FC2ブログ
パーツ館にようこそ
 白石冬美さんが亡くなった。26日に自宅で倒れているところを発見されたとのこと。ニッカンの「声優白石冬美さん死去 82歳「巨人の星」星明子役」など。

 なっちゃんが亡くなったときのエントリーも貼っておきましょうか。それが礼儀だと思うんで。

「新本店」の「なっちゃん、逝く」。そうか、第2ブログ時代なんだ。しみじみ。

「パックイン・ミュージック」や「ラジオマンガ」など深夜放送については、なっちゃんのときに書いてるんで省略。

 アニメでは、じつはいちばん印象的だったのは、かなり後年になるミライ・ヤシマさん役だったような気がする。子供のころはいっぱいありすぎて、1点に絞れないというか。

 ぢつのところ、最初にパタリロを思いだしたんだけど、これはきっと『翔んで埼玉』が絶賛ヒット中(興収25億!を突破したらしい)だからだと思う。

 でも、チャコさんでいちばん記憶にのこっているのは、中学1~3年のころ、TBSラジオでやってた公開生番組『ヤングスタジオLOVE』でのやりとりだったりするのですね。

 ナチチャコ・パック全盛のころで、ほかに山本コータロー師なんかが日替わりでMCをやるという、ほぼパックの2匹めのドジョウ番組だったんだけど、あたしゃこれに入りびたっていて。2、3年生のあいだに合計5回くらい、行ったんじゃないかと思う。

 これはプロ野球がない季節の番組だったはずだから、実質2カ月に1回くらいの高い参加確率といえるでしょう。

 いつも白いセーターを着ていたので、チャコさんには「白いセーターのぼく」という名前で認識されていて、オンエア中で掛けあいもさせてもらったのが、いい思い出。

 なかでも1度か2度、中学の先生を連れていったことがあってね。先生に連れていってもらったんじゃなくて、こっちが「おもしろいから」と誘って。(´・ω・`)

 旧姓・平野先生。当時25歳。担任ではなく、図書館担当の国語の先生。

 そしたら、チャコさんがそれを目ざとく見つけて、「白いセーターのぼく、きょうはお姉さんといっしょなの?」と、聞かれて、じつは先生なんですと答えたら、これがめちゃくちゃウケて。それでオンエア中にいじられたりしたんだけど。

 というのが、とにかく強烈な思い出で、だからチャコさんというと、『ヤングスタジオLOVE』なんですね。

 もちろん、深夜放送もふくめて、人格形成期にとても影響をうけた人で、そういう意味ではなっちゃんと同様、恩人だと思っています。

 たいへんお世話になりました。合掌。(-人-)

2019.03.30(11:04)|日々の雑感コメント:(2)TOP↑
 毎年1月の風物詩、スーパーボウルへの道。

sbliii.jpg

 第53回はこーいうメンバーで、オフィシャルの特集ページはこちら

 ワイルドカードからの日程は以下のとおり。ワイルドカードのみ、NHKの放送予定が出たので、日付はそのオンエア日時。ディヴィジョナル・プレーオフ以下は現地の日付。

【ワイルドカード】
ヒューストン・テキサンズvsインディアナポリス・コルツ1.7(月)0:00~
ダラス・カウボーイズvsシアトル・シーホークス1.8(火)0:00~

ボルティモア・レイブンズvsロサンゼルス・チャージャーズ 1.9(水)0:00~
シカゴ・ベアーズvsフィラデルフィア・イーグルス 1.10(木)0:00~

【ディビジョナル・プレーオフ】
カンザスシティ・チーフスvs(TBD) 1.13
ロサンゼルス・ラムズvs(TBD) 1.13

ニューイングランド・ペイトリオッツvs(TBD) 1.14
ニューオーリンズ・セインツvs(TBD) 1.14

【カンファレンス・チャンピオンシップ】
NFC 1.21
AFC 1.21

 例年、NHKのオンエアは3時間くらいなのに、今回は2時間版らしい(いまのところ、予定)。うーん。

 上位4チームは去年につづいての出場で(つか、ペッツはもう10年連続だけど)安定しているものの、下位で連続出場はヒラデルヒアだけ。ピッツバーグも落っこちで、どうやらポストシーズンでのビッグベンは見納めかな。

 そのなかで注目は……シアトルがすべりこみましたー。ぱちぱち。ラッセル・ウィルソンが1年ぶりにプレーオフに帰ってきます。

 ボルティモアも久しぶり。こっちは地区優勝だけど、ジョー・フラッコが原動力じゃなくて、控えのラマー・ジャクソンがQBで成長した結果。ワイルドカードもこのルーキーQBの先発が確実で、先発すればプレーオフ史上最年少QBになるらしい。こちら

 ワイルドカードの予想としては、インディアナポリス、シアトル、ボルティモア、シカゴが勝ちかな。

 ただ、ヒラデルヒアは要注意。去年のラッキーボーイ、ニック・フォールズが先発QBに復帰したとたん、調子が上向きになったようで、今年も快進撃がはじまっちゃう可能性はある。

 ということで、本番のスーバーボウルLIIIは日本時間2月4日(月)0800時、アトランタのメルセデスベンツ・スタジアムでキックオフ。ここ、2017年に竣工したばかりの、最新鋭スタジアムですね。ハーフタイムショーはぜんぜん期待できないんで省略。

2019.01.05(14:53)|日々の雑感コメント:(0)TOP↑
 SGは3年ぶり? なんか久しぶりな気がする。もしかして、川口移籍後は初?

 なるほど、2015年の選手権以来だって。

 いま、検車場に帰ってきたら、うしろに帰り支度をととのえた東小野が立ってて笑った。胴上げのなかにもちらほら25期が。ここはほんとに仲がいいね。

 2着は絶対王者、3着圭一郎。ふーん、圭一郎は失格だと思ったんだけど、戒告ですんだのか。

 試走は1枠3.25の実質1番時計タイ。スタートも0.06(トップ)とはりこんで、最内からトップに立つと、そのまま後続の靑山、絶対王者を振りきって、行ったきりの青春。SGはこれで15V、SS王座は3回めの戴冠。

 ここしばらく、優出はしてもぜんぜん結果がでなかったし、前々節まではとても勝てそうなイメージがなかったんだけど、この前々節で劇的に変わって、今節は自信の試走、上がりタイムのレコードを記録するまでになってたんだよね。だから、本命視してたわけで、そのとおり人気筋で決まりました。

 わあ、川口では初のシャンパンファイトだ。しかも慣れてる(笑)。さすがに永井だね、ガッツポーズも忘れません。

 さて。

 前座のSSシリーズ・平尾昌晃杯も、予想どおりサトマヤがスタートを決めて、8周回をあぶなげなく逃げきり、めでたく5度めの優勝を飾りましたー、ぱちぱち。

 こっちはぢつは永井よりすごいんだよね。上がりがなんと3.339! スタートはもうデンジャラスな0.01! ですから。

 上がりはきのうの準決で3.350の自己ベストを更新したと思ったら、さらに大幅アップです。

 ちなみに、きょうの永井の上がりは3.347。もちろん、出走時間が違うけど、それだったら永井のほうが有利なわけで、このタイムがどれだけすごいかってことです。

 優勝インタビューでもいってたけど、マヤたん、来年は大晦日12Rもありかもね。

2018.12.31(17:52)|日々の雑感コメント:(0)TOP↑
 今年も吉例、大晦日のSS王座決定戦。

12R SS王座決定戦 5100m 10周回 0mオープン  

1(1) 永井 大介  川口 25期 41歳 ビズビム 1155
2(3) 池田 政和  川口 23期 45歳 マンティス 落324
3(2) 青山 周平  伊勢 31期 34歳 ハルク・73 4117
4(4) 木村 武之  浜松 26期 41歳 ワント 2263
5(5) 高橋   貢  伊勢 22期 47歳 Rウルフ 1373
6(6) 丹村 飛竜  山陽 29期 34歳 ヒシャカク 6521
7(8) 新井 恵匠  伊勢 30期 34歳 ミタケ2 3252
8(7) 鈴木圭一郎 浜松 32期 24歳 カルマS5K 3282

( )内は勝ちあがり順位=抽選順、末尾は道中の順位。

 今年は荒れすぎました。初日11Rで中村雅人(落因)、2日11Rで佐藤貴也(反因)、3日12Rで金子大輔(落妨)と、ここまでで3人が失権。金子は3日で落車2回、しかも当日欠場で参加解除という、弱り目にたたり目で。

 中村も2年連続だよね。悲惨。ディフェンディングの荒尾は当然とはいえトライアル落ち。

 圭一郎も3日め競走戒告で-3を食らって、2着条件の勝負駆けを、4日め12Rで絶対王者のミスに乗じてトップに立ち、条件クリア。同レースでは同じく2着条件の新井恵匠が魂の走りで絶対王者をかわすという、今年のベストバウト級のファイトを演じて初優出を果たした。これはほんと、鳥肌がたちましたよ。

 そのなかで、永井は2日めに試走3.24、上がり3.332という、いずれも自己記録を更新する走りを見せて、土壇場で復調してきた。3日め以降はへたったけど、ここは10回連続のファイナル進出だし、順位1位で1枠をとった気概からしても、本命視してもいいかも。

 一方、成績から見て安定してるのは青山周平。きょうの7着は安全操業だから、むしろここんところ不安定な永井より、こっちが本命かな。うん。こっちですかね。

 ただ、今年もド本命はいないんで、当日の試走しだいで、どう転ぶかはわかりません。きょうの新井と丹村を見てると、なんでもありかっていう気もするし。

 ついでに。

 SSシリーズのほうもひとつ。

11R SSシリーズ平尾昌晃杯 優勝戦 4100m 8周回 0mオープン

1 滝下 隼平  飯塚 28期 34歳 S・ラセツ
2 田村 治郎  伊勢 30期 35期 パンツェッタ
3 佐藤 摩耶  川口 31期 26歳 Pタン
4 三浦 康平  伊勢 28期 38歳 マックイーン
5 内山 高秀  伊勢 26期 38歳 ジャブラニK
6 山田 達也  川口 28期 35歳 イプシロン
7 越智 尚寿  飯塚 25期 45歳 ハーミット
8 小林 瑞季  川口 32期 27歳 G・ロジウラ

 こんな感じで、瀧下とサトマヤが2年連続優出。本戦もこのふたりに内山が絡むくらいの、わりとかたい展開になるでしょう。

 道中でずばぬけてたのは、瀧下。機力がひとり違う感じだった。一方のマヤたんは落車明けで脚を引きずる姿が痛々しいものの、準決でトップスタートから上がり3.350の自己ベストをたたきだすところが天才の天才たるゆえん。

 3.350を見て「おお、なんだこの数字」とうめいたら、次の瞬間、MCの吉原さんが「場内がどよめいています」とのコメント。まあ、そうなるよね。

 それもあって、道中を見てると瀧下だけど、マヤたんが逆境をはねのけて5度めのVっていうのがいいストーリーだと思います。

 ということで、決戦はあした、大晦日なのだ。
2018.12.30(18:28)|日々の雑感コメント:(0)TOP↑
 韓国駆逐艦《広開土大王》(相いかわらずアホな名前だ。イギリス人には読めないヽ( ´-`)ノ)が火器管制レーダーを海自のP-1に照射した問題。

 ルビコン川を超えた気がする。

 韓国海軍は過去にもいろんな国で節目ごとに無礼をはたらいてきた、世界に名だたる破廉恥海軍だけど、今回はルビコン川を超えたといっていいと思う。

 なにより、いいわけがひどい。

「北鮮の遭難漁船を捜索するため、より高性能の火器管制レーダーを使った」と、公式に表明した。

 えーと、情報が錯綜しすぎてて、いいリンク先が見つからないけど(後日、リンクを張ります)。

 もちろん、これはいいわけになってない。

 この駆逐艦が搭載する海面探索レーダーはAN/SPS-55だけ。対して、使用したのは「対空」作戦に使う「ロックオン」専用のレーダーSTIR-180だった。

 当該射撃管制装置のレーダーは対空用で、海面には対応していない。

 当然ながら、アクティヴレーダーで、捜索には使えない。

 つまり、いいわけになっていないだけでなく、いいわけが雑すぎる。

 今年になってから、韓国のいいわけは、こういう「雑さ」がきわだって増えている。明らかに日本を挑発しているのだから、もうすこし繊細な理由を用意しなければならないのに、その努力をしなくなってしまった。

 端的な例が、今年10月の観艦式。努力しないだけじゃなくて、挑発をエスカレートするようになったわけですよ。

 もちろん、各国海軍は常識的な対応をして、ここでも韓国海軍は思いきり恥をさらしたわけですが。

 とにかく、要するに、ここにきてなにかが変わったということ。

 キーワードは「雑」と、「鈍感」かな。

 したがって、もうつきあう必要はなくなったと思うんですけどね >各国海軍。

 くりかえすけど、ルビコン川を渡ったんですよ。きっと。

●無礼の数々(一例)
2005年6月 トラファルガー海戦200周年式典 《李舜臣》
2006年9月 横須賀で補給艦《大清》 煙突爆発のおまけつき
2009年4月、中国、青島で《独島(竹島)》と李舜臣級の《姜邯賛(カン・ガムチャン)》
(今年の非道の数々は省略)


2018.12.22(18:39)|日々の雑感コメント:(0)TOP↑
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR