世のランを中心に組みたてて、パスのほうがつなぎっていう感じだった。あと、必要なら自分でも走れるから、モンタナよりはジョン・エルウェイに近いんじゃないかと思いました。いずれにしても、第一級のQBであることはたしかですが。

 一方のディフェンスは、たいしたことない印象。(^^; とにかく、よく点をとられてるから。ペッツのオフェンスを止められるとは、とても思えない。

 次。ペッツ。こっちはいつもどおり。

 と、思ったら、なんかへん。そーだ、WRアメンドーラが出てこないじゃないですか。

 あとで調べたら、去年のシーズン前に、マイアミに移籍しちゃったんだそうで。ポストシーズンになると神がかり的な存在感を見せつけてただけに、残念であります。

 とはいえ、その穴は#15クリス・ホーガンとインディアナポリスから移籍してきた#13フィリップ・ドーセットの両WRがしっかり埋めていて、ケガで去年1年を棒に振ったエース#11エデルマンも絶好調だし、いっさい問題なさそう。

 もちろん、#87のTEグロンコフスキーも万全……じゃないのかな? 今回はほぼブロッカーに徹していたのが気がかりといえば気がかり。なんせ、ディヴィジョナルではパスレシーブ1回だけだったもんだから。

 でも、チャンピオンシップの4Qにはいったら、たてつづけに4本か5本、ロングレシーブを決めて、2TDに貢献したから、これはやっぱり「困ったときのグロンコウスキー」作戦なんでしょう。

 RB陣。これも快調。おととしのスーパーボウルLIで「実質MVP」といわれた#28ジェームス・ホワイトが健在なのに加えて、ルーキーの#26ソニー・ミッシェルがとんでもない才能を発揮している。このミッシェル、立志伝まっただなかというか、能力だけでなく性格も私生活も模範的ということで(詳細は長くなるから略)、これも次世代ヒーローのひとりといえるでしょう。

 グロンコウスキーがブロッカー主体なのも、そこでこじあけた穴に両RBがつっこんでヤードを稼ぐための作戦なんでしょう。とにかく、これが新しい戦力になってるのはたしか。

 さらに、ペッツ伝統のフルバック陣もすごい。#46のジェームズ・リッテンハウス・デベリンはRB登録ながら、いかにもフルバックっていう7年めのベテラン。いうまでもなく、ブレイディを支える主要人物のひとり。

 これにくわえて、去年シンシナティから移籍してきた#34レックス・バークヘッドもフルバック的使われ方で、チャンピオンシップでも2TDだったかな、稼いでいた。

 御大ブレイディは相いかわらずNFLの記録を書きかえつづけているし、オフェンスは万全でしょう。

 ディフェンスは、こっちもラムズ同様やや弱いものの、いい人#53カイル・ヴァン・ノイと変な人#54ドンタ・ハイタワー、SSの#23パトリック・チャンあたりが健在だし、FSの#32デビン・マコーティーがなぜか神がかった活躍を見せていた。

 なので、ディフェンス力でいうと、ペッツがややリードしているんじゃないかと思う。

 というところで、スーパーボウルLIIIは、恐らく点の取りあいになるでしょう。どっちが勝つかは、正直わかんない。拮抗してるのはたしかだから。しいていうなら、オフェンスのラインはペッツが鉄壁なのに対して、ラムズはやや弱いかも。そうなると、ヴァン・ノイやハイタワーが勝負の鍵を握ることになるかも。

 ちなみに、前回ラムズが登場したIIIVIええいめんどくさい第36回の相手もペッツで、当然ペッツが勝ってるわけですが。

 いずれにしても、運命の日は2月4日。

【蛇足】
すごくどうでもいいことだけど、去年からグロンコウスキーのことを、「グロちゃん」と呼ぶようになってしまった。アイスリボンのジュリアの祖母の人が、本名のグロリアを略して、グロちゃんって呼んでるのをTVで見ちゃったのが原因。

これが個人的に妙にうけて、以来グロンコウスキーもグロちゃんになってしまったのだった。

さらに、ディヴィジョナルを見てて気づいたんだけど、エデルマンはジュリアンじゃん。

あれま、こっちもジュリちゃんだ。(´・ω・`)

ふだん、ジュリアはジュリちゃんと呼ばれているのだ。

うーん、ふたりともジュリアつながりなのか。こーいうのは因縁といっていいのかどうか……いいえ、因縁でもなんでもないんですけどね。ヽ( ´-`)ノ

2019.01.24(11:44)|スポーツ・プロレスコメント:(0)TOP↑
 今年はワイルドカードを4試合とも見た。ぜんぶ見たのは2年ぶりくらい。

 とはいえ、いい試合ばかりとはかぎらないのが、ワイルドカードの常で。結果は以下のとおり。

インディアナポリス 21-7 ヒューストン
ダラス 24-22 シアトル
LAC 23-17 ボルティモア
ヒラデルヒア 16-15 シカゴ

 まず、インディアナポリス。前半はなにをやっても無敵状態で、21-0のワンサイド。後半はヒューストンも反撃を試みるものの、青息吐息で1TDを返すのがせいいっぱいという結果。うん。コルツは強いかもしれない。アンドリュー・ラックは貫禄の安定ぶり。

 2試合め。シアトルは善戦したものの、ダラスにかわされた。

 敗因はふたつ。まず、プレースキッカーが豚すぎた。

 キッカーで体重125kgってだけで犯罪的なのに(画面にはじめて映ったときは、#11なのにラインの選手なのかよと思ったくらいで)、最初のFGに失敗したあげく、蹴り脚に肉ばなれを起こしてお帰り。2度とフィールドにもどってくるな級の大失態だった。だから、PATができず、2pコンバージョンを2度成功させた結果、22点という不思議な数字ができあがったんだけど。

 ふたつめは、#26のCB。前半2minでかんたんなTDパス・ブロックを失敗して(しかも空振り)、後半もミスを連発した。戦犯としてはこっちが上かも。

 ただ、オフェンスはしっかりしていたんで、来年は捲土重来いけるんじゃないでしょうか。

 3試合めはチャージャーズが勝ったんじゃなくて、ボルティモアが自滅した。

 ポストシーズン最年少スターターQBってことで、鳴り物入りだったラマー・ジャクソン。これがとんでもないくずでね。最初の攻撃機8回で3ファンブル(本人が2回)。1回がターンオーヴァーでそこから失点という絶望的なスタートから、最後まで回復せず。

 テレビ中継も、途中から「ジョー・フラッコ出せよ」コール一色になったけど、最後まで変えなかったのは、チームとして前半で試合を捨てて、ジャクソンに経験を積ませるためにほかならず、結果ひどい試合ができあがった。

 だけど、将来性はないね。この試合を見るかぎり。RC3やキャパニックと同じ、典型的1発屋モバイルQBだもん。

 2012年からしばらく、同種のモバイルQBがもてはやされたけど、いまも第一戦でプレーしてるのはキャム・ニュートンだけでしょ。ラッセル・ウィルソンはそれほど走らなくなったし。当時から指摘されてたように、モバイルQBはケガがつきもので、このジャクソンもいかにもケガしそうなプレーを連発してた。

 チームはフラッコを放出する意向みたいだけど、たぶんこれでボルティモアの全盛期はおしまいになるでしょう。

 自慢のディフェンスもひどくてね。戦意喪失したせいもあるとは思うけど、3Qだっけ、4連続ファウル(うち3回がパーソナル・ファウル)で60ヤード近く罰退するというていたらく。ボルティモア、好きなチームだったんだけどねー。

 4試合め。ヒラデルヒアvsシカゴ。これは大熱戦でありました。ロースコアなのに目がはなせない展開で、最後もシカゴが2pコンバージョンを失敗してつきはなせず、ヒラデルヒアがこの日はじめてWRへのミドルパスを成功させて、これがTDで逆転するも、こっちも2pに失敗。

 この失敗でシカゴはFGで再逆転になって、そのゲームプランどおりFGレンジまで進んで迎えた最終プレー。アテンプトは35ヤードくらいで、ふつうなら必勝パターンのところ、ヒラデルヒアがこのシチュエーションではよくある、いやがらせのタイムアウトをとって、次がほんとの最終プレー。

 ところが、このキックが失敗しちゃうんだよねー。しかも、ポールに当たって、下のバーにも当たって、どっちも手前に回転して失敗という、奇蹟みたいな結末。後日、キックミスじゃなくて、ブロックされたと記録が変更されたけど、ブロックといっても指先がかすめた程度で、これも奇蹟的。

 という、とんでもない結末になりました。しかし、QBのニック・フォールズ、去年もそうだったけど、とんでもない強運の持ち主だねえ。ほんとにすごい。このぶんだと、スーパーボウル連覇まであるかもよ。

 しかし、いやがらせのタイムアウト。もちろん、相手の集中力を途切れさせるっていう意味なんだけど、うまくいくこともあるんだねー。はじめて見ました。

 ということで、今週末はディヴィジョナル・プレーオフ。末尾はNHKの放送日。

カンザスシティvsインディアナポリス 1.14(月)
LARvsダラス 1.16(水)
ニューイングランドvsLAC 1.19(土)
ニューオーリンズvsヒラデルヒア 1.20(日)

 番狂わせがありそうなのは、インディアナポリスとヒラデルヒアかな。

2019.01.12(10:31)|スポーツ・プロレスコメント:(0)TOP↑
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR