パーツ館にようこそ
 アメリカ現地時間できのう、ロッキードのスカンクワークスが満75周年を迎えたそうだ。

 適当な記事がないので、FlightGlobalの「Johnson's Skunk Works legacy is in safe hands」というのを貼っときましょうか。この記事自体はケリー・ジョンソンが引退したあとのスカンクワークスの功績のまとめ、みたいな話ですけど。

 日本語でそれっぽい記事はないかと思って探したところ、今年の1月に『乗りものニュース』でフライング記事っぽいのがあった。「秘密兵器開発の代名詞、スカンク・ワークスとは ロッキード・マーチンの懐刀が75周年」という記事。どうやら、「今年で75年」っていうノリで載っけちゃったらしい。

 とにかく、75周年ですか。考えてみると、すごいね。

 ざっくりいって、もとはアメリカでもジェット戦闘機を実用化するため、P-38の開発に成功したばっかりのケリー・ジョンソンに白羽の矢が立って、特別設計チームを結成したのがスカンクワークスのはじまり。すごくざっくりすぎますが。(^^;

 で、チーム発足から9カ月? そのくらいのごく短期間で、現在のジェット戦闘機の基本設計をすべて盛りこんだP-80(のちのF-80)をつくりあげちゃったのがすごい。しかも、これがまた傑作機だったっていうのがまたすごい(実際には、派生型のT-33が傑作機になったわけだけど)。

 以来、あれやこれやのすごい軍用機を開発し、つねに技術革新の中心にいつづけて4分の3世紀ですからね。これはたしかに偉業だと思います。

 さすがに、最近はそれほどトンデモな業績もないようですが。最後に名前を聞いたのは、SR-72のときかな。こちら

 いや、移動可能な核融合炉っていうのがあった。こちら

 このふたつに関しては、話題自体がトンデモっぽいけど、後者のとき書いたように、スカンクワークスなら実現させちゃうかもっていう信頼感がすごいっす。

2018.06.16(16:58)|航空・宇宙コメント:(0)TOP↑
 プロ連盟のサイトに行ったら、「訃報」が出ていた。こちら

 小島武夫、永眠。享年82歳。

 MONDO名人戦を引退したときから、この日が近いのはわかってたけど、とうとう逝ってしまいましたか。最後の出演はレジェンドマッチになったのかな。たしか、バトルロイヤルにも出てなかったと思う。

 まあなんというか、いい意味でも悪い意味でも、あざやかな博打打ちではなかったでとょうか。ろくでなしといえばろくでなしだけど、いわゆる人たらしで、嫌われることはあんまりない人だったんじゃないかな。

 まあ、あの人は小島武夫を「先生」と呼ぶのを拒んで、ああいう方向に行ったみたいだけど。いや、よくは知りませんよ。ヽ( ´-`)ノ

 若いころは相当にとんがって見えたけど、名人戦がはじまったころには毒舌の好々爺って感じで、脂っ気もぬけてたし、それでも九蓮宝燈をするりと和了ったりするのが、いかにも小島武夫でした。

 とにかく、70歳すぎても色気があったよね。それがすごかった。さすが、隠し子の数は本人も把握しきれないくらい多いっていう伝説の持ち主でした。

 孫の小島優がプロ雀士になったときもびっくりしたな。いっさい贔屓しなかったでしょ。まわりは忖度したかもしれないけど。あのへん、やっぱり芯が1本通ってたんでしょう。

 いうまでもなく、いまの麻雀界を創生した中心人物のひとりだったわけで、麻雀はこれまで40数年間、充分に楽しませてもらいました。

 合掌。(-人-)

 そういえば、「魅せる麻雀」を継承したのが、男の雀士じゃなくて二階堂瑠美姐だっていうのも、なんだか小島武夫が仕組んだっぽいなと思ったんだった。瑠美姐が緑一色を狙ったのを見たとき。いま思いだした。


2018.05.31(17:18)|日々の雑感コメント:(0)TOP↑
 けさ、南アッキーナの結婚報道があって、よかったねー、なんていってたら、プロレス村でも衝撃のニュースが。

 まず、長崎まる子がアイスからいたばしプロレスに移籍すると発表されてた。バトル・ニュースの「長崎まる子がアイスリボンを退団し、いたばしプロレスに移籍!」など。

 そうかー、そういえば、ルチャが好きだったもんね。いたプロ代表のはやては、この4月までアイス道場でルチャ教室を開いてたから、まる子の相談に乗ってたのかも。

 反面、去年夏にかけてつづいたDATEとの抗争は、かならずしも本人の本意じゃなくて、ただいちばんキャリアがあるからっていう理由でがんばってたのかもね。たしかに、抗争終了後のまる子は、マブダチ厨二病卍卍とSEAdLINNNGのハイスピードでしか輝かなくなってた感じで、頭がいいだけに相当な葛藤もあったんでしょう。

 そういや、『あなたの悩みにギロチンドロップ』に出演したときは、はじめから号泣してて、なにいってるかもわかんなかったけど、あれがちょうどいちばん悩んでたころだったのかも。

 ともあれ、はやては人格者だから、まる子改め「まるこ」にとって、悪い選択肢ではないはず。これまでと違って、社員じゃなくなるから、そのぶんは大変でと思うけど。

 あと、マブダチは解散しないとのことで(リーダーのきゅーがそう宣言してた)、そうなるとマーベラスも主戦場になるかもしれないし。

 いずれにしても、とりあえずは復帰をめざしてもらいたいと思います。はい。

 次。これは衝撃だよ。大畠美咲がDDTの大石真翔と結婚です。

 こちらもバトル・ニュースの「WAVEの大畠美咲とDDTの大石真翔が結婚を発表!」がいいでしょうか。

 正直、大畠の性格からして、結婚はほとんど選択肢にはいってないと思ってました。たしかに、あれはいつだっけ、紫雷美央たんがレフェリー復帰したときか。クローズ3人が久しぶりにそろったところで、結婚云々は口にしてたけど。

 まさか、レジーナの現役王者のまま結婚を発表するとは。完全に虚を突かれました。

 あれ? 文子のことがあったから、WAVEの王者としてグッドニュースを提供したくなったとか?

 いや、そんなことはないでしょうが。ヽ( ´-`)ノ

 しかも、相手が相手だもんね。大石とは、それほど接点があるとは思わないんだけど。

 これがツトム・オースギだったら、まだ納得できるけどね(オースギはいい人そう)。もちろん、千賀だったら納得しない(笑)。

 そもそも、大石はDDTのキワモノ部隊の小者っていう印象しかないんで。nωoだっけ?

 つまり、美央たんにつづいての格差婚。

 これはなんといいますか、クローズの性格あるいは精神性を物語っているんでしょうか。ヽ( ´-`)ノ

 それはともかく、ショックをうけまくったのが藤本さんのようで。(´・ω・`)

 もちろん、つきあってたのは知ってたんだろうけど、結婚はマジでサプライズっぽくて、この日のとしまえん路上プロレスにオファーがきたのも、4~5日前だったみたいだし。

 は! もしかして、里村明衣子にオファーしたのも、宮城組だからってこと? だとしたら、この路上プロレス自体が結婚サプライズだったのかな?

 ねえ、相手はDDTですから、なにをやらかすか、わかんないわけで。

 しかし、とりのこされてしまいました、藤本さん。www

 こうなったら、藤本さんも超格差婚を狙うしかないでしょう。

 相手は、そうだな……あ、いいのがいた。野村卓也! 10歳くらい年下だし、もと鈴木組だし、よく顔もあわせてるはずだし、去年のアイス・大日本共同巡業のときはいっしょに飯食ったりしてたし、タンクや大石にくらべたら見た目も異次元レベルでいいし、ぴったりじゃないでしょうか。(´・ω・`)

 あと、ジェイク・リーなんかも見た目と格差がぴったりかもよ。

 なんちて、おもちゃにされまくるつっかが目に浮かぶようです。'`…,、'`,、… ('∀`) '`,、…'`,、

 ともあれ、大畠ちゃん、おめでとうねー。

2018.05.26(14:30)|女子プロレスコメント:(0)TOP↑
 いちおう書いときましょう。

 激震が走ったのは月曜日。WAVE後楽園大会のリング上で、GAMIさんから浜田文子逮捕の一部始終が報告された。もっとも、知ったのは翌朝のテレ朝『グッドモーニング』のニュースでだけど。

 とにかく、覚醒剤の使用ということで、WAVEでは16日に契約解除、仙女ののベルトは返上になり、東スポでは「復帰はなし」みたいな記事も載ったけど……

 そこはまあプロレス界ですから。どうやら、はじめて使って恐くなって、文子自身がWAVE関係者に電話して、すぐ警察に通報したっていう経緯のようで。その流れが本当なら、起訴猶予で終わるだろうし。

 だいたい、麻薬がらみでもっととんでもないことをしたSUGIだって、もう元気に復帰して、いまじゃZERO1の顔のひとりだもんね。これはSUGIがたぶん日本一のハイフライヤーだからっていう側面もあったんだと思うけど。

 ということで、こっちはSUGIよりすごい女子プロ3横綱の一角だから、本人にその意志があれば、早期に復帰するでしょう。

 もちろん、復帰場所は元祖パレハ、高橋奈七永のところ。ずばり、来年4月くらいのSEAdLINNNG後楽園大会がその舞台になるはず。ファンとしては、これは温かく迎えないとね。

 もうひとつ、女子プロレスでは…

 アジュレボvsユニ&コン。13日の横浜リボンで妹加&安納を相手に完勝で防衛をはたした結果、16日のJ@ST参戦もタイトル戦になったんだけど、こっちもぶじ防衛したとのことで。内心、あぶないかもしれないと思ってたんで、すこし安心しました。

 まだ詳細は出ていないものの、どっちかがコンからスリーをとったんでしょう。

 最近、気がついたんだけど、雪妃ってキックを多用するようになったよね。13日は妹加を蹴りまくってたようで。

 ほんの半年くらい前か、自分には蹴り技がないからっていって、美央たんから紫閃光を譲ってもらったのが、嘘のようでありますよ。

 この蹴りの多用って、もともと黒ユキのムーブなんだろか? なんていうか、気がつくと黒ユキと青ユキのスタイルが混然としてきたような気もするけど。いずれにしても、雪妃はまだこれからの選手なんで。よく考えると、きゅーの後輩なんだよね。

2018.05.19(11:06)|女子プロレスコメント:(0)TOP↑
 ゴールデンウィークは初日に近所のサトエ記念21世紀美術館に行った以外は、家のメンテナンスや掃除、この季節のルーティンワークなんかに明け暮れていた。

 具体的には、作業スペースのカーペットを張りかえたり、グリーンカーテン用の土を買ってきたり、ペンキを塗ったり障子の破れたところを補修したり、毎年恒例のフェジョアーダをつくったり、冷中のたれを仕込んだり、そーいう感じですね。近所のデイツーに何度行ったことか。(^^;

 サトエ美術館は花咲徳栄や平成国際大の関連法人が運営してて、現代美術とロダンの習作なんかがおもな展示品。これがすごくおもしろくて、刺激的で、ここ10年くらいで行った美術館・博物館ではいちばんおもしろかったかも。

 埼玉って、河鍋暁斎ミュージアムもそうだけど、ちょっと辺鄙なところにいい美術館があったりするんだよね。

 というような話はおいといて、本題。

 掃除のなかには、定期的にやってる「PCのクリアランス」っていうのもあって、タスクマネージャーを見ながら、よぶんなメモリを食うacrobatの自動更新なんかを削除したりしてたんだけど、タスクマネージャーを開いていつも気になるのが、このくそじゃまなcortanaの存在。

 いっさい使い途がないのに、むだに占拠しやがって、腹立たしいことおびただしい。

 だけど、抹殺できないんだよなーと思いつつも、ダメモトで「cortana 削除」を検索したところ、なんと削除できるプログラムが公開されておりました!

 こちらで紹介している「【2018】Windows10からcortanaを完全に削除する方法」という記事に沿って、こちらのサイトから「Download uninstall cortana for Windows10」をクリックして.zipファイルをDL。

 それを解凍すると、3つのファイルが格納されているんで、「Uninstall Cortana.cmd」というファイルを右クリック。「管理者として実行」を選択すると、あとは自動でcortanaを抹殺してくれましたぁ。ぱちぱち。

 ちなみに、この3ファイルは同一フォルダに入れる必要があるようなので、今回は「unist cortana」というフォルダをつくって、そこに保存してあります。

 ただ、このプログラム、いま配布中のWin10の最新更新版(1803)では動作しないということで、今後はどうなるかわかりませんが、このへんはMSと開発者のイタチごっこなんで、まあなりゆきを見るしかないでしょう。

 ということで、一時的でもcortanaが消えた~。めでたしめでたし。

2018.05.06(12:32)|PC、webコメント:(0)TOP↑
パーツ館より

yogarashi

Author:yogarashi
2011年11月より、シーズン3の営業をはじめました

2007年~2011年のシーズン2はこちら
2004年~2007年のシーズン1はこちら

プロフィールは準備ちう

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Jリーグ
QRコード
QR