パーツ館にようこそ
 きのう録画した『オンナたちの分岐点』ジュリア編をさっそく見ました。

 つっか、すごく力がはいってるね。たぶん、つっか自身がCXに売りこんだんでしょう。

 内容はドキュメンタリーではなく、リアリティショーだったんで、いくつかやらせや矛盾点がありましたが、ゴールデンタイムにオンエアされることがキモなんで、まあいいんじゃないでしょうか。

 とはいえ、いくつか事前情報とは違う点が。たとえば、本人がはじめて見たプロレスは、アイスの常連でもある人と同伴の前に行ったアイスの道場マッチという説明だったような。それで、つっかはあえて「もとキャバ嬢」という売り方をしたとばかり思ってました。東スポのコラムで、そーいう話を匂わせてたはずで。

 その2。なんでお母さんのエピソードが出ないの? それがないと、グロリアがジュリアになった経緯がわかんないじゃん。

 それをふくめて、お母さんのことはいっさい触れられなかった。デビューの日、弟といっしょに観戦してるシーンがうつってたにもかかわらず。

 3。それに変わってばあちゃんが出たわけだけど(ばあちゃん、本人を「グロちゃん」と呼んでるのがおかしかった)、やっぱり母親の話が出ないんで、これもとってつけたっぽかった。

 とにかく、リアリティショーだから、そのすべてが演出ということにしておきましょう。

 そういや、トレーナーのまる子の名前なんかも出なかったな。貴子さんの説明もそっけなかったし。

 いずれにしても、ゴールデンタイムというその1点が重要な番組でした。はい。

 そうそう。リボン所属選手は一部をのぞいて基本的に本名非公開なのに、いきなり本名からはいったのが、ちょっと意外でした。

 いま本名を公開、またはほぼ公開してるのは、つっか、世羅、らぶっちゃのおふたり……そのくらいだよね。あと、朝陽の本名とか、部分的に知ってるケースはあるけど。あ、みやここも本名なのかな。ま、どうでもいいですけど。

【追記】
ひとつ忘れてた。ジュリアの練習生初日だったか、リングにひとり、知らない顔がいました。トトロをひとまわり小さくしたような感じの練習生。

これも今年じゅうにデビューするのかな?

3月だったと思うけど、つっかが「今年はぜんぶで10人デビューさせる」っていってたよね。その、9人め?

今年の(も?)つっかはなにをやるかわからないんで、9人めもあるかもね。

2017.11.18(16:01)|女子プロレスコメント:(0)TOP↑
 10月17日から提供がはじまったFall Creators Update。できれば更新したくなかったんだけど、よんどころない事情で導入することになってしまった。

 かんたんにいうと、朝イチで起動したら、なにも手をつけていないのにCPU温度が70゚cを超えていて、あわててタスクマネージャーを開いたら、いつものローカルサービスがエンドレスワルツ状態だったというお粗末。

 このローカルサービス(4)はWindowsUpdateの自動更新なんだけど、サイト側の理由で読み行けないと再試行の無限ループをはじめるというやつ。

 なので、いったん再起動してこいつを停止させ、CPUを落ちつかせたら、手動でUpdateを実行しないと問題が解決しない。

 という、よんどころない事情でupdateをはじめたら、異常に長く時間がかかる。これはもしやfallかなと思ってたら、やっぱりそうでした。(TnT)

 結局、DLと準備で2時間半、その後のセットアップで40分と、午前中はPCが使えないまますぎ、12時ごろようやくアップデートが終了。途中、ATOKが使えないとか、いろいろ文句を垂れていた割りには、あまり問題なく使えてます。いまのところ。なくなっちゃうかと恐れていたペイントも正常に動作したし。いまのところ。

とはいえ、さすがはWin10で、過去の設定がチャラになったりしている部分もちらほち。

 たとえば、ここで紹介した「HomeGroup Listener」と「HomeGroup provider」はとーぜんのように復活してたし、[個人設定]の[スタート]では、「ときどきスタート画面におすすめを表示する」がオンになってたり、同じく[タスクバー]に「タスクバーにpeopleを表示する」が出現してたり。ほかにもいくつか。

 このへんはすべてカスタマイズした設定にもどして、とりあえずここまでは大きなアクシデントもないもよう。

 ちなみに、過去にいじくったレジストリは初期化されていないようなので、その点はひと安心。

 しかし、なんといっても更新に時間がかかりすぎるのが難点でしょう。もちろん、最初の2時間半はバックグラウンドでの作業だから、PCがぜんぜん使えないわけじゃないけど、やたら重くなるし、CPUコア温度は上がりっぱなしだしで、とても実用には耐えられないというのが実際のところ。

 まあ、いまさら愚痴ってもしかたないんですが。

 ところで、このバージョン、なんでFall Creators Updateなんでしょう? とくにわかんないのがfall。これって、フォーリントトロのフォールだよね(病んでる)。なんで落ちるんだ? ほかにも意味があるのかな?

 いちおう、辞書で調べたんだけど、それらしい意味が書いてなかった。不思議だ。

 もしかして、OSがすぐ落ちるっていう意味とか?ヽ( ´-`)ノ

2017.11.18(15:22)|PC、webコメント:(0)TOP↑
 アイスの公式より早い情報も書きましょうかね。

 まず、11月17日(金)1957時より、CX『オンナたちの分岐点』のstory1で、10.29後楽園ホールでデビューしたグロリア改めジュリアの密着というのをやります。こちら

 このサイト、きのう発表されたときは「24歳」になってたんで、つっこもうと思ってたんだけど、きょうは「23歳」に訂正されてますね。CXにしては芸が細かい。というのはおいといて。

 10.29のデビュー直後に、ジュリアの弟が「試合を17日にテレビで放送する」って書いたのと、先月はじめから道場マッチにもCXのカメラがはいってるという話だったので、ずっとチェックをつづけてたんだけど、CXって1週間先までの番組しか公表しないんだね。はじめて知りました。

 この取材って、いまもつづいてるっぽいんで、もしかすると『ザ・ノンフィクション』の第2弾があるのかも。これはもちろん推測というか、妄想レベルですけど。

 つづいて、12月2日(土)21時からのTX『アド街ック天国』は蕨特集で、アイスがとりあげられます。これはまだアイス公式には出てません。佐藤社長がツイッターに書いただけで。

 それによると、先々週に取材は終わっていて、これまた8月デビューのゆうひ改め朝陽がインタビューをうけたとのこと。

「局側の意向で中学の制服に着替えてインタビューをうけた」そうで、このくらいのやらせは日常茶飯事とはいえ、やっぱりあざとい >TX。

 ジュリアと朝陽は今年デビューした8人のなかでも、とくに一般受けしそうなふたりなので、いい選択じゃないかと思いますが。でも、コアなファンに受けるのはトトロと法かな。とくにトトロは大成しそうなので、こっちをとりあげてほしかったかも。

 で、あぶない人に受けるのが、華さん(笑)。あの「キュイーン」にはまいりました。しかも、ニコプロの10.29直前インタビューだけじゃなくて、試合直後のバックヤードでもやらかしたんだよなー。(^^;

 しかも、2度めの「キュイーン」で鬼龍院華子(こっちの字らしい)が落ちたあとの、あの「やりきった感」いっぱいのすっきりした顔。もう見事としかいいようがなくて(つっかも泣いてるのがばかばかしくなって、あきれ顔になってた)、さすがに「歩く放送事故」だけのことはあります。まあ、なんといっても放送事故なんで、地上波には乗せられないでしょうが、これも捨てがたいというか。

 というのは置いといて。

 アイスがテレビに露出するのは、これで今年NHKが3回、民放全国放送が5回めかな。知ってるかぎりで。

 発信力もすっかり業界トップになったようで、嬉しいかぎりであります。これが12.31後楽園の「北側までフルハウス」につながればいいんですが。

【蛇足】
10.29後楽園がらみで、いちばん印象深かったのが、弓李。アクトレスの万喜なつみたちが参戦すると聞いて、もとアクトレスのパートナー尾崎妹加が複雑な顔をしたのを見たきゅーちゃんが血相を変えたのがはじまりで。

直前インタビューもひとり、ものすごい形相を崩さずに「自分が守る番」といいきり、本番の試合も鬼気迫る戦いをして見せた。

「守る」のはきっと、妹加のことだったんだろうね。つまり、アクトレス参戦が決まったときからこうなると、つっかは織りこんでいたってこと。参戦発表のとき、きゅーちゃんの表情を見て、してやったりっていう顔してましたから、つっかは。おそらく、アクトレスを巻きこむことで、きゅーのさらなるレベルアップを狙ってるんでしょう。

一方の「守られた」妹加も、それを意気に感じてクロスインフィニティの次期挑戦者決定戦4weyを勝ちぬき、世羅に挑戦できたからね。これはきゅーの力も大きかったと思いますよ。

ということで、豊田さんの引退にかくれて、埋没した感はありますが、きゅーの今後もおもしろそうな予感。なんたって、次の11.23横浜ラジアントでは、安納サオリの参戦が決まってるし。

 いずれはGEKOKU娘(きゅー、妹加)vsさむなつりー(安納、万喜)も見てみたいですね。はい。

【追記】
10.29の弓李の表情は、「ガトー・アイス・チョコパ」さんのこちらを。試合前と試合後の2点が鬼気迫ってます。

関係ないけど、「ガトー」さんのブログでは、こちらの写真も。うしろから8枚めのつっかと、7枚めの豊田さん。このシーン、『女子プロレスのお仕事』でも見てたんだけど、この一瞬の表情まではわからなかった。家主の「とりのす しん」さんのカメラワークには、いつも感心させられます。

2017.11.11(11:24)|女子プロレスコメント:(0)TOP↑
 そういえば、SS王座の出場選手が決まったんだなと思って、オフィシャルサイトを見にいくと、衝撃の告知が。

「釜本憲司選手(永眠)について」

 嘘だろ? つい先週もふつうに走ってて、8バトルでは中村雅人といい勝負をしたり、むしろ復調気味だったのに。

 そういえば、数年前から「私病」で欠場をつづけてたっけな。復帰したのは今年になってからだったっけか。肺病ということだけど、からだが弱っていたのかもしれない。

 もちろん、釜本さんといえば、「雨天皇」。川口四天王のほうは「天王」だけど、こっちは「天皇」ですから。最盛期はほんとに雨に強くて……というより、3~4年前までは雨の連対率が90%をこえてたはず。そのくらいの雨巧者だった。

 あと、人柄もよくて、とても気さくな人でした。ぜんぶで8回くらい話をさせてもらったかな。うち2回は酒席で、そういや飲み方もきれいだった。

 こちらもいまは亡き永倉通夫さんの引退祈念パーティのときは、2次会まで同席させてもらって。ああ、旧ブログに書いてますね。こちら

 そういう感じで、いちばん身近なオートレーサーでした。

 その釜本さんが亡くなるとは。まだ7~8年は現役をつづけると思っていただけに、残念でなりません。

 たしか、前節の川口では初日に1着をとったと思うけど、あれが最後の勝利になりましたか。

 ご冥福を祈ります。そっちでミッチーさんと酒飲んでください。

2017.11.09(13:16)|公営競技コメント:(2)TOP↑
 浦和のACLの日程にあわせて、今週1試合だけくりあげて開催された鹿島vs浦和戦。

 さっき終わって1-0で勝利。この結果、現状で2位川崎と勝ち点差が7になり、のこり2試合で1勝すれば、川崎の成績とは無関係にアントラーズの20冠め獲得が決まる。もちろん、負けても川崎があと1敗した時点でV20。

 次節26日はホームで柏戦、最終節12月2日はアウェイで永遠のライヴァル・磐田戦だから、ここは26日で決めたいところ。さいわい、これもACLのつごうで次節の浦和vs川崎が29日になるから、ある意味で圧倒的に有利だし。

 柏は序盤こそ快進撃をつづけて、一時は首位に立ったものの、すぐに失速していまは大きく差がついた4位。とはいえ、来季ACL出場権に手がとどく位置にいるんで、油断はできませんが。でも、まあここで決まるでしょう。と、期待して。

2017.11.05(16:31)|スポーツ・プロレスコメント:(0)TOP↑
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR