パーツ館にようこそ
 きのう、古河市の「花桃祭り」というのに行ってきた。

 古河の花桃はこのへんでは有名らしいけど、これまで行く機会がなかったのです。とにかく、駅から遠いのがネックで。

 それが、なぜ急にその気になったかというと、土曜日の朝、NHKのニュースで「きょうからだよん」と紹介してて、念のためサイトをのぞいたら臨時バスが出ていたので、じゃあ一度は行ってみようかとなったしだい。

 場所はこちらの古河総合公園、別名古河公方公園。うちから古河までは、各駅で15分、快速でひと駅10分なので、まあちょうどいい散歩コースといいますか。

 で、10時15分くらいに公園についてみると、すでにけっこうな人出。でも、桃の開花はイマイチかなという状態。

koga01.jpg

 こうですから。当然ながら、寒々しい景色。それでも、いたるところに……矢口か、そーいう品種の花桃があって、それなりに開花しておりました。

koga02.jpg

 でも、公園の発表じゃ五分咲きだけど、どう見ても2分くらいだよね。

koga03.jpg

 少数ながら、白いのもあって、こっちのほうがきれいかも。

koga04.jpg

 とはいえ、ソメイヨシノなんかとくらべると、若干ごちゃつき感があるというか。いずれにしても、やっぱり寒々しくて、正直2週間くらい早かったかなっていう印象。これは花桃だけじゃなくて、全体にいえることですが。

koga05.jpg

 たとえば、足もとにはこーいう茎の短い水仙なんかもあったりしたんだけど、やっぱり季節が早い感じでね。

 ということで、風も強かったし、1時間半ほどで退散。

koga06.jpg

 そうそう。このクジャクはみごとでしたよ。オス5羽にメス2羽。動物園なんかで見たなかでも、いちばん毛づやがいいように思えました。毛じゃなくて羽つやか。

 あと、園内にはよくわからないものも多数落ちていて。

koga07.jpg

 たとえば、こんな感じで。なんだかバッフ・クランの重機動メカっぽい。(^^;

koga08.jpg

 近づくと、機械のプレートから渦巻き型のポンプらしいとわかるものの、説明はなし。橋とかモニュメントもいろいろいわくありげなんだけど、やっぱり説明はいっさいなし。(^^;

 まあ、このへんが古河スタンダードなんでしょう。

 ということで、ふらっと行って『鑑定団』再放送がはじまる前に家にもどれたんで、近いっていや近いですが……もう1回行くかどうかは不明かな。

2017.03.20(14:52)|日々の雑感コメント:(0)TOP↑
 今年にはいってから、長文をアップしようとすると、Firefoxの「タブがクラッシュしました」という状態になって、書いていた文章がすべて消滅するという事象がたてつづけに起きています。

 原因がOSにあるのか、Fxなのか、IMEか(これがいちばんあやしい)、それ以外なのか、まだわかりませんが、投稿しようとするとクラッシュするっていうのが何度もつづくと、投稿するモチベーションがたもてないのも事実で。

 なので、すくなくとも次のFxがリリースされるまでは、長文の更新は中断します。

 どうやら、ブログの時代はもう終わりなのかなと思ったりして。つか、ネットが完全に変質したような気も。わかんないけどね。

2017.01.15(18:26)|日々の雑感コメント:(0)TOP↑
 朝雲と聞いて、すぐ新聞社を連想する人は、相当に逝っちゃってるか、自衛隊関係者。

 そうではなくて、けさの空の話。

asagumo.jpg

 埼玉といっても、かぎりなく北関東に近いところにいるもんで、朝夕はダイナミックな雲を見る機会が多い。それにしても、この空はすごいっしょ。年に何度も見られないし、あと5分くらいで完全に日が昇っちゃうから、ある意味で一瞬(10分くらいでも一瞬)の風景。

 そういえば、地方によって雲がぜんぜん違うのね。こないだ、富山に行ったときも、長野を通過するあたりでは、ものすごく空が低い感じだったっけ。雲も地上からせいぜい100mくらいのところを流れていって。

 前にも何度か長野に行ってるんで、見たことがないわけじゃないのに、妙に新鮮でした。

 まあ、それだけなんですが。空がきれいだなっと。

2016.10.29(12:27)|日々の雑感コメント:(0)TOP↑
 なぜか朝から無意識に、頭のなかで聞こえてる脳内音楽。

 無意識だけに、なにが出てくるかわからないし、何度かブログでも書いてるように意外性も高い。

 そのなかでも、今回のは難易度が高かったっす。

 曲名も、だれが歌ってたかも、いつまで考えてても思いつかない。わかるのは、60~70年代のユーロポップスだっていうことだけ。

 2時間くらい考えて、どうしても思いだせないのであきらめて、しばらくすると……

 あれま、曲が変わった。こんどのはわかる。歌詞がそのまんまタイトルだから。

『カトリーヌ』ですね。かとりーぬ かとりーぬ ぶなせ し そん、みたいな歌詞。フランス語。

 フランス人とわかるから、だれが歌ってたかもしばらく考えるうちに思いだした。

 そう。ダニエル・ビダル。ジリオラ・チンクエッティとならんで、なぜか日本で爆発的に売れたアイドル系の歌手であります。

 あれ? そうすると、最初の曲はあれだ。ダニエル・ビダルのデビュー曲『天使のらくがき』。

 へえ。つまり、ダニエル・ビダルの2大ヒット曲が、セットで蘇ってたってこと。

 なるほどー。そういうこともあるんだねー。脳内音楽がなぜはじまるか、そのメカニズムも解明されてないから(たぶん)、同一歌手の曲がセットで出てくる理由ももちろんわかりませんが、なんだか相当に不思議。

 それ以前に、40年以上も忘れていた曲が、突然に出てくること自体、不思議すぎるわけですが。

 しかし、ダニエル・ビダルねえ。感慨。

2016.10.14(10:56)|日々の雑感コメント:(0)TOP↑
 明けて日曜日。朝食バイキングで食べたホタルイカの沖漬けがうまかったので、土産に買ってかえることにする。

 泊まったのは「富山マンテンホテル」というところ。この朝食バイキングが人気だという理由で、とーこちゃんが選んだもの。ほかに、男湯には風呂もひととおり揃ってて、前夜は2回、合計1時間くらい風呂にはいってたかも。サウナと水風呂の往復とか。ヽ( ´-`)ノ

 閑話休題。

 2日めの目玉は県立近代美術館。ここで藤代清治展をやっていて、海王丸の総帆展帆が流れたあとは、これがメインの企画になったのでした。

 早々にホテルを出て、荷物を駅のコインロッカーにつっこんだあと、セントラムで美術館の最寄り駅に。

tym04.jpg

 今回は競輪場があるポートラム方面は行かず、もっぱらセントラムが走る地鉄側ばかり移動したんだけど、おもしろい電車がいろいろありました。

 なかには、コバケンさんがブログで書いていたビアガーデン電車とおぼしき、テーブルつきのやつなんかもあって、こーいうのはこれで鉄関係の人には楽しいんじゃないでしょうか。

 さて、美術館に到着すると、開館前なのに、すでに長蛇の列。しかも、最後尾にならんだあとも人が次々にやってくる。藤代清治師って、富山ではそんなに人気なのかと思っていたら、どうやらこの日の午後、ご本人が到来してサイン会をやるらしい。その抽選券を確保したい人が朝から押しよせたもよう。

 展覧会は2年前、日曜美術館で見たものがさらにグレードアップした感じで、出展数も半端じゃなく多い。しかも、ところどころにご本人の落書きなんかもあって、殺伐とした東京の都市型展示にくらべると、とても雰囲気がよかった。

 常設展もついでに見たあとは、最後の目的地である廣貫堂の資料館に移動。ここも、地図で見ると距離がありそうだけど、実際は徒歩10分くらいの近さ。富山の中心部はほんとにコンパクトにできてる。

 資料館はこちら。ちいさい展示スペースしかないんだけど、現在の主力商品とグッズ類もならべてあって、これはこれで見にきてよかったなという感じ。

 なかでも、ケロリンの黄色い風呂桶は出色。これ自体は市内の土産物をあつかう店で何回か見ていたものの、なんとか思いとどまって、買わずに帰ってきた。

 これって、30代だったらぜったい買ってたよなー。でもって、家で宴会やるときに、わざわざこれに入れて料理を出したりして……なんてことを話しながら、資料館をあとにしてまた富山駅にもどる。

 前に書いたように、日曜の昼っていうことで、ネットで話題の店の前にはさすがに行列ができていて、昼飯難民になりかけたものの、そこはすばしっこく前日から目をつけておいた店にするりとはいり、とーこちゃんはシロエビの天丼、私はシロエビ入りコロッケそば、それにマグロのフライで富山のシメ。

 あとは土産を買って、帰りは家まで新幹線で2時間半弱。

 ちょうどいいボリュームの富山行きでありました。競輪場方面に行けなかったのが残念だけど、年をとったらこのくらい余裕を持って動かないとね。

 おしまい。

2016.10.09(16:47)|日々の雑感コメント:(2)TOP↑
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR