FC2ブログ
パーツ館にようこそ
 11時20分ごろ、聞きなれないエンジン音が響いてくるのに気づいて、ベランダに出てみると、

US-2 01

 ぎょえ! US-2ではないの! しかも、2機編隊で!

 ここ、埼玉県久喜市ですよ。関東平野のど真ん中ですよ。なんで? どこかに展示飛行に行った帰りなのかな。それとも、これからなのか。

 飛行コースは三沢から厚木をめざす輸送機のルート(南南西)と同じに見えたんで、おそらくどっかから帰還する途中なんでしょう。

 しかし、世界にたった4機しかないうちの2機がうちの上空を通過するとは。これはなにかの贈り物なんでしょうか。

 しかも、一眼レフとはいえコンパクト・デジカメの望遠で、これだけ鮮明にとらえられるくらいの低空飛行をしてくれるんですから。ある意味、究極の眼福でございます。

US-2 02

 悠然と去っていく2機編隊。ありがたやありがたや。(-人-)

 なんていってたら、その15分後くらいに、こんどは轟音が聞こえてきて、またベランダに飛びだすと、あろうことかF-15Jがさらに低空を突進していくではありませんか。しかも、こっちもはなれていたものの2機編隊。

 コースはさっきと逆で、南西から北東に向かっていったから、百里基地に向かってたと思うけど、なぜこれほどの低空飛行だったのか不明。

 まさか、朝霞駐屯地の上空を展示飛行して、そのままの高度で百里に帰還する途中だったとか? いや、それはないでしょう。わかんないけど。

 ちなみに、低空だったのと、速すぎたのとで、カメラをかまえたものの撮影はできず。しくしく。

 まあ、US-2はそれだけ悠然と飛んでたってことでしょう。きっと。ちなみに、エンジン音はものすごく静かで、低音振動もなく、さすがに世界一の飛行艇は音まで優雅だなと思ったりしました。はい。

 しかし、いったいなにが起こってるんだか。F-15Jはともかく、US-2は気になってしかたない。

 さて、きわめつけで、もうすこししたらOH-1の2機編隊でもやってくるんじゃないかと思って、いちおうスタンバってますが、どうなるでしょうか。

【追記】
そーいえば、2年くらい前か、浜松オートの中継で、やっぱり世界に4機しかないE-767の1機がうつったって、大騒ぎしたことがあったけど。

でも、あれはテレビのなかだもんね。今回とは大違いで。しかもありえない内陸コースを飛んでたわけで。奇蹟の度合いが違います。


2018.10.14(12:29)|航空・宇宙コメント:(0)TOP↑
 後世、2018.10.6~10.9の4日間は、アイスリボンの歴史で最大のエポックとなるかもしれない。

 そう思わせる4日間の3日めですが、きょうは10.8後楽園ホール。文体後、初のビッグショーは、観客動員的にはきびしいと思うけど、ここでいろんな動きがあるのは間違いなさそう。

 第1試合で世羅とノンタイトルでぶつかるつっかが、やたらと思わせぶりなことをいってるけど、恐らくここでの「重大発表」というのは、早々に地上波オンエアが決まったっていう話じゃないかな。

 ありそうなのは、過去の諸々からしてCXだけど、もっとフットワークの軽いMXはどうかなと思ったりして。

 MX自体は全国放送じゃないけど、旧U13の連合はいまも健在だから、やり方しだいでほぼ全国を網羅できるはず。

 このへんがどうなるか、あと2時間もすればわかるので、いまからわくわくしております。

 ということで、話を10.6からまとめると……

 まず、この日の道場マッチは、後楽園に向けて緊張が高まり、宮城もちが「元同期」つんつくを追いこんだことで極限状態になった瞬間、それを一瞬でなごませたのが、なんと弓李だったんですよ。それも、リングに上がって歌いだすっていうかたちで。

 でもって、つっかがこれを非常に高く評価した。

 これには、大きく3つの意味があったと思う。

 1つめ。きゅーはこれからもこの路線で行くと宣言した。

 2つめ。つっかがそれを承認した。つまり、先月の雪妃を使ったムーブを方向修正した。

 3つめ。なぜそうなったかというと、希月あおいがきゅーに後継を託したから(あおいはガトムーの駿河メイにも後継を託したけどね)。

 1と2は前提として3があったからなんだけど、要するにあおいのファイナルツアーが異常といっていいくらい成功したので、「負けてもハッピー」が成立するって証明できちゃったんだよね。

 思えば、4年前かな、5年前か、あおいがはじめて「負けてもハッピー」といったことで、論争が起きたじゃないですか。今回のきゅーの言動は、それをなぞったという側面もあって。

 そのあおいの引退ロードがあまりにもみごとで、観客動員もすさまじいものがあって、これはつっかも方針転換を許容するしかなかったんでしょう。というか、アイスには希月あおい的な「プロレスでハッピー」、換言すると「負けてもハッピー」が必要だと、再認識したんじゃないですかね。

 なんちゃって、きょうの第5試合の結果、きゅーと妹加がどういう判断をするかによって、話は一変するかもしれないんだけど。(^^;

 次。10.7。希月あおいファイナルハッピー in 新宿face。これが圧巻だった。立ち見も入れて前日までに完全ソルドアウトで、蓋を開けたら観客501人だって!

 faceは400人もはいればいっぱいいっぱいなのに、さらに100人プラスですと。

 内容もすごくて、くわしくはバトル・ニュースのこちらに譲るものの、あおい的「プロレスでハッピー」がここまで支持されていたとは、正直思わなかったくらい。

 でも、ファイナルツアーのあいだじゅう、あおいの「プロレスでハッピー」はほんとに感動的で、しかもこれって、現在進行形のアイスが見失いかけてた「プロレスでハッピー」だったんだよね。

 あおいは引退するのに際して、それを思いださせてくれた。これを無駄にしてはいけない。

 つっかもそう認識したからこそ、きゅーに対する態度を修正した。そう思います。つか、そう思いたい。

 きゅーがいうとおり、「負けてもハッピー」は成立するということ。

 あおいについては、語りたいことがいっぱいあるけど、それはまたの機会にっていうことで。ひとつだけ、引退セレモニーの「騎馬」が、先頭に駿河メイ、うしろが志田ちゃんと真琴っていうのが、すごく暗示的だったかも。

 さらに次。10.8後楽園はまだはじまってないから、10.9を先に。こっちはいわずと知れた志田光10周年興行 in 後楽園ホール。

 もちろん、アイスと直接関わるっていうことじゃないんだけど、志田ちゃんはいまやOZの無差別級チャンプで、業界トップのひとりなわけです。その志田ちゃんが一部アイスを巻きこんでこの10周年ロードを完走する。そこに大きな意味があるんじゃないかと思うんですね。

 つまり、さくらえみがいなくなったあとのアイス6年の歴史が、8.26文体、あおいの引退、志田の10周年をもって、ひとつ完結するんじゃないかと、そういう思いです。

 さくらえみが去った当時、リボンを支えたのは、つっかと志田、あおいだった。これはまちがいないでしょう。経営・対外部分、トレーニング部分、ムードメーカー部分で。

 その3人がいったんばらばらになり、ここでまたつながった。そして再び道がわかれる。

 同時に、アイスの道もまた新しいものになる。そういう4日間。いってみれば、過去6年の総括と、次代のアイスのスタートになる4日間。

 それがこの10.6~10.9だと思うわけです。

 さて、10.8後楽園がそろそろスタートするかな。ここでなにが起きるか、もう気になってしょうがない。とりあえず、「練習生すず」のデビュー日程が発表されるのは確実と思いますが。12.31かなあ、やっぱり。

【追記】
おお、北側にも客席がある。気合いはいってるな。

第1試合つっかvs世羅。「たくさん戦いたい」というつっかの提案で3本勝負に。1本めは通常ルールでつっか勝ち(ツカドーラ)も、2本めはエニウェア・フォール・ルールっていうことで、これはいつかの世羅vsあかねのマラソンマッチを再現する戦いになりそう。ヽ( ´-`)ノ

メインイベント後に3本めで、ここでレゴ&アヒル登場かな。うん。それに1億ガバス。

やっぱり、ふたりはほっといて第2試合がはじまったよー(笑)。

【追々記】
世羅vsあかねは去年の8.17上野でした。ヽ( ´-`)ノ この時は4時間58分36秒で世羅勝ち。

【追々々記】
つっかvs世羅の2本めは、なんと神田明神まで行って決着がついたそうな。しかも、石畳でエアーズロックを決めたとか決めないとか。恐ろしいことを。

で、GEKOKU娘対決はマイカバスター(ヨネのキン肉バスターと同型)できゅーが負け。ここはどうなるか、まだペンディング。

ある意味、いちばん注目されてた志田vsあかねは、あかねがハードコア・スタイルで追いこんだものの、志田が魂のスリーカウントで完勝。そのあと、アイス若手を相手にヒールっぷりを発揮して、どうやら継続参戦になるもよう。そうなると、行きつく先はマッスルビーナス対決かな。それが向こう1年くらいのアウトラインのひとつ?

でもさ、最後のつっかvs志田のあと、ふたりで『いつかきっと』って誓わなかったっけ?(記憶がイマイチ曖昧だけど)

ここでもまた経が交わるのかなっていう思いも、ちょっとあったりして。もちろん、ウェルカムな展開ですけどね。

それはともかく、若手を代表して志田につっかかったのは、やっぱりテキーラ沙弥なんだよね。気がつけば、テキーラが2008年組、アジュレボにつづく第3極になってて、これが今年のアイスでいちばんの収穫になるのかも。

【ラスト追記】
ほかの試合も。第2試合はジュリアがみやここをまるめこんで、またも金星。第3試合は大畠とアリが若いふたりをうまくフォローする好試合も、最後は花蓮が「組長直伝ツカドーラ」で朝陽をまるめこみ。大畠は朝陽が、アリは花蓮が大のお気に入りみたいで、これもthis is 女子プロレス。

第4試合、星いぶき大善戦で、アジャ様に垂直落下ブレンバスターを出させた。あした学校に行けるかな。(^^; なお、アジャの言葉にいぶは高校進学を約束。これはハムさんにとってハッピー。

第7試合、雪妃vs山下りなも好カードだねえ。たぶん、OZでも何度となく当たってると思うけど、ここは山下が貫禄勝ち。ダイナマイト関西直伝スプラッシュマウンテン!

メインのリボンタッグらぶっちゃvsつくるみは、もちが終始試合の主導権を握って、途中からくるみに的を絞り、最後は雪崩式メタボリックサンドでフランクシスターズ長女から3をとった。試合後はつんつくとのわだかまりも解消した模様。この3人、歳はばらばらだけど、同期なんだよね。

さて、第1試合のつづき。3本めはなんと山手線プロレスになっちゃった。「時間がない」とか「○」とかいってたのは、つまり山手線のことだそうで。ヽ( ´-`)ノ これで世羅vsあかねの最長時間記録を超えるのは確実。

まあ、1本めノーマル、2本め世羅の企画もの、3本めつっかの企画ものってことで、たしかに楽しそうだけどね。滑ったといわざるをえないでしょう。

あと、「重大発表」は肩すかし。地上波じゃなくてCSの日テレプラスなんだって。11月から『アイスリボンの妄想バトル大作戦』っていうのがはじまるそうで、う~ん。方向性が違うような。これも地上波進出への第一歩なんですかね。

結論。きょうは大きく滑ったんじゃないでしょうか。文体が終わって、攻めに出たのはわかるけどさ。3と4、セミとメインがいい試合だったから、かろうじて興行が成立したっていう感じかな。

好意的に解釈すると、トップとエースが遊んでても、興行が成立したのが収穫っていう見方もできるけどね。

ああああ、それにしても、きゅーの動向がわからない。(TnT) 練習生すずも宙ぶらりん。

【蛇足の追記】
山手線一周戦は世羅が制して、通算2-1で世羅の勝ちだって。

あれ? でもそうすると、アイスで爆女王戦をやるって、いってましたよね、世羅さん。

いまのところ、そーいう発言はないみたいだけど、数日後には発表になるのかな?

正直、ゼロワンとはあんまり関わってほしくないけど(夕陽の後遺症)、合同興行とかってあるんだろうか?

爆女の場合、あまりにも行き当たりばったりで権威らしきものが皆無っていうのがあるうえ、ここにきて仙女、SEAdLINNNGにくわえてアクトレスガールズまでいろんなベルトを乱立させる動きになってるからね。相当なことをしないと自然消滅になっちゃうのは間違いなしで。

とはいえ、世羅、あかね以外に、興味をしめすレスラーはいないし。アイスとは相い容れない試合形式だし。でも、社長は好きそうなんだよなー。はあ。

これも滑った企画のひとつかもしれません。困ったことだ。

2018.10.08(11:35)|女子プロレスコメント:(0)TOP↑
 とうとうF-35の無事故(墜落)記録がとだえたそうだ。

 FlightGlobalの「F-35 suffers first crash in South Carolina」という記事で、墜落・大破したのは海兵隊のF-35B。乗員はぶじで、だから死亡事故ゼロ記録は継続中ってこと。

 あらためていうまでもなく、F-35は嫌いなんだけど、この無事故記録はほんとにすごいと思う。

 なんたって、量産初号機初飛行から12年、原型機初飛行からはなんと18年にわたって無墜落記録を更新してきたんだから。

 これは軍用機はもちろん、あらゆる民間機・小型機をふくめてもレコードじゃないかな。

 いや、レコードと断定していいでしょう。ふつう、ありえないもん。

 ちなみに、このビューフォート基地では、今月中旬からイギリスの部隊が空母クイーン・エリザベス用F-35Bの運用訓練をはじめた、なんていうニュースもあったりして。

「UK prepares for F-35B carrier trials」という記事。なんかねー、ようやくはじめたんだ。日本の感覚からすると、2年は遅いような。(^^;

 というのは置いといて……

 このニュースも、あほ記者が書くとこーいう記事になっちゃうからふしぎ。軍事関係でつねにトホホな記事を連発し、失笑を買いつづけるAFPの「F35戦闘機が初の墜落事故 米国内での訓練中」ってやつ。

「今回の事態は痛手となる」って、事態ってなに? 説明がいっさいないし、そもそも日本語になってないんだけど。

 それに、痛手じゃなくて、そーいうわけで安全性が改めて証明されたかたちだし、これはむしろいいセールスポイントなんだけどね。いつものことですけど、無知無教養と悪意。もうAFP名物といっていいでしょう。

 じゃあ、だからF-35はいいひこーきかっていうと、答えはノーなんですが。ヽ( ´-`)ノ

 ハセの1/72 F-35B、あれはちょっとつくってもいいかなとも思うけど。ネコ耳が。(*´Д`)ハァハァ

 はい。そーいうわけで。

 FGの記事でもちょっと触れてるけど、F-35Bは今週はじめにアフガンではじめて空爆に参加したそうで、さすがにいいかげん、最低限の戦闘能力は獲得してきたっぽい。成果不明ながら、イスラエルもF-35Aを実戦投入したっていう話だし。なんだかんだいってF-35周辺が騒がしいのはしかたないけどね。いま西側(笑)で開発してる唯一のメジャー機だから。

 あと、F-35では「ビーストモード」っていう笑い話もありますた。ヽ( ´-`)ノ 

 乗りものニュースの「F-35「ビーストモード」は通常の4倍! 完全作戦能力獲得で見えてきたものとは?」など。

(´・ω・`)

 えーと、どこからつっこめばいいんだろうってくらい、くだらない与太話で。

 これにぴくりとでも反応する関係者がいると思ってるんですかね(爆笑、冷笑、失笑などの反応をのぞく)。どうやらロッキード・マーティンのオフィシャルな発表らしいんだけど、なぜ明らかな笑い話をこれみよがしに出すのか、ちょっと理解不能。知性に問題があるミリヲタ向けに、わざわざ流す情報でもないしねえ。

 たとえば、これで出撃するとして、必要な滑走路長はどのくらい? 8000mくらい? ほらね、笑うしかない。

 たとえば、高度1000mに達するまで15分くらいかかって、そこで搭載燃料を使いはたすと思うんだけど(やや大げさ)、離陸後15分で最初の空中給油するの?

 でもって、必要な戦闘高度、たとえば8000mくらいに達するのに、また20分くらいかかって、ここで2度めの空中給油?

 この時点で、10機編隊のうち3機くらいが墜落してそうなんだけど、編隊をたもてるの?

 あああ、まだ速度がたりない。40分加速をつづけてるのに、まだ300ktしか出てない!

 みたいな感じでね。ビーストじゃなくて、妄想モードですよ、完全に。

 まあ、F-35なんて、どうでもいいんだけどね。ほんとに。ヽ( ´-`)ノ

 閑話休題。

 ついでに、最近のほかのひこーき関係っていうと、難航していたアメリカのTX(時期練習機採用計画)で、ようやくボーイング=サーブ連合のT-Xの採用が決まったとのこと。「Boeing wins $9.2b T-X trainer contract with USAF」という記事。

 TXの勝者がT-Xになったよってことで、かなりややこしいですが。まあ、T-50なんかよりはましでしょってことだと思います。サーブの勝ちっていうのが、すこし嬉しい。ヽ( ´-`)ノ

 と同時に、T-4の後継がこれになる可能性もかなり高いんだよね。そうなると、ブルーインパルスの国産機シリーズも約50年でとだえることになるのかな。これも時代ということでしょう。

 その自衛隊関係では、いわゆるひとつの「あどばんすとほーくあい」、E-2Dですね。これの追加分9機の売却が承認されたそうで。「Japan cleared to buy nine additional E-2Ds」という記事。

 ほう。13機ですか。つまり、E-2Cと同数。てっきり何機か増やすとばかり思ってた。こーいうのをFGで知るっていうのも、おかしな話ですが。


2018.09.29(15:03)|航空・宇宙コメント:(0)TOP↑
 伊勢崎22期の絶対王者、高橋貢が地元のヒラ開催「オートレース石狩杯」で通算200回めの優勝を達成した。通算200Vはもちろん史上初で最多レコード更新。

 1993年5月の初優勝から24年かけての快挙達成で、さすがの絶対王者もすこし興奮気味でインタビューをうけていた。そりゃそうだよねー。実際、きょうは「SGなみに集中していた」そうで。

 じつは7.24に199Vを達成した時から、200Vは記念だから書かなきゃと思って、資料を漁ったりして待ちかまえてたんだけどね。それからSGや特別GIがつづいて、なかなか結果が出ずに、じりじりしていたのでした。たしか、これが6節ぶりの優勝のはず。

 きょうにしても、最重ハン内から早めにぬけだして4周回めでトップに立ったものの、8号車・早川清太郎が追いあげてきて、6周回2センターで一瞬まくられたんですよ。場内はもう凄まじいどよめきで、これで万事休すかと思ったら、文字どおり最終4角で差しかえし、そのままフィニッシュしました。

 やー、歴史を目のあたりにさせてもらいました。なんちゃって、たしか史上初の150Vの時も見てたんですが。

 まだ47歳。グレード戦をふくめて、もっと優勝回数を伸ばすのは確実で、そうだな、生きてるうちに220Vくらいまで見られるといいけどね。 

 ということで、高橋貢選手、おめでとうございます。

 リプレイが出た。こちら

2018.09.24(17:05)|公営競技コメント:(0)TOP↑
 きょうは9.24横浜ラジアント。メインはつっか&希月あおいvs柊くるみ&つくしだけど、見どころはシングル3戦でしょう。

 第1試合、テキーラ沙弥vs尾崎妹加。

 第2試合、弓李vs雪妃真矢。

 セミファイナル、朝陽vsジュリア。

 オープニングは「第1試合の女王」を自認することにしたテツ改めテキーラが猛攻を仕掛けるも、しのぎきった妹加がダイビング・セントーンで勝利。

 これはいいんです。ここんとこ連敗していた妹加が本気を見せつけたかたちで。テキーラも持ち味を出したし。

 問題は第2試合。弓李はいつものムーブを出すものの、後輩の雪妃との実力差はいかんともしがたく、4分たらずで完敗。

 ただね、きゅーはこれでいいと思うんだよ。

 じつは、試合前日のコメントが気になってて。

 つっか「弓李が負けても悔しがらない姿をみて、みんなモヤモヤしだした。後輩で選手会長の雪妃が先輩の弓李を目覚めさせるそんな試合。GEKOKU娘、わりと今ピンチだと思うんだ」

 雪妃「明日の横浜リボンでは弓李さんとシングル。 楽しくて満足ならいいんじゃない? 自分の為だけに試合してるなら、そのままで、ね」

 こういう追いこみはかえって逆効果。きゅーという貴重なアイコンを失うことになりかねない。

 早い話、まる子が移籍する半年前と同じ状況なわけ。

 弓李もまる子も、いってみれば新田猫子さんの系譜に属する選手で、これはある意味、アイスを象徴するような系譜だと思うのですよ。それを失うことになっていいのか。失ったら、それこそとりかえしがつかないのに。

 たしかに、この系譜はいまきゅーだけとはいえ、そのきゅーが目をかけている朝陽が育ってきてるという現状があるでしょ。なのに、遠くない将来、もしきゅーがいなくなったら、系譜がなくなるだけじゃなくて、朝陽もだめになっちゃうよ。

 そもそも、まる子の次にいなくなる選手はだれかって考えたら、いまだって弓李が大本命なわけです。

 それでいいのか? 最大のアイコンを失っていいのか?

 だから、追いこむのはまずいのに、第2試合のあと、妹加が「弓李が闘志を燃やすまで、タッグは組めない」と、GEKOKU娘&ぐりーんぴーすの凍結宣言までしちゃった(これはある程度、予想してたけど)。

 なんだか、最悪の展開が待っていそうな予感しかしないんですけどね。

 セミは朝陽がジュリアの牙城を崩せず、蜘蛛の巣でギブアップ。

 なんかなー、弓李、まる子と重なるんだよね、朝陽は。だからこそ、きゅーに育てさせたいのに。

 あとの結果は……なんかもういいやっていう気になってきた。ぜんぜんプロレスでハッピーじゃない。まあ、最後はあおいが無理やりハッピーにして終わらせると思うけど。

 つっかから重大発表があるそうなので、それ次第では追記するかもしれませんが。

【追記】
この重大発表は……

言葉だけを追うと、つっかは「自分には時間がない。だから、好きなことをしたい。10.8後楽園ホールはタイトル戦を望む声が多いとわかっているけど、あえて世羅と(ノンタイトルで)やりたい。時間がないっていう意味、世羅ならわかるよね」とのこと。世羅は快諾。

つまり、リーダー禅譲の準備っていうことらしい。最終的には、志田に勝った時点で禅譲ってことになると思うけど。

エンディング。ああ、だめだきゅーちゃん。もう決心してる顔じゃん。(TnT)

なんだかざわついたままの横浜リボンでありました。

【追々記】
10.8後楽園ホールのつっかvs世羅は、以前も東スポでいっていたとおり、通常型式の試合じゃないとのこと。だからタイトルマッチにしないっていう意味だったんだ。

でも、通常ルールじゃないっていったら、ハードコアかデスマッチに決まってるじゃん。おそらく、つっかさん、デスマッチをやりたくなったんだと見た。人毛ふたたび? それはそれで見たいですよ、もちろん。

また、今回につづいて「重大発表」もあるそうで、なんとなく世羅の爆女王に挑戦したいんじゃないかなと思ったりして。結婚とか、個人的な話だったらこういうかたちでひっぱる人じゃないっていう一方、他人が持ってるものはほしがるタチだから(笑)、やっぱり電流爆破に10000ガバスいきたいな。

2018.09.24(13:40)|女子プロレスコメント:(0)TOP↑
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR