パーツ館にようこそ
 朝、ニュースを見ていたら、きのうアメリカ海軍がシリアに向けて発射したトマホーク59発のうち、目標に到達したのは23発だったって、アナウンサーがいっていた。

 なんだそりゃ? ありえない数字で、説明がつかない。トマホークの命中率はほぼ100%だもん。途中で撃墜されたっていうなら、話はわかるけど、中東で迎撃手段を持ってるのはイスラエルだけ。これはどういうことなんでしょう? のこりの36発はどこにいっちゃったの?

 その後、ネットにはいってyahoo!ニュースを見ていたら、この23発っていう数字はロシア発だってことがわかった。それを時事が伝えたんだ。

 おおー、あれか。ピンときました。あれの報復ですね。

 2015年の秋、ロシアが巡航ミサイル「クラブ」を26発、シリアに向けてぶっぱなしたんだけど、そのうち4発が手前のイランに落下しちゃったんですよ。そのときのニュースを見つけた。これ

 ほかにも、目標以外に落ちたやつもあって、「命中」といえるのは20発なかったっていうお話。

 ところが、じつはこの作戦。ロシアとしては国家の威信をかけた一大イベントだったんだよね。史上はじめて、複数コルヴェットからの巡航ミサイル斉射に成功したんだから。

 そこで、ロシアのマスコミはこぞって大成功っていうプロパガンダを打ったんだけど、実際にはこーいうことで、それをBBCやCNNにちゃかされたもんだから、ロシア国防省はぷんぷんの激おこ。

 とはいえ、イランからも「どっかのミサイルが迷いこんできたぞ」っていわれたり、結果的に報道が事実だったとなって、ロシアは悲しみのうちに黙りこみ、ことをうやむやにしたのでした。

 だけど、ロシア人はそれを忘れていなかった!

 ということで、今回、その復讐をしようとしたわけね。おお、おそロシア!

 だけど、この数字はいくらなんでもばかげてるし、トマホークの斉射はこれまでもいろいろと実績があるわけで、まあ、いいがかりにすぎないと、そういうことです。嘘つくにしても、もうちょっと信頼性の高い数字にしろよなー。これじゃ、すぐわかっちゃうじゃん。

 それより、明らかな嘘なのに配信しちゃった時事が、ちょっと悲しいかな。ヽ( ´-`)ノ

 しかし、やっぱり執念深いんだね、おそロシア。いまでもバルチック艦隊とか、持ちだしてきかねないぞ。

 ちなみに、なぜ59発っていう半端な数字だったのかというと、発射したのは60基だったものの、1発は故障かなんだかで飛ばなかったらしい。

 そうかー、アーレイ・バーク級駆逐艦は対空任務重視かと思ってたけど、Mk.41VLSの96セル中60セルがトマホークだったわけで、この配分はなかなか興味深いっす。まあ、このへんは艦によって、または任務によって、いろいろ変更するんでしょうが。

【追記】
と、思ったら、NAVYの公式サイトによると、作戦に参加したのは「ロス」と「ポーター」の2隻だそうで、各30発とのこと。2隻とも、搭載セル数は90なので、うち30っていうのは、納得できる数字ではないでしょうか。

【追々記】
思いだした。おととし10月にも、この話をネタにしてたんだった。「ロシアも変わった」っていうエントリー。

2017.04.08(11:25)|航空・宇宙コメント:(0)TOP↑
 まあ、生存証明のエントリーですが。

 朝、いつものようにyahoo!ニュースを眺めていたら、ちょっと興味ある記事が。朝鮮日報日本語版の「韓米が明かしていない「B1B爆撃機出動」、北メディアが報道」というもの。

 ぼんやり眺めていて、ふと気になったのが、「また核兵器は、B61・B83核爆弾24発、短距離空対地ミサイル「SRAM」24発、空中発射巡航ミサイル「ALCM」8発などを搭載できる」という一節。

 ありゃ? たしか、B-1BにALCMの発射能力はないはず。それに、SRAMはもう20年くらい前に、廃棄されたんじゃなかったっけ。

 そもそも、STARTIIかなんかで、B-1Bから核攻撃能力そのものがカットされたような記憶があるんですが。(^^;

 ということで、ちょっと調べてみたら、どれも記憶のほうが正解。やっぱりね。

 あほな記事だなあ。どーいう資料を見れば、こーいう記事が書けるんだろう?

 それはいいとして、へんな記憶力だよねー。なんでこーいうのだけ、おぼえてるんだろう。(^^;

2017.03.17(10:06)|航空・宇宙コメント:(0)TOP↑
 ハリアーを最後に、ひこーきの単独開発をやめたイングランドさん。もうあのおかしなデザイン感覚の機体も見られないんだろうなと思っていたら、後継者がいますた。(´・ω・`)

 ガルフストリームのG550というと、大型高級ビジネスジェットなわけで、そのくらいは民間機に興味がなくても知ってるわけですが。こーいう機体。

G550-02.jpg

 この優美な機体をイギリス風に魔改造しちゃった人たちがいます。いすらえり・えあくろすぺーす・いんだすとりーず。いわゆるひとつのIAIですね。

G550.jpg

 これ、イタリア空軍向けの機体ってことで、月曜くらいにはじめてFGで見たんだけど、けっこうな衝撃だよなー。

 なぜ胴体側面のそんなところにでっかいバルジをつけるかなー、とかね。ここにはレーダーを格納してあるらしいけど、このバルジ、前方ハッチの一部にまでひっかかってるし。

 尾部と垂直尾翼の上、それに機首の感じって、もろにニムロッドっぽくない? つか、より正確にはニムロッドAEW.3。あの、機首と尾部にでっかいレドームをつけたやつ。これですね。

 それに、尾部全体がバッカニアっぽいイメージだし。

 さらには、全体の不統一感がまたイングランドっぽいっしょ。

 まさか、こーいう伝統がイスラエルの地で継承されているとは。きっと、デザイナーはイギリス人にちがいない。(´・ω・`)

2016.12.23(11:05)|航空・宇宙コメント:(0)TOP↑
 こういうのがニュースになるんだ。ふしぎ。

 AFPの「米次世代爆撃機B21の名称は「レイダー」、日本空襲にちなむ」っていう記事。

 これって、けさFlightGlobalでも見たけど、ふうんっていう感じで読み流してました。たいしたニュースじゃないってことで。

 やっぱり、あれですかね。ドゥーリットル隊っていうのが、だれかの心の琴線に触れたんでしょうかね。あるいは、日本本土初空襲っていうのが。

 きっと、これからB-21の話題が出るたびに、これが蒸しかえされるんでしょう。小学校(当時は国民学校)に機銃掃射したやつがいたとか、そういうエピソードもふくめて。

2016.09.20(12:31)|航空・宇宙コメント:(0)TOP↑
 きのう、とうとう量産初号機が納入されたとのこと。Aviation Wireっていうところの「川崎重工、空自に新型輸送機C-2納入 43年ぶり、最大の国産機」っていう記事。

 やー、長かったですねー。初飛行から10年くらいたったんじゃない? 僚機(笑)のP-1が納入されたのは3年前? そのくらいだよね。

 なんといっても、試験中に貨物扉を落っことしたのが痛かった。(^^;

 それでも、こうして完成したのを見ると、けっこういい感じかも。C-1はいかにもとってつけたような主翼やT字尾翼がかわいくなくて、気に入らなかったんだけど、これはそこそこ。

 でもって、この塗装はなんなんでしょう? たとえばC-130Hでこういう塗装にしている機体は、ネットで探しても見あたらなかったんですが。C-2オリジナルの、一種の制空迷彩なのかな? 色味としては、F-15に似てるような、似てないような。

 まあ、この種のグレー系はほんとに見わけがつかないんで、なんともいえませんが。

 さて、C-2はそういうわけで完成おめでとうってとこなんですが、この記事を最後まで読んでいたら、愕然とする一文が。

「今のところ、検討の遡上(そじょう)には挙がっていない」

 すげー。思いっきりの間違い2連発。

 まず、それをいいたいんなら、遡上じゃなくて、俎上でしょ。さらに、「俎上にあがる」は漢字はどうあれ用法として間違い。俎上には載せるのであって、「まないたの上に上げる」ことはない。

 さらに哀しい(^^; のは、ご丁寧にルビまでふってるところ。つまり、これってケアレスミスじゃないわけで。

 書いた人はこの会社の編集長らしいけど、まあ会社のレベルがわかるって感じで。ヽ( ´-`)ノ

【追記】
午後にまた見にいったら、漢字の間違いは修正されてました。でも、表現自体はそのまま。なるほどね。どうやらチェック体制がないようす。

2016.07.01(12:16)|航空・宇宙コメント:(0)TOP↑
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR